今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

支援の手。







       ポストに 県から、7月23日付けで
       B4の表裏に 急遽PCからそのまま印刷されたかのようなレイアウトにて

       『 平成22年7月12日からの大雨により被害を受けられたみなさんへ 』

       という文書が入っていた。


広島県から.jpg
        片面が 【 事業者のみなさんへ 】 とあり、

              ● 農業関係
              ● 林業関係
              ● 漁業関係
              ● 商工関係
   
        4つに分けられ、それぞれ、
          被害救済・回復のための、融資、補償、
          施設等の復旧のための、助成、融資、
          補償の窓口と電話番号。



        裏面は 【 住民のみなさんへ 】 とあり、

         ● ボランティアの支援を受けたい場合の連絡先
         ● 住宅関係
            復旧のための融資、住居の確保のための公営住宅入居手続、
            危険住宅からの移転のための一部補助、融資。
         ● 生活一般
            ごみの処分について
            各種税金の減免、猶予について
            償還条件の緩和について
            納付金の減額、免除について
             各種保険料、施設入所、利用料、授業料、等。
            見舞金の至急について
            生活融資について
             災害援護資金、緊急生活安定資金貸付、恩給・共済年金担保融資、
             高等学校等奨学金等。
            その他の生活救済
             義務教育児童・生徒の就学援助、教科書の無償給与、生活保護給付、
             乳幼児医療、児童扶養手当等。

         ● 心のケア相談
             保健所、総合精神保健福祉センター等の窓口、連絡先
         ● その他の相談
             県生活センター、地域県民相談室の連絡先





 






         豪雨により、県があちらこちらで大打撃を受けてから、
         この文書が出るまで 正味1週間。


         それでも、「 お役所 」が 懸命に動いている、動こうとしている。。。と、
         感じられ、通り一遍の冷たいビジネス文書に見えないのは何故だろう。


         紙が藁半紙でもなく、広報紙のような光沢ある上質紙でもなく、
         コピー用紙に、PCから出力されたような感じで、
         かつ、少し目立たせたいところに、少しだけカラーの網掛けがしてあるからか。


            実際は、届出に必要な書類やら状況写真やら、
            世帯主の収入証明やら、あれこれ、必要であり、
            支援や助成いただける金額なんて、しれたもの、なのだろうけれど。

         それでも、ボランティア要請窓口や、
         各種の細々としたあれこれについて迷ったら、
         すぐに電話できる、と思わせてくれる、この文書は心強い。

          ここに書かれた電話番号の向こうに、
        「 支えよう 」としてくれてるひとたちや組織が待機してくれてる。

          そんなような気持ちにさせられる。

          なので、文書の下側に印刷された、
          いつもの色の「 ヒ 」をデザインした県のマークが
          なにかしら頼もしく見えてくる。



広島県から2.jpg
      で、これが配られたうちの町は、
      なくなられた御方がいらっしゃるほどの
       「 被災地 」なのであり、

      たまたま無事だった我が家は、
      できることをできる形で、
      お手伝いしていかなくては、と
      気を引き締める。





             私たちひとりひとりの 【 自助 】。
             地域力が問われる 【 共助 】。
             そして、國や自治体からの 【 公助 】。



          順番としては、自助 → 共助 → 公助、なのだろうけれど、
          この3つが有機的に連携しあってこそ、
          1つ1つが真に打開され、ひいては 次代への備えにもなっていくのだと。



          我が家より下流の川向の多くのお宅が、床上浸水となり、
          自治会長さんは、自分ちの車庫までの道が水に浸かり、
          車庫も半壊して車が出せない状態を2日放ったまま、
          自治会内の床上浸水された家々と役場間を飛び回り、
          また、家々を消毒して回られてる由にて、

          その分、班の皆で、自主的に自治会長さんちの車庫周りの泥をかい出す。


 
                したらば、夜に 自治会長さん宅から、御礼として、
                ビール、おつまみ、リポビタンD、ヨーグルトの入った
                レジ袋が配られる。

                受け取れない、お互いさまだから、と固辞しても、
                どうしても皆さんに受け取っていただきたい、との由。



                           …なんだかな、と思うけれども
                           もし我が家だったら、
                           同じやうに皆さんに気を遣ったと思うし、

                           お返しに回られるほど、
                           緊迫してはおられない、ということで、
                                 善哉善哉、ということにする。

    


ペン大雨

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/25 00:00 ] 地域のこと。 | TB(0) | CM(2)
Re:支援の手。(07/25)
>どうしても皆さんに受け取っていただきたい



飛び回りながらも、きっと自分ちの車庫の事も気がかりだったんだよね

すごく皆の気持ちが嬉しかったんですね

こんな所って田舎の良さかな? ^^(付き合いが大事

都会ならきっと他人の事は知らん振り

好きで飛び回ってるんだからって噂するだけだね --



ちなみにワタクシ地方も田舎です ^^;(お節介多し

[ 2010/08/11 23:48 ] [ 編集 ]
「 付き合いが大事 」
みんながね > そらしどママさん



みんなを好きで、同じ温度であるなら、とってもあたたかくて こころほゎほゎ、

素敵な【 地域力 】になれるのだと思うけれど。



 > こんな所って田舎の良さかな? ^^(付き合いが大事



そうでなくて、『 義理 』としか考えられない関係性しか持てなかったら、

( それは そうとしか考えられない本人 = 私(滝汗)の問題なんだけど )

悲喜劇だと思うです。

義母宅の交際費って、目玉が飛び出て、脳が吹っ飛ぶですぅ。



。。。んでも 普段からのそんなやりとりが、今回のやうな、ぃざ!という災害時などに、

自然に大きな力を持つのだろうなぁ、と思ったことでした^o^;。

なにごとも、平生往生、ですね。。。(-_-)。



 > 都会ならきっと他人の事は知らん振り

 > 好きで飛び回ってるんだからって噂するだけだね --



はぅ。

私も、P時代に、どんなにそう言われて来たことか(滝汗)。



また、田舎ですから、〇〇な時に△△さんは××だった、、と

それこそ何代にも渡って陰口をきかれますから、

イヤでも、みんな飛び回らないといけないかも(滝汗)。



無償の愛やら無意識に行動を起こせるぢぶんになるためには、

まずは、地域を愛さないと > ぢぶん(滝汗)。

[ 2010/08/12 21:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。