FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

続・優勝旗は誰のもの?





8月24日の日記、『 優勝旗は誰のもの? 』 にたくさんメッセージをいただいた。


お蔭で、初めて高野連のHPを覗き、
山のような規定に埋もれ、じっくりと?考えることができた。



あれから「事件」は、
当該生徒・保護者と学校側(校長・部長)との【 和解 】が成立。


日本高野連も、「優勝取消はしない」。

春の選抜大会につながる秋季北海道大会と秋季国民体育大会への参加を

【 部員の問題行動などはなかったことを確認し、応急措置として 】認めた。




これって「和解」というの?とか、

部長の有期の謹慎処分、野球部の「警告」処分って?

生徒たちを守り抜こうとせず、さっさと優勝旗を返還しようとした校長。

教頭、監督はどうなん?とか、

生徒たちの心は、大丈夫?とか。


苫小牧高の優勝決定の日から、揺れに揺れたここ数日間を想い返しつつ、
高野連会長の通達文を読み、
う"~。。。。

んでも、「 まずは 良かった、、、! 」 と。





高野連のHPのなかで、山のような規約を読んで、
「絶望的だ」と、くらくらしていた。


『日本学生野球憲章』の第三章、『高等学校野球』の項に
「附則」として付加された第二十条には、
監督、コーチ、学徒で構成されるなら、その應援団までも
選手と同等の扱い、規制を受ける旨、書かれていたからである。


この度の駒大苫小牧高に優勝取消の処分が下されなかったのは、
何より世論の大きさのお蔭だと思う。

高野連は「落としどころ」を考え、随分譲歩した。


日本高野連臨時審議委員会、選手権大会臨時運営委員会の全会一致のこの決定、
一瞬、「山は動いた」くらいの感動を覚えたが、
高野連は、反動を恐れたからかも知れない、とも ふっと思ってしまった。


『日本学生野球憲章』は、【昭和二十五年一月二十二日】から施行されている。

いまの高校野球に求められている【精神】は、
1950年に定められた『日本学生野球憲章』から来ている。




朝日新聞の署名記事(8月28日 渋谷正章記者)によると、
高校野球の「不祥事」は、
昨年度は、高野連が審議しただけでも493件あった(過去最多)。

その背景のひとつには、大規模チームの増加があげられる、と渋谷氏は綴る。

全国で100名以上の部員を抱えるチームは、
今月5月末時点で、64校。 (昨年より10校 増)

明徳義塾は129名。 駒大苫小牧高も、97名。

このなかで甲子園のベンチに入れるのは、たった18名である。


寮生活もあれば、私生活にまで、
指導者は目を配らねばならず、より高い指導力が求められることだろう。


心・技・体。 


我が家の下の少年を観るにつけ、
高校生、といえども、どんなに身体がごつくて青年のように見えようとも、
まだまだ ほんの子どもである。

昔なら16、17、18歳といえば、立派な大人であったかも知れない。
しかし、情けなくも、
今の時代、親である私たちでさえ、未熟であり、成長途中なのである。



駒大苫小牧高、明徳義塾高。

明暗をくっきり分けたこの不幸な事件をきっかけに、

高校野球の在りかた、高野連の在りかた。

もっと言えば、学校スポーツについて。


もっともっと言えば、子どもたちを支える周囲の大人の在りかた。

マスコミの報道の在りかた。



諦めたら そこで 終わり。


より良い方向目指して、より皆が皆を大切にする方向へと、

皆が、皆で、(厳しく)しっかり考えていけたら、と思う。


ペン腹筋




関連記事
スポンサーサイト



Re:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
優勝取り消しにならずホント良かった。

高野連は 世論の高まりを察知したんだろうなとは思いましたが、良かったです。

ただ、生徒たちを守る事を考えたとは思えない校長の対応など、生徒たちの心はまだまだ大きい傷を負っていると思います。

子供の育て方、大人の大人としての役割。

考えなければならないことが、山積です。
[ 2005/08/28 10:13 ] [ 編集 ]
Re:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
取り合えず一件落着・・・めでたしめでたし?

野球部の選手の心は?

告発した親子は?

学校ではばになったりしないだろうか?

お父さんは今後仕事やリ難くないだろうか?

きっとご近所は誰の事か知ってる・・・

優勝旗返還にならず 当り前っと思いながらも

複雑な後味の悪さ・・・今後もこれぬ近い問題は

毎年出てくるんだろうな~
[ 2005/08/28 11:17 ] [ 編集 ]
まずは、よかった。。
おはようございます。

「優勝取り消し」にならずに、よかったです。

今回の苫小牧の件をみると、

明徳義塾は、なんだったろう??

と、思いますが、

まぁ、自主的に辞退したということなんかな?

でも、秋季もでれないんよね。

やっぱり、金をはらっているから、アウトなのかなぁ。



あのね、高野連は、以前に比べて、とても柔軟にはなっています。

で、不祥事が発覚したら、速やかに、報告するように、

ということは、その高校野球部を守る意味もあるんだと思います。

昔から、リークは多かった。

写真週刊誌に、甲子園出場中に、喫煙場面を隠し撮りされた選手も20年ぐらい前にもあった。



で、今はネットもあるし、情報がもれるし、

あわよくば・・・という、ちょっとお金にからむこともある。

自分の子をベンチ入りに、という保護者もいる。



校長の「優勝取り消し」発言は、相手の保護者に対しての、

態度表明かもしれない。

そこまで覚悟きめて、あなたのご子息に対して、

謝罪させていただきます、

ということかな。



>その背景のひとつには、大規模チームの増加があげられる、と渋谷氏は綴る。

そうだと思う。

うちの県の夏の代表校、愛工大名電は、一学年18人の定員。

確か、前は、もっと居たと思う。

でも、今は、名電の野球部は、50人そこそこ。

うちのボウズも入れたかったけど、

クラブチームの子しか入れないみたいで、

一般入試で入学した生徒は、硬式野球部にはいれない。残念。

でも、そうしないと、目が行き届かないんだろうね。



大阪のクラブチームに子どもが入っていたお母さんの話を聞いていたら、

そりゃあ、すごいよ。

「自分の子が一番」「どうやったら、試合に出してもらえるか」、

監督・コーチと保護者の飲み会も、たびたびあったみたい。

名門高校への推薦をもらうのに、もう必死。

明徳義塾高校へは、それが顕著です。



[ 2005/08/28 11:22 ] [ 編集 ]
Re:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
ほんとに、いろいろなこと考えさせられました。

体罰のこと、保護者のあり方、学校の対応、マスコミのこと。

いろいろな憶測も多い中で、これからもあるだろうこういうことがほんとに気になります。

例えば、暴力にしても、言葉の暴力という問題がでてくるかもしれない、ちょっと小突いたことが大きな問題になるかもしれない、妬みやお金の問題などが絡んでくるとなるともうどうしていいのかわからなくなる。

振り回されるのは一生懸命にがんばっている子どもたち。

どこかできちんとした一線を!と思うけど、

どんなふうに考えたらいいのか。



全ては信頼関係かなぁ~と。

指導者と保護者で作る父母の会との話し合い、

指導者と子どもたちとの話し合い、

自分の子だけがいいではダメだし、子どもの気持ちを考えない指導もダメ。

もちろん子どもたちも規律はきちんと守れるように努力する。



なんだか何書いているんだかわからなくなってしまいました(^^;)



諦めたら そこで 終わり。



そうそう、りうりうさんがいうようにあきらめたら終わりですね。

簡単には考えれない問題だからこそ、考え続けないと・・ね。

[ 2005/08/28 16:10 ] [ 編集 ]
高校野球だけなんであんなに騒ぐんでしょう。
他にもスポーツあるジャン!と思ってしまう、単純な私。

野球少年への過剰な清潔願望がこういうひずみを産むんでしょうね。





高野連の決断は裏も表もあるでしょうが、とりあえず是としたい決断でした。これで逆の処分だったら世論が黙っていません。

ともあれ、その問題の野球部部長、人間的にどうかと思うぞ。そっちの処罰をきっちりとるのが苫小牧高の今後の評価を、地元で左右すると思います。

暴力を受けた被害者の少年や家族がいづらくなるような対応を学校側がしないよう、切に願うものであります。
[ 2005/08/28 22:54 ] [ 編集 ]
Re:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
もしも、明徳義塾があのまま甲子園に出て勝ち進み、

感動的な優勝をしたあとに、

不祥事が発覚したら、

それでもその優勝は取り消されていただろうか・・・?と思います。

結局ばれたモン負けの世界だと言うことですよね。

部長の暴力事件が公になって、部長が処分されて、

平常とは違う環境の中で

駒大苫小牧の生徒は優勝できたかどうか・・・分からないですものね。



高校野球が、スキャンダルのリーク合戦の場にならないように、

やはりちゃんとした指針を作るべき時が来ていると思いました。

[ 2005/08/29 00:11 ] [ 編集 ]
大人の役割
ゆいぽんちゃん。さん、

何はともあれ、優勝確定、良かったですよね!



なんだか今日1日だけでも考えすぎて、頭がスパーク状態です。

今回、高野連が「指導者の行為の責任を選手に負わせるのは適当でない」との判断を

明確にしたことが、今後、良い方向へと行ってくれることを祈りたい。

これまでの連座制のような締め付けがなくなったことで、

逆に、今後は「不祥事」が起こっても、試合前に片っ端から切り捨てていけばいい、という

イヤな方向へ幾らでも進める訳ですから。



ゆいぽんちゃん。さんがおっしゃる通り、



 > 子供の育て方、大人の大人としての役割。

 > 考えなければならないことが、山積です。



私もそう思われてなりません。

[ 2005/08/29 00:28 ] [ 編集 ]
後味の悪さ
そらしどママさん、「めでたしめでたし」で済ませてしまってはなりませんよね。



告発した親子について、さまざまな憶測が乱れ飛んでいます。

野球部の部員たちの心もずたずたでしょう。



そのなかで、「手を出した」部長の「有期」の謹慎処分。

野球部は、報告が遅れたことへの「警告」処分。

周りでとにもかくにもカッコ悪かった校長・教頭にはなんのお咎めもなく。。。



何か問題を起こしたら、どう対処し、どう謝罪し、どう責任を取っていくのか。

校長、教頭が自ら子どもたちに示して欲しい、と思う。

それも教育ではないの???

[ 2005/08/29 00:39 ] [ 編集 ]
お金を払っているから?
OMITAさん、優勝が確定し、良かったですね。

明徳義塾については、「部員が」というところが落としどころとなりましたですね。



 > あのね、高野連は、以前に比べて、とても柔軟にはなっています。

 > で、不祥事が発覚したら、速やかに、報告するように、

 > ということは、その高校野球部を守る意味もあるんだと思います。



ん? なんだかOMITAさん、24日の論調と違うぞ?(笑)。

私同様、ここ数日間でかなり情報収集されましたね?



で、OMITAさんの

「校長の優勝取り消し発言は、相手の保護者に対しての、態度表明かもしれない」

とのやさしい視線には、私は同意できないなぁ。

あの校長さんに、そんな潔さはないように見えました。

優勝旗返還も辞さない、というところに行ってしまうまでの己れの責任はどーよ?と思うし、

そんなことを校長に言われてしまう、野球部の子どもたちの気持ちはどうなるの、と思うし。



甲子園出場、全国制覇、そしてプロへ。

それ【だけ】が目的、目標の野球部。



その是非はともかく、なかなかにしんどいものを抱えていることが余りに明白。



だったら、なおさら、今回のようなことが起こらないよう、

大人の役割、周りのサポート、絶対に必要ですよね。

子も親もそれなりの覚悟をし、そこを選択し、望んで行く訳で。

それでもこうした例が後を絶たないのは、

まずは「大人」の努力不足、そんなような気がしてなりません。

[ 2005/08/29 01:04 ] [ 編集 ]
「全ては信頼関係」
私も>bamukero3さん

既に頭がウニ状態で、あぁもぉ好きにして!状態です。。。



んでもやっぱり、



 > 全ては信頼関係かなぁ~と。



ここに戻ります。ここに尽きます。



少なくとも、好きで選び、目指し、頑張っている野球なのですから、

子どもたちは少々のことではへこたれず、夢と希望を胸に頑張っているはずなのです。



大規模校であれ、小規模校であれ、

生徒がどこまでも信頼し、ついていきたい指導者から、

「暴力を受けた」「体罰を受けた」と、生徒が感じるような事態は、

やっぱり哀しいことだなぁと思います。



自分のため、チームのため。

大人たちも子どもたちも、それを支えに頑張りあえる関係であって欲しい、と願うのですが、

世の中、そんなに甘くないのでしょうね。

んでも、一応、学校スポーツなんだけどなぁ。。。



諦めたら そこで 終わり。

bamukero3さん、有難う☆☆

[ 2005/08/29 01:19 ] [ 編集 ]
Re:高校野球だけなんであんなに騒ぐんでしょう。(08/28)
ぃや、やっぱり>あ~さんままさん

今でこそサッカーもあれば、衰退したけどバレーもある。

水泳、陸上、柔道もまた注目され始めてるけど、一昔前までは、やっぱり野球しかなかったし。



毎年生まれる爽やかヒーローがプロ野球の選手となり、成功していく、

(或いはつぶれていく)サクセスストーリー。

少年たちの遠くて身近な憧れ、夢でもあったでしょう。



 > 野球少年への過剰な清潔願望がこういうひずみを産むんでしょうね。



歪んでるよね~~。 歪みまくり。



 > 高野連の決断は裏も表もあるでしょうが、



もぉ高野連については、丸投げしたくなりました。

今回の処分が、どうぞ良い方向へ行ってくれ、と願うけれど、

不用意な落としどころをつくったような気もして、来年が怖いです。



 > ともあれ、その問題の野球部部長、人間的にどうかと思うぞ。そっちの処罰をきっちりとるのが苫小牧高の今後の評価を、地元で左右すると思います。



激しく同意!

教頭も入れて、3人できっちりカッコよく、

自ら責任取って子どもたちに見せて欲しいと思います。

[ 2005/08/29 01:33 ] [ 編集 ]
明徳義塾が優勝していたら
朝日新聞には>ひろこ・Kさん

「明徳義塾が辞退していなかったら、生徒の多くが関わっていた事件ということで

(高知大会の)優勝取消になっただろう」と高野連参事が言ったそうですから、

高知大会の優勝取消→全国大会出場権抹消→全国大会優勝取消になる、と思われます。

(んでも、実際は出場してないのだから、なんとでも言えるよね)



 > 結局ばれたモン負けの世界だと言うことですよね。



んだから、しなけりゃいいのよ、という風になって行けばいいのですけどね。。。。



 > 高校野球が、スキャンダルのリーク合戦の場にならないように、

 > やはりちゃんとした指針を作るべき時が来ていると思いました。



指針は、多分、あの『日本学生野球憲章』の第三章、

『高等学校野球』第二十条そのものだと思うのね。

で、ここには

問題行為があった場合は【審査室の議を経て】各処分を受ける、と書いてあるだけで、

「すみやかに報告し」などど記載されていない。

今回、【審査室の議】を【いつ経るのか】が問題となったから、

ここに申し出期間とか規定されるのかも。



選手と指導者の違いを落としどころにしましたよね。

そこもちゃんと改訂しなくてはならないでしょうねぇ。。。。

[ 2005/08/29 01:55 ] [ 編集 ]
Re:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
おはようございます

私も 驚いた。というかあきれた事件でしたが テレビの報道に一番あきれました。

真相はわかりませんが 落ち着きそうでよかったです

難しいですね 子育てはいつまでも難しい

教職者も大変です

意味不なコメでしたね ごめんなさい
[ 2005/08/29 04:06 ] [ 編集 ]
Re:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
 サッカー親父の夫は常々言っています。

「高校野球を先導してるヤツは、高校野球を広めたいのか、つぶしたいのか。了見が分からん。お堅い事を言い過ぎだ。」

 確かに、今、隆盛を極める?!サッカー界との隔たりは小さくはないように見えますよね。私的には、サッカー界はちょっと砕けすぎた部分も無きにしも非ずですが。

 今回の事で高野連も、何か考えられるのではないでしょうか。

 OMITAさんの書き込みをみて思いました。我が子可愛さが逆にわが子の首を締めるんじゃないかなって。それもひとつの過保護ですよね。そうやって、手に入れても揉むようにして、レールを引いてその上に乗っけて育てた子が、一体、どんな人生を歩むのでしょうか。

 「自力」と言う言葉が好きです。今朝も、学校へ送って行けという娘の言葉を振り払って、仕事にでてきました。って、レベルが違う?
[ 2005/08/29 09:35 ] [ 編集 ]
Re[1]:続・優勝旗は誰のもの?(08/28)
珠玉さん

北の大地から遠く、野球球児も居ない我が家でさえ一大事のように大騒動でしたから、

北の大地にいらっしゃる珠玉さんの周りでは、どんなに大騒ぎであられたことか。



 > 真相はわかりませんが 落ち着きそうでよかったです



連続して起きた、岡山城東高の騒ぎは、もうひっそり葬られようとしていますね。



 > 難しいですね 子育てはいつまでも難しい

 > 教職者も大変です



はいぃ。

「おとな」の責任。

「おとな」の指導の意義。

「おとな」が、傍に在る意味など、ぐるぐるぐるぐる考えています。。。

[ 2005/08/30 07:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する