今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノーベル平和賞。







         夕方のニュースを観ていると、いきなり飛び込んできた速報に、
         アナウンサーも驚いた顔のまま、
         オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞した、と 原稿を読む。




         唖然としつつも、あの 嬉しかった彼のプラハ演説が脳裏に浮かぶ。




         んー。  彼の受賞には、きっと 賛否両論。




         でも それだけ あのオバマ大統領の演説には意義深いことであったのであり、
             それだけ 今後の米国の 『 CHANGE 』 への 世界の期待は熱く、

         また それだけ、核のない世界の実現への道は険しいのだと。


         これまで誰も言わなかった、
         米国大統領としては、きっと誰も思いもしなかった、
         見事な言の葉を紡いだオバマ大統領は、

         その分、国内外に 物凄い責任を負う。


                それは、国連気候変動サミットに於いて、
                 「 25% 」をぶち上げた鳩山氏の比ではない。


         でも きっと これから。


             核廃絶を願い、平和を祈る 全世界のひとびとが、
             固唾を呑んで 常に彼に注目し、彼の國に注目し続ける。

             後退を許さず、誤魔化しを許さず、
             そして、己れの國、己れ自身をも振り返り、

                   それぞれに 自分にできることを見直し、
                   遠い夢、遠い理想 に 自ら近づくべく、
                   努力に努力を重ね、歩を前に進めよう とする。

                   そんな ふぁいとの源になるのではないか、と思いたい。





ペン励

ふぁいと、ふぁいと > 私たち



昨夜、ここまで書いてアップする直前、
石原氏の「 ノーベル平和賞って 政治的なものなんだね 」 発言を聴いた。

だから、何!! ヽ(`Д´)ノ

全てはこれから。

核廃絶のスタートラインに 米国大統領が立った、
ってことだけでも 凄いぢゃん。

そゆレベルぢゃん、今の「 世界平和 」って。



* ダイナマイトを発明し、それが人類の大量殺戮の道具となったことを
悲しんだノーベル氏の基金による 平和賞の定義は、

『 国家間の友好と軍隊の廃止ないし削減と
平和会議の開催ないし推進の為にもっとも尽くしたひと 』。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/09 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(12)
Re:ノーベル平和賞。(10/09)
本人が一番それを感じているでしょう・・・

確かにまだ何も成し遂げていないのだから



でも卑しくもアメリカの大統領の発言

言った言葉の重さは彼が一番よくわかっているはず

不言実行できるような生易しい言葉でもないはず



確かに政治的な意図が無いとは言えないけどそれでもいいじゃん

世界が平和に向かって進んでいけば!

[ 2009/10/10 20:04 ] [ 編集 ]
政治的な
政治的なものだと思います。

それは、選考委員の平和への願いそのものの現れだから。ひととしての平和への決意のあらわだから。



そして、それを推し進めることができるのは「政治」の力だから。



オバマ氏のこれからに、ひとりひとりのこれからに、人間のこれからに寄せる誓いそのものだと思われます。



[ 2009/10/10 22:00 ] [ 編集 ]
確実に実行させるためだよね
私も政治的というか、プレッシャーをかけるためだと。

でも、それほどに、アメリカの核廃絶は望まれていたことですよね。

そして、アメリカが実行(少なくともそうしようと動き)すれば、

その他の国も同じ方向へ行かざるを得なくなるでしょう。

平和賞は、「錦の御旗」にもなるのかと思います。



日本も「アメリカが~」なんて言い訳できなくなりますね!

[ 2009/10/11 09:53 ] [ 編集 ]
Re:ノーベル平和賞。(10/09)
本来なら、

唯一の被爆国である「日本」が、「国」として先導をきるべきではないか?

・・・と もやもやとしつつ、

核保有国であり、日本が引け目を感じて強く出られない国でもあり、

数々の戦争をしてきた国の中の一国である事を考えると、

その発言は大きいとは思います。

が、

言っただけで?って思っちゃったわ(==;

日本、なさけないぞ~~~とも思っちゃったわ・・・
[ 2009/10/11 15:58 ] [ 編集 ]
「 世界が平和に向かって進んでいけば! 」
ほんとに茨の道ですよね>やじさん上総んさん



それでも



 > 確かに政治的な意図が無いとは言えないけどそれでもいいじゃん

 > 世界が平和に向かって進んでいけば!



私もそう思っちゃったです。

何もかも、オバマ氏の【 これから 】、米国の【 これから 】にかかってるです。



マスコミも私たちも、「 持ち上げて落とす 」的 性質の悪い野次馬になるのでなく、

「 核なき世界の実現 」に向けて、皆で盛り立て、支えていくものでありたいですよね。



受賞でいただく1億3千万円のお金は複数の団体に寄付するそうですが、

きっと早速、これらの団体の選定から基準から、あれこれ物議を醸すんでしょうね(-_-)。

[ 2009/10/12 00:38 ] [ 編集 ]
Re:政治的な(10/09)
ほんとにね>あそびすとさん



 > 政治的なものだと思います。

 > それは、選考委員の平和への願いそのものの現れだから。

 > ひととしての平和への決意のあらわだから。

 >

 > そして、それを推し進めることができるのは「政治」の力だから。



私は あの石原氏の醒めた物言いに、思わずカっとしちゃいましたですよ。

な~にを青臭いことを言っとるか、「 平和賞 」がその定義からして政治的なのは当たり前ぢゃん。

それが何か?

 ( いい加減、彼の一言一句に過激に反応するのはヤめたぃと思ってはいるのですが(;;)) 



 > オバマ氏のこれからに、ひとりひとりのこれからに、

 > 人間のこれからに寄せる誓いそのものだと思われます。



そうだと思うです。

そして 世界第二位の核保有国である米国に 大きな重たい足枷をつけたのだとも。

国益とノーベル賞を背負ったオバマ氏が 潰れないよう、潰されないよう こころから祈り、

私たちは私たちで、できることをひとつずつ。

[ 2009/10/12 01:00 ] [ 編集 ]
Re:確実に実行させるためだよね(10/09)
そそそ!>ふにふに。。さん



 > 私も政治的というか、プレッシャーをかけるためだと。

 > でも、それほどに、アメリカの核廃絶は望まれていたことですよね。

 > そして、アメリカが実行(少なくともそうしようと動き)すれば、

 > その他の国も同じ方向へ行かざるを得なくなるでしょう。

 > 平和賞は、「錦の御旗」にもなるのかと思います。



ほんとにそうだと思います。

批判するのは簡単だけど、批判してる暇があるなら、そのエネルギーを自国や自分たちの足元に

投げ掛けて、ひとつひとつクリアして行かなくては!ですよね。



 > 日本も「アメリカが~」なんて言い訳できなくなりますね!



ほんとにね! 自分たちの國を自分たちで守るには、まず何をどうしなくてはならないか。

地球規模の視野をも持って、ふぁいとふぁいと!ですよね。

[ 2009/10/12 01:05 ] [ 編集 ]
「 本来なら 」
本来なら>_AZ_さん



 > 本来なら、

 > 唯一の被爆国である「日本」が、「国」として先導をきるべきではないか?

 > ・・・と もやもやとしつつ、



核廃絶に対しては一番発言権があるハズですのにね(-_-)。

先の戦争の後始末をしっかりはっきりしなかったために、ずるずるずるずる尾を引いて、

未だに「 唯一の被爆国になったのは、自業自得 」的見解に対して、

強くNO!と言い切れてなかったりするし、国内でも某田母神氏のような御方が、

一部の方々からのカリスマ的人気を誇ってたりしますからね(-_-)。



唯一、核爆弾を他国に落とした國としてのプラハ演説は、本当に大きな意義のあることでした。



 > が、

 > 言っただけで?って思っちゃったわ(==;



ぅんぅん、だからこそ、「 言っただけで結局できなかった 」ことにしないため。

ノーベル賞という 世界の共通の歴史から決して消えない金字塔に飾ったのだと。



 > 日本、なさけないぞ~~~とも思っちゃったわ・・・



原爆の日の平和祈念式が「 サヨクの式 」だ、なんて思われてたりするんですから(-_-)。

[ 2009/10/12 01:15 ] [ 編集 ]
Re[1]:政治的な(10/09)
りうりう*さん



>私は あの石原氏の醒めた物言いに、思わずカっとしちゃいましたですよ。



五輪招致できなかったことについて、「150億なんて痛くも痒くもない」とご発言があったようで、「私にとっては、150億は痛いんだぁ!」例え、失敗したことは仕方がないとしてもそれを、痛くも痒くもないという神経がもう、たまらないのでありました。



ということで、人類よ、核廃絶にむけて 頑張れ!

[ 2009/10/12 07:49 ] [ 編集 ]
Re:ノーベル平和賞。(10/09)
 私も

 オバマならできる アメリカならできる

 という 期待感というより

 全世界の人々が 核の廃絶という

 不可能と思われることから

 成し遂げようという 気運を立ち上げた

 記念の賞だと思います。

 彼は その代表として

 受賞された と思っています。
[ 2009/10/12 09:11 ] [ 編集 ]
五輪誘致。
あそびすとさん



 > 五輪招致できなかったことについて、「150億なんて痛くも痒くもない」とご発言があったようで、「私にとっては、150億は痛いんだぁ!」例え、失敗したことは仕方がないとしてもそれを、痛くも痒くもないという神経がもう、たまらないのでありました。

 >

 > ということで、人類よ、核廃絶にむけて 頑張れ!



嗚呼、もぉね。

いったぃ、誰がこんな奴を都知事に選ぶんだ!と頭かきむしって叫び出したいのでありますが、

いつも圧勝ですからね、ほんとに悲しい限り( ┬_┬)。



私、東京への五輪誘致は最初から反対だったんざます。 何年越しの反対になるやら。

だもんで、これに関するあれやこれやの 何から何まで腹を立てておりましたし、

今回の誘致失敗に関する彼の言い草たるや、怒髪天を通り越してます。

んでも、荒れるのがイヤで、これまでこちらに書きませんでした。



したらば、昨日、ヒロシマとナガサキが名乗りを上げちゃって。。。。。

はぅぅ。 秋葉氏の言いたいことは判る、判るんだけれどぉぉー。

頭を抱えて困っております(;;)。

[ 2009/10/12 18:00 ] [ 編集 ]
「 アメリカならできるという期待感というより 」
りきkkぱぱさん



 > 私も

 > オバマならできる アメリカならできる

 > という 期待感というより



ずっと、何事にも華々しく、強引な「 リーダー 」で在ることが大好きなアメリカなんだから、

先頭切って核廃絶をヤってみて欲しかったものですが、それって夢物語だと正直思ってたです。



まさか 生きてるうちに、米国大統領の口から、

プラハ演説のような内容を聴くことができようとは、思ってもいませんでした。



 > 全世界の人々が 核の廃絶という

 > 不可能と思われることから

 > 成し遂げようという 気運を立ち上げた

 > 記念の賞だと思います。

 > 彼は その代表として

 > 受賞された と思っています。



そう、んだから、元気が出たですよね!

一心に願い、努力に努力を重ねれば 夢は叶う( のかもしれない )と。



オバマ氏の口から語られた、ということは、

これが、これまで 抑圧され、ずっと表舞台に立てなかった米国の民草たちの想いなのだ、と

気付かされ、そのことにも大きく感動したです。



 > 不可能と思われることから 成し遂げようという 気運を立ち上げた

 > 記念の賞だと思います。



元気を貰いましたもん。

皆がそれぞれの場所でそれぞれに頑張って頑張って、

地球を大地を海を空を しっかりしっかり守って行きたいですね!

[ 2009/10/12 18:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。