今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ご無事で出産、おめでたう(//▽//)☆






       産休中の後輩から、15時間の陣痛に苦しんだ末、無事に出産した??? 、
       なのに、皆からは 「 15時間程度の陣痛なら安産 」 と言われ、
       びっくりしてる、とメールが来て、思わず万歳しつつも


            まだまだ携帯なんてヤっちゃダメ!?
            産後は身体中ががたがたで、特に目はとても大事で、
            後から ど~んと反動が来るのだから、極力休めるのよ!


       おめでたう? の前に つい苦言を呈す、
       殆ど 鬼姑 を ヤっちゃったのだったが、

       水曜日に退院、との由にて、
       んぢゃ、前日の火曜日、仕事帰りに皆でお見舞いに行こう! と
       職場の皆に誘われ、それじゃ同行しちゃうけど、


            お見舞いには、甘いものや高カロリーなものはダメダメ。
            ケーキなんて もってのほか!
            まだ余り乳管が開いてないのに、胸が張って苦しくなるから!


       と、ここでも 鬼姑 をヤったら、

            んぢゃ、お祝いはまた後日、彼女からのリクエストを受けるとして、
            今回、産院に持ってくお見舞いの品は りうさんが決めて下さい。

       と後輩たちに言われ、

            ぅっ。  退院前夜に お花も困るし、嵩張るものもダメだし。。。

       確かにこれは、悩んぢゃうよね。。。。 


       ただ、これまでの 大きなおなか ひとつ抱えて ゆったりゆっくり、
       自分のペースで何でもできてた時代から一転し、
       新米ママとして、言の葉の通じない赤ちゃんを相手に、
       慣れない授乳に オムツ替えに 24時間奔走する毎日が待っているのだから、

            できるだけ美しくて or 可愛らしくて、
            観る度に 和んだり、癒されたり、
            私たちの言祝ぎと応援のこころ の 伝わるもの――






      






         散々悩んだ挙句、小さくて軽くて、邪魔にもそんなにならないだろう、
         こ~んな感じの ブリザードフラワーはどうか、と提案してみる。


              。。ぃゃ、私は お花は散るからこそ美しい、と思っているし、
              基本的に、こゆのは好きくないんだけど、
              んでも、こゆ場合は、結構 イイかも、と思っちゃったんである。


         したらば、皆にめっちゃウケて、これに決まってしまった。



      




         当日、申し合わせたやうに、皆、そそくさと終業時刻ぴったりに仕事を終わらせ、
         私はミュージカル練習に遅れる、もしかしたら間に合わないかも、と
         メール連絡を入れ、職場の皆を乗せて、市内中央の産院へ。±


            ここ? まさか???


         地図通りにヤって来たのに、一瞬、間違えたか、と慌ててしまった程、
         ( 豪華だと )噂では聞いていたにもかかわらず、
         予想を上回る、超豪華ホテルと見間違うやうな病院に、暫し唖然とする。


            お部屋もロココ調の個室で、豪華ベッドに豪華ソファー。
            壁には絵画が掛けられ、シャワー室もトイレも完備。
      
            立派なワゴンの上に乗っている、おかあさんの夕食も、
            これまた豪華なレストランのディナー食?のよう。@@

            産後2日目は、ご夫君と2人に フランス料理のディナーが
            ふるまわれたそうである。 @@
 
            お部屋に来ていた赤ちゃんの眠るベビーベッドも これまた豪華で。



         県立の総合病院で出産した私と少年たちの、このとんでもない差に目眩がする。


            この産院では、夫君の立会い出産が基本で、
            それどころか、赤ちゃんの頭が見え、出産が始まったら、
            夫婦で、赤ちゃんを引っ張り出すんだそうである^o^;。

            で、臍の緒がついたままの赤ちゃんをおかあさんの胸の上に置いて、
            感激の初対面をするのだそうで。


         誕生したばかりの赤ちゃんを、そのままおかあさんの胸の上に、
         うつ伏せて置くことは、赤ちゃんにとって、とてもイイのだとは、
         私が出産する頃から言われていたことで、それは納得するのだけれど、

         前半部分の、「 夫婦で赤ちゃんを引っ張り出す 」、、というのは、
         とても私には出来そうもないぃぃぃ((((((((((逃)。

        
             自然に戻れ。
             自然分娩万歳!


         って、私も思ってるし、自然分娩、完全母乳育児にこだわった私だけど。


         

             はぅ。


             そゆ分娩の在り方 に こだわってる産院なのに、
             おかあさんのこの食事内容って、母乳にとってどうなんだろう^o^;。

             食事のデザートにケーキも出るらしいし、
             彼女のお見舞いに、婚家から実家から友人たちから。
             和菓子や洋菓子たちが山のように届き、
             嬉しくて あれこれとたくさん食べてる、と 無邪気に後輩が語る。


             なんだか、ヒジョーにちぐはぐなものを感じてしまうが、
             異なる世代、異なる価値観、異なる、、、。
             何もかも要らぬお世話というもので、ただただ沈黙を守る。


   
      




         赤ちゃんは、見るからに将来の美女決定!な 綺麗な赤ちゃんで、
         思わず連れて帰りたいほど、可愛らしく。???


             嗚呼、危ない、危ない。(-_-)

             何かにつけて こだわりぃ私は
             絶対、とんでもなぃ鬼姑になる素質200%。
             また、孫可愛さに 常軌を逸するであろうことが確定的なので、

             絶対絶対、少年たちには、
                      結婚したら遥か彼方に住んで貰う!

             常々思って来たことを、新たに決意として胸に刻む。




         そろそろ失礼しやうとしてたら、職場から全力疾走で駆けつけたらしい
         新米パパが 息を弾ませてヤって来る^^*☆


         私たちがぞろぞろ居たために驚いている新米パパくんへ 皆が口々に言祝ぎ、

             「 可愛いでしょ 」 私がつい尋ねたら、

             「 もぉ、ヤバいですぅ??? 」

         目をきらきらさせつつも、口元は既に でれでれパパさんで。



                     高校時代のクラスメイトな仲良しカップルさん。
                     ますます賑やかでお倖せね。??

                     私までその倖せを分けていただいたやうなこころもち。


                     おめでたう、おめでたう\(^o^)/☆


                           おふたりの素敵な赤ちゃんに
                             こころから 乾杯(//▽//)☆



ペンにょきにょき.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/26 00:00 ] 行きました^^*☆ | TB(0) | CM(10)
Re:ご無事で出産、おめでたう(//▽//)☆(01/26)
最近はフランス料理のフルコースは当たり前のようですねぇ・・・

後は部屋がルイ・ヴィトンやシャネルやエルメスで統一されているのもあるそうですよ~(Θ_Θ)



この後しばらくは素敵なホテルやフランス料理なんて食べに行く暇はないから・・・っていう理由らしいですけどね(笑)
[ 2010/02/04 23:41 ] [ 編集 ]
「 当たり前 」
ぃゃ~☆>やじさん上総んさん



 > 最近はフランス料理のフルコースは当たり前のようですねぇ・・・



私の時代でも、TVや雑誌で「 そゆとこがある 」みたいな感じで見聞きはしてましたけどね、

まさか、今や、何処でもかしこでもヤってるもの、とは思わなかったですよ(滝汗)。



 > 後は部屋がルイ・ヴィトンやシャネルやエルメスで統一されているのもあるそうですよ~(Θ_Θ)



どんだけセレブなんでしょぉ^o^;。



 > この後しばらくは素敵なホテルやフランス料理なんて食べに行く暇はないから・・・

 > っていう理由らしいですけどね(笑)



ぃゃはゃ、何をどぉ聞いても、

な~んか言い訳がましく感じちゃう私ってば、いぢわるなんでしょか(笑)。

実際、赤ちゃん連れでも「 素敵なホテル 」や高級レストランに堂々とおいでな方々、

すっごく目にするんですけど。



で、こちらは無理して無理して数年に1度あるかないか、な機会を楽しもうとしてるときに、

凄い泣き声やら何やらでドタバタされたりして、がっくりすること多々あるですぅぅ(T^T)。

[ 2010/02/04 23:53 ] [ 編集 ]
Re:ご無事で出産、おめでたう(//▽//)☆(01/26)
今や豪華設備、フルコースは当たり前なのですよ!!エステだって付いてます♪産院というよりまるでホテルです。



子どもたちを出産した産院も、20年以上も前なのに、クリスマスディナー(このときは悪阻で入院してた。だから私は食べてないけど)七夕ディナー(7月6日と7日生まれなので、息子の時も娘の時もしっかり食べた)がありました。



3:00にはおやつタイムもあり、コーヒーは飲み放題。確かに母乳のこと考えるといいのか?と思いますけど、あのときは喜んで食べてた(笑)



母乳があまり出なかったのはそのせい?(汗)



夫の立会いも勧められました。この病院ではへその緒をお父さんが切ることになってて、だんなもこわごわやってました(笑)



でも、夫婦で引っ張り出す・・・それは聞いたことないなぁ。想像するとすごいね。
[ 2010/02/05 09:50 ] [ 編集 ]
Re:ご無事で出産、おめでたう(//▽//)☆(01/26)
おめでとうございま~す♪みんなに祝福されて生まれてくる子供さん、そして親御さんお幸せですね。



ワタシも出産する予定の方がいるんで、入院中少しでもなごめるようなものとしてこのチョイスいただきます♪ GOODタイミング、ありがとう^^y

[ 2010/02/05 10:57 ] [ 編集 ]
Re:ご無事で出産、おめでたう(//▽//)☆(01/26)
後輩さん、おめでとうございます。

お祝い事は、周りも幸せにしてくれますよね。



先日、おむつのケーキを見ました。

おむつをクルクル撒いて、きれいにデコレーションしたかわいいものでした。

プレゼントする予定はないけれども…

[ 2010/02/05 16:14 ] [ 編集 ]
Re:ご無事で出産、おめでたう(//▽//)☆(01/26)
この間私の弟のお嫁さんも出産したんですが、

いや~何というか、お産へのこだわりって

凄いものがありますよねえ。

医療行為ではなくて、イベントっぽい・・・



私も市民病院で、立ち会いもなく(直前まで主人は居たのですが、気になっていきめないという理由で、分娩室に行くときにお引き取り願いました。)、食事と言えば、本当にひどいものでしたが、

母乳がよく出たせいか、お腹が空いて、

薄~い味付けの病院食も、美味しく頂いたのを覚えています。



お産というのは病気じゃないけれど

やっぱり命がけなところもあるし、

例えばやっぱり病気を持って生まれてきてしまう子どもも沢山いるわけです。

そういう、厳粛な場に

そういう産院がそぐわなく感じてしまうのは

やっぱり私が旧いのかなあ。



私が3人の子どもを産んだ市民病院も

来年度から出産を扱わないことになり、

近年の産科事情を鑑みると、

お産をさせてくれると言うだけでも

ありがたく思わなければならないのでしょうね。

[ 2010/02/05 23:00 ] [ 編集 ]
「 まるでホテル 」
ふわ~☆>とらトクさん



 > 今や豪華設備、フルコースは当たり前なのですよ!!エステだって付いてます♪

 > 産院というよりまるでホテルです。



そんな時代、、なんでしょね。

上の少年の時代は、竹下景子氏や松田聖子氏の出産が話題になって、育児雑誌が台頭し、

「 妊娠・出産がファッション化してる 」なんて批判の声があがったりしてたものですが、

今から観れば、まだまだ可愛いものだったかも(笑)。



かたや 訴訟率の高さから、どんどこ産科がなくなっていき、

かたや、豪華さリッチさ、ライフスタイルへの提案型での産科が王道となる――

なんだかなぁ…と思っちゃうことしきり、ですが、現在の出生率の低さを思えば、

「 業界 」も必死だろうし、今の時代に母となることを選択した女性が、

出産の形をも色々と選択でき、またエンジョイできる、ってことは、

ほんとに倖せなことなんだよなぁ、とも思うです。



ただ、こういう選択肢が皆に平等にあるのか?と思ったとき、

我が家の場合は、お貧乏なのでこうした超豪華産院で出産することはまず無理だし、

かといって、総合病院では軒並み産科がなくなって来ているし。。。

お貧乏だと(ますます)赤ちゃんも安心して産めないのだなぁ、、

スタートラインから、こんなに違うんだなぁ、、と切ないです。



 > 確かに母乳のこと考えるといいのか?と思いますけど、あのときは喜んで食べてた(笑)



母乳は血液を濾して生産されますから、ほんとに食べ物、飲み物には要注意なんですよぉ(笑)。



県立の総合病院では、夫の立会いなどとんでもないことだったです(笑)。

で、私もイヤでしたもん(笑)。

とらトクさんのご夫君は、臍の緒を切って下さったのですねー。

それはもぅ、とらトクさん孝行なさるハズだし、

お子さま方との絆を深く深く感じておられることでしょうね(//▽//)☆

[ 2010/02/06 01:07 ] [ 編集 ]
「 このチョイス 」
きゃ~ん☆>パクチのねぃさん

この日は、私まで ほこほこ、倖せになったです^^*☆

おめでとうをありがとございました!



 > GOODタイミング、ありがとう^^y



をを! 私の方こそ、知らずにお役に立てたみたいで嬉しいです^^*☆

退院前夜だと、切花を持って行って、花瓶に生けてもお持ち帰りに大変だし、

鉢植えは重いし、お世話も要るし、、、



んでも、美しいもの。 和んで癒されて、母乳の出も良くなりそう(笑)なもの、、、と思うと

やっぱりお花がイイな、だったら、これは??

って提案してみたですよ~。



意外にも、3年位は持つそうなので、

「 赤ちゃんが おねえちゃんになるときには、これを再利用してね 」などと

笑いを取ってました!(笑)



パクチのねぃさんからのプレゼントも、笑いが取れるかも???

[ 2010/02/06 01:17 ] [ 編集 ]
「 おむつのケーキ 」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工>JJ2007さん



 > 先日、おむつのケーキを見ました。

 > おむつをクルクル撒いて、きれいにデコレーションしたかわいいものでした。



想像できない。 想像できない。

私には想像できないぃぃぃщ(|||゚Д゚)щ



アニメに出てくる赤ちゃんの、2つボタンが横についてるような、

可愛いオムツカバーな感じしかイメージがわきません。

クルクル巻いた?? 紙おむつでキャンディみたいになってるのかな??

あぁあああ 謎だ、謎だ~~ヽ(`Д´)ノ



 > 後輩さん、おめでとうございます。

 > お祝い事は、周りも幸せにしてくれますよね。



ありがとございます^^*☆

ほんとに皆で倖せな気持ちになりました!

特に彼女の1歳下の後輩がとっても喜んでて、彼女のお蔭で、結婚、妊娠、出産が身近なものになり、

ちっとも怖くなくなった!なんて言ってます^^*☆

[ 2010/02/06 01:22 ] [ 編集 ]
「 イベントっぽぃ 」
をを☆>ひろこ・Kさん

弟さんにはおめでとうございます^^*☆



 > いや~何というか、お産へのこだわりって

 > 凄いものがありますよねえ。

 > 医療行為ではなくて、イベントっぽい・・・



ひとひとりが誕生するんですもんね。

それは 産む側、取り上げる側、それぞれ「 こだわり 」があって当然だと思うし、

産む側が主体となって、「 産むスタイル 」を色々選択できるようになって来たことは、

喜ばしいことだとも思っていますが、



地の利や金銭面から、望んでも選択できない場合も多々あるし、

私立の産院のデフォルトとしての在り様に、何もここまで贅沢にしなくても、、という違和感が

私のなかに頑として在るです^o^;。

で それは、ひろ子・Kさんが書かれたように、



 > お産というのは病気じゃないけれど

 > やっぱり命がけなところもあるし、

 > 例えばやっぱり病気を持って生まれてきてしまう子どもも沢山いるわけです。



と常に思ってしまうから。

旧い、んですね^o^;>ぢぶん



 > 近年の産科事情を鑑みると、

 > お産をさせてくれると言うだけでも

 > ありがたく思わなければならないのでしょうね。



こちらでもどんどこ産科がなくなっています。

先クールのドラマ『 ギネ 』を観ました。

過酷な状況下の産科医療の片鱗を実感させられました。

ドラマとはいへ、あの現場と、後輩が出産した産院の光景との乖離は凄まじい程です。

しかし、いつ産婦さんに「 万が一 」の事態が起こるか判らず、

そういった産院から救急車で転送される場合だってなくはなく。

まさに出生率の低下と相まっての負のスパイラルのように感じます(;;)。



産科と小児科、次いで各外科医のなり手がなくなる國――。



この日は、倖せななかに、様々なことを考えさせられました。

[ 2010/02/06 02:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。