今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 書道教授 』  松本清張スペシャル





        この日には出社できるかと思っていたのに、やっぱり見送りとなって、
        少々ヘコみ、気鬱の淵がそこまでヤって来たため、
        慌てて、何か気の紛れるものは、と満杯寸前のHDDを探り。

        2ヶ月分の家事も、溜まりに溜まっているため、
        そうだ??、アイロン掛けをしながら、これを観てやれ、と。



        今年は松本清張氏の生誕百周年にあたるため、
        やたらにドラマ化されてる感がある。


        私は、2時間ドラマを観ることは滅多にないのだが、
        昨年、『 駅路 』 を観て、思わぬ拾い物をした感 もあり、

        清張氏の著作を殆ど読破しているつもりだったが、

         ● この『 書道教授 』は記憶になかったこと。
         ● ジェームス三木氏の脚本であること。
         ● タイトルでもある『 書道教授 』の役は、【 あの 】杉本彩氏であること。
         ● おそらく、見事な和服を数多く観られるであろうこと。
         ● そして、いつもは追い詰め役であるらしい船越英一郎氏が
            追い詰められる役であるらしいこと。

        そんなこんなで録画したものの、そのままになっていたのである。



?   ?   ?



        で、観始めたのだけれど。


        導入部分は映画のように丁寧に作られており、
         「 京都 」らしい情景が そこかしこに散りばめられたなかで、
        役柄、全くオーラのない船越英一郎氏 と
        本当に水が滴ってるやうな 妖艶なる杉本彩氏の対比が物凄く。

        思ったほど、杉本氏には和服が似合っていない、と
        最初は、そう感じたのだったが、
        徐々に、目の醒める程の艶やかな色や 侘び寂びの渋いもの。
        絢爛豪華そのものな和服、帯。
        次々と出て来る衣装のどれをも すっと粋に着こなしていること。

        何より 京都のひとだから、京都弁も自然で、
        彼女の花の顔よりむしろ、彼女の佇まいや書に向かう姿勢が美しく、
        和服に負けない存在感があり、濡れ場もない抑えた演技に好感を持つ。


        そして、愛人役の荻野目慶子氏がまた、杉本彩氏が霞むほどの濃ゆさで凄い。
        下品なまでの貪欲さと可愛さを併せ持つ悪女役が素のもの、だと思えるほどで、
        これが、死体となったときの凄まじさは、ちょっとしたホラー物に負けない。


          サスペンスものであるので、事情は複雑に絡み合っているのだが、
          登場人物は意外に少なく、
          その分、「 え、このひとがこれだけで終わり? 」という役柄だったり、
           無駄に  贅沢ともいえるキャスティングにも驚く。



?   ?   ?



        後添えとして結婚し、その後 夫を殺害したらしい、
        見るからに 妖しげで、今を盛りの海千山千であろう「 書道教授 」が、
        ただ 自分の字を 美しい と讃えてくれた 冴えない船越英一郎氏の命を助け、
        字を「 美しい 」と 言われた倖せだけを胸に、もう逝きたいのだと、
        手首を切って自死していく姿には、
        その孤独の深さがもうひとつ伝わって来ず、唐突な気がしたのだったが。


        この 彼女のどんでん返し的な自死で、ラスボスが明らかになり、
        それでも 平穏な日常を過ごせることとなった主人公も、
        最後は あろうことか自分の妻の行動で無に帰していく皮肉。


        原作が記憶にないので、なんとも言えないながら、脚本では
        タイトルでもある「 書道教授 」を描ききれてないやうに思えてならないが、
        主人公とその愛人は、よく描かれており、
        鳴り物入りの書道教授は 所詮「 当て馬 」的存在であったので、
        この程度で良かったのか、と 杉本氏が良かっただけに、少し残念。



            観終わった後、ざらり、ぞろりと残る やり切れなさは、
            清張氏の狙ったものなんだろうと思う。




          、、、改めて、このドラマでの船越英一郎氏のオーラの無さにはびっくりする。
          それだけ、平々凡々な「 しょうもなぃ 」サラリーマンになりきれる、
          どんな役でも素に見えるほど、こなせる俳優さんなのだろうと思う。

                  ただ、背後に どうしても、元気印な松居一代女史がちらついちゃうので、
                          これは、かなりマイナスのやうな((((((((^o^;。







ペン数1ペン数0ペン数0

松本清張氏 生誕100年。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/18 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(6)
Re:『 書道教授 』  松本清張スペシャル(05/18)
ここにくると、見逃したドラマがいつもあり、損をしたと思ってしまう。

私も録画でしか見れないことが多いから。

[ 2010/06/14 13:45 ] [ 編集 ]
Re:『 書道教授 』  松本清張スペシャル(05/18)
ついつい読み耽ってしまいました 笑



荻野目慶子さんて妖艶とおりこして、妖だよね^^;

だから、

>これが、死体となったときの凄まじさは、ちょっとしたホラー物に負けない。

には、見たかのようにゾッとして納得。



>ただ、背後に どうしても、元気印な松居一代女史がちらついちゃうので、



には、これも大きく納得しつつ爆笑~

    
[ 2010/06/14 15:26 ] [ 編集 ]
「 和服 」
サヨコさん



 > ここにくると、見逃したドラマがいつもあり、損をしたと思ってしまう。



私は、サヨコさんの映画レヴューに、いつも垂涎ですぅ☆



『 書道教授 』は、荻野目さんと杉本さんが秀逸でした~。

野川由美子さんも往年の迫力が出てましたけれど。



杉本さんの最初の和服は、帯がかなり下で、胸元すっきり。

室町末期的な情緒が素敵でしたです~(//▽//)☆

[ 2010/06/14 20:51 ] [ 編集 ]
「 妖 」
「 妖 」(笑)。> パクチのねぃさん



 > 荻野目慶子さんて妖艶とおりこして、妖だよね^^;



彼女が死体となったとき!

これは、ホラードラマか?? と思ってしまったですよ(;;)。

実際、主人公の夢のなかで、幽霊になっちゃってたです(>_<)。



で、今回は妖艶、といふよりは、

ほんとに場末(失礼)の悪女の深情け的ホステスそのもの、でいらっしゃり、

ほんとにほんとにびっくらしたですぅぅ。



「 妖艶 」の冠は、この度は杉本さんに。

ちっとも乱れない、凛とした書道のセンセでしたが、

前身が芸妓さんあがり、という設定が透けて見える、圧倒的な迫力の妖艶美でしたぁあ。



 > には、これも大きく納得しつつ爆笑~



ですよね? ^o^;

あんな激しいラヴシーン、後で 松居氏 にかなり怒られただらうなぁ、とか(滝汗)。

[ 2010/06/14 20:58 ] [ 編集 ]
見ました、見ました
私もつい引き込まれて見ましたぁ。

全体に漂うムード、それぞれのキャスティングが素晴らしかったです。

杉本彩の妖魔のような美しさは一体ナニ……と思いながら。

荻野目慶子の方は場末の愚かな女がなんともこれまた良くて。2人の圧倒的なアヤシサに隠れて目立たなかった賀来千香子もまた、なんともイラッとくる善良さで……。

タダで見たのが勿体ないくらい良かったですねえ~。



[ 2010/06/15 09:18 ] [ 編集 ]
Re:見ました、見ました(05/18)
きゃきゃきゃきゃ(//▽//)☆>思惟ちゃん☆

思惟ちゃんもご覧になってたですかっ\(^o^)/☆



 > 私もつい引き込まれて見ましたぁ。



アイロン、ちっとも進まなかったです(笑)。

杉本彩、まさに【 煙るやうな眼差し 】でしたですねぇえ(//▽//)☆



今は思惟ちゃん宅は土佐弁が飛び交っておられるやうですが、

私、ちょっぴり、杉本さんに思惟ちゃんを重ねて観てたですよ☆

思惟ちゃんも、あんな感じでしゃべらはるんやろな、みたいに^^*☆



 > 2人の圧倒的なアヤシサに隠れて目立たなかった賀来千香子もまた、

 > なんともイラッとくる善良さで……。



そそそそ(笑)。

激昂して妻のところに怒鳴り込むという愛人に対し、大慌てで

「 あれは全くの世間知らずの、、 」と船越さんが庇ってましたが、

ステロタイプの、イラっとする「 世間知らず 」を絵に描いた感じでしたよね。



 > 全体に漂うムード、それぞれのキャスティングが素晴らしかったです。

 > タダで見たのが勿体ないくらい良かったですねえ~。



ほんとにそう思いました~。

ぴったしキャストによる、ようできたドラマだった、と思うです^^*☆

[ 2010/06/16 11:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。