今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナガサキ原爆忌。








       祈。 




クレパスライン



         人間の前には ふたつの道がある。

     ひとつは 「 核兵器のない世界 」への道であり、

     もうひとつは、64年前の広島と長崎の
                破壊をくりかえす滅亡の道。


 
                              '09/08/09 ナガサキ平和宣言



クレパスライン




       11時2分。


       こころから哀悼の誠を捧げ、平静穏和口調の長崎市長の平和宣言を聞きながら。


       そのなかに、きっちり、
       國は非核三原則を国是とすることで
       非核の立場を明確に示してきたはずであるのに、
       この度「 核密約 」の存在をあきらかにし、
       NPT未加盟の核保有国であるインドとの原子力協定の交渉を
       進めている政府を 到底容認できぬと糾弾した。

       2007年の前市長による
       「 人間はいったい何をしているのか 」 という叱咤を思い起こす。

       5月の核不拡散条約再検討会議の内容に失望しつつ、
       潘基文国連事務総長が国連加盟国に呼びかけた
       「 核兵器禁止条約 」の検討を強く支持し、

       世界の民草に向け、
       「 一人ひとりは弱い小さな存在であっても、手をとりあうことにより、
         政府を動かし、新しい歴史をつくる力になれる。
         私たちの意志を明確に政府に伝えていこう 」と結ぶ平和宣言。


       ヒバクシャ代表の「 平和への誓い 」ではもっと厳しく。


       核不拡散条約再検討会議で、核兵器廃絶の期限を定めることはできなかったが、
       核兵器をなくすという方向は全会一致で確認できたことを評価し、
       これからは、日本が先頭に立ち、核兵器の完全禁止、廃絶に向かって
       全世界をリードするときである。

       そのためにも、核傘下から完全離脱し、
       非核三原則を法制化し、遵守することが必要であると迫る。




            その通り! その通り!!
            ぶんぶん頷きながら、
            私たちは、昨年あれだけ 大きな希望を与えてくれた
            オバマ氏のプラハ演説に垣間見た展望から、
            一歩たりとも後退してはならぬ、と こころから思う。




            菅氏は、読む練習を余りしていなかったのか、
            かみかみの原稿読みであったけれど、


            冒頭から 日本國は唯一の被爆國として、
            「 核兵器のない時代の実現に向けて
              先頭に立って行動を起こす道義的責任を有している 」と。

            自ら 核軍縮・核不拡散に向けて行動を起こすこと。
            核兵器廃絶と世界恒久平和に向けて、
            日本国憲法を遵守し、非核三原則を堅持すると誓う。


            また、ヒロシマやナガサキの若い世代の取り組みを評価し、
            核軍縮・核非拡散の教育を世界に広めたい、と。


                したらば、これまで散々 偏向教育であると 攻撃を受けて来た
                ヒロシマ・ナガサキの平和教育は、
                これからは「 是正 」されるのであろうか。


                小学校のP時代。
                私の目の前で「 是正指導 」と称して、
                平和を願うポスターやカレンダーが撤去されていったこと。

                社会見学コースから平和公園が外され、
               「 ヒバクシャ以外は原爆を語ってはならない 」と

                先生方が「 処分 」されていったこと――。

                過去のあれやこれやが瞼の裏で点滅する。


                    政権交代、とは、
                    こういうことを言うのだな、と ヘンに実感し、


            菅氏の挨拶の最後で、自身の政治家としての初心に触れたのは、
            なかなか良かったと、素直に聞く。



                   ―― 祈りのなかで、歩は前に。

                             ただ 前に 前に。





折鶴


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





       ●  『 夕凪の街 桜の国 』

       ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

       ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

       ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

       ●  「 みたび『 夕凪の街 桜の国 』」




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/08/09 12:17 ] ニュース | TB(0) | CM(2)
Re:ナガサキ原爆忌。(08/09)
菅総理は「核抑止力」を認め

そのために日本に核の持込を認めるような発言を

広島では、しなかった?

私の聞き違いならば、許してください。

秋葉市長のあの平和を願うお話の後に

官僚が作った原稿を、よくも読んだものだと腹が立ったの。

だから、今日の菅総理の挨拶の前に

テレビを消してしまいました。

[ 2010/08/09 14:49 ] [ 編集 ]
どちらが本当か。
サヨコさん



私もヒロシマでの菅総理の挨拶は、ろくに耳に入らなくなってしまったので、

今日は、何があってもきっちり聞こうと、録画までしたの(滝汗)。



んだから、今日の挨拶には驚きました。

急遽書き換えたから、あんなに最初から噛み噛みの挨拶だったのかしらん。



で、最後に自らが政治家を志す契機となったエピソードを入れたのは、

【 今日の挨拶は 】 官僚だけがつくったのではないのだ、と

訴えたかったのかな、と感じました。



 > 菅総理は「核抑止力」を認め

 > そのために日本に核の持込を認抑止力」を認めるような発言を

 > 広島では、しなかった?



岡田氏が、そう発言してしまってるから、でしょうね(-_-)。

[ 2010/08/09 16:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。