今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 封殺鬼 』 鵺子ドリ鳴イタ







         『 封殺鬼 』 シリーズは、
         『 十二国記 』 や 『 彩雲国物語 』、
         『 守り人 』シリーズ、『 風の王国 』シリーズのように、
           私の大切にしているシリーズの1つ。


            弓ちゃん  雷電( らぶ?? )と 酒呑童子を 愛してやまない。


          1993年から 12年間、ずっとリアルタイムで緊張感とともに
          読み進めて来ており、28巻目にして完結した折には、ほうけてしまひ、
          随分長い間、淋しい想いを味わったものである。


          が、思い掛けなく、新シリーズが始まった、というので、

          また 雷電と酒呑童子に逢える。。。!! \(^o^)/☆

          んでもあの結末から、どうやって 新シリーズが??


          嬉しさいっぱぃの癖して、
          でもでも 万が一、霜島氏には大変失礼ながらも
          前作を越えられないなら、私はとっても哀しい??、と 不安で不安で。


          それで とりあえず、1冊ずつゲットしては 積読山へ積み重ね、
          このシリーズが完結するまでは読むまいぞ、と 固く封印し。


          5冊目で、「 いよいよ完結! 」との報が入り、
          すゎ、ゲット!! と 思ったら、最終巻が入手できず、
          待って待って 半年待って、やうやく入手。 ?

          はやるこころを押さえ、幸いにも 時間だけはあるこの度、
          前作から遡って 33冊を一気読みする。




Ρ    Ρ    Ρ




          はぅぅん。。。。??


          至福のとき。





                 なるほど、なるほど。

                 これなら、だいぢゃぶ。(//▽//)☆

                 これからも、幾らでも^o^;、
                 変わらない 雷電に、変わらない 酒呑童子に逢える。




          素敵にオトコマエな 女子学生の桐子が

          前作の カコイイ桐子と重なり、桐子の厚みと説得力が数段いや増して。

          より 封殺鬼の物語が深くなる――。





       

封殺鬼シリーズ  霜島ケイ
左)小学館キャンパス文庫  右)小学館ルルル文庫




ペンジャンプ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/30 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。