今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

治水への不安。







          この度の大豪雨で、義母宅も我が家も、たまたま
          それぞれの休耕田の水没程度で、直接の被害を受けずに済んだ。


          だが、義母宅の前の細い坂道を30mも登ると、農業用水用のため池があり、
          次回、豪雨となった際には、
          ここが決壊するのでは、という恐怖に 義母が囚われてしまった。



             心配し始めれば、そこここに不安の種はあり、
             キリがないように思ってしまうが、

             でも こうした不安は、
             或る意味、日常を見直す上で大切なことでもあろうと思い直す。



          確かに 古くからある ため池で、
          子どもたちの水難事故に対しては 警戒され、対策が講じられているものの、
          大水による決壊についての対策は 何もされていない。

          今回を機に、地域の方々で、何らかの話し合いを持たれれば、と思う。









          内閣府に 『 災害被害を軽減する国民運動のページ 』 というものがあった。



        「 国民運動 」( 奨励 ) という 形で、中央から地域に
          災害被害を丸投げされてもなぁあ、、と 感じる反面、


          地域で起こる可能性のある災害は 当該地域が1番識っており、
          日頃から 危機管理がなされていてこそ、とも思う。

          これまでの不幸な災害被害に 個々人はもとより、
          地域が 大きく学んで行かなければ、
          同様な災害で、同様な悲劇を繰り返してしまうことになる――。



          このサイトに、『 1日前プロジェクト 』 というページがあり、

          さまざまな災害の被災者に

           「 1日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか 」

          と問いかけた答えを、災害別、地域別、場面別に読むことができる。


          思わず、『 風水害 』 のページを読み、
          全く同じことを繰り返していることに、


             私たちひとりひとりの 【 自助 】。
             地域力が問われる 【 共助 】。
             そして、國や自治体からの 【 公助 】。


          この3つが有機的に連携しあって、
          1つ1つ、打開して行かねばならないのだと 強く思わされる。


          先人の悲劇に、私たちは何かを学ばねばならないのだと。




         「 やっぱり あそこは危なかったのだ 」 と

           後から 悔やんでもどうしようもない。



             うちの町では、各世帯に B全・カラー版の大きな
             『 町内安心安全マップ 』 を 配布したばかり。

             そこには、町内の避難所、踏切、交通事故が多い場所、
             猪や蝮に要注意な場所が記入されているけれど、
             雨期に予測される川の氾濫箇所や、
             落石、地滑りしそうな危険場所などは記入されていない。


             交通事故や猪、蝮地図なら、各小学校区でも
             毎年 夏休み前に全戸配布されており、
             町規模で、わざわざB全・カラー版にした意味はないのでは と、
             少々勿体無さ過ぎであるように思ったばかりだった。




          義母のやうに、不安のタネを見つけてまで慄くのは 困りものだけれど、
          普段から 或る程度の危機感、注意力を持ち、声をあげ、
          【 自助 】、【 共助 】 を主体に皆で動き、
          どうにもならない部分には 【 公助 】 を仰ぐ。

          そんな姿勢が必要なのだな、と思う。

            いざ、という、有事に機能できる 自治会、でなければ意味がない、
            すっと 皆が手を取り合える、そのために。

            普段から  面倒な  いろいろな行事があるのだと。





ペン大雨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/17 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(2)
Re:治水への不安。(07/17)
りうりうさん宅が大きな水害を受けることなく幸いでした。



この地区全体で、先月に自主防災訓練をしたばかりでしたので、

それが少しでも今回の災害時に役に立っていればよいのですが。

ひとりひとりの心がけも大切ですが、やはり行政の力がどうしても必要になる部分がありますね。。。

[ 2010/07/24 09:04 ] [ 編集 ]
「 自主防災訓練 」
それは凄いですね(//▽//)☆ > yuinekoさん



 > この地区全体で、先月に自主防災訓練をしたばかりでしたので



うちの班では、ちょっと想像できないです(滝汗)。

救急車や消防車が乗り入れできない土地で、少数世帯で、

密集してなくて、一戸一戸離れてて、高齢者多くて、山添のお宅が多い。。。。

これって、1番自主防災訓練が必要な土地だと思う。。。orz....



 > りうりうさん宅が大きな水害を受けることなく幸いでした。



我が家の川向の少し川下の世帯は、川があふれたことで、

かなり床上浸水された由にて、大変でしたです(;;)。

自宅の幸運を 素直に喜べなくて。。。



 > ひとりひとりの心がけも大切ですが、やはり行政の力がどうしても必要になる部分がありますね。。。



日頃から縦横に連携していないと、

ぃざというときの起動度が違うことを実感していますです。。。

[ 2010/07/26 07:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。