今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

瓦騒動。







          この界隈の家々は、昔ながらのお宅が多く、
          だもんで、殆どが  大仰な  【 入母屋屋根 】である。

            だもんで、私は 入母屋屋根が大嫌いになった。 

          蓮華王院本堂のやうに壮大なる邸宅なら、入母屋屋根も大仰ではないが、
          小さな家屋に入母屋屋根だと、どうにもごしゃごしゃとバランス悪く感じるし、
          何より それが、入母屋屋根 > 切妻屋根 > 寄棟屋根 として、
          【 格が高い 】から、と   猫も杓子も  入母屋屋根であることが、

          つい 「 なんぼのもん 」 と思ってしまう私には
          どうにも 居心地が悪いのである^o^;。


          そいでもって、以前にもブログで記したが、
          この界隈では、日光を反射してぴかぴか光る、赤瓦が多い。

          雪を滑り落とすために、油土を使った『 油瓦 』と 呼ばれる瓦で、
          内部に水が染み込みにくく、冷害にも強い仕様になっているのである。

          これが豪雪地帯で鳴らす隣市であれば、
          盆地特有の気候や豪雪に強い油瓦である意味があるが、
          そこまで雪の降らぬこの地ではどうだろう(-_-)。

          「 100年持つ、と言われた 」 という義母ご自慢の赤瓦。

          この地では、瓦が赤いかどうかは、【 家の格 】に関わる大問題なのである。


          分家の義父母が 本家に仕え、本家から土地を貰い、食べるものも食べず、
          辛抱して辛抱して、川原から石を運び、山から木を切り出し、
          班のひとたちの手を借りつつ、まさに、自分たちの手で建てた家。
          夫が生まれた頃は、母屋の2階への階段もなかったという。
                        ( 縄梯子で上り下りしていた由 )


          それでも、【 見下されたくない 】 一心で、瓦には ふんだんにお金を遣い、
          赤瓦のなかでも、当時「 最高級 」 と言われるものを選んだらしい。

            「 うちは襤褸屋ぢゃけど、瓦は えぇんぢゃけん 」

          鼻高々な義母の自慢話は、既に耳タコ100匹である。



    




          この地では、殆どのお宅が、新築されるときも、
          入母屋・土壁もしくは木壁 の 昔ながらの家をお建てになる。


          だもんで、地元の建設業者を使わず、
          全国メーカーの「 ハウス 」を建てた我が家が、
          義母にとって、如何に不本意なる恥さらしであったか。

            「 せめて、屋根だけは 赤い油瓦の入母屋で 」 

          という義母の切なる願いを

            「 絶対にイヤっ! 」

          と拒否した私は、まさに いまどきの鬼嫁 であったに違いない^o^;。



   




          で、先日の豪雨 で 義母宅では雨漏りがした箇所があり、

          また、義母宅前の坂の上に位置するお宅から、
          上から見ていて、義母宅の母屋と納屋の屋根が交錯する箇所に、
          水溜りのやうに水が溜まり、渦が巻いていた、このままだと危険なのでは、と
          指摘された由にて、義母は 3日間程 私を巻き込んで悩みに悩み、

          とりあえず、樋の点検修理、
          ついでに 雨漏り箇所の瓦の修復工事を頼むことにしたのだったが。


          この間、義母宅の近隣では義母宅の屋根修理について喧々諤々。
          本家からは、もう長義兄が 義母宅へ帰って来る事もないのだから、
          このまま直さず、晩年は三男宅( 我が家 )へ同居し、
          義母宅は取り壊してしまった方が、後顧の憂いがなくなる、
          とか言われたようで、義母の嘆き、ヘコみようは目を覆わんばかり。?


          屋根の点検をしていただくと、
          築60年余の瓦は、さすがに磨耗して割れやすくなっており、
          また、昔のことなので、瓦を土で留めているために、
          全体にズレての雨漏りと、納屋の屋根との接触とで、
          これはもう【 葺き替え 】時期である、との由。 a


          ざっと200~300万掛かるようで、
          義母のこだわりの赤瓦にすればもっと掛かる。a

          「 100年持つと言われたのに! ? 」 という義母の嘆きと併せ、
          義母は、自分がまだ 元気である今、葺き替えをすべきか、
          でももう、この家に住むものはいないのだから、この際、取り壊しを選択するか。
          ますます大混乱、大苦悩、大困惑、である。


          必死の形相で、家自体の存続を 私に相談されても、私も困る。

          ただただ、長義兄さまに相談して 決定してくれ、
          私は長義兄さまの言われる通りにしますから、と 言うのだが、
          頼みの長義兄夫婦は、オーストラリアに旅行中(滝汗)。


            「 瓦は、発注してから焼いて貰うんぢゃけん、
              そうこうしとったら台風が来る。
              わしも いつ、どうなるかわからんし、
              帰国するまで待っとれん!! ? 」


          ぃゃぃゃぃゃ。 お義母さまは まだまだ お元気でいらっしゃるし、
          今すぐ、屋根が崩落する、という切迫した状況ではないのだから、
          義長兄さんを待ちましょうよぉ(滝汗)。


               こんな大事なことは、まずもって、
               跡継ぎさんである義長兄に1番に相談して欲しい~。

               義長兄の帰国まで、なんとか義母を宥め続けやう! > ぢぶん


          その分、連日、家を取り壊すか、瓦の葺き替えか、
          葺き替えるとしたら、どんな瓦にするか、業者は誰を選ぶか。

          ひいては、町内の瓦業者さんたち それぞれについてのあれこれ話。
          瓦業者さんたちのお連れ合いさんのご実家のお話まで(-_-)。

          朝から晩まで 義母のお悩み話、噂話が賽の河原の如く。


                     。。。義長兄が帰国するまで、あと1週間。
  
                                頑張れ!! > わたし。
  




ペン死

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/18 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(12)
あ、これはまさしく
騒動というにふさわしい。



とはいえ、

格をあげるために入母屋赤瓦にするのではなく、日々ご自身が努力し、踏ん張ってきた結果が「格を上げる」につながり、その目に見得る成果(勲章)として入母屋赤瓦があるとお考えなのかな。



お義母さまも、りうりう*さんも、皆様が心落ち着かれる解決策が見いだせますように。

[ 2010/08/02 15:33 ] [ 編集 ]
Re:瓦騒動。(07/18)
はいはい・・・・そういうこと言う人ほど元気で長生きですって・・・(Θ_Θ)

(周りの迷惑を顧みず見ずね(笑)



なんだかお義母さんの言いたいことはすごくよくわかるけど「だからぁ??」って言いたくなるのが我々嫁のセリフです(T_T)
[ 2010/08/02 21:16 ] [ 編集 ]
へぇ~~。。。。。。
こんばんは。

大変ですねぇ。。。りうりうさん。

結論がでない話題を毎日、毎日、長時間、付き合ってらっしゃるの?

私なら、キレちゃうな。





ところで、

入母屋の家は、固定資産税が、高いですよね。

まぁ、最初のうちだけでしょうけど。

だから、

うちの実家の近くでは、母屋は、切妻、

離れは、入母屋が多いかな。

確か、建てるときも、

入母屋だと、坪60万円、切妻だと、坪40万円と言われたらしいよ、うちの実家は。(約20年前)

(たとえば、建坪50坪だと、入母屋だと、3000万円ね。)← 昔ながらの大工さんが、1年がかりで、建てます。



お義母さまが、ご自分でお金の都合がつくなら、(現金で支払いできるなら)、

修理したらいいと思うよ。

だって、絶対、ずっーーーと、その話題、続くとおもうもん。



そんでもって、

いらなくなったら、売ったらいいと思うよ。

そんなにいい瓦なら、中古でも、買う人いるんじゃあないかなぁ。。。



[ 2010/08/02 22:13 ] [ 編集 ]
Re:瓦騒動。(07/18)
おつかれさまです~。

えらいな~、やさしいな~、いつも尊敬してます。



山陽新幹線で博多へ行くとき、一寝入りして起きたころ、

あれ~!屋根が赤いぞ~!ってなります。

一旦黒に戻って、山口でまた赤くなりますね。

もともとは山陰の瓦らしいですね。

農家で瓦屋根ってのはそんなに古くないでしょうって思ったので、

またググると

【広島文化大百科 西条盆地の赤瓦民家(さいじょうぼんちのあかがわらみんか)】

オリジナルの西条のあたりで、やっぱり明治末から昭和初期ってことですね。

そこからの伝播だから昭和に入ってからの普及かなぁ。



本家も結構無責任なことをおっしゃるんですね~。

屋根屋さんは全部葺き替えろ~って言うだろうけど、

応急修理ってのが妥当なところだろうけど、

お義兄さまがお義母さまを納得させて下さるようお祈りしてます~。

ふんばれ~!
[ 2010/08/03 07:09 ] [ 編集 ]
Re:瓦騒動。(07/18)
お気持ち、お察し申しあげます。

私だったら、耐えられないでしょう、きっと。

[ 2010/08/03 12:39 ] [ 編集 ]
Re:あ、これはまさしく(07/18)
(-_-)>あそびすとさん



 > 格をあげるために入母屋赤瓦にするのではなく、日々ご自身が努力し、

 > 踏ん張ってきた結果が「格を上げる」につながり、その目に見得る成果(勲章)として

 > 入母屋赤瓦があるとお考えなのかな。



そうだったら、( それなりに )救いがあるかも、と思えないでもないですけどー。

んーーーー。



時代と地域、が そうさせたのだ、とは思うのですが。。。はぅ。



 > お義母さまも、りうりう*さんも、皆様が心落ち着かれる解決策が見いだせますように。



ありがとございます。

思えば、お仏壇騒動、墓地騒動に次ぐ、第3弾、ですね(滝汗)。

明日には見積書をいただく予定です^o^;。

[ 2010/08/05 21:47 ] [ 編集 ]
「 元気で長生き 」
あはあはあは ^o^; >やじさん上総んさん



 > はいはい・・・・そういうこと言う人ほど元気で長生きですって・・・(Θ_Θ)



義母は、あの難病指定の大病を克服してからというもの、

めちゃくちゃ元気になりましたっ!

私の方が先に往きそうですぅぅ^o^;



 > (周りの迷惑を顧みず見ずね(笑)



義母から言えば、自分が居なくなった後、

長義兄や私たちが瓦を葺き替えることになっては可愛想だ、という、

私たちのことを思って、のことらしいので、それはもう使命感に燃えてるですよ~^o^;。



 > なんだかお義母さんの言いたいことはすごくよくわかるけど

 > 「だからぁ??」って言いたくなるのが我々嫁のセリフです(T_T)



あはあはあは。 ( ← 笑って誤魔化している )

[ 2010/08/05 21:52 ] [ 編集 ]
Re:へぇ~~。。。。。。(07/18)
日々、是、忍耐(笑)。 > OMITAさん

義父母の介護生活だった日々を思えば、なんのこれしき。。。

( って、いい加減、熱が出そうですが )有難いことです^o^;。



 > 入母屋の家は、固定資産税が、高いですよね。



瓦の数が全然違うので、やはり「 資産 」とみなされちゃうんでしょうね。



 > うちの実家の近くでは、母屋は、切妻、

 > 離れは、入母屋が多いかな。



それもまた、凄いですね。

「 離れ 」は、ご隠居さんたちのもので、別格、ということだったのかなぁ。。。



 > お義母さまが、ご自分でお金の都合がつくなら、(現金で支払いできるなら)、

 > 修理したらいいと思うよ。

 > だって、絶対、ずっーーーと、その話題、続くとおもうもん。



続く、続く(笑)。

ちょうど来年、建物火災??か何かの保険満了で、かなりの額がおりるらしく、

それを当てよう、と思っているようです。



雨樋も全面ヤり替えとなったので、それはもう、凄い数字になりそうです(滝汗)。



 > いらなくなったら、売ったらいいと思うよ。

 > そんなにいい瓦なら、中古でも、買う人いるんじゃあないかなぁ。。。



そうなのですか@@??

どっちにしろ、義母から代替わりしましたら、全て長義兄にお任せしますぅ。

[ 2010/08/05 22:00 ] [ 編集 ]
「 広島文化大百科 」
をを(//▽//)☆>あ・りの・みさん

労っていただき、ありがとございますぅ\(^o^)/☆



 > もともとは山陰の瓦らしいですね。



それが、この辺りの「 油瓦 」は、やはりこの辺りの粘土から、らしいです^^*☆

で、西条盆地の方々のなかで、裕福なところは、

赤の油瓦よりも もっと【 裕福なる富の証 】として、

山陰の有名な石州瓦を競って使った、、、という

ところらしいです~~。



でも最初 裕福なお宅が石州瓦を葺いて、

真似したいけれど手が出ない、、ってことで、

地元の土で焼くようになったのかな???



 > 【広島文化大百科 西条盆地の赤瓦民家(さいじょうぼんちのあかがわらみんか)】



ぅひょひょ~☆

この地では、こっち、こっち。

【 賀茂台地の居蔵造り民家(かもだいちのいぐらづくりみんか) 】

これ、まさに義母宅やこの辺りの方々のお宅か、と一瞬、ぎょっとしました^o^;。



 > お義兄さまがお義母さまを納得させて下さるようお祈りしてます~。

 > ふんばれ~!



ありがとございますぅぅ(;;)。

結局、納屋まで全面葺き替え決定、雨樋もヤり替え決定、となりました(T^T)。



でも油瓦の威力や素晴らしく、屋根板が全く傷んでいないので、

屋根板は流用でイケるそうです。

それは、60余年経ってる油瓦でないお宅では、考えられないことなんですって@@。

[ 2010/08/05 22:15 ] [ 編集 ]
「 耐えられない 」
ありがとございます(;;)>サヨコさん



 > お気持ち、お察し申しあげます。

 > 私だったら、耐えられないでしょう、きっと。



きっとそれは、同居期間の地獄やら、介護生活があったから、

【 あの日々よりはマシ 】 と 頑張れてるんだと思うです。



んでもって、こちらで 「 ブラックりうりう 」を全開できて、

ガス抜きさせていただいてるので、救われておりますです^o^;。

いつもありがとございます\(^o^)/☆

[ 2010/08/05 22:19 ] [ 編集 ]
うむむむ~~~~~~@@;
よし君も私も両親は既にこちらには居りません

淋しく思う事も多々ありますが

りうりうさんの日記を読ませていただくと・・・

悪い人ではないのだろうケド・・・大変すぎる ーー;

凡人の私には無理かなぁ~

無理です。
[ 2010/08/05 23:06 ] [ 編集 ]
Re:うむむむ~~~~~~@@;(07/18)
悪い人だったら > そらしどママさん



正面切って、私は断固闘いますぜ(笑)。

活き活きと大革命を起こしちゃうかも(゚゜)\バキ☆



そうぢゃないからー、私は自分を鬼嫁としか思えなくなって、息ができなくなるですー。



 > 凡人の私には無理かなぁ~



私も凡人ですぅ(T^T)。

ただ、ひとより ちょとだけ意地っぱりなので(滝汗)。



胃にも十二指腸にも穴が開いては閉じ、10円ハゲも出来ては生えの繰り返しなのに、

何故に 何故に 痩せないんでせぅぅうぅぅヽ(`Д´)ノ

[ 2010/08/07 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。