今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言論の自由 と ヒロシマ







       ニッポンは『 侵略戦争 』をしたのではない、と

       いわゆる「 政府見解 」と 異なる論文を掲載し、
       航空幕僚長を解任された 田母神俊雄氏が、
       全国はもとより、米国でも講演活動を行っているが、

       この度、8月6日に 原爆ドームの目の前にあるメルパルク広島にて、

       『 ヒロシマの平和を疑う 』  という題目で、講演を予定。


       これに対し、広島市長は6月29日、
       田母神俊雄氏と講演会を主催する「 日本会議広島 」に

       「 被爆者ら市民の心情に配慮して日程変更を検討してもらいたい 」
       との 要請文 を送る。


       ヒロシマの民草たちの NO という声も高まり、
       10日には、中国地方最大手書店であるフタバ図書がチケット販売を中止した。

        ( 私には、中止以前に チケットを委託され、販売してたことが信じられないけど )



      




       言論の自由、集会の自由は 憲法で何人にも保障されている。

       んなことは重々承知。




         だが、何も8月6日に講演することはないぢゃないか。

         8月6日に、核武装論者がヒロシマで何を語ると言うのだ。

         1発で14万人が亡くなり、64年目の原爆忌を迎えようとしている今尚、
         原爆症に苦しみ、被爆二世、三世の哀しみ、苦しみも永劫に続く、このヒロシマで。




              温暖化に喘ぐ この地球を滅ぼす核兵器を持たねば、
              この地球は、この國は、本当に守られないのか?

              お前が持つから 俺も持つ。

              そんな幼稚な理論でもって、この世界は本当に守られるのか?

              核兵器に対し、1番 NO といえるのは。

              全世界に向け、核廃絶を 1番 訴えていけるのは。

              被爆國である この ニッポン なのではないか?




       沖縄の日、2つの原爆忌、終戦の日。


       この4つの日だけは、
       全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、と 毎年毎年、こころから想う。


       それは、鎮魂の想いとともに、2度と過ちを繰り返さないために。
       己れが、あの戦争を経て、今、自分たちが生きて在れることに感謝するために。


       強制ではなく、皆が自然にこころからそう思える。
       手を合わせる想い。 頭を垂れる想い。
       そんな国であるためには、何をどうして、どう在ればいいのだろう。




                   少なくとも、当時の 國の歩んだ道の正当化――。

                   当時を懐古し、当時の歩みに「 誇り 」を持ち、
                   核保持國と新たにタイマンを張るために、
                   同じ 核 を持とうとすることではない、と
                   私は 強く 強く 憤りと怒りとともに、そう思う。



                   言論の自由は 保障されている。

                   彼の8月6日の講演にNOという自由もある。
                   せめて6日は避けてくれ、と 願う自由もある。

                   鎮魂の日に あえて 核武装論者の講演会を持つ、
                   まず、その意味と意義、
                   そこに持たせる役割、果たす機能を問いたい と
                   願う自由もある。


 

ペン雷    ペン台風   ペン雷



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



  


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/07/02 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(6)
怒!!
そんなことが・・・絶句です。



「核には核を」に未来はないとはっきりと思います。

[ 2009/07/12 14:56 ] [ 編集 ]
Re:言論の自由 と ヒロシマ(07/02)
なんてあざといことを!

信じられない(-"-)

[ 2009/07/12 18:40 ] [ 編集 ]
Re:怒!!(07/02)
心底『 怒! 』です>パクチのねぃさん



試しに、このおひとの名前で、あれこれググってみてやって下さいませ。

また、このおひとを嬉々として担ぐ、戦前志向の輩が驚くほどおいでになるんですな(-_-)。



先般の村田良平元外務次官発言といい、この國は、もぉ、終わりだぁあああ、と思うこと多々。



 > 「核には核を」に未来はないとはっきりと思います。



ご自分の代で、すっぱり地球の寿命を終えようと思っておられるんでしょね(-_-)。

[ 2009/07/13 12:31 ] [ 編集 ]
Re:言論の自由 と ヒロシマ(07/02)
>この4つの日だけは、

>全国民が服喪する、鎮魂の日でありたい、と 毎年毎年、こころから想う。



それが普通の人間です。

言論の自由を振りかざし、人々のこころを逆なでしに来る悪魔に天誅あれ!



このニュースは知っていました、

田母神俊雄氏の自己中意見に腹をたてている一人です。

[ 2009/07/13 12:36 ] [ 編集 ]
「 あざとい 」
まさにまさに>やじさん上総んさん



 > なんてあざといことを!



インパクトは、それは強烈ですわな。

けれど、そこには、被災地のこころをこれっぽっちも慮ってません。



このひとの退職金、6100万円だったのよねー。

ご定年まで自衛隊の一線で活躍されてたのだから、文句を言ってはいけないんだらうけど、

このお金は防衛省から出てる訳で、それは何処からかなぁ、、と思うと、

めっちゃ悔しいですぅぅ。

[ 2009/07/13 12:59 ] [ 編集 ]
「 普通の人間 」
なんだかね>サヨコさん



 > それが普通の人間です。



私のようなのは、とってもとっても少数派なんぢゃないか、と感じられることが

年々多くなって来てるですよ(;;)。



だもんで サヨコさんに、それが「 フツー 」などと断言していただくと、

なんだか、ほっとしちゃう(;;)。



 > 言論の自由を振りかざし、人々のこころを逆なでしに来る悪魔に天誅あれ!

 >

 > このニュースは知っていました、

 > 田母神俊雄氏の自己中意見に腹をたてている一人です。



もっともっと「 NO 」の声は大きくならないものでしょか。

色んな考えがあって当たり前だし、等しく尊重されるものだけに。

「 YES 」、「 NO 」と、きちんと表明して行きたい、と思います(;;)。



表明するためには、自分自身が物事をきちんと把握し、考え、想いをまとめる作業が必要だから、

とても良いことだと思うし。



都議選、終わりましたね。

都知事によれば、「 異常 」、「 浅薄な選挙 」だそうですけど、

これもまた、民草に失礼な話だと(ー"ー)。

[ 2009/07/13 13:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。