今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 オロナミンC 』  狂騒曲。




        この地では、『 オロナミンC 』 が さまざまな場面で活躍し、
        大層 重宝されていることに、結婚直後から 気付いてはいた。


           他に、UCCの缶コーヒー と
           JAひろしま の 『 みかんつぶつぶ 』 が オロナミンCに続く。


        常にオロナミンCと、UCCかJAの缶が組み合わされ、
        どのお宅にお邪魔しても、お盆の上に丁重に乗せられて、
        振舞われたり、帰りに持たされたりするのである。


           フツーならば、お茶を出される場面で、
           フツーに お盆に乗せられた、これらが
           コップなしで出てくるので、最初は戸惑い、

           私自身はともかく、幼い少年たちには 珈琲は勿論、炭酸飲料など、
           まだまだ飲ませたくなかったのもあり、とても閉口したものだ。


            ** 『 みかんつぶつぶ 』 も、100%果汁なら有難いのに、
                  果汁20% みかん粒10% というもので、
                  みかんの缶詰の如く、ものすご~~~く甘い。 しょんぼり
                  んでも、これを断れば、
                  【 せっかくのおもてなしのこころを足蹴にする 馬鹿嫁 】
                  な レッテルが貼られてしまふのである。
 なみだ



         自治会活動に参加しても、ご葬儀関連の手伝いに出ても、
         この3つのうち 2つは 必ず出される。


         何故、 この3つなのか。


         結婚以来、ずっと不思議であったところ、
         思うに、この3本のソフトドリンクは、
         昔から 販売されているもので、発売当初は、珍しく、

         朝から晩まで 外で田畑仕事に勤しむ農家では、
         客人にお茶をお出しする暇もなく、
         自分たちも、薬缶いっぱぃに沸かした麦茶を
         薬缶ごと外に持って出て、田畑の傍で休憩を取るときに飲む程度。

         そんななか、「 缶ジュース 」や オロナミンCの小瓶は、
         ちょっとした「 おもてなし 」 として出すもの、という
         お茶よりも上、的な 【 格 】を 勝ち取っているのだと
         義母を観ていて 気付いたのだった。 










         で、長引き始めている 義母宅の瓦葺き替え工事 にて、
         職人さんたちに 毎日お出しする定番のなかに、
         この 『 オロナミンC 』 と 『 ポカリスエット 』 があるのだが、

         職人さんには、一口できゅっと飲み切れるものが良い、という義母のこだわりで、
         ポカリスエットは、ちっちゃなくせに割高な
         200ccのペットボトルが良い、缶は缶くさいから良くない、と譲らない。


         で、この200ccのペットボトルを 3箱買って準備したものの、
         朝昼晩で すぐになくなってしまい、

         ついには 町内、隣街、隣市でも見かけなくなり、
         捜し歩くのにギブアップした私は、
         160gのアクエリアスのミニ缶が大量に売られているのを発見し、
         親類筋の酒屋さんからも 義母を説得して貰って、
         無事、アクエリアスの缶への代替を果たしたのだったが。



         ここへ来て、今度は 『 オロナミンC 』 が 売り切れ。 ショック


         町内中、果ては、隣街の大型スーパーまで オロナミンCを求めて彷徨い、
         隣街も、広大なる隣市でも 薬局でも。

         時折、冷却機のなかに 2、3本程度を見つけることができても、
         それで売り切れで、ケース買いなど とてもできない。

         親類筋の酒屋さんへお願いしても、
         問屋さんから貰えない、製造が間に合わないらしい、と言われる。


            何故??

            なにゆえ、オロナミンCが 引っ張りだこなのだ??

            酷暑が続き、ミネラルウォーターやら ポカリ、アクエリアスなどが
            入荷した端からすぐに 売り切れてしまうのは まだ判るのだけれど。


         義母からは、
          リポビタンD、チオビタなどへの代替提案を、全て却下され、
          何が何でもオロナミンCを入手せよ、と 厳命される。



             ” WHY??? ”
          

                                    ( To be continued... )




慌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 



関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : オロナミンC 慣習 おもてなし UCC缶珈琲 みかんつぶつぶ 代替不可

[ 2010/09/19 00:00 ] 地域のこと。 | TB(1) | CM(14)
Re:『 オロナミンC 』 狂騒曲。(09/19)
何だかオロナミンCの信者っているよね・・・

特にお年寄りに(笑)



やっぱりコンちゃんのCMがきいているんでしょうね



ネットで購入できないの?

送料も3000円位で無料になってるけど・・・

急ぎだからダメかしら?
[ 2010/10/18 07:04 ] [ 編集 ]
Re:『 オロナミンC 』 狂騒曲。(09/19)
オロナミンCが出るんですね。この辺は、炭酸の入っていない栄養ドリンクかな~。

UCCコーヒーも珍しいかも…



姑も古い人だけれど、最近は若い者の言うことに反抗できなくなりつつあります。少し、爪の垢でも進呈したいな~っと。

[ 2010/10/18 14:27 ] [ 編集 ]
Re:『 オロナミンC 』 狂騒曲。(09/19)
なぜなんでしょう?

同じですよ!

我が家の義父母宅にもオロナミンCとUCC缶コーヒーが。。。





[ 2010/10/18 16:45 ] [ 編集 ]
Re:『 オロナミンC 』 狂騒曲。(09/19)
へぇぇぇ~不思議~なぜ、なぜ?オロナミンCにこだわるの?こちらでは「おもてなし」にオロナミンなんて聞いたことないぞ!(笑)



亡くなった義祖父は、オレンジジュースといえばバリヤースしか受け付けず、あのビンのジュースが必ず家にあったのも、私には不思議でした。



昔の人って自分の決めたもの以外は許せないものなの???

なんだっていいじゃんね~
[ 2010/10/18 17:24 ] [ 編集 ]
Re[1]:『 オロナミンC 』 狂騒曲。(09/19)
オロナミンCは・・・・ないなぁ。



だいたいブランド不問の缶コーヒーとポカリスエットとお茶。



オロナミンCは、旅館の飲み物だと思ってましたです。もちろん銭湯は、瓶牛乳 d(^o^)
[ 2010/10/18 20:52 ] [ 編集 ]
Re:『 オロナミンC 』 狂騒曲。(09/19)
あら、まあ!

オロナミンCって、どんな味?

そう思って一度だけ飲んだことがあるのだけだけれど……

一生に一度、飲んだだけで終わりました。

こちらで配られるのは「お茶」系です。

[ 2010/10/19 17:12 ] [ 編集 ]
「 信者 」
あぁ、、なるほどぉ。。。>やじさん上総んさん



 > 何だかオロナミンCの信者っているよね・・・

 > 特にお年寄りに(笑)



「 信者 」というご表現に、なんとなーくこの地の状況が腑に落ちた感があります。

んでも、やじさん上総んさんちの辺りにも、そういった方々がおいでになられるんですね!



 > やっぱりコンちゃんのCMがきいているんでしょうね



きっとそれ!だと思うんです。

他にこういったドリンクがなかった時代、オロナミンCの各種広告は、キョーレツでしたし、

【 薬 】的イメージはないのに、飲んですぐに身体が少し元気になっちゃうやうな

ある程度の効果はあるし、刷り込み現象って凄いものなんだらうと。



 > ネットで購入できないの?

 > 送料も3000円位で無料になってるけど・・・

 > 急ぎだからダメかしら?



入手しなくちゃならない日時までに余裕があれば、そうしてたかも、なんですけど、

何より、普段何処でも売ってるものをネット取り寄せするのがちょっと悔しかったのもあるかも。

だもんで、やっぱり、日時に余裕があればあるほど、捜し歩いてたことでしょう(-_-)。



最近、捜し歩く手間隙、遠方まで買いに行く手間隙を もったいなく感じているくせに、

義母に頼まれると、捜し歩いちゃうんだよね^o^;。

[ 2010/10/20 09:02 ] [ 編集 ]
「 栄養ドリンク 」
「 ところ変われば 」なんでしょね^o^;>JJ2007さん



 > オロナミンCが出るんですね。この辺は、炭酸の入っていない栄養ドリンクかな~。

 > UCCコーヒーも珍しいかも…



実家時代から、市販飲料や栄養ドリンクに縁のなかった私^o^;。

この地に来てクラブバレーに入って初めて、試合前に必ず皆でリポビタンDを飲む習慣に慣れました。

が、義母宅やこの地の方々のオロナミンCには、ほんとに「 ??? 」でした。



毎日の過酷な農作業の合間のオロナミンCは、ちゃんと理由のあったことなのかもしれません。。

UCCのミルク缶コーヒーは、ミルクくさくて、私は苦手だったので、

どうしてこのコーヒーなのか、これもまた不思議だったです。



んでも 自分たちが飲むわけでもなく、「 おもてなし 」用に、隣町で生産されているものを

箱買いしてストックされている、というのは、メーカーさんにとって、

なんと有難い地域ではなかろうか、と思ったことでした。



 > 姑も古い人だけれど、最近は若い者の言うことに反抗できなくなりつつあります。



「 若い者 」 が おつよいんですね(笑)。

夫の一族は、皆 やわしぃ( この地の方言 )ので(滝汗)。



。。。ていうか、自分の想いが通らなかったら、ず~~~~っと愚図愚図いじいじされるので、

それに私たちが耐えられない。

だもんで、皆、「 これだけは譲れない 」 と 想い定めたこと以外は、ぜ~~~んぶ義母に従うです^o^;。

[ 2010/10/20 09:17 ] [ 編集 ]
やっぱり!!! \(^o^)/☆
きゃ~~~~!!\(^o^)/☆>yuinekoさん



 > なぜなんでしょう?

 > 同じですよ!

 > 我が家の義父母宅にもオロナミンCとUCC缶コーヒーが。。。



握手握手握手握手ぅぅぅぅ(*`◇´*)/♪ 

yuinekoさんちとは、小学校区は違うけれど、町政時代の同じ町。

見事に、UCCとオロナミンC、ご一緒でしたねぇえええ(//▽//)☆☆



UCCについての一考察を続編で書いてみました。

結構当たってるんぢゃないかと思ったりしています^o^;。



オロナミンCは、職場で眠たくて身体が重たくて困ったとき、飲んでみて 効き目を実感しました。

んでもって、【薬ではない】。

この地の農家な方々にウケた理由が判った気がします^o^;。

[ 2010/10/20 09:33 ] [ 編集 ]
「 おもてなし 」
それだけ > とらトクさん

この地の方々が、オロナミンC全盛時代な旧い世界に住んでらしてるんだと思うです(滝汗)。



1度、イイものだと思われたら、贔屓にし、とことん愛す。

そんな感じでせうか^o^;。



でもね、自分たちでは滅多に飲まない。

毎日のやうに 農作業の合間合間におしゃべりに来られる近隣の方々に、

おもてなし的にふるまうんですね。

( 自分たちも行くから、そこで自分たちもいただく(笑) )。



 > 亡くなった義祖父は、オレンジジュースといえばバリヤースしか受け付けず、

 > あのビンのジュースが必ず家にあったのも、私には不思議でした。



バリヤース!! 懐かしすぎるっ!!

あのリボンちゃん、ですよね(笑)。

結婚当初は、義父母宅にもあったやうな。。。(滝汗)。

自分たちが見聞きして、納得?し、良いもの、と思ったものが絶対、なんでしょうね。



 > 昔の人って自分の決めたもの以外は許せないものなの???

 > なんだっていいじゃんね~



そこが、こだわり、というものなんでしょうね^o^;。

[ 2010/10/20 10:08 ] [ 編集 ]
「 ブランド不問 」
きゃはは(笑)。 > あそびすとさん



 > だいたいブランド不問の缶コーヒーとポカリスエットとお茶。



判る判るっ!!

たぶんそれ、「 サンガリア 」辺りだと思いますです(笑)。



めっちゃ予算のない自治会行事やらPTA行事、ご葬儀のときは、

箱買いすればするほど安い(業務用)スーパーまで出掛けて、

「 サンガリア 」のものを仕入れておられることが多いです。



で、それは、「 若いもん 」が仕切る場合に限られています。

長老的な方々が噛んでると、「 UCC 」 と 「 JA 」ですね^o^;。



あれこれ面倒に感じることも多々あって、ご長老方に対し、

そこまでして「 缶飲料 」をお出しすることに拘泥されなくても、、と

思っちゃったこともありましたです^o^;。



 > オロナミンCは、旅館の飲み物だと思ってましたです。もちろん銭湯は、瓶牛乳 d(^o^)



あはあはあは。

いずれにしても、「 日常 」の飲み物ぢゃない感じですよね。

私、今回、お取引先さまからいただき、

何故オロナミンCをお話も聴いて、初めてオロナミンC効果に開眼致しました~!@@

[ 2010/10/20 10:36 ] [ 編集 ]
「 一生に一度 」
私も > サヨコさん



 > 一生に一度、飲んだだけで終わりました。



自分でお金を出して買って飲もう、、と思うドリンクではなかったです。

んでもこの度、眠くて眠くてだるくて困っていたときに、

きんきんに冷えているのを飲んで驚いたですー。



 > こちらで配られるのは「お茶」系です。



お茶のペットボトルが出たときには驚きましたよね?

そんなもん、家で幾らでも飲めるぢゃん! 水筒を持ってればいいぢゃん!って。



んでも瞬く間に、いろんな種類が出て。

確かに甘味料やら いろんな訳のわからないものが入ってるものを買って飲むよりは、

お茶系のものの方が more better だと思わされています。



うちの班の溝掃除や河川掃除の後にふるまわれるのは、皆の自治会費からなので?

そこまで長老の方々が口出しされないので?

メーカー不問の聞いたことのない名前のお茶のペットボトルです(笑)。

甘味料の甘さのジュースよりは数倍嬉しいです^^*☆

[ 2010/10/20 10:49 ] [ 編集 ]
Re:「 ブランド不問 」(09/19)
りうりう*さん



>たぶんそれ、「 サンガリア 」辺りだと思いますです(笑)。



サンガリア? ブランドを意識したこともないけど、どこかで聞いたことのある名前。今度確かめてみよ。



大手スーパーも乱立するこの辺りでは自社ブランドの商品もずらり勢揃い。なもんで、立ち寄ったところにある安売り○○を手に取る、というぐらい、ブランドに拘りありません(自分が飲むんじゃないし)。



時間があって、大量に必要(お祭りでなど)というときは、卸売市場まで買い出しに行ったこともありましたが、それよりスーパーブランドの方が安く手に入ることも多いのでした。、



>長老的な方々が噛んでると、「 UCC 」 と 「 JA 」ですね^o^;。



なるほど。そういうしがらみは少ないかも。

たぶん一番近いのは、サントリーのビール工場ですが、地元という気はしないです。



>いずれにしても、「 日常 」の飲み物ぢゃない感じですよね。



そういえば、リボンちゃんは飲まなかったけれど、子どもの頃と言えば「カルピス」でした。



>何故オロナミンCをお話も聴いて、初めてオロナミンC効果に開眼致しました~!@@



お、続編期待ですぅ。



[ 2010/10/20 13:34 ] [ 編集 ]
「 地元 」
あそびすとさん



 > 大手スーパーも乱立するこの辺りでは自社ブランドの商品もずらり勢揃い。なもんで、立ち寄ったところにある安売り○○を手に取る、というぐらい、ブランドに拘りありません(自分が飲むんじゃないし)。



『 中身で勝負! 』が信条な私。

私自身が気に入ったお味、内容であれば、全くブランドにこだわりはないし、

ひとさまにも平気で進めちゃったりしちゃうですが、

この地の方々は、義理堅いといふか、融通が利かないといふか。。。

【 実より名 】ってことが往々にして在るし、

老舗の方々には、有難い顧客だろうとつくづく思うです。



善きにつけ悪きにつけ、地元意識も強烈なものがあるですね。

それが地域力に結びついているかといへば、沈黙しちゃうですが^o^;。

また、大合併により町政崩壊したため、地元意識もまた、急速に崩壊していってる感はあります。



 > 何故オロナミンCをお話も聴いて、初めてオロナミンC効果に開眼致しました~!@@

 > お、続編期待ですぅ。



ありゃ、前半、意味不明な文章ですな^o^;。

途中が削除されちゃったみたい(汗)。



持って来られたお取引先さまは、皆さんに意外に喜ばれ、重宝されてる、とのことで、

事務所に手土産用として、トラック分、用意されてるそうでした@@。

オロナミンCには、好き嫌いが余りなく、効果もそれなりにあり、長期保存もでき、

お客さまが、また別のお客さまに差し上げることもできる、ということで喜ばれてるんですと。

次回、またこんなことがあれば、この御方から仕入れることにしやうと、笑い合いました。



私自身は、単に、勤務中に襲われた眠気、ダルさが

見事に吹っ飛び、その上、爽やか元気になっちゃった、という体験をしたです^o^;。

[ 2010/10/22 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

続 『 オロナミンC 』 狂騒曲。
        まさかの 全町 『 オロナミンC 』 売り切れ・取り寄せ不可  に、         恐慌状態に陥りながら、町内を駆け回り、         隣街の大型ス...
[2011/09/28 15:12] 今日も元気で


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。