今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クレーン車出動。








           ガリガリガリと路肩が車底をこすり、
           黒煙をあげて 浮き上がった右タイヤが空回り。

           左2輪が脱輪し、横転しても可笑しくない程傾いた Fitのなかで。



               「 …… ごめん、たっくん。    終わったわ(-_-) 」

               「 …… ぅそ  」



           間抜けな会話を交わしながら、
           脳内が真っ白になっていくのを感じつつ、とりあえず車を降りる。

           後部座席の左に居た上の少年のドアは地面で開かず、
           よじ登るようにして右側から降りて来る。


             ……どうしよう。

 
           わらわらと 近隣で田畑仕事をしていた方々が
           集まって来られるのが目に入り、

           回らない頭で、とりあえず、元凶のゴミを
           上の少年にステーションに持って行ってくれるようお願いする。


           助けようと集まって下さった方々が 口々に

            「 これは 儂らじゃ、どーにもならんのぅ 」

           と 引き取られるのに頭を下げていると、

            「 ここの田んぼのひとは、いつもここに草山をつくるけんのぅ。
              この草山を気にして 反対側に落ちちゃったんぢゃろうが、
              ここは元々、農道なんぢゃけぇ、あの家を悪ぅ思ぅたら、いけん 」

           と言われて驚愕する。

            「 とんでもありません!
              そんなこと、思いもしませんでしたです! 」

           実際、思いもよらないことだったし、
           そんな話があちらこちらで広まったら、もうこの地にいられなくなる!!
           義母もまた、どんなに肩身が狭くなってしまうだろう、、、

           義母!! そうか、この様子だとあっという間にご注進が飛ぶな。。。等々。

           真っ白、茫然状態から、瞬間 恐慌状態に陥ったお蔭で、
           逆に 今から、しなくてはならないこと について
           あれこれと みえてくる。




  



           会費が辛いので、JAFから脱会して久しい。

           確か、保険会社で何らかのサポートしてくれるはず、と、
           ゴミ出しから戻って来た上の少年に Fitを観てて貰い、
           
             「 初めての体験だ~ 」 と

           ケータイで撮影しようとする上の少年に

             「 私のお蔭で将来勉強になるね^o^; 」 思わず苦笑。

           我に返って
             「 心配するから おとうさんなんかに送らんでよ! 」 
           一喝して グローブ・ボックスから保険関係一式を持って自宅に戻る。


           脂汗で ぐっしょりのブレザーを脱ぎ捨てて、保険書類に目を走らせ、
           レッカー作業は、30kmまで無料 ?
           但し他の作業が入ると 別途費用が生じる、という項目を確認し、
           サポートセンターに連絡。

           窓口の女性の御方の 丁重に こちらを気遣われつつながらも
           てきぱきと あれこれ詳細に質問して行かれる様子が、
           レベルの高さを感じさせ、安心して、極力正確に答えて行く。


            「 それでは 10分程度でそちらに参ります 」


           と言われて こころから ほっとする。

           未だ稲刈時期ではないし、時刻的にも 車は殆ど通らないハズだが、
           車1台がやっとの農道を、休耕田に半分落ちたFitで塞ぐ時間は
           短ければ短いほど有難いもの。。。。??


           ところが数分して電話が鳴り

            「 申し訳ございません。
              そちらの地域に対象重機車がおりませず、
              到着まで 40分程度掛かります。
              ご迷惑をお掛けしますが、今しばらくお待ち下さいませ 」

              、、、がっくし。?

              ん? 対象重機車?。。。 ぅええ。?

           Fitの陥った状況をあれほど詳細に尋ねられたのは、
           フツーのレッカー車で 救助が可能かどうかの
           状況判断のためだったのだと納得する。


             40分あのまま、なのはとってもイタいけれど どうしようもない。




 




           重機車が来るまでの時間を利用して、天使な先輩に事情をメールする。


           あのFitの状況では、おそらくそのまま隣市の
           Fit購入店へ持ち込みになるだろうから、
           大事な取材日に、本当に申し訳ないのだけれど、
           午後から出社になるか、最悪 欠勤になる旨を送信。?

             先輩からは、まず怪我の有無を案じてくれ、
             大変だけれど ヘコまないで、ふぁいと!だ と返事が来る。

             次いで、こんなときに本当に申し訳ないけれども、と
             今朝欲しかったデータを送るように言われ、
             通勤バッグからPCを出そうとして、、、、ない??!


           Fitからバッグを持って来たつもりだったのに、手元にない。

           大事なPCや書類、お財布等、何かあっては大変と、
           急いでFitまで戻るが バッグはない。a

           いつ なくなったのか、またもや汗が噴き出る。

              社外秘てんこもりな会社のPCを無くしては いかんっ!!??

           心臓が喉元にせりあがるやうで、倒れるんぢゃないかと思いながら、
           自宅まで戻ると、無意識にちゃんと持って戻っていたらしく、
           仕事部屋の会社電話の足元に置いてある。 (o_ _)oポテッ

              落ち着いたつもりでいたが、やはりかなり動転しているらしい。

              深呼吸、深呼吸。?a


           気がつけば、既に9時近く。 外は灼けつくやうな暑さである。

           日傘と 『 フェイスonワンピ 』 で重装備はしていたものの、
           影ひとつない農道上で待機するのは しんどいので、
           自宅の影に入り、「 重機車 」がヤって来るのを待つ。

           上の少年もこちらにヤって来て、
           ふたり並んで無言のまま、Fitを眺める。



                    私を責めるでなく、騒ぐでもなく、
                    不要な慰めを言うでなく、

                    彼が( 寄り添ってくれるように )
                    自然体で無言であることが、ひたすら有難い。

                                           ( 続 )





ペン焦

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/08/23 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(4)
Re:クレーン車出動。(08/23)
本当に本当にお疲れ様でした・・・・

ところで体は大丈夫ですか?

その時は気が張って痛くなくても後遺症が出てくることもあるし



[ 2010/09/18 08:10 ] [ 編集 ]
ご無事で何より
重機出動の大騒動とは。

どなたにも怪我がなく、良かったことです。



>あの家を悪ぅ思ぅたら、いけん



ということは、「あの家が悪い」ととっさに思うのが普通っていうこと?

ありがたいお心遣いからの言葉でしょうけれど、ちょっと怖。



次に家族がそろうときには、おたがい笑ってこの一連の騒動を話題にできる、上の少年くんと過ごした待ち時間が優しい大切な思い出になる。



だとおもうなぁ。



やじさん上総ん さんがおっしゃるように、しばらくは体調に気を配ってください。



[ 2010/09/18 09:01 ] [ 編集 ]
「 そのときは気が張って 」
ありがとございます^o^;>やじさん上総んさん



 > 本当に本当にお疲れ様でした・・・・



まさに、怒濤の盂蘭盆でしたでしょ^o^;



 > その時は気が張って痛くなくても後遺症が出てくることもあるし



ありがとございます。

丁度1ヶ月経ちました^o^;。

脱輪だけで、落ちるショーゲキもおそらくなかったので、だいぢゃぶと思います、多分。



ストレス悪化もあるのでしょうけれど、この日、日光に晒されまくりで、

肌の状態が後戻りしちゃって、暫く苦しみましたですぅ(;;)。

[ 2010/09/19 02:04 ] [ 編集 ]
Re:ご無事で何より(08/23)
30回も > あそびすとさん

首をぶんぶん振っていただいたのですね^o^;。



 > 重機出動の大騒動とは。



現地は自宅から、ほんの10数メートル(-_-)。

周りは田んぼに休耕田。

四方八方から丸見えの場所で、まさに、大珍騒動ですな(-_-)。

おっしゃる通り、怪我がなかった分だけ儲けもの、です。はぅ。



 > ということは、「あの家が悪い」ととっさに思うのが普通っていうこと?

 > ありがたいお心遣いからの言葉でしょうけれど、ちょっと怖。



かなり怖いです~。

私はこの言の葉のお蔭で、脱輪の茫然自失状態から脱することができました(滝汗)。



 > 次に家族がそろうときには、おたがい笑ってこの一連の騒動を話題にできる、

 > 上の少年くんと過ごした待ち時間が優しい大切な思い出になる。



ありがとございます^^*☆

詳細をブログに書けるようになるまで、1ヶ月掛かりました(笑)。

もうだいぢゃぶです^^*☆



あ、底板交換代が加算される車検時の請求額で、また撃沈するとは思うのですが(滝汗)。

[ 2010/09/19 02:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。