今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母の涙。







        3ヶ月ぶりに出社可能となった朝、

        とても心配を掛けた実家の母に挨拶して行こうと立ち寄る。



        車庫に乗り入れ、キーを抜こうとしていると、玄関から 母が転げ出て来る。
        まだ車から降り切ってもいないのに、母は私の胸にぶつかって来て、

          「 りうさん、りうさん… 」

        私を抱きしめ、私の髪を撫でながら泣く。




              何度も この地へ見舞いに来ると。
              泊り込みで 私の身の回りの世話をしたいと。

              そう何度もメールを貰い、
              2度程 夫にも連絡を取って申し出てくれたのだったが。

              寝たきりで身動きもままならない姿を見せたくなかった。
              切ない想いをさせたくなかった。

              良い皮膚科の評判を聞いては、仕事を休み、
              幼い私を抱えて 西に東に駆けずり回ってくれたことを
              これ以上、後悔させたくなかった。



          「 りうさんが大変なのに、何もしてあげられない! 」


              1度、そう電話で泣いた母は、
              独断で 私の信頼する Dr.マリオのクリニック へ駆け込み、
              漢方薬をいただいて 郵送したりしてくれていたのだったが。



                 こんなに心配を掛けていた。

                 こんなに想っていてくれていた。



              手をつないで 仏間に行き、 一緒に父に挨拶をし。

              泣き笑いで見送ってくれる母に
              こころを残しながら 職場に向かう。



                  ―― 元気で いなくては。

                        これ以上 母を泣かせないために。




                     子は、絶対。

                     絶対、親より先に逝ってはならないのだと。

                     そのために あらゆる努力をしなくてはならないのだと。

                                     そう こころから。





ペン潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/28 00:00 ] ありがとう(//▽//)☆ | TB(0) | CM(20)
Re:母の涙。(05/28)
うぅ・・・朝から泣いてしまいましたぁぁぁ・・・

今、文字がぼやけてます。



子どものことを想ってくれる親の気持ち、なんて有難いのでしょう。



私も持病があるため、ことあるごとに母から「先に死なんといて」と言われます(汗)



現在、子としての立場でも親としての立場でもある自分には、「子を想う親の気持ち」は何よりも大きいことはわかるし、でもその大きさほど親に対しては想えない事実もまたわかり、なおさらせつなくなるのです・・・



せめて親よりは先に死ぬようなことだけはしない。私もそう心に決めています。



本当に母の愛は偉大やね。

あ~泣けました。。。
[ 2010/06/21 09:30 ] [ 編集 ]
Re:母の涙。(05/28)
自分のことを心から愛してくれる親御さんを持てたということは人間にとって何よりの幸せ、一生の心のよりどころですよね。

お母さんの深い愛情に涙してしまいました。

[ 2010/06/21 11:41 ] [ 編集 ]
Re:母の涙。(05/28)
「 絶対、親より先に逝ってはならないのだと。         そのために あらゆる努力をしなくてはならないのだと 」



同感です・・・。

親に心配をかけることが親にとっては辛いことだと思います(涙。

自分も体調が悪いのに実家の父は、いつも私に「からだに気をつけよ」と声をかけてくれます。

親になっても私はまだまだ子どもなんだなぁ・・・。
[ 2010/06/21 11:51 ] [ 編集 ]
Re:母の涙。(05/28)
お母様の親心になけましたですwww

[ 2010/06/21 12:51 ] [ 編集 ]
Re:母の涙・・・心に突き刺さります
朝一読ませてもらったけど コメント書けませんでした

離婚をして よし君と一緒になった時

母は心配の余り食事も喉を通らずフラフラの病人のようになってしまい 

寝込んでしまいました

妹になじられ縁を切られた時でさえ 

母は子供の縁を切る事は出来ないと言ってくれた・・・

突っ張って一人で生きているつもりの私は聞く耳を持っていなかった

今 どんなにお墓に詫びたとて 後の祭り

りうりうさん・・・私 あちらで待っていてくれる筈の母に

今度は素直に詫びて甘えるつもり

りうりうさん もっと甘えていいと思う

きっとお母さん望んでいるよ
[ 2010/06/21 13:58 ] [ 編集 ]
はじめまして
あたしも母を心配させてばかりの娘です。

きつい時も泣けないあたしの変わりに

母が声をあげて泣いてくれたことを

久しぶりに思い出しました。



子がどれほど親を思っても 親が子を思う気持ちにはかなわないんですよね。
[ 2010/06/21 16:39 ] [ 編集 ]
「 持病 」
朝からごめんなさい^o^; > とらトクさん

私も、今日まで、なかなか書けませんでした(滝汗)。



 > 私も持病があるため、ことあるごとに母から「先に死なんといて」と言われます(汗)



「 持病 」といわれるものを抱えると、親は親自身を責めてしまうものですよね(;;)。

私の場合、肌の弱さは生来のもので、血縁のない母には何の責任もないことなのに、

食生活その他、悪化の要因を母自身の努力不足からではないかと、

ずっと悩んでいたようですし、結果的に当時は「 魔法の薬 」であったステロイド漬けに

なってしまったことに、大きな大きな責任を感じてくれているようで、

こころ苦しい限りです(;;)。



長じてからの腎臓の件は、私自身の責任以外のなんでもないのに、

「 代わってあげられるものなら 」と こころを痛めているようで(;;)。



 > 現在、子としての立場でも親としての立場でもある自分には、「子を想う親の気持ち」は何よりも大きいことはわかるし、でもその大きさほど親に対しては想えない事実もまたわかり、なおさらせつなくなるのです・・・

 > せめて親よりは先に死ぬようなことだけはしない。私もそう心に決めています。



ほんとにそう思うです(;;)。

唯一、それが親に対してできる孝行のやうな気がしています。



ファザコンだったのに父を喪い、

母離れもできていない私は、母との別れを想像するだけで、もぉダメダメで、

いっそ母より先に逝きたい! などと想ってしまう自分はとんでもないことで、

勁く在らねばと肝に銘ずる日々なのですが、、、、ふぁいとふぁいと>ぢぶん!!

[ 2010/06/21 23:36 ] [ 編集 ]
「 何よりの倖せ 」
ほんとに(;;) > パクチのねぃさん



 > 自分のことを心から愛してくれる親御さんを持てたということは人間にとって何よりの幸せ、一生の心のよりどころですよね。



私には勿体無い、稀有なひとを母に持てた倖せを天に感謝しつつ、

今度は それを 少年たちに返して行かねばならないのだ、と頭では想うのですが、

じぇ~~んじぇんダメダメな私です(o_ _)oポテッ

[ 2010/06/21 23:39 ] [ 編集 ]
「 親になっても 」
幾つになっても > yuinekoさん

親は親、子は子、ですね^o^;。



この 理屈でない、天の恵みである、あたたかな絆が壊れてゆく病は、なんと恐ろしく、

厳しい病なのだ、とこころから思うです(;;)。



 > 自分も体調が悪いのに実家の父は、いつも私に「からだに気をつけよ」と声をかけてくれます。



有難いですよね(;;)。

歳を重ねてゆく父や母を守りたい!と願う私たちは、

まず、私たちができること = 私たち自身が少しでも健康であること、

健康であろうと努力すること、なのであろうと想うです(;;)。



ふぁいとふぁいとですね、私たち!

[ 2010/06/21 23:53 ] [ 編集 ]
Re[1]:母の涙。(05/28)
きゃ~~^o^; > サヨコさん



 > お母様の親心になけましたですwww



ありがとございます。    んでも ↑ 大爆笑しておられるのは いったぃ。。。(滝汗)。

[ 2010/06/21 23:55 ] [ 編集 ]
ああ・・・
小さな頃から患ってらっしゃったのは本当にお辛かったでしょう(今もお辛いでしょうが)・・・お母様もりうりうさんご自身も・・・

成人した娘でも親は見るに見かねてアトピコやらヨモギなんちゃら石鹸やらオードレマンのシャンプーやら買ってきましたから・・・。(どれも結局使えませんでしたが^^;なんと親不孝な^^;)



逝くのは順番を守らねば・・・

幼き日、喘息の発作が発祥するたび戦々恐々としてお医者に走ってくれた親・・・

本当に生まれてから心配と迷惑と手間ばかりかけ・・・

本当にしてあげたい親孝行は出来ず・・・

私に出来ることはせめて、この順番を守る事・・・そして、彼らが去ってから残す心残り?心配?を私の命がある限り守り続ける・・・と・・・

[ 2010/06/22 00:04 ] [ 編集 ]
Re[1]:母の涙・・・心に突き刺さります(05/28)
(;;) > そらしどママさん

しんどい想いをおさせして申し訳ありません(;;)。



 > 今 どんなにお墓に詫びたとて 後の祭り

 > りうりうさん・・・私 あちらで待っていてくれる筈の母に

 > 今度は素直に詫びて甘えるつもり



ママさん、後の祭りぢゃないんですよ、きっと。

きっと 天に届いていると想うです。

両手広げて、待っていて下さると想うです。



彼岸に往ったとき、よく頑張った!と笑顔で迎えて貰えるよう、

ぎゅっと抱き締めて貰えるよう、

頭を撫でて貰えるよう、

そんな自分で在れるよう、

私たちは頑張るのだ、と想うです(;;)。

[ 2010/06/22 00:26 ] [ 編集 ]
Re:ああ・・・(05/28)
ミスハドソンさん



私の場合、アトピーというよりは接触性皮膚炎で肌が荒れてたようで、幼少時は手足のみだったです。

でも見えるところでしたから、母がそれは気を遣ってくれて、

長じてからは水仕事さへしなければ、まずまずイイ状態であれたです。



だもんで、結婚、出産後から度々悪化することがありましたが、顔だけはだいぢゃぶでした。

顔に出始め、全身ゾンビで寝込んでしまう、という酷さは、脱ステした ここ4年のものです。



母としては、何かあっても助けることのできない、この地に転居した私が

不憫で仕方ない、ように想ってくれているようです(;;)。





 > 逝くのは順番を守らねば・・・

 > 幼き日、喘息の発作が発祥するたび戦々恐々としてお医者に走ってくれた親・・・

 > 本当に生まれてから心配と迷惑と手間ばかりかけ・・・



でもきっと、ミスハドソンさんが誕生してくれて、ご両親はきっとこころから喜ばれ、

倖せでいらっしゃったはず。。。



だから 私たちは、少しでも元気で在らねば。

倖せで在らねば。

生きて在ることに感謝せねば、、、、と想うです^^*☆

[ 2010/06/22 00:46 ] [ 編集 ]
「 かなわない 」
はじめまして > 静佳さん

メッセージを有難うございました☆☆



 > きつい時も泣けないあたしの変わりに

 > 母が声をあげて泣いてくれたことを

 > 久しぶりに思い出しました。



おかあさまのこころは、いつも静佳さんと共に在り、

共に泣いていて下さったのですね。



 > 子がどれほど親を思っても 親が子を思う気持ちにはかなわないんですよね。



ほんとにそう、想うです。

んだから、私たちは、せめて 自分が今、生きて在ることに感謝し、

1日1日を 大切に大切に生きていかねばならないのですよね。

[ 2010/06/22 00:50 ] [ 編集 ]
親の心 子知らず・・・・
 子が親より先に逝く事を、仏教では『逆縁』と言うそうです。そして、これは子の犯す最大の罪障だそうです。でも、自死でもなければ、これはなかなか、思い通りに行く物でもないわけです。因縁と言うものもありますし、日々の精進の他は成す術はないですね。

 でも、良くなられて何よりです。
[ 2010/06/22 09:14 ] [ 編集 ]
「 逆縁 」
仏教は > さきさん1850さん



生きとし生けるすべての【 いのち 】は無数無量の因縁によって成り立っているのであり、

その意味において すべての生きとし生けるものは平等である、と釈尊によって宣言されてますよね。



信楽受持甚以難、難中之難無過斯――。

彼岸はどうであれ、今を生きる私たちは、

「 因縁 」 を 如何に 「 因縁 」のままに終わらさせず、無数無量の因縁に学ぶか。

【 遠く宿縁を慶べ 】 なところに在りたいと想うのですが。。。



 > 日々の精進の他は成す術はないですね。



と思うです。



 > でも、良くなられて何よりです。



ありがとございます☆☆

足首周り、足の甲はまだまだで、通勤以外はまだ外出を控えていますが、

屋内ではほぼ日常生活に戻りつつあるです\(^o^)/☆

[ 2010/06/22 21:21 ] [ 編集 ]
よかったよかった(T^T)
とりあえずはお母様のお顔を見られるまでの回復、本当に

何よりです。

お母様の心からの心配にウルウルしつつ、

私も後で階下の仏壇のおりんをチーーンといわせてきますわ~。



[ 2010/06/23 14:54 ] [ 編集 ]
Re:よかったよかった(T^T)(05/28)
ありがと(T^T) > 思惟ちゃん☆

やっと母にすべすべに戻った顔を見せることができました(//▽//)☆



 > 私も後で階下の仏壇のおりんをチーーンといわせてきますわ~。



(T^T)。

淋しい想いをおさせしてごめんなさい(;;)。

おりんの音、イイ音色で思惟ちゃんを抱き締めて下さいますよう(;;)。

[ 2010/06/23 15:40 ] [ 編集 ]
りうりう*さんへ
>んでも ↑ 大爆笑しておられるのは いったぃ。。。(滝汗)。

- - - - -

wwwは大爆笑の記号ですか?

う、う、う…… ⇒泣き声の代わりで使ったのにw

気をつけないと顔文字も初心者ですね。

[ 2010/06/23 15:50 ] [ 編集 ]
「 w 」
あぅあぅ(;;) > サヨコさん



 > wwwは大爆笑の記号ですか?

 > う、う、う…… ⇒泣き声の代わりで使ったのにw

 > 気をつけないと顔文字も初心者ですね。



それは大変です!(焦)



「 w 」は、おそらく2ちゃんねる用語としてネットに普及して行きましたが、

「 笑い 」、それも 上からの蔑みの「 嗤い 」の略として用いるです。

「 w 」1つで嗤いですから、「 ww 」だと高嗤い、「 www 」だと大爆笑となるです。



だもんで、私は決して「 w 」を使わず、「 (笑) 」を使います^o^;。



サヨコさんはそのおつもりではなくても、

ネット生活が長い御方ほど、「 w 」で「 嗤われてる 」と

受け取ってしまわれる方々はとても多いと思うですよ~。



私は今回のことで、おそらくこれまでもサヨコさんは識らずに使って来られたのだと判りましたが、

正直、それまでは、「 w 」を多用なさる御方だなぁ、、と

ちょっと悲しく感じたことも多かったです。



今後は、泣き声としての「 ううう 」は「 う 」を使われた方が、

要らぬ誤解を受けなくて済むんぢゃないかと思いますです^^*☆

[ 2010/06/23 16:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。