今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金庸 『 射ちょう(周に隹)英雄伝 』







        りうりう文庫ご愛用の 小P時代の友人から、引き換えのように

         「 現在、めちゃくちゃハマってる~?? 」 と

        金庸氏の『 射ちょう(周に隹)英雄伝 』、『 倚天屠龍記 』、
        『 神ちょう(周に隹)剣侠 』の各5巻、15冊が ヤって来た\(^o^)/☆

        なんでも、
        「 たまたまドラマを目にし、なんか面白そうだから原作を探した 」由にて、
        私もまるきり手を伸ばしてないジャンル。

        金庸氏に対して、何の予備知識もないまま、だいぢゃぶかなぁ、、、と
        『 射ちょう英雄伝 』 を繙いてみると、面白いっ

        そのまま読み耽って、この日、5冊を読了してしまったのだけれど。
   



         





          ググるとドラマのDVDは勿論、コミックスも出てるんですね~。
          

          「 宋末元初の激動期を描く大河ロマン! 武侠小説の金字塔 」

          なのだそうで、よくご存知な御方や
          ドラマをご覧になられてる方々には 「 いまさら 」なのであるが。





       何がどのように面白いか。


         何はさて置いても、当然のことながらの【 中国的 】物語であること。
         大陸的、とでも言うのだろうか。

         わくわくと西遊記や水滸伝を繙いていた幼少の自分が蘇る。

         舞台も話も展開も、スケールでかく、痛快で底抜けに明るい。
         登場人物それぞれに 深い事情も恨みもつらみもあるのだが、
         ちまちまとウェットな 【 日本的 】でないのである。

         登場人物は綺羅星の如く。
         それらが入れ代わり立ち代わりそれぞれに次々と事件を起こし、
         敵味方入り乱れて戦いながら、時にはあっけなく己れの信義に散っていく。
         或いはあっけなく、勝ってしまったりする。

         悪者もたくさんいるのだが、悪者たちでさえ、
         親子、義兄弟、師弟の絶対的誠 を遵守しており、
         それに縛られ、翻弄されつつ、
         それぞれの武術を磨き、研鑽し、武芸の頂点に立とうと努力する。



       ググって識ったのだったが、『 武侠小説 』というジャンルなんだそうで、
       この【 武侠 】という聞きなれぬ単語が、
       ニッポンの【 任侠 】という世界 言の葉を連想させられ、すとんと腑に落ちる。


       なんでも、お國での読者層は中学生から二十歳頃まで、であり、
       皆が読んで来た道であるために、「 青春の思い出 」として誰もが覚えていて、
       一家で映像化を楽しみ、パロディを楽しみ、『 金庸作品 』を語れる楽しみ。
       もはや古典小説並みの支持のされ方なのだそうである。



       確かに、娯楽小説、ではあっても、史実にもリンクしており、
       揺るがない『 仁・義・礼・智・信 』に貫かれた
       お國の老若男女が「 安心して読める本 」であろう、と感じる。



       私自身の読了感も、「 あ~ 面白かった! きゃはは??? 」 なのであって、

       ニッポンの史実に絡めた小説にありがちな、
       切ない、重苦しい、虚しい、無常感――といった 重たい尾を引く感が一切なく、
       スコーンと抜けた爽快感、満足感がある。

       主人公たちのその後を識りたい、金庸氏の次の作品を読みたい、という
       楽しく 後を引くものはあるけれど。





           主人公は、義兄弟の契りを交わした漢(おとこ)たちが斃れた後の、
           運命に翻弄されるその子どもたちのひとり、なのだが、

           この主人公よりも、おやぢたち ぢぃさんたちが大爆発、大暴れ。
                おやじ好きな某ぞうさんには、たまらないと思う(笑)。




               『 射ちょう英雄伝 』は 三部作、との由だし、

                手元にも まだあと10冊ある倖せ~~~(@ ̄¬ ̄@)♪





ペン読書

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/06/06 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(10)
Re:金庸 『 射ちょう(周に隹)英雄伝 』
そういう時の幸せ~!

わかる~V(^-^)V

一番の醍醐味だよね~この先たくさんアタチを待ってる~

…あと 箱三個待ってます~(¬з¬)

[ 2009/06/12 20:04 ] [ 編集 ]
Re:金庸 『 射ちょう(周に隹)英雄伝 』(06/06)
へぇ~

最近韓国の時代劇が日本で人気だと聞きますが中国も何と言っても歴史があるので面白いものはすごいでしょうね(*^_^*)
[ 2009/06/12 20:46 ] [ 編集 ]
Re:金庸 『 射ちょう(周に隹)英雄伝 』(06/06)
本屋に平積みされていて・・・・これは近寄るべからずっつと(手に取ったら泥沼なにほい)。



やっぱり、目眩く泥沼なのですな。



君子危うきに近寄らず。況んや誘惑軟弱者をや。





[ 2009/06/12 21:11 ] [ 編集 ]
「 一番の醍醐味 」
いつもはね~^^*☆>ぅさねぃさん



未読本が手元になくて、どれを再読かけようか、とぅろぅろしてるのにね、

面白いのが判ってる未読本たちが、こうして待っててくれてるのって、

わくわくを通り越して、めっちゃ倖せに思うですぅ(//▽//)☆



 > …あと 箱三個待ってます~(¬з¬)



、、、、。 めっちゃ倖せ^o^;?

足りない??(爆)

[ 2009/06/13 08:39 ] [ 編集 ]
「 韓流 」
くれぐれも>やじさん上総んさん



 > 最近韓国の時代劇が日本で人気だと聞きますが



「 これは韓流ものぢゃないんだからっ 」って友人が手渡してくれました(笑)。

その念の入れっぷりに、どういう意味があるのか、未だに考えてる私^o^;。

[ 2009/06/13 08:47 ] [ 編集 ]
「 目眩く泥沼 」
平積み!>あそびすとさん



 > 本屋に平積みされていて・・・・これは近寄るべからずっつと(手に取ったら泥沼なにほい)。



そうだったのですか~。 最近如何にフツーの本屋さんに行けてないか(号泣)。

厚みはあるし、刊行数は多いし、確かに泥沼な予感は致しますよね(笑)。

でも金庸氏の本なら、図書館に揃っていそう。

んー、貸し出し中ばかりで、なかなか続きが手に入らなかったら、やっぱり辛いよね。



 > 君子危うきに近寄らず。況んや誘惑軟弱者をや。



щ(゚▽゚щ)щ(゚▽゚щ)

おやぢたちが、大爆発だよ~ん。 щ(゚▽゚щ)щ(゚▽゚щ)

[ 2009/06/13 08:52 ] [ 編集 ]
Re:「 目眩く泥沼 」(06/06)
りうりう*さん



>おやぢたちが、大爆発だよ~ん。



げげげ、そんなこと聞かせないでください~。

思わず図書館サイトをポチ  OTL



[ 2009/06/13 22:21 ] [ 編集 ]
Re[1]:「 目眩く泥沼 」(06/06)
のほほほ( ̄ー ̄)>あそびすとさん



 > 思わず図書館サイトをポチ  OTL



щ(゚▽゚щ)щ(゚▽゚щ)

[ 2009/06/14 23:40 ] [ 編集 ]
Re:金庸 『 射ちょう(周に隹)英雄伝 』(06/06)
本は読んでいませんが、DVDを借りて見ました。

どうやら何度も映像化されているようですね。

それぞれのキャラが面白いです。

ちなみに、私が金庸を知ったのは「伯陽堂」というサイトです。

直リンだめなようだから、よかったらググってみて

ください。

「伯陽堂」-「その他」-金庸、そして武侠小説。



もう三週間だな。私の情報源って、ほんと限られているというか。影響受けているというか。(笑)
[ 2009/06/17 11:33 ] [ 編集 ]
「 もう3週間 」
をを☆>山田◎σさん、DVDをご覧でしたか~。



 > それぞれのキャラが面白いです。



強烈な個性の持ち主ばかりですよね。

それが敵味方入り乱れてあっちこっちで複雑に事件ばかり起こしてますから、

しっかり俳優さんたちのお顔の区別がつくまでは混乱なさいませんでしたか??



読むのは漢字名でしっかりイメージがつくのですが、

これ、カタカナ名だとなかなか頭に入らない。 年寄る波を感じてます^o^;。



続編の『 神ちょう剣侠 』を読了しましたが、

もはや『 ドラゴンボール 』化しております(笑)。



 > ちなみに、私が金庸を知ったのは「伯陽堂」というサイトです。



どなたかと思いましたら。。。

昔お邪魔したことがあります。 久々にお邪魔してきました。

近年、サイトの引越しをされたのですね。。。



 > もう三週間だな。



3週間です。 最初の1週間は、何が何だか判らないまま去って行きました。。。

[ 2009/06/18 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。