今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 数えずの井戸 』 京極夏彦





    ● 『 嗤う伊右衛門 』 路線第3弾。





     文章、文体、読点の位置、漢字の選択はもとより、組版され、
     文庫落ちするときには、再び行内文字数から、改行箇所までチェックされ、
     ご自身で組版されるという、一字一句までこだわりぃの京極さんを大好きな私。


     『 嗤う伊右衛門 』には、完全にハートを射抜かれ、心底凄い、と思わされ、
     私の 手放せない大切な本の一冊である。


     今回は、その怪談シリーズの第3弾。
     あの 殿様秘蔵の10枚の揃皿を1枚割ってしまい、手打ちにされたため、
     夜な夜な投げ込まれた井戸から 幽霊として出てきては
     皿を1枚1枚数え、9枚目で、後1枚が無いと泣き崩れる、
     あの有名なお菊さんの 『 番町皿屋敷 』 が舞台である。


        だが、タイトルは『 数えずの井戸 』。
        数えない。

        それは いったぃ何故か。


            そして、帯には 『 数えるから、足りなくなる 』。






『 数えずの井戸 』  京極夏彦 / 中央公論新社
ISBN 978-4-12-004090-0






        登場人物ひとりひとりが それぞれに何処かしら欠落しており、
        或いは 囚われており。
 
        この 欠落していること。
            ( 欠けているから ) 囚われていること。

        そのことが、そのひとをそのひとたらしめており。

        それぞれの核であるそれらの部分から、静かに静かに壊れて行く。



            ひとりひとりの登場人物を 対象化して読み進めながら、
            んぢゃ、私は? と 思ってしまう。 思わされてしまう。

            ひとは皆、何処かしら欠落し、
                 何処かしら壊れている、壊れかけているのではないか、と。

            壊れていく登場人物に、
            私自身が 立っている( と思っている )足元が
            こころもとなく思え始め、空ろな怖さが忍び寄って来る。



        例によって、超分厚い大作なのであるが、その厚さを感じさせない。

        勿体なく感じられるほどあっという間に読了し、
        生じた 空ろの穴を抱えつつ、気になった『 序 』 を再熟読。

        したらば、この『 序 』 で述べられていた お菊物語の伝承形全てが
        本編でクリアされていることに気付き、改めて京極氏の凄さに唸る。


        怪談シリーズ第1作の『 嗤う伊右衛門 』に出逢った程の衝撃はないものの
        やはりとても大切な1冊になりそう。



Ρ






          ただ、唯一残念至極なのは、本の装幀に関しての「 汚れ 」 である。


          こだわりぃの京極氏のチェックが当然入っているものと思われるが、
          本のカバーでは、暝い『 井戸 』と雲に半ば隠れた『 月 』。
          カバーを外せば、井戸の底に映る『 月 』、雲から出た煌煌と輝く『 月 』。

          そして、扉絵、各章の表紙に描かれた月と井戸の「 明暗 」が
          混ざり合って行く。


             あたかも、月が満月から新月に向かい、
             喪って行く月光に反比例し、魍魎の闇がやって来るかのやうに。


          それがまた、クライマックスに向け、どきどきの趣向なのだけれど、
          印刷会社さんの製本時のミスのようで、

             終盤『 数えずの空 』の表紙(p.693)、
             ぃょぃょスミ100%まで後1歩という、濃い「 黒 」の部分に、
             製版担当者さん?の指紋が。。。(涙・画像参照)。


          そして、その時のインクと思われる指紋が
          本文中の同じ位置に 何ページにも渡って付着しており、
          必然的にそれに気を取られてしまい、がっかり。??




京極氏も不本意だと思ふ.JPG   不本意その2.JPG




          だもんで、最終の『 皿数え 』の頁に施された 衝撃の趣向に
          どっぷりとハマれず仕舞いに終わってしまう。 ヽ(`Д´)ノ




          この痛恨のミスは、製本時のミスで、私だけなのだろうか。
          それとも製版時に ミスがフィルムに焼き付き、
          この本全部の仕上がりがそうなのか。


               どちらにしろ、装幀の威力半減で、
                 京極氏がお知りになったら、
                   不本意さに激怒されるのではないかと思う。



          これが完璧であったなら、と 本当に無念!


          私も たいがいが こだわりぃなので、
          この装幀そのものを台無しにしてしまう、この「 汚れ 」は、

          不良製本、として、染みひとつない 完璧本に交換していただきたい程。


               文庫版なら黙って我慢もするが、
                   2000円もするハードカバー本なのだから、
                       出版社に連絡してみようかとも思ったり。



                     **  こんなところが 私の " 欠落 " なのだらふ。

                                  ぐ。  もしかして、それを 試されてるのか??





ペン読書

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/16 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(16)
それ、装丁の一部じゃないの?
お皿を持つと指紋が付くじゃないの…。
[ 2010/10/11 13:30 ] [ 編集 ]
おおおおぅ。
読んでない!図書館へ急げ!



印刷上の汚れ?それが本当だとしたらひどいです。



> この装幀そのものを台無しにしてしまう



装幀は、電子書籍では手に入らない「存在感」の源。

筆者と装幀者と所有者の思いが込められているはず(想い?拘り?執着?妄執?)



立ち上がれ!りう姐さん。そうだ!物欲礼賛だ!



と思ったけれど、あ・りの・みさんのコメントに 『そか!』と納得しちゃったりして。



[ 2010/10/11 13:39 ] [ 編集 ]
おもしろいっ
帯の『 数えるから、足りなくなる 』の紹介から始まってりうりうさんの感想、こだわり、あ・りの・みさんの推測、なんか全部がつながってゾクゾクする~

[ 2010/10/11 15:06 ] [ 編集 ]
Re:それ、装丁の一部じゃないの?(09/16)
ぐゎゎ~ぁん( ̄□ ̄;)!! > あ・りの・みさん



 > お皿を持つと指紋が付くじゃないの…。



な、なるほど。。。

この指の痕で、自分が 【 試されてるかも 】。。。。

とまでは思ってみたのですが、

【 装幀の一部 】 とは、じぇんじぇん思いもしなかったです@@。

ぐゎわわ~~。



5月に読了していたのですが、初めて出版社のサイトに飛んでみました。

特設ページのそのまた裏ページを発見し、『 本に隠された仕掛け 』というのを発見しました!



そこで、他に気付いてたあれこれを再確認し、

また、いろんな裏話を読むことが出来ました(//▽//)☆



んでも、この指の痕については、触れられてなかったです(;;)。

いろいろ検索をかけてみましたが、私と同様の状態だった御方のヒットはないです。



どなたか、この本をお持ちの御方、p.693をご確認いただけないでしょうか(;;)。



出版社の『 数えずの井戸 』のページから感想を書ける欄があったので、

質問してみることにしますですね☆



                  嗚呼、こだわりぃ(-_-) > ぢぶん

[ 2010/10/11 23:43 ] [ 編集 ]
Re:おおおおぅ。(09/16)
はぅ(;;) > あそびすとさん



 > 印刷上の汚れ?それが本当だとしたらひどいです。



 > と思ったけれど、あ・りの・みさんのコメントに 『そか!』と納得しちゃったりして。



どっちなんでせぅ??

前者だったら、ほんっとに残念で、読了感★5つが★4つになってしまう程のものだと感じてるです。



んでも後者なら。

そこまで気付けない自分が情けないです^o^;。



。。。んでもこれ、ほんとに 「 ミスによる汚れ 」 にしか見えないんですぅ。

印刷業界に長く接してるから判るのですが、全てこんな感じで仕上げることは至難の技なハズ。。。



もし これが計算されつくした装幀なのだとしたら…。

見事だというよりは、「 こだわるにも程があるんでゎ? 」 と思わされちゃうです^o^;。



出版社へ質問メールをお送りしたので、どきどきしながら、お返事を待つことにしますですー。

[ 2010/10/11 23:52 ] [ 編集 ]
Re:おもしろいっ(09/16)
ぅひゃひゃ^o^;。 > パクチのねぃさん



 > 帯の『 数えるから、足りなくなる 』の紹介から始まってりうりうさんの感想、こだわり、あ・りの・みさんの推測、なんか全部がつながってゾクゾクする~



えへえへえへ^o^;。

果たして真相は如何に、ですね^^*☆

思いがけないミステリーになっちゃったです☆

パクチのねぃさんも本屋さんへGO!? щ(゚▽゚щ)☆☆

[ 2010/10/11 23:57 ] [ 編集 ]
Re:『 数えずの井戸 』 京極夏彦(09/16)
はじめまして≦(._.)≧ ペコ

わたしも読んでいるところなのです。

みなさんの推測に「わほっ♪」と思ったのですが、こちらの井戸本には指紋はありませんでした。

京極本のある本には虫の屍骸が印刷されたり仕掛けが楽しみでしたのに。

う~わたしの本がはずれでしょうかo( _ _ )o ショボーン

[ 2010/10/12 11:02 ] [ 編集 ]
Re:『 数えずの井戸 』 京極夏彦(09/16)
おおおお~私も読みたくなったわ~



『 嗤う伊右衛門 』 ワタシも目から鱗な大好きな一冊です~



けどけどけど!!!京極本・・・厚いし高いし・・・近寄らないようにしてました。。。あああ~



お菊さんの井戸 姫路城の一角にあるんだよね

子供の頃行った時 とても天気のいい日だったけどその辺りはなんだか恐~くて恐~くて(思い込み?)

子供の頃 怪談本が好きでさ~

[ 2010/10/12 11:39 ] [ 編集 ]
その本、アタリなんじゃない?
maigoさんのご本には指紋はないんですよね、ググっても指紋は引っかからないと。だけど、製本上そんなところに連続して指紋がつくなんてことありえませんよ。そんなことあるとしたら、それこそ「怪談」だよぉ。京極堂ならやるんじゃないかな。ほんの一部だけへのサービスか、でなきゃホントに怪談か…。いずれにせよ、オークションで高値がつきそう(^-^;。

とか言ってるうちになんだか読みたくなってきたじゃないかぁ。『嗤う伊右衛門』はスゴイ名作だし、『覗き小平次』は知人に薦められてるし。とりあえず、『覗き小平次』読もっと。
[ 2010/10/12 15:13 ] [ 編集 ]
Re:『 数えずの井戸 』 京極夏彦(09/16)
京極夏彦は敬遠していた感があります。

恐いのじゃないか? ホラーに弱い。

辛いのじゃないか?

只今、不安神経症の治療をうけるはめに *o_ _)oバタッ

治ったらば、読みますね。

[ 2010/10/12 18:49 ] [ 編集 ]
「 虫の死骸 」
maigoさん、はじめまして! メッセージをありがとございます(//▽//)☆

また、わざわざお手元の本をチェックいただき、有難うございました☆☆



 > 京極本のある本には虫の屍骸が印刷されたり仕掛けが楽しみでしたのに。



『 厭な、、 』ですよね^o^;。 一瞬、ビビりましたですよね~。



 > こちらの井戸本には指紋はありませんでした。



有難うございます。

白い指の痕はともかく、本文下のうっすらとしたスミの汚れ

( しかもページをめくる毎に薄くなって 消えていく )は、

意図的につけられるものではないと確信してたです。



 > う~わたしの本がはずれでしょうかo( _ _ )o ショボーン



ええぇ?? @@

そ、そうかぁ~。

どう考えても「 ヘン 」な仕上がりである本が来ちゃった私が「 当たり 」だという考え方も

あるですね^o^;。

お蔭さまで発想の転換ができました。 ありがとございます^^*☆

[ 2010/10/13 12:17 ] [ 編集 ]
щ(゚▽゚щ)
んふふщ(゚▽゚щ)☆ > ぅさねぃさん



 > 『 嗤う伊右衛門 』 ワタシも目から鱗な大好きな一冊です~



ショーゲキ的だったよね(//▽//)☆

正直、お岩さんは私!! だと思っちゃったです(゚゜)\バキ☆



 > けどけどけど!!!京極本・・・厚いし高いし・・・

 > 近寄らないようにしてました。。。あああ~



近付こう! 手に取ろう! 読んぢゃおぅ!!\(^o^)/☆



 > お菊さんの井戸 姫路城の一角にあるんだよね



世界遺産である姫路城には、いろんな妖しい言い伝えがあるよね。

『 お菊井 』 も 妖しい限りですが、めっちゃそれらしき雰囲気がありますよね☆



 > 子供の頃 怪談本が好きでさ~



鳥山石燕の『画図百鬼夜行』シリーズ、たまりませんでしたね!

図書委員の特権を使いまくりでした(笑)。

[ 2010/10/13 12:32 ] [ 編集 ]
Re:その本、アタリなんじゃない?(09/16)
「 アタリ 」かぁああ(//▽//)☆ > あ・りの・みさん



そんな風に思えばいいんですね!

maigoさんとあ・りの・みさんに感謝です!



 > 製本上そんなところに連続して指紋がつくなんてことありえませんよ。



絶対そうなの。

んだから、試し製本されてる本ののインクが乾ききってないのを

どなたかが触られてそうなったのかな、、とも無理矢理推測してみたのだけれど、



それにしても ベタの部分が白く抜けちゃってるのは 絶対おかしいし。



 > いずれにせよ、オークションで高値がつきそう(^-^;。



あはあはあは。 そんな風に考えたら、楽しいですね^^*☆



 > とか言ってるうちになんだか読みたくなってきたじゃないかぁ。

 > 『嗤う伊右衛門』はスゴイ名作だし、『覗き小平次』は知人に薦められてるし。

 > とりあえず、『覗き小平次』読もっと。



ぅんぅん。 是非是非かもぉぉん、です! щ(゚▽゚щ)



私的には、 伊右衛門 > 井戸 >> 小平次でしたけど、

読まれる御方、好み、読み方、によって、また違ってくるんだろうな、と思うです。

[ 2010/10/13 12:54 ] [ 編集 ]
「 敬遠 」
そんな。。勿体なぁぃぃ > サヨコさん



 > 京極夏彦は敬遠していた感があります。

 > 恐いのじゃないか? ホラーに弱い。

 > 辛いのじゃないか?



確かに 京極さん大好き!な私でさえ、

『 ルー=ガルー 』とか『 どすこい 』 とか、

ちょっと読みつらい、というか 嫌い(゚゜)\バキ☆ なのもあるのですが、

総じて、全ての事象を言の葉で表現し尽すことを目指しているかのやうな、

針の穴を通すが如くの言の葉遣いだけでも、凄いものがあるですぅ。



お話そのものには、こころが 辛くなることもあるかもしれませんが、

逆に こころの憑き物を 京極堂が落としてくれたり、

『 巷説百物語 』では、じんわりと、よろしゅうおす☆



早くお元気になられますよう、お祈り致します(;;)。

[ 2010/10/13 13:23 ] [ 編集 ]
Re:『 数えずの井戸 』 京極夏彦(09/16)
はじめまして、『数えずの井戸』の担当編集です。

本日偶然、この記事に出会い、素敵な感想を嬉しく思うと同時に、ページの汚れについて拝読し、びっくりした次第です。そうした「仕掛け」はしていなかったので……。

おそらく、交換させていただくことになるかと存じます。

webページからの返答はありましたでしょうか。もし、よろしければ、idobatagumi☆gmail●com(☆→@、●→.)にご一報いただければ、私から当該部署に取り次ぎます。

ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。
[ 2010/11/02 23:09 ] [ 編集 ]
レスポンスを有難うございます!
ぅわ~@@>編集Nさま

はじめまして!

ご担当者さまのお目に触れ、お返事いただけて感激の極みです☆



出版社さまの『 数えずの井戸 』のページの感想欄

【 http://www.chuko.co.jp/tanko/2010/01/004090.html 】 から、

今回のことを記入し、意図的な汚れであるか否かだけでもお返事いただけると嬉しい、と

送信したのですが、ご多忙のようで、未だに何の返事もいただいておりませんでした。



 > そうした「仕掛け」はしていなかったので……。

 > おそらく、交換させていただくことになるかと存じます。



そうでしたか。。。

たまたま 不可思議な現象が起きてしまっていたのですね。

どうしてこんなことになったのか、興味津々ではございますが、

ひとまず、すっきり致しました。 有難うございます。



故意に このような装幀はできないことから、【 当たり 】なのではないか、

という考え方を友人から教えていただいたので、

【 当たり 】として、これはこれで大切にし、

雑念なく 再読できるよう、もう1冊購入しようと思っています。



もし、原因糾明等、何かのご参考になられるようでしたら、お送り致しますので、

私書箱の方にでもご連絡下さいませ。



京極杯争奪戦は盛り上がられたのでしょうか^^*☆

中央公論新社さまには、主にC★NOVELSを中心に愛読しておりますが、

京極さま、宮部さまを 別格中の別格として愛しております。

これからも応援して参ります。 有難うございました☆☆

[ 2010/11/03 12:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。