今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 銀 』 は 『 金より良い 』 と書く。







        何ヶ月も前からドキドキしていた男子フィギュア、女子フィギュアが終わり、
        なんとも 燃え尽き感、というか、空っぽになってしまった感というか。

        茫然としてる状態が続く今日この頃。


             今回ほど泣かされた五輪はかつてなく、
             いろいろなことが私のなかで渦巻いた五輪であった。


        フリー直後の真央ちゃんの涙に 何度も泣かされながら、

        北京五輪の折、体操男子個人総合で銀メダルを取った、
        内村航平選手のおかあさまが
        「 銀は『 金より良い 』と書くのよ 」 とおっしゃり、
        ニュースで流されたことを思い出す。


        奈良の薬師寺で 『 銅は金と同じ 』と言われる所以 を学んだのだったが、
        きっとそんな話が 『 銀 』にもあれこれとありそうだ。

        私の辞書には、残念ながら、 
        「 艮 」 は 白い、という意味で 「 しろがね 」の意、としか
        書かれていないのだけれど。 



           そう、この銀は、真央ちゃんをきっともっと強くする。
           大きな大きなバネになる。



      




        NHKの実況中継で、女子フリー終了後から表彰式の間中の、
        実況アナウンサー刈屋氏と解説の八木沼氏との会話で耳にした言の葉が
        とても素敵だったので 覚書として。





        刈 「 凄い勝負でしたね 」

        八 「 はい。 でも、これだけの異様な空気感のなかで、
          本当にハイレベルな戦いをどの選手も行ったと思いますね 」


        刈 「 228.56というのは、ほんとに男子のなかに入って試合をしても
          戦えるんではないか、という位の内容のキム・ヨナ。

          しかし、浅田真央もそれに、まさに真っ向勝負というか、
          自分の持っている今シーズンのプログラム、
          その最高レベルのものをぶつけて来た、ということが言えますよね 」


        八 「 キム・ヨナ選手の後で、『 でも自分のスケートはこれです 』 という
          攻めの姿勢を最後まで貫いたのが、このオリンピックの舞台で、
          それをやった、ということが本当に素晴らしかったな、と思いますね 」



              ~ 中略 ~



        八 「 これだけのプレッシャーの中で大変だったと思います 」

        刈 「 いや、でも、浅田真央選手の本当に純粋な強さと言うのは、
          銀メダルでしたけれども、終わった後 戻ってきて、
          キム・ヨナに負けたという敗北を
          真正面から受け止めようとする姿勢ですよね。

          「 やるだけやりましたからいいです 」とか
          「 もう自分では悔いはありません 」とか
          一切言いませんでしたね。

          とにかくキム・ヨナに負けた、
          トリプルアクセルは2つ入れたことだけは嬉しいけど、
          それ以外のところは不満があるとはっきりと言いました。

          敗北を受け入れるというのは、とっても難しいことでね。
          必ず何か言い訳をしたりとか、何か自分を慰めたりする言葉を言う選手が
          殆どだと思うんですけれども、でも彼女はオリンピックの勝負を賭けた舞台で
          負けたということを、最初の一言でそれを言ったところが、
          それが浅田真央選手のプライドだと思います 」


        八 「 だからこそ、その気持ちがあるからこそ、
          今の浅田真央選手がいるわけであって、
          そしてきっと、次に向けてまた始動すると思いますね 」


        刈 「 そういう選手はきっと強くなりますよね 」

        八 「 はい。 まだまだ これでは終わらないと思います 」

        刈 「 そうですね。 今シーズンの浅田真央選手の戦い方というか、
          やはり、また一つフィギュアスケーターとして人間として
          大きくなったんじゃないかと思いますよね。

          やはり、プログラムは当初重すぎるんじゃないかとか、
          あるいは要素が詰まりすぎているんじゃないかとか、色んな批判を受けて、
          もう少し浅田真央選手に合ったプログラムで
          やっぱり金メダルを狙いにいった方がいいのではないか、
          という話もありましたけど。

          しかし、彼女は彼女の意思で、
          これまでの自分のイメージとは違うかもしれないけれども
          気に入ってるんだと、そして、あのヤグディンが演じた様な
          一つの大きな作品としてオリンピックの舞台で世界に発表したい、
          そう言いましたね。
          そういう選手はきっと強くなりますよね 」


        八 「 そうですね。 いつかは選手は変わっていかなくてはいけません。

          特にフィギュアスケートは音楽を使うスポーツで、自分の得意なもの、
          不得意なものというのをやはり曲想でも出てくるんですけれども、
          でも、いつかは殻を破って違う自分を出していかないといけないんですね。

          で、それをやるというのが一番難しい作業で、選手自身にとっても
          凄く怖い作業なんです。

          やはり、どういった得点が出るのかとか、
          もしかしたらダメになってしまうんではないかとか、
          自分が立ち直れないんではないかとか、
          そういう風に思うことも数多くあるんですけれども。

          でも、それをあえてオリンピックの年に、
          自分自身で選んで、やれたということが、
          『 鐘 』という音楽で、新しい浅田真央選手を作り出して、
          それでまた新しい自分の引き出しが出来たと思うんですよね。

          で、これを滑り切ったことで、もう怖いものはなくなった、
          また新たに もっとチャレンジしていこうっていう気持ちが
          きっと生まれたんじゃないかなって私は思います。






ペン大雪

いつも思ってた。
優しく熱い刈屋さんもだけど、八木沼さんってほんと凄いって。

マラソン中継されるときの増田明美さんのように。

絶対に「 上から 」解説をしない。
選手に寄り添った こころの解説をなさると。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/26 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(8)
Re:『 銀 』 は 『 金より良い 』 と書く。(02/26)
こういう意見もありますよ。

ttp://toramomo.exblog.jp/12170207/

(きっと、頭のhを取らないとコメを受け付けてもらえないかと思い、取ってあります)

ちょっと長いけれど……

>何よりPCSが技術点を凌駕し、順位の決定において大幅に得点のウェイトを占めるようになれば、それはもうスポーツではなくて演芸(または芸術やショー)なのではないか

>もしこのような採点を容認すれば、競技者として当然の姿勢である難しい技や能力の限界まで挑戦をすることは「割に合わない」こと



という点には賛成です。

4回転ジャンプでも足りずに5回転ジャンプでもしなきゃ取れないような得点に疑問です。

トリプルアクセルを飛んだ真央ちゃんは私の中では金ですよ(´0ノ`*)

[ 2010/03/01 17:09 ] [ 編集 ]
『 私のなかでは金 』
有難うございます☆>サヨコさん



これってほんと難しい問題だと思うです。

既に男子の4回転問題で、脳が沸くほど考えさせられてて、

で、これについては、友人に教えて貰ったこの記事で、ひとまず自分自身の整理がつきました。

漠然と感じてた、もゎもゎな想いを綺麗に解説していただいたような気分でした。

【 http://vancouver.yahoo.co.jp/news/cdetail/201002190011-spnavi 】



んで、これとおんなじことが女子にも言える。

ジャンプや基礎点は、ほんとに厳格なるジャッジがなされてると思うですが、

加点の部分や音楽の解釈表現などという点数は、もぉジャッジの主観になってくるし、

ありていに言えば、好き嫌いの問題にもなってきちゃう。



キム・ヨナ選手は確かに3Aがなくとも、やっぱり完璧でした。

僅差で決まってしまうような試合に、ミスが出てしまった真央ちゃんは、やっぱり不利です。

真央ちゃんの鬼気迫る演技、ド迫力も、高難度の故に余裕がないからそう観える、

と判断されれば、そうなっちゃう。

ですが、キム選手のあの点数にはドン引き致しましたです。

確かに真央ちゃんは負けたけど、あそこまでの点差はないハズで。

4回転は飛んだけど、他がいまいちだったプルシェンコのやうなヒドさではなかったし。



 > トリプルアクセルを飛んだ真央ちゃんは私の中では金ですよ(´0ノ`*)



ショートでは、私のなかでは真央ちゃんが断然トップでした。

フリーは。。。う"~ん。。。ミスの後の巻き返し、見事でしたね(T^T)。

ただ真央ちゃんにフリーのときのような完璧な演技をさせてあげたかったです(;;)。



今回のことを機に、内外で良き議論が交わされ、より皆が納得できる採点システムが構築されたら

いいなぁ、と思うです。

[ 2010/03/01 17:44 ] [ 編集 ]
Re:『 銀 』 は 『 金より良い 』 と書く。(02/26)
採点競技は難しいです。ジャッジの方によってやっぱり差が出てくるように思います・・・



真央ちゃんしか跳べないトリプルアクセルの点数は、もっともっと高くてもいいはず!って思っちゃうけど、今の時点ではどうしようもないのでしょうね。ある程度納得の上で挑戦してたのでしょうし。



でも、正直キムヨナの点を見たとき、そりゃないやろって思ったけど(笑)これでは真央ちゃんが完璧でも追いつけないだろうと・・・



結果ミスもあったけど、あのスランプのあとでよくぞここまで仕上げてきたものだと驚き、その演技のすばらしさに涙、涙でした。最初なぜあんな選曲したのだろうって思ったけど、見事に表現できていたと思います。本当にすばらしい。



今回は銀メダルだったけど、絶対このメダルは彼女をもっともっと大きくしてくれるはず。そのための銀だったのだと・・・そう信じてます。



それから八木沼さんの解説、マラソンの増田明美さんと通じるものがあるって私も思ってた!!ほんとに聞いてて心地いいんですよね。



オリンピックが終わったので、私の中ではもう野球モードに切り替えました(笑)
[ 2010/03/01 19:08 ] [ 編集 ]
やっぱり真央ちゃんは可愛い!
韓国側の無礼千万な報道にむかつきつつ、「やっぱり真央ちゃんが頑張り屋さんで、けなげで可愛い!」と目を細めてみているおばちゃんであります。



私がフィギュアをみるのに参考にさせていただいているのが、

 ttp://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/

こちらなんですけど、参考になります。

今は一日12万件!のアクセスがあるらしいです、すげ~~



高橋くんは、倉敷の出身だからひいきしているっていうのはあるんだけど、やはり怪我から辛いリハビリやトレーニングを乗り越えて、メダルを取るほどに復活した、その努力に拍手を送りますっ(/_;) うるるっ



プルシェンコが真央ちゃんに共感の声をあげていた事に納得するとともに、どうにも分かりにくい現在の採点システムはもうちょっと何とかしてほしい!と思う今日この頃。



(ちなみに、全盛期の頃からプルシェンコはあまり好きではない、どちらかといえばヤグディン派だったのだけど。でもライサチェックの妖怪アンテナはキュートだったw)

[ 2010/03/02 08:16 ] [ 編集 ]
Re:『 銀 』 は 『 金より良い 』 と書く。(02/26)
私もこの解説、とても印象に残っています。いちいちうんうんと頷いてホロホロと泣きました。印象に残る……といえば、私は技術的な事はあまり判らないけど、贔屓目でなくても日本選手の演技はどれも印象的だったように思います。物語があって、そこに個性が見えて、とてもオリジナリティ溢れるものだったと。そこが何より素晴らしかったと思いますぅ(T^T)



[ 2010/03/02 17:27 ] [ 編集 ]
「 野球モード 」
切り替え、早!(笑)>とらトクさん



 > でも、正直キムヨナの点を見たとき、そりゃないやろって思ったけど(笑)



ですよね^o^;??

滑りきった後の彼女の涙にうるうるしたのですが、点数出て、ドン引きしました^o^;。



その後の真央ちゃんには、本当に感動です(;;)。

いっぱぃいっぱぃにも見えましたが、魂を迸らせるやうな美しさ、鬼気迫る迫力でした。



本の選手を誇りに思います。



今後のジャッジの感性に委ねられてしまうGOE等の採点は、

絶対再検討再吟味されねばならないと思えてなりません。



 > それから八木沼さんの解説、マラソンの増田明美さんと通じるものがあるって私も思ってた!!

 > ほんとに聞いてて心地いいんですよね。



とらトクさんも増田明美さんを連想されますですか^^*☆ 嬉しいです\(^o^)/☆



 > オリンピックが終わったので、私の中ではもう野球モードに切り替えました(笑)



くー。 私も早く、こころの切替スイッチを搭載しなくては^o^;。

[ 2010/03/03 13:27 ] [ 編集 ]
Re:やっぱり真央ちゃんは可愛い!(02/26)
「 可憐 」という言の葉は>しゅすらんさん

まるで真央ちゃんを表すための言の葉のやうですね(//▽//)☆



 > 「やっぱり真央ちゃんが頑張り屋さんで、けなげで可愛い!」と



ほんとに健気の塊で、いとおしさが湧き出て来ちゃう可憐さですが、

んでも しなやかで勁くて。。。。もぉ、一生応援しちゃうっ^^*☆



mizumizu4329さんのブログをご紹介下さって有難うございました!



 > 今は一日12万件!のアクセスがあるらしいです、すげ~~



凄いですよね~~!!

しっかり見聞きなさってて、そこからきっちり分析なさり、

ブレないご自身の価値観できっぱりと語っていらっしゃる。

とても読み応えがあり、今の時期、それだけのアクセスがあるのも判る気がしました。



 > でもライサチェックの妖怪アンテナはキュートだったw)



なるほど!>妖怪アンテナ(笑)。

スピンのときに、必ず立ってましたよね(笑)。

[ 2010/03/03 13:38 ] [ 編集 ]
「 ほろほろと 」
こころにしみいる>思惟ちゃん☆

おふたりの会話だったですよね(;;)。



 > 私もこの解説、とても印象に残っています。

 > いちいちうんうんと頷いてホロホロと泣きました。



私も、リアルでは観られなかったのですが、録画を観てて、これは聴き流せないと

全部聴き終わった後、ポーズしまくりでメモして行きましたですぅ。



 > 印象に残る……といえば、私は技術的な事はあまり判らないけど、贔屓目でなくても日本選手の演技はどれも印象的だったように思います。物語があって、そこに個性が見えて、とてもオリジナリティ溢れるものだったと。そこが何より素晴らしかったと思いますぅ(T^T)



ほんとにそうでしたね^^*☆

ただ美しい、ただ凄い、というだけのものでなく、1つ1つ、こころに刻み込まれるやうな

ものだったと思うです。

昨年から大会の度に、フリーもショートもずっと観てきましたが、

それぞれの「 ストーリー 」が、五輪に向けて、それぞれに より練れて完成して行くのが

とても眩しく、嬉しく、誇らしささえ感じさせてくれるものだったと思うです\(^o^)/☆

[ 2010/03/03 14:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。