今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 おにかい 』








       京都一泊目の夕食は、東のぞうさんとご一緒予定であったため、

       上の少年に、お気楽に京野菜のお味を堪能できるお店を教えてとメールし、
       ならば、と紹介されたのが『 おにかい 』というお店だった。


       彼も先輩から教えて貰った お気に入りのお店、との由にて、


         「 ここは、京野菜の農園と直結してるお店で、
           3つ位あるお店のどれも美味しいから間違いないと思う。

           リーズナブルだし、まず野菜が美味しくて、
           識ってて自慢できるお店だと思うよ?
           いつも満杯だから、必ず予約を入れてね 」


       祇園の料亭でバイトしてた少年の太鼓判付きではあり、
       期待できそうだと、ネットで探すとすぐにヒット。
       画像で観る限り、お店の内装もお料理も素朴でなかなかイイ感じ。
       お味の方も、賞賛しているブログを多数発見。
       後は当日の予約が取れるかどうか。

       広島から予約の電話を入れる。

       電話の応対も活気に溢れて感じ良く、
       背後から とても賑わっている様子が伝わって来る。


         「 ○日は7時からでしたら、2名さまでお取りできます 」
         「 はぃ、それでは ○日7時より、2名さまで お待ちしております。
           有難うございました 」 

           わ~ぃ、取れた~ ????


       後は当日、東のぞうさんが私とご一緒して下さるかどうか、なんだけど、
       ホテルもご一緒なことだし、きっと何とかお連れできるでしょう??



          それにしても 『 おにかい 』 ?

          どゆ意味なんだろ??

          サイトでは『 ONIKAI 』って。

          『 鬼槐 』とか『 鬼の櫂 』 、、こんな字しか浮かばない(-_-)。

              ま、まさか『 鬼戒 』とか『 鬼怪 』ぢゃないよね(;;)。
              え、鬼も快くなる『 鬼快 』??


          『 鬼 』の字がぐるぐると。 妄想で脳内は弾け飛ばんばかり。



    


         当日。


         めでたく東のぞうさんとお逢いでき、ご挨拶もそこそこに、
         気になってたまらなかったので、
         夕食を勝手に予約を入れちゃったんだけれども、お許し願えるでしょうか??

         恐る恐るもいきなりお尋ねしたところ、即ご快諾を得て万々歳\(^o^)/☆


         その後、夕食の時間まで、ケータイ落としちゃったかも だの、
         行き過ぎちゃった だの、膝が痛い だの、
         数々の私のドジに 内心あきれておいでだったかも識れないけれども、
         これもめでたく 途中で見捨てられることなく、ご一緒に夜の四条河原町へ。


                ここでまた、肝心の、
                わざわざ 広島からプリントアウトして来た
                『 おにかい 』への地図をホテルに忘れてる私 ?



       地図はしっかり頭に入れて来たので、絶対正しい路地に入ってるものの、
       目の前にまで来てるハズなのに、それらしき看板を見つけられない。 a


       不安になって、もう少しで、客引きに出てらした居酒屋のおにいさんに
       尋ねてしまうところを 東のぞうさんが入り口を見つけて下さる。

            ぅわ~。  客引きおにいさんちのまん前だったし(滝汗)。


       ここだここだ! わ~ぃ、と、小さなドアを開け、少し急な階段を二階へ上がる。

       そこで 木の香が漂いそうな店内の でっかぃカウンター席に案内され、
       東西のぞうさんが並んで座り。

       カウンターには、見事な京野菜たちが で~~~んと た~~くさん
       それ自体がオブジェのように置かれてて、
       カウンターのなかの男性陣が、次々にその野菜を手に取り、
       あれこれと てきぱきてきぱき作っていかれ、それを眺めるのも楽しく、
       また、私たちの正面に、私たち担当?となられた男性が、
       竹野内豊さん並みのハンサムさんで、ちょっと ぃゃ随分 嬉しい???



             東のぞうさんは、ノンアルコールで、
             西のぞうさんは、冷酒を陶器のカップで乾杯し、

             まずは、ブログで評判高かった
              『 冷製 ハニートマト 』から始めて大絶賛。
             そこから煮野菜中心に ぞうさんたちは 食べに食べ、

                 でも、一品一品がボリュームあるので、
                 その殆どを 2人で分けっこしながら。

             おなかいっぱぃになっても こんなに美味しいのだから、
             自家製っぽぃデザートのスウィーツが またまた気になって。
             竹野内さんに相談してアドバイスをいただいて
             これは ちゃんと一人分ずつ平らげて(笑)。

             大満足のお会計時、いつものお財布と違うため、
             ファスナーが開いてるのに気付かず、
             100円玉をありったけバラ撒いてしまひ(-_-)、
             東のぞうさんはおろか、竹野内さんにまで拾っていただき恐縮至極。

             最後の最後にコレかぃ、と、穴があったら入りたい気持ちを抱えつつ、
             竹野内さんに階下まで丁重にお見送りいただいて。


                「 有難うございました。 またどうぞお越しください 」

             あたたかくも爽やかな笑顔で きちんとお辞儀をされた――。



      



          はぅ。


          リーズナブルさのせいもあって、「 料亭 」と言うよりは、
          どちらかというと 気の張らない 居酒屋さんのように感じてた。

          なのに、薄暗い照明の加減もあるのか、
          カウンター席で妙に心地よく落ち着けちゃうし、
          上等な「 おもてなし 」を受けたかのやうな寛ぎ感に 戸惑った私がいる。

          素晴らしい「 おにかいさんの総仕上げ 」だと。

             竹野内さんのご容姿も 多分 凄いプラス要素なんだろうけど(゚゜)\バキ☆

         「 お見送り 」というのは 「 締めくくり 」として
          本当に大切なことなんだよなぁ、、と 接客業である自分が、改めて思う。


            言の葉とお辞儀の形は勿論のこと、
            それが形だけなのか、言の葉だけなのか、
            単に マニュアルをこなしてるのか。
            お客さまには 声の響きだけで如実に判ってしまっていることも。



          夜の食事は、1日の締めくくり。

          まして観光客である私たちには、
          ここでの出来事自体が、この旅そのものの想い出を左右しかねない。


            『 おにかい 』での時間を素敵に締めくくって下さることで、
            美味しくて楽しくて、あたたかで、倖せな時間であった、と実感し、
            お客さまの側である私たちが 素直に有難く感謝できる倖せ。

            楽しかった1日をより素敵に締めくくることのできた倖せ。




         で、鈍チンな私は、やっと判ったのです。

         『 おにかい 』 とは、 『 お二階 』 だったのだと(-_-)。


                 東のぞうさんも。
                 うちの職場の後輩たちも。
                 勿論、上の少年も。

                 店名を聞いた瞬間に
                 『 二階 』のことだと判った、と。 ヽ(`Д´)ノ


ペン萌

『 おにかい 』さん、お任せコースは なんと2000円からあるです!
今なら、竹野内さん?もいらっしゃるかも(笑)。

皆さまにもお勧めしちゃうです^^*☆

『 おにかい 』   ** 電話予約は必須、のやうです!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト
Re:『 おにかい 』(11/28)
サイトを見てきました

あぁこれは美味しそうなお店だ



美味しそうなお店ってなんとなくわかりますね♪

(呑み助のセリフだな・・・(笑))



私も読みながら「お二階」だと思いましたよ(笑)

アクセスにも「2階」ってちゃんと書いてあるじゃん(笑)



京都に行ったら行ってみたいお店ですね(#^.^#)
[ 2009/12/05 08:08 ] [ 編集 ]
その節は、大感謝
お二階にあるから【おにかい】か、お二階があるから【おにかい】か(ロフトのようになっていた)、そんなことを頭の後ろの方で考えつつ、カウンター席のほぼ真ん中に座って、大鍋にごろりんごろりんとしている野菜をのぞき込んでました。



カウンター席は、厨房の方々の意気が身近でいいです。



いゃあ、トマト、美味しかったです。蓮根もよし!

食べ過ぎて帰途は(常に増して)体が重かった・・・。





[ 2009/12/05 08:53 ] [ 編集 ]
「 あぁこれは 」
美味しそうでしょ!!\(^o^)/☆>やじさん上総んさん



 > サイトを見てきました

 > あぁこれは美味しそうなお店だ



ね、ねっ(//▽//)☆

私も一目見て気に入っちゃって、とても期待したです^^*☆



 > 美味しそうなお店ってなんとなくわかりますね♪

 >(呑み助のセリフだな・・・(笑))



ひ、否定できなひっ(/_;)。



う"~ん。。。やじさん上総んさんも「 お二階 」って、判っちゃった??

私は すっかり【 鬼 】だと思い込んぢゃったみたいで、全く気付かず、

後々「 閃いた 」とき、我ながら「 凄い! 」と大発見した気分だったのに(o_ _)oポテッ



 > 京都に行ったら行ってみたいお店ですね(#^.^#)



やじさん上総んさんには、すぐにでもチャンスがおありな予感。

その折には、やじさん上総んさんのレヴューを楽しみにしております\(^o^)/☆

[ 2009/12/07 00:19 ] [ 編集 ]
Re:その節は、大感謝(11/28)
私の方こそ>あそびすとさん

最後までおつきあいいただき、有難うございました(//▽//)☆



 > 大鍋にごろりんごろりんとしている野菜をのぞき込んでました。



ほんとに大鍋にごろりんごろりん、でしたよね(笑)。

それが「 おでん 」ではなくて、まさに「 炊いたん 」でしたよね^^*☆



 > カウンター席は、厨房の方々の意気が身近でいいです。



楽しくて、凄い活気に包まれてるのに、落ち着けて、癒されて。

なんだかとても元気になれる空間でしたよね^^*☆

帰りのバス停まで、そしてバス停からホテルまでの道も楽しかったですぅぅ☆



 > いゃあ、トマト、美味しかったです。蓮根もよし!



蓮、、、。

山口県岩国市の「 岩国れんこん 」って蓮根は、

土の加減で、今どきでも手掘りしなくちゃいけない大変手間のかかる蓮根なのですが、

ここの蓮根って、お味、食感共に、ほんと最高級に美味しい蓮根だと思ってるです。

蓮根だけは、ちょっと「 岩国れんこん 」で食べてみたい、とも思っちゃいました^o^;。

[ 2009/12/07 00:30 ] [ 編集 ]
Re[1]:その節は、大感謝(11/28)
りうりう*さん



>蓮根だけは、ちょっと「 岩国れんこん 」で食べてみたい、とも思っちゃいました^o^;。



なるほど、なるほど。食べてみたいぞ。

では、次回は是非姐さんとご一緒の折には、是非是非、お薦めの蓮根と茄子をご披露くださいませ。

 ヽ(´▽`)/~♪ やたー





[ 2009/12/07 12:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。