今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乱舞。








夫の定休日。




社内結婚した後輩若夫婦が 定休日を利用して
「 蛍を観たい 」と 遥々F市から訪ねて来るという。

この二人は、結婚前にも この地に蛍を観に来ており、
当時の感動が忘れられず、是非、また!と 言われていたのだった。


私たちを慕ってくれる彼らを 可愛く思っているし、
気持ちは大歓迎!なのだけれど。

現在の私の状況では、なんのおもてなしもできない。
掃除もろくに出来ていない自宅に上がっていただくなんて、
飛んでも八分なんだけど それでもいいのか、と聞けば、

夫は 彼らは 本当に蛍を観に来るだけだから。
この地の蛍ポイントを あちらこちら自分で案内したいので、
君は運転してくれるだけでイイ、という。


陽も落ちているし、車から降りねば花粉も黄砂もだいぢゃぶ。
運転ぐらいでイイなら、OK、OK!








午後7時にJR駅まで 夫と迎えに出る。

例の『 フェイスonワンピ 』姿で挨拶すると
後輩夫婦が ちょっとだけビビった気がする^o^;。


近年、蛍がぐっと少なくなったので、
満足して貰えるかどうか 不安だった ダム へ行くと、
同じ目的らしい車が6台ほど。


ちょうど暗くなり始めて、徐々に蛍の光が見え始めたらしく、
あちらこちらで、歓声が聞こえ始める。

夫と後輩夫婦は ダムをぐるりと周って来る、と
そゎそゎと 駐車場に私を残して 出発する。


ライトを消して、車内で待つ。


時折、車からも 川底から上がってくる蛍が1匹、2匹。
すす、すぃ、と点滅しつつ 動いてる 光が見える。

夫たちが戻って来るのを待っている間に、
駐車場へ 何台も車が入って来たが、
蛍を驚かさないよう、蛍の光を殺さないよう、
それぞれ、スモールライトで移動されることに感動する。


と、一匹、
川から上がって来た蛍が 私の車の傍に来て、
すーぃすーぃ、く~るくるっと
Fitの周りを飛んでくれる。


そかそか、ここまで来たのに、車から出られなくて
君たちを愛でに行けない私を
君は 慰めてくれるんだね。


ちょっとだけ、辛かった3ヶ月 が
走馬灯になって、目の奥が熱くなる。


時間にして10分ぐらいだろうか、
さんざん、私の周りで 遊んでくれた蛍が、
すーっといなくなった! と思ったら、
夫たちが戻って来たのだった。


「 300匹! 、、ぃゃ~、あの感じだと1000匹は居たと思う!  」


…300匹と1000匹では、3倍以上違いますがな^o^;。

めちゃくちゃハイテンションな彼らを乗せて
次のポイントに向かうと、
運転中の窓からでも はっきり 蛍が乱舞している様子が見え、
思わず、細い道路のまんなかで車を停める。

我に返って、近くで車を停められそうな場所を探して突っ込み、
夫たちを降ろし、私は運転席の窓に張り付くが、
川沿い道路のこちら側のため、道路分の距離が邪魔をする。


ま、いっか。
さっき、一匹、ずっと私と遊んでくれたもん。

そう自分を宥めていたのだったが、
何かしら 蛍たちに呼ばれた気がして、
思わず、車を降りて川まで歩いてみる。

したらば そこには、天の川が降りてきたような情景が広がり、
暫し 自分が何処に在るのかを忘れる――。


    



堪能しきった夫たちが戻って来たとき、
私もまた、運転席で惚けており。


満面の笑顔で帰路につく 後輩夫婦を駅で見送り、
自宅へ乗り入れるまで、夢現の私に。



「 喜んで貰えて良かった!
君も しんどかったのに 有難う(//▽//)☆ 」

職場で少々お疲れ気味だった夫も、
後輩夫婦と蛍たちに 元気を貰った様子で上機嫌の満足顔。


まずは良かった、良かったと、
車から降りた途端、田んぼの向こうから蛍が2匹ヤって来て、
夫と私に近づいて、また、田んぼへと飛んで行く。



「 お疲れ~ って 言ってくれたんかな? 」



大の仲良しのやうに、交差する2匹の光を 夫と見送りながら、
私は、今夜の蛍たちを きっと 忘れない、と思う。


後輩夫婦も、そうだと 嬉しい。


これから きっと幾度も訪れるであらう、
「 夫婦 」 としての山や谷、嵐を
乗り越える力の ひとつに 加われたら、何よりだと、
要らんお世話な祈り も 少し。



ペン萌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/06/17 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(10)
翌日。
午後から、両眼が腫れる。 (o_ _)oポテッ

あの、ダムからの帰路で車から降りた数分が悪かったのか と がっくり(-_-)。



幸い 悪化することなく2日間で腫れが引き、胸を撫で下ろす。

[ 2010/07/23 20:34 ] [ 編集 ]
Re:乱舞。(06/17)
今年は蛍を見るチャンスがありませんでした(涙。



でも、「有難う」の言葉を言われると嬉しいものですね♪

[ 2010/07/24 08:54 ] [ 編集 ]
Re:乱舞。(06/17)
本当に良かったですね



300匹~1000匹のホタルの乱舞・・・

ちょっと憧れます



去年旅館の庭にホタルを飛ばすというイベントに魅かれて義母と行きましたが多分放す量が少ないんだろうなぁ・・・

全然見えませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。
[ 2010/07/24 10:02 ] [ 編集 ]
Re:乱舞。(06/17)
ひとりで待つりう姐さんのところへ蛍が来てくれた――メルヘンのようですね^^*



はぁ~しかしそれはそれは幻想的な光景なんでしょうね~

一度でいいから見てみたーーい!と。
[ 2010/07/24 12:08 ] [ 編集 ]
Re:乱舞。(06/17)
ホタルは、はかない命の者たちは人の心が読めるのですよ きっと。

ホタルの天の川・・・観てみたいです。

こちらのホタルは 先日の豪雨とぶつかって観れませんでした(ToT)

[ 2010/07/24 19:34 ] [ 編集 ]
「 有難う 」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 > yuinekoさん



 > 今年は蛍を見るチャンスがありませんでした(涙。



それはショックですね(;;)。

yuinekoさんちには、はぐれ蛍が遊びに来ないですか?



 > でも、「有難う」の言葉を言われると嬉しいものですね♪



私自身も後輩たちや蛍に元気を貰ったのに、労って貰えて嬉しかったです^^*☆

[ 2010/07/25 12:47 ] [ 編集 ]
「 イベント 」
今年は > やじさん上総んさん

たくさんの蛍たちに逢いに行くことを諦めてましたから、とても嬉しかったです^^*☆



 > 去年旅館の庭にホタルを飛ばすというイベントに魅かれて義母と行きましたが

 > 多分放す量が少ないんだろうなぁ・・・

 > 全然見えませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。



折角、お義母さまとお出かけになったのに、残念でしたですね(;;)。

。。。んでも、その旅館に離された蛍たちの未来を思うと、

蛍たちの数が少なくて正解だとも思うです(;;)。



以前、「 ほたるまつり 」について 想いを書いた日記があるです。

【 http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200506270000/ 】

よろしかったら、読んでやって下さいまし。

[ 2010/07/25 12:52 ] [ 編集 ]
「 メルヘン 」
ほんとに(//▽//)☆>パクチのねぃさん



 > ひとりで待つりう姐さんのところへ蛍が来てくれた――メルヘンのようですね^^*



メルヘンが描けそうですし、何かのドラマのやうでした(//▽//)☆

ドラマって、まるっきり絵空事でもないやんなぁ。。なんてことも後から思ったです☆



 > はぁ~しかしそれはそれは幻想的な光景なんでしょうね~

 > 一度でいいから見てみたーーい!と。



年々、ポイントが微妙に変わってたり、蛍たちの数も違うんです。

ダムからの帰路で観た、天の川――。

あの場所では近年にない、蛍たちの数でした。



パクチねぃさんも ぅちに来ちゃう??^^*☆

[ 2010/07/25 12:59 ] [ 編集 ]
「 はかない いのち 」
(//▽//)☆ > ゆいぽんちゃん。さん



 > はかない命の者たちは人の心が読めるのですよ きっと。



蛍は、よく、彼岸に在るひとたちのこころ とも言われますよね^^*☆

私の願いに応えてくれたのでしょうか。。。



 > こちらのホタルは 先日の豪雨とぶつかって観れませんでした(ToT)



やはり そちらはシーズンが遅いのですね。

豪雨に負けず、草葉の蔭で光ってたかな^^*☆

[ 2010/07/25 17:36 ] [ 編集 ]
りうりう*さんへ
>今年は > やじさん上総んさん

>たくさんの蛍たちに逢いに行くことを諦めてましたから、とても嬉しかったです^^*☆



> > 去年旅館の庭にホタルを飛ばすというイベントに魅かれて義母と行きましたが

> > 多分放す量が少ないんだろうなぁ・・・

> > 全然見えませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。



>折角、お義母さまとお出かけになったのに、残念でしたですね(;;)。

>。。。んでも、その旅館に離された蛍たちの未来を思うと、

>蛍たちの数が少なくて正解だとも思うです(;;)。



>以前、「 ほたるまつり 」について 想いを書いた日記があるです。

>【 http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200506270000/ 】

>よろしかったら、読んでやって下さいまし。

- - - - -

確かにそうですね・・・



実はうちの子どもの通った保育園の前には結構綺麗な川が流れていてそこで「ホタルを育てよう」という運動がもう10年近く続けられています

まだホタルが帰ってきたという話は聞こえてきませんがそういう努力が必要なんですね・・・



でもホタルが見たかったの(/_;)
[ 2010/07/25 20:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。