今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春の帰省予告。







        3月19日。


        下の少年が携帯電話を置き忘れたお店から その旨自宅に連絡があり、

        ネットで下の少年のバイト先の電話番号を見つけ、電話をし、
        受話器を取られた女性の御方に、丁重に丁重にご挨拶申し上げ、
        少年が本日「 出 」になっているかどうかを訊ねる。


           電話をしたのは10時過ぎ。
           彼の本日の勤務は正午から、との由。

           大変お手数をお掛け致しますが、緊急の用にて
           自宅へ電話を入れるようお伝え下さいませ、とお願いして電話を切る。


        彼がお店入りし、連絡がつくまで後2時間もあるが、
        それまでまた横になるのも なんだか落ち着かず、
        子機を手元に置き、不調を我慢してリビングで電話が鳴るのを待つ。


           正午。

           1時。

           2時。 (-_-)


        彼のことだから、ギリギリにお店につき、
        伝言を聞いても電話に向かえず、そのままシフトについたのだろう。

        この分では彼からの電話は夕方、
        夕食ラッシュタイムの前の休憩時間になるのだろう。


      



        電話が鳴ったのは、午後4時過ぎ。

           「 う"。

             やっぱ あそこぢゃったかぁああ。
             今日、帰りに行ってみようかと思っとったんよ 」

        深夜に 隣市までねぇええ(-_-)。

        とにもかくにも、あちらのお店の方々によくよく御礼を申し上げるように伝え、
        そのまま切ろうとすると まるで私の機嫌を取るやうに?


           「 あ! 3月の終わりには1度帰るけん!? 」

           「 う"。 それは嬉しいけれど、
             おかあさん、今、不調で、この様子だと何もしてあげられそうもない(;;)。
             君も忙しそうだし、無理して帰らなくてもいいよ? 」

           「 そうなん? 花粉?
             ぢゃろうと思った! 僕も具合が悪かったんぢゃ~。
             んでも1度、帰るけん 」

           「 君も?
             んでもバイトができる位、良くはなってるんぢゃね?
             薬は飲んでる?
             君が弱いのは寧ろこの後のヒノキだから、余り無理はせんのよ?
             ご迷惑を掛けんように、早め早めに連絡を入れて、ちゃんと休むんよ? 」

           「 へぃへ~~ぃ。 わかっとるけん!
             んぢゃ、仕事に戻るけん、またねХХ 」


         その後、携帯を取りに行ったとも、
         有難うとも、帰るのは○日とも、な~んとも連絡なし。ヽ(`Д´)ノ?



ペン嘆

で、結局戻って来たのは4月に入ってからだし(-_-)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/02 00:00 ] ぷんぷん ヽ(`Д´)ノ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。