FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

64回目の 原爆忌




       祈。 




クレパスライン





         祈。 >  平和。 世界平和。 世界恒久平和。

         希。 >  核廃絶。




       毎年毎年、8月が近づくと、広島はヒロシマへと変貌する。
       夏の暑さは、8月6日の近付く 悲しい 標。


       6月23日 沖縄「 慰霊の日 」、2つの原爆忌、終戦の日。


       この4つの日だけは、
       全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、と こころから想う。


       それは、鎮魂の想いとともに、2度と過ちを繰り返さないために。
       己れが、あの戦争を経て、今、自分たちが生きて在れることに感謝するために。


       強制ではなく、皆が自然にこころからそう思える。
       手を合わせる想い。 頭を垂れる想い。
       そんな国であるためには、何をどうして、どう在ればいいのだろう。




千羽鶴の行方



昨年、声をあげてくれた職場の後輩の想いを受け継ぎ、

平和を祈念し、6人全員で折鶴を折り、
きっちり千羽 の 千羽鶴を捧げる。



千羽鶴の行方2




鶴を折ったから、といって、何がどう変わる訳でもあるまい。

けれど、戦没者を悼み、平和を願う、
民草の祈りのこころが込められた折鶴のひとつひとつに。

それを折っていく過程において。
それを形として目にする、その瞬間において。

祈りのこころは共有され、ひとは想いを新たにし、
また、一歩、前に踏み出して歩いていけるのではないか。

想いを等しくするひとびとの愛(かな)しい想いに背中をおされて。





、、、鶴を折るだけで、昨年の想いが経ち返る。

それは 日々、流されていく自分にとって、
とても 大切なことではなかろうか、と気付く。

鶴を折りながら、
鶴を折る自分、その自分の足元、自分の生きて在る場所。
しっかり見つめ 考える時間を重ねること。





      






       オキナワ、ヒロシマ、ナガサキが、
       遠い過去の歴史物語として風化し、
       忘れ去れられて行くことの恐ろしさをこころから憂う。


       あの戦争で、失われたいのちは、全て等しく同じ。

       戦地で落とされたいのちも、空襲の被害にあわれたいのちも、
       飢えて落とされたいのちも、
       操を守れと教えられ、自死されたいのちも。。。!


          しかし、被爆者の染色体にまで異常を起こさせる核の被害は、
          一過性のものではない、ということで確かに特別なものであり、
          全世界において、2度と決して許してはならない、人類の過ちである。

          核兵器による被害者は、ヒバクシャと呼ばれ、
          被爆者、というだけで、その子孫まで
          様々な偏見、差別、不安をも背負わされてしまうのだから。



       ひとつのいのちについて考えることは、
       多くのいのちについて考えることにつながる。


       ヒロシマ・ナガサキを過去の悲劇に終わらせてはならない。
      「 戦争被害 」の象徴としてとらえ、考え続けて行かねばならない、と思う。


       広島市から離れたこの地では、平和教育に力を入れる広島県の教育が
      『 偏向教育 』である、という文科省の是正指導以来、
       原爆、戦争については、実体験者でなくては語れない、と禁止し、
       小学校の社会見学コースから平和公園が外され、
       中学校の修学旅行は、沖縄ひめゆりの塔から東京TDLになった。

          「 戦争反対 」と言った瞬間に、それは「 運動 」となり、
          「 思想 」というベクトルを持つものであるから、
            教師は、口にしてはならないのだ、と、言う。



            2度と同じ過ちをしない。



       そう祈る、ことは宗教なのか?
       願う、ことは、過激な思想なのか?
       決意すること、は、「右」やら「左」やらを決定することなのか?



      
       断じて  



             先生方は、「 ぎりぎり 」 の ところ で、
             こそこそと 子どもたちに読んであげる 本 を探す。
             何かを感じ、何かを考えて欲しい、と。




       風化させない!



          それぞれのひとびとが、それぞれの立場で。
          さまざまな観方をし、とらえつつ、
          それぞれの平和について、考え続けられるように。


          にんげん、として考え、思惟を重ね。

          できること を できる形 で。

          声をあげなきゃならんときは、声が出るように。
          ヤらなきゃならん ときは ヤることができるように。



                   いつだって、この足を。
                           前に。 前に。。。!




千羽鶴の行方3>




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

麻生氏の 「 あいさつ 」。
風化 されてませんか?
ちっとも「 誠 」を感じられなかったのですが。





       ●  『 夕凪の街 桜の国 』

       ●  『 ヒロシマ前夜に想うこと 』

       ●  『 夕凪の街 桜の国 ふたたび 』

       ●  『 ナガサキの日に 』 ( 『 生ましめんかな 』 )

       ●  「 みたび『 夕凪の街 桜の国 』」



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : ライフ
テーマ : スタンス・生き方

タグ : 原爆忌 ヒロシマ 夕凪の街桜の国 千羽鶴 過ちは繰り返さない 風化

[ 2009/08/06 08:49 ] ニュース | TB(0) | CM(12)
Re:64回目の 原爆忌(08/06)
>広島市から離れたこの地では、平和教育に力を入れる広島県の教育が

>『 偏向教育 』である、という文科省の是正指導以来、

>原爆、戦争については、実体験者でなくては語れない、と禁止し、

>小学校の社会見学コースから平和公園が外され、

>中学校の修学旅行は、沖縄ひめゆりの塔から東京TDLになった。

  ↑

ここ、びっくりした!

教育って何だろう?

親が教えるしかないのだろうか?

風化させないためには。

[ 2009/08/06 08:57 ] [ 編集 ]
Re:64回目の 原爆忌(08/06)
朝TVで式典を見ていました。



黙祷のとき、私から何も言わなかったのに娘が私の横に来て、一緒に黙祷をしてくれました。



[ 2009/08/06 09:50 ] [ 編集 ]
Re:64回目の 原爆忌(08/06)
出勤準備の手を止めて黙祷をしました。



核廃絶への道は「日本」がやるしかない、強く思いました。
[ 2009/08/06 10:40 ] [ 編集 ]
Re:64回目の 原爆忌(08/06)
今年はなんだか日付の感覚がなく・・・



今朝 あ そうだった・・・と



市長の「Yes We Can」にはちょっと??? 日本語でいいのに・・・



でも 確かに唯一の被爆国である日本人だから「私達は(だから)やれる」んだよね



[ 2009/08/06 11:20 ] [ 編集 ]
「 教育って何だろう? 」
そうなんです!>サヨコさん



 > ここ、びっくりした!

 > 教育って何だろう?



当時、現役のP役員として現場に在り、

その瞬間をこの目で観た衝撃、怒りを私は決して忘れないし、

これからも、折に触れて 語り続けて行きます。



この地の教育委員会は、ただただ上つ方の顔色を伺い、阿り。

結果、何をしたか。

学校教育というものを、何処を向いて、何をしているのか。



 > 親が教えるしかないのだろうか?

 > 風化させないためには。



その「 親 」が、何を何処まで識っているか。

或いは 識らされているか。 識ろうとしてきたか。

考えているか。 考えてきたか。



何をどう伝えることができるのか。



非常にこころもとなく感じる昨今です――。

[ 2009/08/06 12:27 ] [ 編集 ]
「 一緒に黙祷 」
嬉しいです(;;)>とらトクさん



 > 黙祷のとき、私から何も言わなかったのに娘が私の横に来て、一緒に黙祷をしてくれました。



おかあさんの後姿をしっかり観てて下さってるのですね(;;)。

賢く真面目な女子高生さんが、夏休みの朝、母の横で共に手を合わす――。

強制しなくとも。



若いひとたちが、こころ重ね、自然に手を合わせる、ということができることに、

一縷の希望の光をみます――。

[ 2009/08/06 12:31 ] [ 編集 ]
「 日本 」がやるしかない
ほんとに>パクチのねぃさん



 > 核廃絶への道は「日本」がやるしかない、強く思いました。



被爆國だからこそ、語れることがある。

その声に、説得の力を持つ。



悲しい犠牲を逆手に持ち替え、核廃絶の実現に向けて努力すること。



それしかない、と思えてなりません。

[ 2009/08/06 12:35 ] [ 編集 ]
「 Yes, We Can 」
私も>ぅさねぃさん



 > 市長の「Yes We Can」にはちょっと??? 日本語でいいのに・・・



最初、違和感があったのですが、すぐに思い直しました。

これって、直接オバマ氏に突きつけてるんぢゃないかなぁ、、と。



彼の「Yes We Can」を観てたよ、聴いてたよ。

これからもず~~っと観てるよ、聴いてるよ。 と。



ずっとずっと米国の公的姿勢は、ヒロシマ、ナガサキへの原爆投下を正当強化してたところに、

オバマ氏は、プラハ演説で核廃絶を口にしましたから。



 > でも 確かに唯一の被爆国である日本人だから「私達は(だから)やれる」んだよね



ぅんぅん!

核保有國が「 せーの! 」で一斉に核を手放すよう、

1番 説得の力を持っているはずなんだもの。



まずはニッポンが、

核の力に頼らない安全保障のシステムをしっかりしっかり構築していく努力を重ね、

各國に提案し、実践していかなくちゃ!

[ 2009/08/06 12:47 ] [ 編集 ]
Re:64回目の 原爆忌(08/06)
確かに、

「経験者ではない人」が語ると、徐々に真実から離れていくかもしれない

・・・と思ったりもしますけど、

実際に、歴史は修正され続けてますけど、

「事実」だけは変わらないのにね。

ピカドンで亡くなられた方々がいる事、命を削られていく人達が 未だにいる事。

ピカを浴びた人から産まれた子らが、怯えて生きている事などなど・・・



日本には「言論の自由」はあるけど、「思想」を持ってはいけないなんて法律、ありましたっけ?

第九条があるのに、戦争「反対」って言っちゃ駄目なんでしょかね。

先生は「公」の人であるから思想が偏ってはいけない・・・というのは分かりますけど、

「戦争反対」と言っては駄目なら、児童生徒に「暴力でなんとかしようと思ってはいけない」という指導も出来ませんよね?

納得いかないですね~(-_-メ
[ 2009/08/06 16:35 ] [ 編集 ]
「 事実だけは変わらない 」
(-_-)>_AZ_さん



「 実体験者でなくては語れない 」とは、当時の教委が言うには、

【 その話が本当だとは限らない 】と(怒)。



「 当事者から聞いたお話 」に尾鰭がついたり、聞いたひとの主観が随分入ったりして、【 厳然たる事実とは違う 】。

なんて言ってましたです(-_-)。



でもね、でもね、それならね、それを恐れるならね、

渡されたバトンを何処にも渡せない、ことになっちゃいますよね。

ほんとに恐れなくちゃならないことは、そこと違う!って思うですよ。



64年前の【 当事者 】は、当然の如く高齢で、この方々がいらっしゃらなくなれば、

「 なかったこと 」にもされかねません(-_-)。



 > 実際に、歴史は修正され続けてますけど、

 > 「事実」だけは変わらないのにね。



歴史は為政者によってつくられ、編纂され続けて行きますから、

何が「 真実 」なのか、は とうに藪のなか、となりました。

でも「 真実 」はどうであれ、「 事実 」は「 事実 」ですもんね。



 > 日本には「言論の自由」はあるけど、「思想」を持ってはいけないなんて法律、ありましたっけ?

 > 第九条があるのに、戦争「反対」って言っちゃ駄目なんでしょかね。

 > 先生は「公」の人であるから思想が偏ってはいけない・・・というのは分かりますけど、

 > 「戦争反対」と言っては駄目なら、児童生徒に「暴力でなんとかしようと思ってはいけない」という指導も出来ませんよね?

 > 納得いかないですね~(-_-メ



「 戦争をなくそう 」という視点なしに

お子たちが「 戦争 」について学ぶことには、全く納得いかないですヽ(`Д´)ノ

歴史をただの暗記科目、数字と記号化してるだけのように思います。

で、こころに響かぬことは、忘れちゃうのがひとの常、だと。

[ 2009/08/07 07:18 ] [ 編集 ]
Re:64回目の 原爆忌(08/06)
>この4つの日だけは、全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、とこころから想う。



東京をはじめとする各地の空襲被害は喪に服する価値なしですかそうですか。

私は生まれも育ちも広島だけど、この時期にだけ原爆を特別扱いする風潮が大嫌いです。

[ 2009/08/08 03:25 ] [ 編集 ]
「 この時期にだけ 」
これは失礼しました>コアラのリボン222さん



 >> この4つの日だけは、全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、とこころから想う。

 >

 > 東京をはじめとする各地の空襲被害は喪に服する価値なしですかそうですか。



この4つの日【 だけは 】を、【 くらいは 】に直した方がよろしいですか。

この4つの日のなかには 『 終戦の日 』が入っており、

私は、この後、



 > あの戦争で、失われたいのちは、全て等しく同じ。

 > 戦地で落とされたいのちも、空襲の被害にあわれたいのちも、

 > 飢えて落とされたいのちも、

 > 操を守れと教えられ、自死されたいのちも。。。!



と綴っているのですが、そちらはスルーなさいましたですか、そうですか。



 > 私は生まれも育ちも広島だけど、この時期にだけ原爆を特別扱いする風潮が大嫌いです。



【 この時期にだけ 】ではなく、節目の日に向け、

ひとりひとりがそれぞれに こころの準備をし、歩み、振り返り、対峙し、悼み、

また歩を進めようとされているのだと思いますが。



 > 大嫌いです。



8.6の田母神氏講演開催を大絶賛しておられましたもんね。

聴講されたのでしょうか。

氏のご講演のご感想を楽しみにしております。



が、申し訳ありませんが、こちらへのお返事は結構です。

過去、何度もお話させていただいてきて、もう私には充分なので。

[ 2009/08/08 07:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する