今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラゴンフルーツ♪







          夫の定休日。



          あれこれ諸々で、鬱々としている私の気を引き立たせるためか、
          夫が 同僚の住む街の焼肉屋さんに連れてってくれる、という。


          職場の同僚が在住しているその街には、
          街名を冠する 『 黒瀬牛 』 という良き牛がおり、
          そのお店は、お安く 黒瀬牛が食べられて、
          他の料理も美味しく、とってもイイ店であり、よく家族と行くのだ、
          お勧めだよ、と 教えて貰って久しい。



          黒瀬牛は、県北の三次市場にて、買い付けられた
          生後8ヶ月~10ヶ月の雌の子牛を 20ヶ月前後かけ、
          黒瀬の大地と黒瀬の有機堆肥で育てられた麦藁で育てられた、
          未経産のために きめ細かくて柔らかで風味高いと評判の和牛。


          リーズナブルに食せるなら、紹介されたそのお店に、いつか、行ってみやう。

          そして、イイ感じだったら、少年たちが帰省した折に連れて行こう、
          、、、などと言いながら あっという間に数年が経過。


             1つには、私自身が、つい、職場などでの会食ならともかく、
             家族で食べる焼肉なら 家で食べる方が安上がり、贅沢は敵!
             と思ってしまうことと、

             肝心の少年たちが、帰省の度に

              「 焼肉なら、食べ放題のお店で 時折食べてる。
                外食に連れてってくれるなら、是非とも、握り寿司が食べたい! 」

             なので、黒瀬牛には無縁のまま、幾星霜。




      




          それが、いきなり、イベントでもないのに


            「 今日行こう! 今から行こう! ?


          と 夫が言い出したので 驚きながらも、
          そう言ってくれる気持ちが有難く、出掛けることに。



          運転しながら、場所を聞けば、いつも私が通る道。

          そう言われれば、確かに道路に面して 肉屋さんがあり、
          その奥に、焼肉屋さんらしき暖簾が下がっているのを目にはしてた。


           けれど、失礼ながらも、入口を見る限りにおいては
           煤けた感じの 小さな赤提灯的 一杯呑み屋さんな感じで、
 
           その街に美味しい焼肉屋さんが在る、とは耳にしても、
           当該店かも?? などとは、ち~っとも思わなかった お店である(゚゜)\バキ☆



          ところが 暖簾をくぐって驚いた。
          そして、外見だけで安直に判断してたことを申し訳なく思う。?


          店内は、想像以上に ゆったりと広くて、内装もすっきり。


          入って右側、左側と 座敷とテーブル席とに分かれているのだが、
          間仕切りがなく、その分ゆったりとスペースが取られ、
          明るく、広く、開放感があり。

          テーブル席も、どっしりとした大きな6人でも十分イケそうなテーブルで、
          毎日、床まで デッキブラシで磨きたてられてるような清潔感が嬉しい。

                これは、、、まるで、知るひとぞ知る、隠れ家的お店みたいだ~。


          私たちが行ったのは、平日の遅めのランチ、という時間帯で、
          唯一 座敷側にいらしたお客さまも、お勘定される雰囲気。

          、、となると、私たちだけになり、
          ほんとなら、ご迷惑かも、、、といった空気は微塵もなく、
          にこにこにこと 笑顔いっぱぃな下の少年と同い年位の
          可愛らしい青年が 希望したテーブル席に案内してくれて。


          メニューを見れば 焼肉以外の酒肴も充実してて、
          デザートも、各種ソフトクリーム、
          手作りケーキから手作りシャーベット、手作りゼリー。。。
          それらがまた、リーズナブル。
          女子学生さんたちも、安心してコンパができそうな感じ。


          ん?  手作りケーキは、限定 1日8名さままで?
            あぁ、そうか。
            それは、きっとマスターがワンホールしか焼かないからだ!
      

                 これは絶対、ケーキをいただいてみなくては!! 



  




          けれど、終始笑顔の可愛らしい青年が 担当してくれて、
          ほんとにリーズナブルな黒瀬牛をはじめ、
          あれやこれやと美味しくいただき( この辺りは後日また )
          さすがにケーキはもう入らず。

          満腹だけれど 折角なので
          「 手作りシャーベット 」をいただこう、ということになり。

          カレーと同格かそれ以上。
          苺を死ぬほど好きな夫は 当然 苺シャーベット。

          私は、、、、迷いに迷い、
          ふたりとも初体験であり、興味津々なるドラゴンフルーツに決定する。


ドラゴンフルーツ2.jpg


          きゃ~~~??


          やって来たドラゴンフルーツシャーベットは、
          この画像の向こうに見える、やっぱり丸のままな 夫の苺に比べ
          でかいこと、でかいこと

                   そう、ここまで出されて来た器も
                   さりげにお洒落なので ポイント高かった☆



ドラゴンフルーツ.jpg
     丸のまま半分にして
     果肉を繰り抜き、

     生クリームと一緒に
     ミキサーにかけたか何かで、
     また詰め直して
     シャーベット化されたもので、

     キウイに似た酸味が程よい感じ。
     美味しいっ???


     一口ずつ交換したらば、
     夫の苺も、苺のなかに練乳が入っており
     素材を丸ごと生かしたイイ感じの
     シャーベットだった。  





          で、大満足で食べ終わった後、

          なんと 【 サービス 】 ということで、柚子のゼリーもいただいちゃったです!



柚子ゼリー.jpg
     「 サービス 」 で お出しいただき、
     びっくりして、写真撮るのも忘れて食べ始め、
     途中で慌てて撮ったので、
     器の周りが 綺麗でなくてごめんなさい。
     上半分はババロアになってて、絶品でした^^*☆

     なんだかね、ひとつひとつ、
     マスターが 楽しんで いとおしんで
     つくっておられるのが伝わってくるようなお味。
      ( もしかしたら奥さまがつくられてる?? )




          お勘定の際には、マスターさんがレジまで出て来られ、
          満面の笑顔でご丁寧に挨拶をいただく。


          もしかしたら、マスターの息子さんかも、と思っていた
          笑顔の好青年は、従業員さんでいらっしゃることが判るが、

          マスターがこの青年をこころから愛し、大切に思われてるご様子。
          そして青年がマスターを父親のやうに慕っている様子がびんびん伝わってきて、

               このお店の清々しさ、イイ空気は、
               ここから生まれているのだ、と気付く。


          黒瀬牛やお料理が美味しいのも 勿論だけれど。
          職場の同僚も、そこに惹かれて ご家族で足を運んでいるのではないかと思う。


               有難う の気持ちいっぱぃで、
               私たちも 笑顔で 気持ちよ~くお店を出ることができ。


                    「 少年たちは 握り寿司でも
                        私たちだけでも、きっとまた来るぞ! 」





ペン快晴

後からググると きちんとしたサイト 
があってびつくり(滝汗)。

色々と地域活動もなさって来られたんですね!
これまで 識らないでいて ごめんなさいm(__)m 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。