今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金庸 『 神ちょう剣侠 』








       金庸氏の 『 神ちょう( 周に鳥 )剣侠 』( 全5巻 ) 読了。



       これの前作となる 『 射ちょう( 周に鳥 )英雄伝 』は、
        「 宋末元初の激動期を描く大河ロマン! 武侠小説の金字塔 」 な由にて、
       1日で ぺろん、と 夢中になって読んでしまった のだったが、

       今回は、3巻ぐらいまで、ちょっと速度が鈍る(滝汗)。


           今回の主人公が 前作の流れからは意外な人物であったのと、
           前作のキャラが頭に叩き込まれていたため、それが邪魔をして?
           今回の主人公に なかなか感情移入できなかったこと。

           また、何といっても、

             君たち どんだけ 強くなるねん!   な 抵抗感。

           幾ら 「 剣侠小説 」 とはいへ、
           殆ど 『 DRAGON BALL 』 状態。



       ひとが ひとを呼ぶ、のは よく判る。

       達人の周りには 自ずと達人たちが集まり、
       一流のひとの周りには、自ずと一流のひとたちが惹きつけられ、
       互いに刺激を受け、鎬を削っていくものなのだ、とも思う。

       逆もまた真なり。  
          
       また、時代が時代だから、
       否応なく そうしたひとたちは あれこれと巻き込まれていくのだ、とも思う。


           でも 前作では、次から次に起こる事件を 面白がり、
           息も切らさず着いて行けたけど、
           今回は、をぃをぃ またかぃ、と、ちょっと醒めた自分が在る。

           ま、まずい(滝汗)。 もう飽きたのか?>ぢぶん


       でも 今回は、
       「 13億人の胸を熱くした、武侠小説史上最高のラブストーリー 」 らしいぞ? 


       大いに焦り、これはちょっと休んだ方がいいかも、と 3日ほど間を開ける。





      






       4巻以降は一気に読了できたのだけれど、
       一気読みの弊害とも言えるこういう状態は、
       私には異例のことなので、読了後にしばし考える。


       今回は 前作に比して、ひとのこころ模様がよく書き込まれている。
       殊に、ひとを恋うるこころは、前作の比ではない。 

       また、主人公が複雑な生い立ちであること。
       それがために 主人公のこころが揺れ動き、
       大切なひとたちから誤解を受け通しであったこと。

       この「 誤解 」 がずっと尾を引く。

       誤解する側、される側 を ずっと やきもきしつつ観なければならなかったことが
       多分、私には辛かったんだと思う。
  
       前作は、こうした「 憂い 」的な部分は余りなく、
       単純に「 剣侠 」を楽しめたところが大きかったので、
       今回は なんか「 違う 」 のが嫌、だったんだろうか。。。




                否。

                最初、しんどかったのは、
                単に 主人公を好きになれなかった から。

                後半は主人公を応援する気持ちに変わってたから、
                一気に読めたのだと。


                では 何故好きになれなかったのか??


                自分が何者か判らず、
                己れのよって立つところのない辛さ。

                芯がないから、ことあるごとにブレ、
                自分の あるがまま、を あるがまま に
                受け入れて貰えないことに気付かない辛さ。

 
                自分の 真 を やっと見い出し、
                それを告げても、行動で示しても、
                それでも信じて貰えない辛さ。



                     嗚呼。
                     こちらの世界に近付いたから 辛かったのか、、ぢぶん。




         、、、これで お借りした三部作の二部まで終了。

         また主人公が変わる。  。。。金庸氏のは、ちょっと休もう。 ^o^;

 


ペン読書

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/06/12 00:00 ] 読みました^^*☆ | TB(0) | CM(2)
Re:金庸 『 神ちょう剣侠 』(06/12)
中国の作家ですよね、、、こんな本を読んでるんだー
[ 2009/06/22 11:42 ] [ 編集 ]
「 こんな本 」
あはあはあは(笑)。>フセン王子さん



 > 中国の作家ですよね、、、こんな本を読んでるんだー



元々ファンタジー系やら時代小説は大好きだったのですが、

結婚してからかな、心象風景だの、どろどろな情念だの、日常臭やら「 現実社会 」的なもの、

殊に純文学ものは、ちょっとおなかいっぱぃ、になってしまひまして^o^;。



金庸氏の世界は、初めてです。

友人のお蔭で手に取ることができました。

なんだかんだ言いつつも、楽しんでいます^^*☆

[ 2009/06/23 10:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。