今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

下の少年の忘れ物。









         大学へ戻った下の少年から電話が掛かる。


         「 ウォークマンの充電コード、忘れてないっ??  」


         (-_-)。


         あるとしたら、多分あそこ、と言われたところには影も形もなく、
         あちらこちらを探したところ、2F自室のベッドの下で発見。


         ついでに、本人は気付いてなかった、成人式でのお気に入りのシャツの
         共布リボンタイが 転がってるのを見つけたし。ヽ(`Д´)ノ




リボン




               まったく。
               上の少年の置き土産 とは えらい違いだ。(o_ _)oポテッ





            充電コードは即必要、お願い おかあさん???、と 甘えられ、
            リボンと合わせて、速達で送ることになり、

            、、、ということは、とりもなおさず、彼が寮へ足を向けてるってことで。

                  手間を掛けさせることへ ぶぅぶぅ文句を言いながらも
                   ちょっと安心したりするぢぶんの甘さに
                    我ながら 辟易としつつ ^o^;。



ペンポストマン

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
Re:下の少年の忘れ物。(01/14)
次男坊さんらしいわね♪

しっかりものの長男さんよりも、うっかりものの次男さんの方が可愛いでしょ?

比べちゃいけないのだけれども。。。

寮問題は早く解決するといいですね。

おかあさんのやきもきがわかるわ。

[ 2010/01/27 13:39 ] [ 編集 ]
Re:下の少年の忘れ物。(01/14)
これがあの噂の蝶ネクタイなのね・・・・・

軽部さんにさしあげたい・・・・(@_@;)



ちょっとホッとしましたね(*^_^*)
[ 2010/01/27 20:53 ] [ 編集 ]
Re:下の少年の忘れ物。(01/14)
うふふ・・・こういうとこがやっぱかわいい!!

完璧なかっこいいお兄ちゃんとかわいい弟くん、しかもそろってイケメン。な~んて幸せな母親なんでしょ、りうりうさんって。だんなさんもかわいいし←なんかついでのように言ってしまった(笑)



ほっと安心できる気持ちわかります。まだまだ心配だろうけれど、まずはよかったです。

[ 2010/01/28 09:03 ] [ 編集 ]
「 らしい 」
ほんとにもぉ(-_-)>サヨコさん



 > 次男坊さんらしいわね♪



「 誰に似たんだか。。。。私だよっ! 」

って感じで、嘆いてはひとり突っ込みをするしかなく(-_-)。



 > しっかりものの長男さんよりも、うっかりものの次男さんの方が可愛いでしょ?



それは ないですよ(笑)。

ぎゅっと抱きしめて、ただただ、ごめんね、、と言いたいのが 健気な上の少年でございます(;;)。



でももう抱っこさせてくれないよね^o^;。

[ 2010/01/29 00:36 ] [ 編集 ]
「 あの 」
そーです!>やじさん上総んさん



 > これがあの噂の蝶ネクタイなのね・・・・・



これが、あの、です(笑)。

比較するものを一緒に撮らなかったので判りにくいですが、結構小さいリボンで、

軽部さんのとはちょっと違う感じです(笑)。

シャツと共布だから、全然目立たないしね(笑)。



今日、全員の記念写真が送られて来ましたが、

こんなネクタイしてたのは、勿論下の少年だけでした(-_-)。



 > ちょっとホッとしましたね(*^_^*)



ありがとございますぅ。

ほんとにね、彼の精神状態も心配ですし、

他人さまに甘えまくって、大切な友人をなくすようなことになって欲しくないです~~(;;)。

[ 2010/01/29 00:40 ] [ 編集 ]
「 ついで 」
わはは(笑)。>とらトクさん

「 ついで 」に、夫まで登場させて下さって有難うございます(爆)。



お倖せなのは、とらトクさんですよぉ(//▽//)☆

私、知ってるんだからぁ(@ ̄¬ ̄@)☆



 > ほっと安心できる気持ちわかります。まだまだ心配だろうけれど、まずはよかったです。



ありがとございます(;;)。

とにもかくにも年末の、彼が受けた驚天動地な衝撃、ダメージから、

現在は少し「 違う 」感情に切り替わって来ているようで、

それが良いことかどうかは別にして、

彼を案じて、居てもたっても居られないような焦燥感が

私のなかからも薄れた気がしています。



当初、余りに図太い神経のやうに思えた、「 時は薬 」「 日常が救い 」的な夫の言い分が、

彼に関しては、実は正解だったのか?? も 知れません。。。。

[ 2010/01/29 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。