今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

選択に迷うとき。








        原作が 槇村さとる氏ということだったので、
        なんとなく録画していたドラマ、『 リアル・クローズ 』を一気に観る。



          またまた黒木瞳かぃ、と思いながらも、
          今回の完全無欠、強力なるタカビー「 神保美姫さま 」キャラが
          余りにぴったりなのに驚いて、黒木瞳さまに降参 m(__)m。



       【 神保美姫 】( 47歳 )

          越前屋百貨店の再生を託された婦人服統括部長。
          独自の人生観、仕事感に裏打ちされた 無駄のない所作で、
          デキる上司、デキる部下しか相手にしないプロ中のプロ。
          瞬時にものごとを見抜き、辛辣に本質を突いた言の葉を紡ぐ。
          しなやかな交渉力と今までの仕事で築いた強力で豊富な人脈が武器。


          でも そんな美姫さまも、人間、であるので、
          さまざまな出来事から これまで彼女の歩んで来た道が
          ちらほらと推測でき、納得させられていくのがたまらない。




        第9話で唸ったのは、
        婦人服売場で神保美姫のファッショントークショーを行っていたとき。


        女性の司会者から

        「 女性の人生には様々な選択肢があります。
          迷う女性にアドバイスはありますか 」 と問われ、

             まず、自分を識ること。
             自分の求めるものを識っていれば、
             進むべき道は自ずと判るはずです。



       そこへ かつて自分の父親の恋人であった神保美姫を叩き潰したいと考えている
       高級セレクトショップのバイヤー 蜂矢英明( 小泉孝太郎 )が斬り込む。


        「 人生の選択…?
          神保さん自身、間違って後悔したことは? 」


       表情を改める神保美姫。


             後悔しないために、自分が選んだ道を全うするんじゃないでしょうか。



        「 なるほど。
          逆に 捨てた道はさっさと忘れると。
          女性ってほんと切り替えが早いですからね(笑) 」


             手放したもうひとつのものが 大きければ大きいほど
             ひとは頑張れるのだと思います。

             遠くにいる、いまはもう別の人生を歩んでいる大切な誰かの存在が
             前に進む力になることがあります。

             きっと 人生で一番大事なことは  誰と出逢うか。

             ――その結末がたとえ別れであったとしても。




         蜂矢は ぐっとつまり、

          「 ――綺麗ごとが上手なひとだ 」 と 捨て台詞を吐く。




      



        かつてない オレさまキャラが 黒木瞳氏にものの見事にぴったりハマり、
        このひと自身の本質、なんぢゃなかろうか、と思えてしまうほど^o^;。


        美姫さまの台詞は毎回、なかなか素敵で、
        これは原作通りなのか、と気になってしまう。

             。。。。いつか、原作を入手して、読んじゃうぞ!!




                    ** ファッションのことは判らないけど、
                        毎回、真野裕子さん、加藤夏希さんの美しさに
                        眼福眼福(//▽//)☆



ペン炬燵

で、連続モノは続きが気になるので苦手な私。
一気に観たのに、最終回は次週だったなりヽ(`Д´)ノ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/14 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(5)
「 結構 」
遅刻と言い訳を絶対許さない神保美姫さまは、

「 結構! 」という言の葉を効果的に遣う。



「 ( もう )結構! 」

「 ( 出来栄えが )結構! 」



一言のもとに、斬ったり褒めたり。

その鋭利な表情と言いっぷりが 誠にサマになってて格好イイ。



正直、この御方をずっと好きになれないで来たのだったが、この神保美姫さまはイイ。

癖になりそう(笑)。

[ 2009/12/21 01:09 ] [ 編集 ]
Re:選択に迷うとき。(12/14)
リアルクローズは主役の香里奈までは我慢しますがすぐに売れないお姉ちゃん’sを引きずって出てくるので見てません・・・(Θ_Θ)



特に真ん中のお姉ちゃんは全然美人じゃないので妹の七光りだもん(-"-)
[ 2009/12/21 07:36 ] [ 編集 ]
香里奈三姉妹。
あは^o^;>やじさん上総んさん



 > リアルクローズは主役の香里奈までは我慢しますが

 > すぐに売れないお姉ちゃん’sを引きずって出てくるので見てません・・・(Θ_Θ)



香里奈三姉妹は、単発ドラマの『 リアル・クローズ 』で、

確か凄い話題になったんだったよね^o^;。



私はとにもかくにも、原作者に惹かれたので、もぉ、俳優さんは二の次三の次(゚゜)\バキ☆

原作者さんもここ10年はかなりイタい御方になられたのだ、という噂は耳にしてるのですが、

何せ、リアルタイムで読んでないので、その辺りはさっぱり判りません^o^;。



ただとても芯の在る女性たちがいつも頑張ってるので、元気を貰える気がするので^^☆

[ 2009/12/21 14:18 ] [ 編集 ]
槇村さんは、好き!
おはよーございます。

原作は、「YOU」本誌を買って読んでいましたが、

最近は、立ち読みで、読んでいます。



ドラマと、原作、違います。

原作では、美姫さまと蜂谷さんは、絡みません。

でも、小泉幸太郎の蜂谷は、いいです。



黒木瞳は、まぁ、私も苦手な女優さんですが、

槇村さん原作のドラマには、かかせないみたいで、

「イマジン」でも、でていたなぁ。。。



[ 2009/12/23 07:36 ] [ 編集 ]
Re:槇村さんは、好き!(12/14)
をを^^*☆>OMITAさん、原作をお読みでしたか~☆



 > ドラマと、原作、違います。

 > 原作では、美姫さまと蜂谷さんは、絡みません。

 > でも、小泉幸太郎の蜂谷は、いいです。



そうでしたか。。

私は、美姫さまの台詞に興味があるのですが、その辺りはどうなのかなぁ。。。

小泉くんはイイですね!

正直、この『 リアル・クローズ 』では、美姫さまの台詞と

美姫さまと蜂矢くんがどうなるのか、だけを観ています(゚゜)\バキ☆

あ、あと、エンディングの曲もイイ^^*☆

最初、青山テルマ氏なのかと思いました(汗)。



 > 槇村さん原作のドラマには、かかせないみたいで、「イマジン」でも、でていたなぁ。。。



そうでしたか~。

『 イマジン 』は観てないなぁ。

ググって来ますね。

[ 2009/12/23 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。