今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

義母の憂鬱、嫁の憂鬱。




         いつでもどこでも、山のやうな心配事を抱え、
         常に 何かしら愚痴と不満と不安でいっぱぃな義母なのだが。



         ここのところ 義母を悩ませているのは、
         近隣の義母の義妹夫婦( 夫にとっては父方の叔母夫婦 )の
         13回忌と17回忌の合同法要について。



         どちらも私たちが結婚してからのご逝去で、
         殊に 義叔父には 私までよく可愛がって貰い、
         葬儀の際には、お通夜の準備から 精進落としまでの料理全般を手伝った。


         この度の法事は 内輪で営まれる由にて、長義兄や私たちは呼ばれず、
         義母が代表で出席するように招待されたのだったが、
         義母が悩まされているのは、その折に包む 『 御佛前 』の額。



         なんでも義母宅近隣の班や講では、
         法事に招待された折には、【 1軒で2万円包む 】というのが
         いつの頃からか、不文律となっており、

         ここ数年来、その2万円入りの熨斗袋を 帰る際に、
         施主から 「 お気持ちだけ有難くいただきました 」 と
         それぞれ「 茶の子 」と共に丁重に返される、のが主流である。

         また、お線香など御供のものは受け取り、
         茶菓子や果物などは、受け取って 参会者が帰られるまでに均等に分け、
         茶の子と一緒に持って帰って貰うのである。

         お金の額はともかく、法事の際のこの「 形だけ 」な形式は、
         私の結婚前から、広島ではそういう風習だったように記憶している。



    



         だが、この地では、数年前まで、
         そうやって お金を受け取らずに返すイエがあれば、

         「 ひとが折角 包んでいったものを 【 突き返す 】 などと、
           なんと 可愛らしゅうないことか 」

         と、皆から陰口を叩かれていたものだった。


         が、ここ数年で、その慣習が見事にひっくり返り、
         帰る際に 熨斗袋を受け取ったまま返さないイエを
         「 なんと 常識のない シワい( ケチ、強欲 )イエであることか 」と
         皆から叩かれることになっており、


         傍から そんな手のひら返しを見聞きさせられる私は、
         あきれ返ってものも言えず、 ますますこの地を嫌いになるのである(゚゜)\バキ☆




         で、この度。

         近隣で、包むのは一律2万、と決まっているらしい額に、
         何故 義母が悩まねばならないのか、と思ったら、

         義母と本家との間で、諍いとなったから、である。 おろおろ


         何10年も、分家として本家第一に仕えて来た義父母であったが、
         既に 本家は、代替わりして久しく、
         現当主は 夫にとって10歳上の従兄。

         義母にとっては、息子同然の当主夫婦であるが、
         立場上、現在も 義母は 農作業こそ本家の手伝いはしなくてよくなったものの、
         ことある毎に、常に本家を立てている。

         だが、本家御内室は いわゆる「 新人類 」であるため、
         御内室の言動が いちいち義母の腹に据えかねることとなり、
         その都度、あれこれと 愚痴を聞かされてきた。 しょんぼり



         今回は、近しい縁として、同じ法事の席に招待されるため、
         本家より出過ぎては、と、義母が 包む額と持参するものについて
         打ち合わせをしたいと思い、本家に連絡をしたことが発端である。

          「 うちは 1万しか包まない。 御供も手土産も持って行かない 」

         本家御内室にそう言われ、驚いた義母は
         迷った挙句、「 近隣では 皆2万包むことになっている 」と言う。


         したらば、御内室が

          「 もし2万包んで、戻って来なかったら大損である 」 と。


         実は、先年、本家にて法要が営まれ、
         この本家では、出席いただいた方々からの 「 御佛前 」 を お返しせず、
         お帰りの際に、その場でお渡しする 「 茶の子 」 だけで、
         後日、改めての「 お返し 」もないという、「 シワい 」こと をされたため、
          「 お宅の本家さんは、、 」 と あちらこちらで皮肉を言われ、
         それがまた、評判となり、肩身の狭い想いをしていた義母は
         「 シワいことをしたお前が言うな 」的に 一気に爆発し、


           本家は夫婦で招待されているのだし、
           あちらは、義妹夫婦の2人の合同法要である。

           なにより そちらは 「 本家 」 であるのだし、
           その本家が、1万円ではあまりに恥ずかしい と言い返し、


         売り言葉に買い言葉か、


           こちらを夫婦で招待したのは向こうが好きで招待したこと。
           法要を2人分合わせてするのも、向こうの勝手でしたこと。
           だいたい、亡くなって13年も17年も経つのに、
           親類縁者を呼ぶほどの大きな法要をするのは 迷惑極まりない 等々。


         本家御内室は激怒された由にて、とりあえず引き下がった、と、
         義母の憤懣やる方なしの怒りが私に撒き散らされる。。。。 しょんぼり





         はぅ。


              「 お義母さま。

                佛さまは、全部 全部 観ていらっしゃいますから  」

                              無理矢理 そう宥めつつ。



          どっち も どっち 。(゚゜)\バキ☆



                本家・分家 が未だに脈々と受け継がれてはいても

                本家は 本家としての勤めを損得で量り、全うせず、
                分家は 昔の本家の恩に縛られ、或いは恩を忘れ果て。

                現在に残るは、互いの不備であったところの恨みつらみのみ。


 
         今回の件の聴く限りにおいては、義母の肩を持たざるを得ないが、
         これも義母からの一方的な愚痴であり、

         まさかに 如何に 皆から「 新人類 」と称される御方でも、
         仮にも法要に招待されて、迷惑だの、
         お金が戻って来たら大損だのと、真っ向からおっしゃるハズはないと
         思いたいのだが。。。。 むむむむ。  たらり





             2010年。


             平成の世ももうすぐ四半世紀がヤって来ようというのに。

             未だに 個を認めず、地縁血縁で雁字搦め。

             横並び一線で、それに逸脱することを許さない。

             かと思へば、蔭で神社仏閣への寄附金額の多さを競い、
             『 赤瓦 』か否か などを こころのよりどころとし、
             「 あのイエよりはマシ 」 と 他者を貶めることで安心し、

             大事の際には、横車を押す船頭ばかり。



             これが 都会とは異なる地域力、の源だというのか??



                   断じて  否!! と 私は 叫びたいっ!!!






知らないっ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ


関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ライフ
テーマ : 田舎暮らし日記

タグ : 法事 法要 御仏前 御供 茶の子 ジョーシキとヒジョーシキ 慣習

[ 2010/07/26 00:00 ] 地域のこと。 | TB(1) | CM(8)
Re:義母の憂鬱、嫁の憂鬱。(07/26)
あらら・・・私も途中で「どっちもどっち」って思っちゃったひとりです(笑)



あさっての日曜が実家の13回忌

呼ばれているのは私を含め兄弟のみ

配偶者も無用との申し伝え

ご仏前もいらないという楽さですが

義母にそのことは内緒です

うちの実家はあまりにも常識が無いそうですから(笑)

それでいいって言ってんだからいいじゃんねぇ(笑)



本家の方のセリフもお姑さんじゃなくて本人から聞くとかなり違ってくるかもしれませんね(笑)
[ 2010/08/27 06:51 ] [ 編集 ]
Re:義母の憂鬱、嫁の憂鬱。(07/26)
うわっ、めんどくさっ(汗)

お義母さまの愚痴・・・聞こえるようです。それを聞かされるりうりうさんのお疲れのお顔まで見えるようです・・・



昔からの慣例どおりやりたがる年寄りと、自分たちの感覚で新しくしたい若い人とは、どうしたって衝突します。それをどうおりあいをつけるか、そこが大変ですよね。こういう時に一番感じる年代の差。



まさに第三者から見ると「どっちもどっち」なんですが。



しかしお仏前をそのまま返すって、こちらでは考えられないことです。びっくりしました。お供えものは分けますが・・・
[ 2010/08/27 09:47 ] [ 編集 ]
Re:義母の憂鬱、嫁の憂鬱。(07/26)
ほんとうに・・・ほんとうに ご苦労様です・・・(-_-;)



まぁ 「どっちもどっち」「目糞鼻糞」ですね~(汚くってごめんなさい)



私も「御仏前」をそのまま返すってのにびっくり で一律2万円にもびっくりです~

うちは・・・(てか そうなんだろうな~と今更聞けないけど)一人1万円(ちびっ子は含まず)夫婦で出るなら2万円 稼ぎがあるなら別所帯として自分で用意する・・・ 



法事って やっぱり故人を偲ぶってことだと思うから ましてそういう時じゃないとなかなか親戚って集まれないから 故人を思い出し楽しく思い出話とかしたいよね~



姐さんの心中お察しします (T_T)

[ 2010/08/27 11:07 ] [ 編集 ]
Re:義母の憂鬱、嫁の憂鬱。(07/26)
はぁ~なんともはや・・・ただただりうりうさんがお気の毒すぎる。



御佛前の袋をお返しするというのは初めて聞きました。

お隣り岡山の旦那の実家の法事では、それはしていませんでした。持ち寄ったお菓子は均等に配分し持ち帰ってもらうようです。

来年その岡山で法事があります、もちろん本家宅でやります。お茶だしから始まりてんてこまいの一日となります>。< お義母さんも結構な年齢なのに大きな負担・・・義父が「そろそろ外の会食で済まそう」と言ってくれないかなぁ^^;



りうりうさん、ワタシもお気持ちお察しすることしか出来ません。どうか早くこの件について治まりますように。。。



[ 2010/08/27 15:05 ] [ 編集 ]
「 義母には内緒 」
あひゃひゃ^o^; > やじさん上総んさん



 > あらら・・・私も途中で「どっちもどっち」って思っちゃったひとりです(笑)



『 どっちもどっち 』 ですよねぇえ(-_-)。

一方的な義母の話を丸呑みしないやう、

あちらの立場にも立ってみたりしたらば、ますます消耗するですー(;;)。



 > あさっての日曜が実家の13回忌

 > 呼ばれているのは私を含め兄弟のみ



をををを~~!!

実は私も14日に実家の父の25回忌だったんです。

( 母が )33回忌をするのは無理かもしれないから、という母の提案で、

母と弟と少年たちと従姉のみ、御佛前、御供不要でした。

同じく、【 義母にそのことは内緒です 】^o^;。

[ 2010/08/28 14:27 ] [ 編集 ]
「 どう折り合いをつけるか 」
面倒ですぅぅぅヽ(`Д´)ノ > とらトクさん



 > 昔からの慣例どおりやりたがる年寄りと、自分たちの感覚で新しくしたい若い人とは、どうしたって衝突します。それをどうおりあいをつけるか、そこが大変ですよね。こういう時に一番感じる年代の差。

 >

 > まさに第三者から見ると「どっちもどっち」なんですが。



(-_-)。

義母の言い分をその通り受け取るなら、本家御内室の言いっぷりは、とんでもないことなんだけど、

本家御内室にしてみれば、根拠のない「 慣習 」に囚われ、振り回されるのは

もうそろそろヤめにされたかったのかも知れず。



かくいう私も この地で いつまで第三者的に観照していられることか(滝汗)。



 > しかしお仏前をそのまま返すって、こちらでは考えられないことです。びっくりしました。

 > お供えものは分けますが・・・



次の日記にも書きましたが、この地では、以前はお返しすることはなかったです。

広島市でも、あくまで内々だったり、略式の法事において、でした。



今回は、略式でも そこまで内々でもないご法事なので、少々驚いていますが、

この地であっても、「 しきたり 」が大きくものをいう ご法事であっても。

段々と 時代とともに、変わって行くものなのだなぁと、しみじみ。

このことを あれやこれやを突破していく可能性、だと、何とかプラスに考えて、頑張るですぅぅ!

[ 2010/08/28 17:46 ] [ 編集 ]
「 どっちもどっち 」
あはあはあは^o^;☆ > ぅさねぃさん



 > まぁ 「どっちもどっち」「目糞鼻糞」ですね~



ほんとにもぉ、滝汗を流しつつ、

「 ひとそれぞれですからぁあ 」と 笑い飛ばすしかないです~~~^o^;。

で、そのやうに へらへら笑って誤魔化してると、雷は私に落ちるんですなぁ^o^;。



 > 私も「御仏前」をそのまま返すってのにびっくり で一律2万円にもびっくりです~



そのまま返すことには、抵抗はなかったのですが、

「 2万円 」という額は、私にもよく判りません^o^;。



【 半返し 】がジョーシキ、となってるので、

「 お膳代と茶の子代で、1万円相当だろうから、その倍の2万円 」 という感じで、

決まっていったものなんぢゃないでしょか^o^;。



 > 法事って やっぱり故人を偲ぶってことだと思うから ましてそういう時じゃないとなかなか親戚って集まれないから 故人を思い出し楽しく思い出話とかしたいよね~



故人の忌日に、呼ばれたからと義理を果たしてるだけで、

こころから故人を想っていないひとたちばかりだったりしたら、ほんと、悲しいですよね。

意味ないぢゃん、て 思うです(;;)。



んだから、何でも身内だけで、となっていくのは、当たり前な傾向なんでしょうね。。。

[ 2010/08/28 17:56 ] [ 編集 ]
「 本家宅 」
ありがとございます(;;) > パクチのねぃさん



 > 御佛前の袋をお返しするというのは初めて聞きました。

 > お隣り岡山の旦那の実家の法事では、それはしていませんでした。



なんだか徐々に東上していってる感じなので、いつか、岡山もそうなっちゃうかも??!!



来年は大きなご法事がおありになるのですね。

岡山に来られたついでに、ちょこっとこちらまで足を伸ばして下さいませ~~~(//▽//)☆



 > もちろん本家宅でやります。お茶だしから始まりてんてこまいの一日となります>。<



冠婚葬祭では、お嫁ちゃん稼業満載になりますですよね^o^;。

お料理はお膳を取られるのでしょうか。

この地も、段々とお膳を取るようになってきて、少しは楽になって来ました。

んでも、外食スタイルになるには、、、あと50年は掛かりそうですぅぅ^o^;。

[ 2010/08/28 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

「 法要 」 の 意義考。
         仏教において、ご法要の意義とは          各宗派でそれぞれに異なってはいるものの、           ( それはもう、恐ろしく異なる! ) ...
[2011/10/02 11:05] 今日も元気で


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。