今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【 活力鍋 】 最初の一歩。








         京都から戻るも、魂抜け状態が続くなか、ヤって来た 活力鍋


         赤と白の錘が 可愛いアクセントなお鍋だけれど、
         高圧に耐え得るつくりは、とっても頑丈で重量も半端なく。
         イヤでも【 高圧力 】を意識させられ、めっちゃ怖し。 (T^T)。

         これを使うためには、ビビってる場合ぢゃないし、
         京都に魂を飛ばしてる場合ぢゃない(;;)。


         いきなり、何かをつくる なんて とてもできそうにないので、
         まずは、様子見として、おまけの蒸し籠を使って、
         義母のさつまいもを蒸すことにする。


               ところが セットしてから気付く。

               お友だちから、シュッシュッと怖い音がしたら、
               すぐに火を消せばイイから、そこまで怖くないよ☆ と
               聞いていたのに、

               蒸すのは、シュッシュッと怖くなってから、
               弱火で10分 耐えねばならないことを。 ヽ(`Д´)ノ



         自分の迂闊さを呪いつつ、シュッ、と音がしたと同時に弱火に切り替え、
         タイマーを10分にセットし、脱兎の如くダイニングへ避難。

         怖い10分間を耐えるために、一心不乱に
         義母から貰った 採れ採れの黒豆を枝豆にしようと ひたすら房を取り、
         両端を切り、塩揉みして 下ごしらえ完了。




石焼芋っぽぃ☆.jpg

    んで、その間に 圧力が抜けた鍋の蓋を
    へっぴり腰で開け、出て来た 圧力蒸し芋は。

    今年の義母のさつまいもは、
    どちらかというと 栗の食感に似た、
    水分の少ないさつまいもであったのに。

    指で すっと2つに切れ、
    石焼芋のようにしっとりと、美味しくできあがる。

    \(^o^)/☆ ??  バター不要!





      
         超 嬉しくなって?、何も考えず、怖いくせに
         つい、後は茹でるだけだった黒豆を蒸し籠に入れて活力鍋にセットし、
         再び、IHをスタートさせてしまった。(-_-) ← バカ。



               そう、出来上がったお豆さんは、楽しみにしていた「 枝豆 」ではなく、
               お口のなかで ふわりと溶けちゃう、
               塩味の黒豆煮 が出来たのである(o_ _)oポテッ


                       。。。ぃゃ、これはこれで美味しいんだけど、
                               サヤの両端を切り、塩揉みした手間が 水の泡 (-_-)





ペン嘆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
        


関連記事
スポンサーサイト
Re:【 活力鍋 】 最初の一歩。(11/10)
1勝1敗(笑)
[ 2009/11/14 20:44 ] [ 編集 ]
「 1勝1敗 」
おバカですよねぇえ(-_-)>やじさん上総んさん



 > 1勝1敗(笑)



お芋があんまり美味しかったので、カンドーしちゃって。

つい、お豆さんを入れちゃった(-_-)。

できれば、この1敗でお仕舞いにしたいものです(-_-)。

[ 2009/11/15 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。