今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「 ひとりで 行けるもん 」







        盂蘭盆に帰省して来た ぼろぼろ状態の下の少年 を なんとかしたく、
        大学の近くで、良き漢方医がいらっしゃらないかどうか調べ、

        有難いことに1軒の漢方薬局を探し当て、
        そこへ連れて行くことに決めたのだったが。




        「 もう ピーク時は過ぎたから 」 と
        最初は 本人が気乗り薄であったり、
        その後、実家の母からの口添えもあって、
        行く気になったようではあっても、

        地図を頼りに 自分独りで 漢方薬局に出掛け、
        これまでの自分の症状から何から話して診断を受けるなど、
        彼にとっては初めての体験で、かなりビビってる感じが
        メールから伝わって来る。


        元々 私は、ご当地にマンスリーマンションを借りてでも
        日常生活もままならない状態であった彼を 引きずって行き、
        寮から引き取って 暫く彼のケアをしようと決意していたため、

        少なくとも初診日には、彼と一緒に行き、
        ご担当いただく御方のお話をしっかり聞かせていただこうと
        思っていたのだった。


            今はまだ、学生だから、
            一晩中 苦しんだために 朝 起きられなくとも
            「 遅刻 」 で 済むし
            暫く 勉学を「 休養 」しても「 休学 」 やら 単位を落とす、
            といった 自分だけのことで許されるが

            社会人になったならば そうはいかない。

            社会人になるまでに 彼のこの状態が少しは良くなるのか、
            そのために、どんな手が打てるのか、
            体質改善の他、どんな予防策、どんな対処療法が効果的なのか。


        で、こうしたお話は、私自身の症状に対しても勉強になることでもあり。
        「 自分語り 」 が殆どできない 下の少年に
        初対面の薬剤師さんに、どれだけ自分のことを言えるのか、
        まず、私が不安であったのもあり。

        6日が都合が良く、漢方薬局へ行ってみる、という彼に
        母子で共に闘えるのは、或る意味、これが 最後のチャンスかもしれないと。
        絶対絶対、逃がすものか、と。


            「 ほんとに だいぢゃぶ? 付き添うよ? 」

            「 ぅん。
              ひとりでいくのが あれだったら また連絡するけん 」


        「 あれだったら 」って?
        「 あれ 」 って、なんやねーん! ヽ(`Д´)ノ 


           彼の微妙な感じ、曖昧な不安の形が、
           「 あれ 」に詰まっているのは判るのだが、
           私が出張るべきなのか、どーなのか、が 結局判らない(-_-)。



        出張ろうと思う私自身もまた 不調であるため、日帰りはキツい。

        6日は月曜日なので、
        行くのならば、前日に行ってホテルに泊まるか
        当日早朝に出立して、その晩ホテルに宿泊するか。
        後者の場合は、職場への連絡、ミュージカルへの連絡もしなくてはならず。


        せっかく、行く気にはなってるようなので、
        ゃぃゃぃ責め立てる感じになっちゃうのもマズいと思い、
        ギリギリまで彼からの連絡を待つが、とうとう待ち切れなくなって、
        3日の夜にメールをする。


           「 結局、私のヘルプは 要るの、要らないの?
             そろそろ ホテルの予約もあるし 段取りもあるから、
             お返事、待ってるよん 」



?? ?? ??




        4日、午前零時、 メールの返事が来る。

        この時間までバイトなのか。。。
        水にも触れられないくらい鬱血し、蒼黒く腫れた手指で。。。。??


            「 ごめん、連絡せんで

              いいよ。 自分で行くけん? 」 (o_ _)oポテッ



          … そうだよね。 だいぢゃぶだよね。

            20歳になったんだもの、

             『 ひとりで できるもん 』 だよね。





              どうか 「 あ゛」 とか 「 う゛」とか しか言えない
             「 いまどき 」の青少年である彼の真意を汲んで下さるやうな、
              懐深い、よき 薬剤師さんでいらっしゃいますように。

              どうぞ、薬剤師さんの厳しい言の葉を素直に受け止められる
              真摯バージョンにスイッチの入った彼でありますように。




            「 …判った! んぢゃ、頑張って行って来てね!
              漢方は 保険がきかないから お金が掛かるけれど
              それは承知の上だから、慌てたりしなくていいんよ?
              お金は明日、とりあえず3万振り込んでおくけど、
              もし足りないようだったら、すぐに言ってね。

              暫くは1週間様子見とか、あれこれ、薬を変えてみたりも
              されるかもしれないし、お金のことは気にせず、
              しっかり薬を貰って、忘れずに飲んでね。
              ちゃんとご指示通りに通うんよ?
              続けないと意味がないんぢゃけんね 」


            「 了解! なんか 申し訳ないね 」





                「 なんか 申し訳ないね 」
                「 なんか 申し訳ないね 」


                脳内エンドレス で 鼻の奥が痛い。

                申し訳ないのは、私。



                    母譲りのアレルギーを どんなにか 情けなく
                    どんなにか、恨めしくも想ったことが
                    あっただろうに。



      
                       どうぞ。
                       どうぞ 良き薬剤師さんとめぐり逢え、
                       有難きアドバイスをいただけて、

                       教育実習受け入れ諾否面接のため、
                       22日に再び帰省して来たときには、
                       少しでも、イイ顔になってますように☆





ペン潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
それでも。
過保護な私、、というよりは、

基本的に、彼の行動力、というものを信頼しきれていない私は、

本人に内緒で、こっそり当日、ご当地へ飛び、彼に付き添った方がいいんぢゃないかと

ギリギリまで迷ったのだったが。



迷ったまま鬱々と どきどきと過ごしてた当日。

お昼前に、彼からメール。



「 ぎゃぎゃっ!

  今、どしても外せない急用が入ったけん、明日行くことにするわ~。

  明日は絶対!! 行くけんね~(手のひらマーク)  」





  ……。



  内緒で、ご当地に入ってたら、ひでぇ目に合うところだったし(-_-)。



[ 2010/10/06 12:21 ] [ 編集 ]
Re:「 ひとりで 行けるもん 」(09/03)
こういうときって、離れていることがつらくなりますね。

一緒に暮らしているなら、こんなこともできるのに、あんなこともできるのに・・・って。



内緒でおしかけたいってりうりうさんの気持ちもすごくわかるよ。でも、行かなくてよかったね(笑)



漢方のお薬で快方に向かいますように・・・



今、息子が健康に毎日過ごせていることに感謝です。

少しぐらい具合悪くても言ってこない気もするけど・・・というか、多分そんなときでも母より彼女にSOSしそうだな。さみしぃ(汗)
[ 2010/10/06 13:16 ] [ 編集 ]
Re:「 ひとりで 行けるもん 」(09/03)
母心伝わってきましたT_T

しかし、あはは^^;ひでぇ目にあわなくて良かったですね



うちの旦那もひどいアレルギー鼻炎、義母はいつも心配しています。でもなんせ本人が忙しいだのなんだのと理由をつけては未だに根本的治療をせず適当な薬を飲んだり飲まなかったりするいい加減な対処に嫁(ワタシ)がキレ(笑)、最近TVで取り上げられた日帰り手術有りの耳鼻科に強制予約しました。3ヶ月先ってのには驚きましたけど^^;

[ 2010/10/06 15:08 ] [ 編集 ]
Re:「 ひとりで 行けるもん 」(09/03)
気持ちは、すご~くわかる。

次男坊は、利き手の手のひら一面が荒れていて、血が吹き出ることよくあるんだ。あちらこちらの病院に行ってもダメで…

先日、「日赤に行く」って言うので、私の手助けを必要としているのかと思ったら、「ひとりで行くよ」との一言。

無事に診察を終えて帰ってきたけれど、やっぱり心配でしたよ。

りうりう*さんは、過保護じゃなくて心配が素直に出ているだけよ。すこしでも早く回復するといいですね。

[ 2010/10/06 16:26 ] [ 編集 ]
「 一緒に暮らしているなら 」
ほんとに。。。(-_-)>とらトクさん



 > こういうときって、離れていることがつらくなりますね。

 > 一緒に暮らしているなら、こんなこともできるのに、あんなこともできるのに・・・って。



かといって、一緒に暮らしてた高校時代。

クラブ三昧で殆ど家におらず、ただ、夜中に転げまわる彼の背をさすり、

光線治療をしてあげただけ、なんですけどね(;;)。

んでも 少なくとも少年は 食事や洗濯などの心配はなかったはずだから。。。(;;)。



 > でも、行かなくてよかったね(笑)



そそそ、行ってたら、どっかーんと爆発してたかも(笑)。



 > 漢方のお薬で快方に向かいますように・・・



ありがとございます! 幸い、少年も薬剤師の先生からも、互いを受け入れて下さったやうで。

とっても有難いことだと感謝しています^^*☆



 > 今、息子が健康に毎日過ごせていることに感謝です。

 > 少しぐらい具合悪くても言ってこない気もするけど・・・というか、多分そんなときでも母より彼女にSOSしそうだな。さみしぃ(汗)



それでもね、独りぼっちで不調を耐え忍んでる息子さんを想像するよりは、有難いことですよ~~^^*☆



[ 2010/10/07 07:40 ] [ 編集 ]
親心子不知、子心親不知。
ありがとございます^^*☆>パクチのねぃさん



 > しかし、あはは^^;ひでぇ目にあわなくて良かったですね



親心満載で駆けつけてたら、ほんと、ひでぇ目に合うとこでしたよ~~ヽ(`Д´)ノ



 > うちの旦那もひどいアレルギー鼻炎、義母はいつも心配しています。でもなんせ本人が忙しいだのなんだのと理由をつけては未だに根本的治療をせず適当な薬を飲んだり飲まなかったりするいい加減な対処に嫁(ワタシ)がキレ(笑)、最近TVで取り上げられた日帰り手術有りの耳鼻科に強制予約しました。3ヶ月先ってのには驚きましたけど^^;



判ります~~~!!

来春の花粉は、5~7倍が予想されてますから、花粉症持ちは、今から恐怖ですもん。

キレものの「 嫁心 」のお蔭で、3ヵ月後のご夫君は、すっきり爽やか、

トクホンチールのやうにシュッとしていらっしゃるかなぁあああ(//▽//)☆☆

[ 2010/10/07 07:45 ] [ 編集 ]
「 利き手の手のひら一面 」
ぅわー! > JJ2007さん



 > 次男坊は、利き手の手のひら一面が荒れていて、血が吹き出ることよくあるんだ。

 > あちらこちらの病院に行ってもダメで…



利き手の手のひら一面って、グローブは関係なくとも、ボールやバットを握るのは、

お辛い日が多々おありだったんですね(;;)。



いったん荒れてしまうと長くかかるので、荒らさないよう、日頃から保護剤をしっかり塗り、

できれば綿手袋で保護しておきたいところですが、青年だと手袋は難しいですよね。。。(;;)



ご自分でなんとかしたいと、「 日赤 」にも独りで行かれるお勁さ。

下の少年に見習わせたいですーーー(;;)。



 > りうりう*さんは、過保護じゃなくて心配が素直に出ているだけよ。

 > すこしでも早く回復するといいですね。



(;;)。 ありがとございます(T^T)。

ピークは過ぎてるやうなので、とりあえずは回復へ向かう一途だと思うのですが、

先週から、秋の花粉で私の目の周囲がただれて来ました(T^T)。

彼もまた、悪化するかも、と怖いです(;;)。

[ 2010/10/07 07:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。