今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイミング。







         9日、14時。


         下の少年が帰省してくる。


         私は 例の件 につき、
         あぁでもなぃ、こぅでもない と 散々頭を悩ませ、
         彼に どう切り出し、どう語りかけ、どう話を導いて行こうかと

         実のところ、2日に彼を送り出してから、ずっと胃の痛む想いであったのに。
 

         JR鈍行で帰ってきた由にて、用意していた昼食を平らげるなり、
         彼の顔色を横目で窺う私など まるで気にも留めぬ風で。

         18時に起こしてくれと言うが早いか炬燵にもぐり込んでそのまま爆睡。

         18時に起きて、高校時代の友人と逢いに出掛け、
         最終便で帰宅して入浴し、また炬燵にもぐり込んで爆睡。



             爆睡中の彼の寝顔は、
             杉の前の 何かの花粉で私の目が腫れ出したのと同様、
             額、頬、首筋が荒れ始めており、
             かさかさ 痒そうに赤くなっているのが可愛想で。

                今日まで、ずっと友人宅に居たのだろうか。
                寮には 足を踏み入れていないのだろうか。

             寝顔を見つめつつ、あれこれと訊ねたい想いを胸に押し込め。



         午前2時を回り、私が入浴している間に起きたらしい少年は、
         2Fの自室へ戻ったらしく、リビングに行ってみると居なくなっており。


             翌10日は、夕刻からK市のホテルで高校の同期会がある。

             それまで 自宅でゆっくりしてくれれば、
             きっとしっかり話せる気がするけれど、


                  、、、義母宅へ挨拶に行けば、
                  多分 明日の私の持ち時間は終わるのだろう。


             。。。空っぽの炬燵をぼんやり眺めながら、
             おろおろ どきどき 独り相撲で 胸を痛めるだけの私は。

             なんだか 切ない片想い中の女の子みたいヽ(`Д´)ノ > ぢぶん
                         


ペン…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。