今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

島崎今日子氏に大共感。







         1日、朝日新聞大阪支社版 朝刊 26面の
         島崎今日子氏コラムに とても共感してしまったので、
         特に握手を求めたい気持ちになった後半部分から抜粋して覚書( ..)φ

          ( 前半部分も、結びの文章にも頭をぶんぶん振り回して頷いたのであるが )



         どの番組でもルール解説と合わせて数字を連呼していた。
         そこには、真央ちゃんに金メダルをとって欲しいという気持ちがありあり。

         だが、かつてのようにナショナリズムむき出しの発言をする人はいなかった。
         そうした傾向を誰かが国力が衰えた結果と言っていたが、
         ほんとうにそうなら衰えてよかったと思う。

         NHKの生中継では、アナウンサーも解説の八木沼純子も
         日本選手に寄り添いながら、キム・ヨナや他国の選手に心からの拍手を
         送っていた。 熱くて気持ちのいい中継だった。



                       ( 原文ママ抜粋 改行・網掛け、りうりう )




         「 今季五輪の女子フィギュアは、
           まるで山岸涼子氏や槇村さとる氏のバレエ漫画のようである 」

         、、といふ、私たちの世代の掴みは ばっちり!状態から始まり、
         今や アジアン・ビューティが世界を席巻していること。

         真央ちゃん vs キム・ヨナ選手 をめぐっての
         メディアの異常とも思えるヒートアップ状況。

         練習風景でさえ、夜のニュースのトップ扱いとなり、
         政治とお金の問題、トヨタリコール問題も二の次三の次となり、
         ショートが終わった時点で、真央ちゃんとキム・ヨナ選手の間に
         4.72の差があることが、世界中で1番問題であるかのような状況を

         是も非も問わず、ただ淡々と触れてある前半部分。


         淡々と触れてあるからこそ、考えさせられることも多く。
        



                 また そのうえで、
                 4年に1度のスポーツの世界規模なお祭りだもん、
                 いーじゃん、一般市民が
                 ( たまには )おバカになっちゃっても(゚゜)\バキ☆
                 な~んて思ったり、

                 日本の厳しいスポーツ界( ウィンタースポーツはなおさら )の環境、
                 スポーツが不得手なお子たちが増えている状況とかも鑑みれば。

                 こうして 國が一体となったかのやうな幻想をもてること。

                 純粋に熱い声援を送ったり、祈ったり、
                 カンドーしたりすることって、
                 すんばらしいことぢゃないだろうか、と思ったり。

                 個人で、法人で、地域で、國規模で、
                 自然に、なんらかの サポート方向の動きが生まれるかも
                 知れないぢゃん、と思ったり。 
                  


                 12日から行われる、冬季パラリンピックも
                 同様に注目されるよう、応援して行けるよう、、と思ったり。



         で、なにより、


         だが、かつてのようにナショナリズムむき出しの発言をする人はいなかった。
         そうした傾向を誰かが国力が衰えた結果と言っていたが、
         ほんとうにそうなら衰えてよかったと思う。



         と お書きになられた島崎氏の言の葉に、
         非常に スカっとした気分を味わうと共に、
         「 国力が衰えて良かった 」 と言う国賊( 死語? )並みな
         想いまで抱かされてしまうほどの、
         これまでの各選手が背負わされてきた重圧を思う。


         各國の各種目のアスリートたちは、
         その生い立ちから現在の自分自身へと成長するまで、
         既にそれぞれに さまざまな 環境、事情、を背負って来ている訳で、


            当事者とも言える程の直接の関係者でない限り、
            各選手に必要以上の「 國 」意識を背負わせるのは
            如何なものか、と思うし、

            誰もが無条件に学べ、能力を伸ばして行くことが
            できる訳ではないウィンタースポーツに関しては
            ことさらにそう感じちゃうのでありました。


            そして無意識に自国の選手を贔屓目に見つめ、応援しちゃう、
            愛國心? という名で括られてしまいがちなものの正体にも
            きちんと向き合わねば、とも。




ペンメモ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/03/01 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(10)
そうなのよぉ
私、この方のファンなんですぅ。本当に膝を打つような事をいつも書かれているのです。いろんな番組でその内容にモヤモヤッとしたものを感じた数日後、スパッとそれを文章にして書いて下さっている事が多くて密かに「よくぞ書いて下さいました」と今まで何度も思ったことがありますーー。

[ 2010/03/03 20:03 ] [ 編集 ]
Re:島崎今日子氏に大共感。(03/01)
>「 今季五輪の女子フィギュアは、まるで山岸涼子氏や槇村さとる氏のバレエ漫画のようである 」



あぁ!なるほど

「美しい少女が2人

苦労と努力とあふれるばかりの才能」

(ガラスの仮面もそうだけど・・・・)

視聴率40%越えもなるほどよね♪
[ 2010/03/03 20:58 ] [ 編集 ]
Re:島崎今日子氏に大共感。(03/01)
私も島崎今日子さん大好きです!

AERAの人物記事とかも大好き!



「国力が衰えた」というより、

少し国が、国民が成熟してきたんじゃないかなと思います。

もちろん、高度成長期に比べれば勢いはないですが、

その分、ちょっと余裕が出来てきたって事じゃないのかな。



選手の活躍は素直に喜び、

結果が出なかったことには残念がるけれど

あくまで、「たかがスポーツ(されどスポーツだけどね)」という姿勢を持って、

応援して行けたらなあと思います。



しかし真央ちゃんの精神力って凄いですよね。

大変な練習をしてきて、オリンピック終わったその瞬間から

4年後のことを考えるなんて。



普通ならとりあえずちょっと休みたいとか、

あ~また4ねんかよ~とか思わないのかしら。

(一般人の感覚だなあ)

[ 2010/03/03 22:20 ] [ 編集 ]
Re:島崎今日子氏に大共感。(03/01)
ワタシもここで読んで共感しました。

他の国の選手の出来如何で日本の選手のメダルがかかっていても、失敗しちゃえなんていう気持ちはみじんも起きませんでした。練習の成果が十分に出せますようにと思って見ていました。



私の暮らす街の石原さんの発言には「ああやっぱりね↓」でしたけどー。ー#
[ 2010/03/04 10:53 ] [ 編集 ]
女子フィギュアスケートについて
ナショナリズムうんぬんはどうでも、アスリートとしての真央さんが好きで、金メダル取れればいいなと応援しました。しかし血の出るような練習をしてきた他の選手たちが、今後偏った採点がされないことを心より祈ります。
[ 2010/03/04 15:00 ] [ 編集 ]
Re:そうなのよぉ(03/01)
きゃ~\(^o^)/☆>思惟ちゃん☆



思惟ちゃんも、島崎さんのファンでいらっしゃいましたか??

これまで私、島崎さんのコラムのことを口にしたことないし、誰からも聞いたことがなかったので、

なんだか、私だけぢゃなかった!と滅茶苦茶嬉しいです\(^o^)/☆



 > 本当に膝を打つような事をいつも書かれているのです。

 > いろんな番組でその内容にモヤモヤッとしたものを感じた数日後、

 > スパッとそれを文章にして書いて下さっている事が多くて

 > 密かに「よくぞ書いて下さいました」と今まで何度も思ったことがありますーー。



そうなのそうなの~~~!!\(^o^)/☆

結構、いつも楽しみにしているコラムなんであります。

で、彼女の批評を読んで、あぁ観てればよかったなぁ、と思ったり、

我が意を得たり!ですごーく嬉しかったり、ニヤりとしちゃったり。

ぃゃ~、これからは、思惟ちゃんも読んでおられる、と思うと、楽しみ2倍ですぅ^^*☆

[ 2010/03/05 01:55 ] [ 編集 ]
「 バレエ漫画 」
それがね>やじさん上総んさん



 > あぁ!なるほど

 >「美しい少女が2人

 > 苦労と努力とあふれるばかりの才能」



そこから始まって、もっと掘り下げて行かれたんですぅ☆



【 見た目重視のバレエの世界 】 では、東洋人は圧倒的に不利とされてきたけれど、

少女マンガの世界では、日本の少女だってスタイル抜群で実力で勝ち抜いて行くことができた、、、

けれど、札幌五輪時代はジャネット・リンがスターで、今や、アジアン・ビューティ時代。

強さが美しさの概念を変えたとはいへ、東洋人だってスタイルが良くなったし、

東洋人の美が評価されるようになって来た、この時代の差!!



って感じ。

つひつひ、ぶんぶん頷いて、島崎さんと一緒になって「 隔世の感 」を味わっていたですー。



 > 視聴率40%越えもなるほどよね♪



40%を越えたのですか!

都内??の給水率がどーんと下がって、皆が炊事洗濯の手を止めてた、というデータを

テレビで観ました^^☆

[ 2010/03/05 02:03 ] [ 編集 ]
「 成熟 」
ををを\(^o^)/☆>ひろこ・Kさん

ひろ子・Kさんも島崎氏をお好きでいらっしゃる?

嬉しいなぁあ(//▽//)☆



 > 「国力が衰えた」というより、

 > 少し国が、国民が成熟してきたんじゃないかなと思います。



【 成熟 】って、言うのかな、、、

ぅん、個々人のアイデンティティの成立、確立が「 國 」を外しても成り立って来ている、

というのは、確かに「 成熟 」と言っても良いのかも知れませんね。



「 お國のために 」生きなくていい、そゆ社会になって来た、というか、

んで、逆に それが即「 自分勝手に生きていい 」的感覚になって来てて、

その「 弊害 」も社会のあちらこちらに出て来てたり。



 > あくまで、「たかがスポーツ(されどスポーツだけどね)」という姿勢を持って、

 > 応援して行けたらなあと思います。



ほんとにそうですね!

國別対抗ではあっても、団体競技以外は個々人のスポーツ記録会祭り、なのであり、

各國のサポート体制、各選手のそれまでの個々の頑張り、努力に それぞれ、学ぶべきを学び、

(ご贔屓)選手をチカラいっぱぃ応援する――。

アスリートたちが胸を張って目標とできる、学ぶところの多い、爽やかな大会であって欲しいです。



 > 普通ならとりあえずちょっと休みたいとか、

 > あ~また4ねんかよ~とか思わないのかしら。



アスリートにとって、4年というのは大きく、重たいですよね。

技術面はともかくとして、年少の選手以外は押しなべて自身の体力、筋力が確実に衰えて行く訳だし、

絶対、自身がまた選ばれる、という保証もないままに4年後を見据えて頑張り続けていくためには、

モチベーションもさることながら、金銭面でも多大なる費用が掛かるでしょうし。

並大抵の覚悟や努力ではクリアして行けませんよね。



だからこそ、全選手に惜しみない拍手を送りたいです。

[ 2010/03/05 02:46 ] [ 編集 ]
「 あぁやっぱりね 」
読みました(-_-)>パクチのねぃさん



真央ちゃんへの「 かわいそう 」発言、「 あれが日本の実力 」発言もですが、

2月19日には、「 選手たちが高く飛べない、速く走れないのは重いものを背負ってないから。

  国家を背負わなきゃ、結局高く飛べない、速く走れない 」

などとおっしゃっておられたやうですね^o^;。



なんというか。

あの日は、ぎゃ~!と叫んで日記を書き散らしたいのを必死で我慢しておりましたですよ。

「 あぁやっぱりね 」なんて、パクチのねぃさん、をとな、でいらっしゃいまするする。



 > 練習の成果が十分に出せますようにと思って見ていました。



ほんとにね!

誰もが全身全霊、実力出し切って戦って、そして公平なジャッジのもとでつく勝敗なら。

流す涙も味わう想いも、明日に繋がる爽やかな糧になりますよね。

それを観てる、応援してる、私たちもまた皆。



明日に禍根の残るような言動は、誰であろうといついかなるときでも、

やっぱりやっぱりダメダメだと思うですー。

[ 2010/03/05 03:06 ] [ 編集 ]
Re:女子フィギュアスケートについて(03/01)
iエヴリンさん、はじめまして! メッセージを有難うございます。



 > ナショナリズムうんぬんはどうでも、アスリートとしての真央さんが好きで、

 > 金メダル取れればいいなと応援しました。

 > しかし血の出るような練習をしてきた他の選手たちが、

 > 今後偏った採点がされないことを心より祈ります。



やはり誰がどうみても、何かしら釈然としないジャッジでありましたですよね。

特に女子フィギュアについては、素人の私でも、金銀は変わらないにしても

あの点数差はないだろう、という想いと、銅以下の順位、得点に、全然納得できないでいます。



だもんで、あちらへこちらへと詳しく書いておられるサイトやブログに飛ぶと、

「 さもありなん 」と思えたり、「 えええ、そうだったの? 」と

いろんなことが腑に落ちるご意見、ご推察、データ等をたくさん目にしました。



今回のことを機に、基礎点以外の採点基準、採点方法について、内外で良き議論が交わされ、

より皆が納得できる採点システムが構築されたらいいなぁ、と願っています。

[ 2010/03/05 03:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。