FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

新幹線出勤。








       「 土日に豪雨になりそうだから、その前に1度帰宅しておこうと思って 」



       そう言って、夫がふらりと帰宅して来たのだったが、
       その晩から集中豪雨となり、深夜に異例の町内放送が警報を出し、
       避難する準備も必要だ、と流す。

       翌朝、当然の如くJRローカル線はストップし、再開のメド立たず。


       隣市では、住居が倒壊し、亡くなられる御方も出たくらいの被害が出、
       うちの 干上がる寸前だった川 が喫水近くまで増水し、
       あと20cmも増えたら、決壊しそうな勢い。


       我が家の休耕田も水田のようになっており、
       近隣の水田は決壊し、農業用水路が溢れ、自宅前の道路はなだらかな坂なので、
       浅い川のように低地に向かって水が流れている。


       我が家は水田の土を掻き出し、ガラを投入し、
       道より高く醸成しているため、この道沿いに水が侵入することはないが、
       他のお宅は、道との高低さが余りなく、少々心配である。


      



       夫はどうしても出社せねばならず、かといって出社の手段がない。

       私の愛車で行けばいい、と言うと、
       4日間は戻れないだろうから、その間、君が困るだろうし、
       義母の通院もあり、また、義母に何かあったときに不安だから、と言う。


           はぅぅ。 
           タクシーなんぞで出社したら、3万円は飛ぶ。

           なんで 昨夜、帰宅したんぢゃ~~ヽ(`Д´)ノ
           思わず、夫を責めたくなってしまうが 我慢、我慢!


       結局、ラジオ情報で新幹線が動いているのを識り、
       新幹線で広島駅まで出て、JR本線が動くのを待つ、と言うので、
       隣市の新幹線駅まで夫を連れて行く。

       自宅前の道路は、水深は浅いが既に「 川 」。

       川はますます増水しており、決壊まであと10cm程度のように見える。
       強風でも吹けば、波で道路に溢れそう。

           私が帰宅するまでに決壊してたらどうしやう??
           不安にかられつつ、夫を新幹線駅に落として帰路を急ぐ。

       自宅へ帰り着くまでに、「 広島着いた~!??? 」と夫からメール。 



       叩きつける雨のなか、坂道では水にハンドルを取られる。
       土砂崩れがいつ起きても不思議でない この道で、私の方が遭難しそう。

       で、帰り着いたら、川が決壊してたりして???  ヽ(`Д´)ノ



ペン大雨

夫はその後、広島駅で2時間待ち。
6時過ぎに出発したので、始業時にはセーフ!

お蔭さまで川は決壊することなく、
班内の皆さんもなんとか無事。

あちらこちらで大きな被害が出たことは ひとごとでなく
こころより お見舞い申し上げます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/07/25 00:00 ] あいたたたっ!(>_<) | TB(0) | CM(6)
Re:新幹線出勤。(07/25)
わお!

大変でしたね。

旦那様も会社に行けて、りうりうさんも無事帰宅できて、良かったです。

この水害で大変な思いをされた方々、お見舞いをもうしあげます。

[ 2009/08/03 14:30 ] [ 編集 ]
お見舞い
西の方は、本当に大変な日々が続きましたね。被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。



北の方も雨続き。農作物も観光業も相当のダメージを受けているようです。



そんなときに遊び回っていてよろしいものかと心痛みながらも「観光にわずかながら貢献」と自らに言い訳しておりました。







[ 2009/08/03 20:28 ] [ 編集 ]
Re:新幹線出勤。(07/25)
大変でしたね・・



日本の男性は仕事が大事

でもりうりう*さんのご主人はちゃんと家庭も大事なんですからいいじゃないですか



家は妻が守るもの・・ってバカ者も結構いますよ(-"-)
[ 2009/08/03 20:29 ] [ 編集 ]
大変でしたぁ。
サヨコさん、自然の猛威の前では、ほんとになす術もなく、立ち竦むばかりでしたです。



綱渡りのような出勤騒動でしたが、結果、何事もなく有難いことでした。

これが、本当に深刻な状況でしたら、迷惑極まりない私たちの行動であっただろうと思うです。



 > この水害で大変な思いをされた方々、お見舞いをもうしあげます。



ほんとに(;;)。

日頃から、地盤のゆるいところ、低地であるところ、被害が予測できるようなところは、

國で地域で個々人で気をつけていなくては、ですね(;;)。



気をつけてても どうにもならないのが自然災害。

それでも少しでもどうにかしなくちゃ、ですよね(;;)。

[ 2009/08/04 22:57 ] [ 編集 ]
Re:お見舞い(07/25)
無事に家族旅行をエンジョイなさることがおできになれて何よりでした☆>あそびすとさん



 > そんなときに遊び回っていてよろしいものかと心痛みながらも

 > 「観光にわずかながら貢献」と自らに言い訳しておりました。



心身ともに発展途上のお子さまとの家族旅行は、とても大切なことだと思うです。

成長期のたくさんの想い出は何にも替え難いものであるし、とても楽しい想いをしたからこそ、

地方を違えばこのような災害が起きていること、出遭っていたかも知れない、という想像力もまた、

お子さまがたのなかに培われていくものではないでしょうか。



早やとんぼがいっぱぃに飛び始め、通勤路には萩の花のトンネルが出来始めています。

この夏は、昨夏より奇妙な夏になりそうで、少々怖い感じがしますです。。。。

[ 2009/08/04 23:10 ] [ 編集 ]
「 家は妻が 」
わははは(笑)。>やじさん上総んさん



 > 家は妻が守るもの・・ってバカ者も結構いますよ(-"-)



「 え、ぢゃ、誰が守るの? 」ってな声が聞こえて来ますよね(笑)。

[ 2009/08/04 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する