FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

9日の覚書 (バレー大会前日)




9日。

未だ発熱中。 殆ど起き上がれない。
アイスノンがあっという間に生温かくなる。

顔、耳、首、手の甲から肘まで浸出液にまみれ、
特に左手、腕からは、膿のにおいにヘコむ。
頭皮が無事なのに救われる。

上瞼と下瞼が腫れて、両目は潰れた状態。
絶えず浸出液が目に流れ込むため、目を開けていられない。
浸出液が角膜にどんな影響を与えるか、不明だし、怖いので、
買い置きしていた抗菌目薬を絶えず点眼する。

無理やり目を開けて、視界が曇り加減だったりすると、
ついに白内障が始まったか?と脅える。

その瞼の腫れが幾分ひいて、
目を開けて鏡を見てみると、糸のように細い目が瞼の奥に見える。

目、だけでも人相が随分違う。
元のおめめぱっちりな私に戻れるのか?
顔の腫れは全体としては、幾分ひいた感じ。

左腕が、肘より先を動かせないほど重く、腫れあがっている。

手の甲と手首から、ぐっしょり浸出液が出ているのに、
まだまだたくさん悪いものを吐き出したい!みたいな感じで、
ぱんぱんに膨らんで、出所を求めているような内圧が臨界点を迎えている感じ。

ナイフで、腕にすっと切り込みを入れて、
中に詰まっているものを出してあげられれば、どんなに楽になるだろう。



 ◆◆◆◆◆◆◆◆



中学校PTAの副会長から電話。
例の私のバトンを受け継いでくれた彼女である。


 「 体調を崩されたと聞き、皆で心配していたが、
   明日のバレーの試合には本当に観に来て貰えないのか。

   コーチとしてずっと練習を観て来てくれたし、
   いくら体調が悪いと言っても、
   当日には、りうりうのことだからきっと来てくれるに違いない、と
   お弁当も頼んでいるのだが、、云々。 」


心配して貰っての、せっかくの電話だったのに、
応対するのもしんどくて、とても行けないことを伝え、早々に切る。
何をどう答えたかも余り覚えていない。

受話器にあたる耳が浸出液でビショビショで、不快でもあった。



彼女からの電話は、私のために注文したお弁当の要不要の確認と、
何より、試合前日の大きな不安に動揺していたからであったように思う。


中学校PTAでは、Aチーム、Bチームと2チーム編成でそれぞれに闘う。
このチーム分けが、年々揉めたりする元となるのだが。


試合前日を迎え、今更ながらの
Aチーム、Bチームのメンバー分けの妥当性。

ブロックに分かれて、予選リーグを行う対戦チームを睨んで、
どちらのブロックにAチームBチームを入れるべきだったか、等々。


動かない体育部長を支え、殆ど彼女が動いて来たから、
全部を背負って、不安いっぱいなのはよくわかる。


当日は、そうでなくても副として、たくさんお手伝いすることがあるから、
監督や主将を正副会長がするのは良くない、と最初に言ったのだったが。


チーム編成時の選手さんの不満
 (あのひととは同じチームになりたくない)
 (あのひとと同じチームが良かった)
 (こんなポジションは嫌だ)

ゲーム時のメンバーチェンジの不満
 (ここでタイムを取らないなんて)
 (ここでメンバーチェンジをするなんて)
 (忙しいのに、無理して参加したのに、ずっとベンチってどういうこと?)

 
その殆どが選手さんたちの我侭だとはいえ、
その不満は当然、監督や主将に向かう。


主将はともかく、監督は、それなりの経験があるひとで、
要所要所で決断ができ、
憎まれ役も引き受けて下さるような方でないと、
選手さんの殆どがバレークラブ経験者だけに、なかなかに難しい。


せっかくのPTA親善のチャンスが、
なまじ優勝を狙えるチームだけに、
監督への不満、不信=会長への不満、副会長への不満になって、
後々まで引きずるのは、絶対に避けたい。


特に男性の正副会長には、
「監督」としてではなく「正副会長」として、
外からおおいに盛り上げ、応援して欲しいのだ。


等々、これまでの体験から、
これだけはどうしても伝えておかなくては、と言ってみたけれど、
彼らたちは 「 大丈夫ですよ! 」 と自信満々だったのだ。
暗に、これまで正副会長が監督でないなんて!という勢いだったのだ。


でもこうして、前日になって動揺し、アドバイスを求めてくる。

いまさら、メンバー編成にまで遡って悩んでみたってどうしようもない。
それは彼女も重々判っているはずなのに。


求められた私といえば、殆ど頭が働かない状態で、
考えようとしただけで、頭がぐるぐるとした。
「 だから最初に言ったじゃないの 」みたいな、
言うべきではない言の葉も言ってしまいそうで、


 「 貴女の一生懸命さは、みんなに伝わっていると思うから。
   明日は、皆で楽しくプレイできるといいね 」


みたいなことを言って、早々に電話を切ってしまった。


そのくせ、切った後になって、
横になると、妙に頭が冴え冴えとしてくる。

こう言ってあげれば良かった。
今のチーム編成でも、ここはこうすれば、戦力的にまだまだ補強できるはず。
このひとはサーブがとてもいいから、サーブ順をこう変えたら、
チームが流れを掴みやすい。。。。etc.

あれこれ頭に浮かんでは消え、
でも、彼女にはメールでの失敗で懲りているため、
このまま何もしないことに決めて心に蓋をする。



途端に、同じく翌朝予定のこの地での「一斉清掃」について、
あれこれが脳内を占拠し、
こちらは、同じく前日で心配で動揺しまくりの班長である友人に
携帯メールを送る。
激しい雨が続いているため、一斉清掃は延期になるかもしれないな、
と思いつつ。


こうして9日の夜は悶々と過ぎて行き、
10日を迎え、
やきもきしつつ、その10日が過ぎても、
バレーの結果について、誰からも連絡が来なかった。orz....
11日夜に、副の彼女からまた電話を貰うのであるが、

             10日の夜には、
             どうせ、こんなもん?よね。
             と、ちょっと やさぐれたくなった。

ペンバレー





関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/07/09 00:00 ] 本日のPTA | TB(0) | CM(10)
やさぐれおりう~
ヤサグレなハレ!もっともっと・・・

まぁ・・・ほんとに・・・キッツいのう・・・

今は、明らかにこれよりはようなってるんだよね?

なんや日記頑張って更新してるが大丈夫かぁ?

なぁ、ペンちゃんがバレーボールついてるで~

おりうさんは何のカンのいうてもバレーがダイ好きなんやなぁ^^

心穏かに過ごされますように^^
[ 2005/07/25 01:21 ] [ 編集 ]
Re:9日の覚書 (バレー大会前日)(07/09)
まだまだ、酷い状態が続いてる、以前よりは良くなったと聞いてはいるけど、心配・・。でもりうりう**さんは、まず人のことばかり考えて、自分のことは後回し・・。日記もまだお休みしていた方が良いよ?りうりう**さんに今大事なのは、ただただ自分の体のことを考えること・・身体の調子が悪いのは、そのメールのお友達にも解っていることだから、あまり気にしないほうがいいよ?ワンダー弥々丸さんも書いておられるけど、本当にりうりう**さんは、バレーが好きなんだね!
[ 2005/07/25 09:43 ] [ 編集 ]
Re:やさぐれおりう~(07/09)
弥々さん、ヤサグレちゃって良いかなぁ??



昨年までの自分を思い出しても、忙しいのは判ってる。

んでも仮にも「コーチ」として【顧問】を就任させたんだから、

当日行けなくたって、気にしてるのはそっちも判ってるはずだよね。

携帯のメールででも、ひとこと勝ったとか負けたとか、

連絡くれたって良いよね~?



って10日は一日ヤキモキしたんだけど、

翌日、疲れきった声で電話を貰うと、すぅぐに許しちゃって、

相手の体調やら打ち上げ状況を気遣う私なのでした(笑)。

[ 2005/07/25 10:39 ] [ 編集 ]
これは9日の覚書だからね☆
kaorin215さん、心配かけてごめんね。

これは個人日記として、忘れずに付けておきたかったの。

日付は最新ではないから、皆さんに知られずにこっそり更新されるとばかり思ってたもんで、

ちょっと慌ててます。

そうか、リンクいただいてる方には、

古い日付でも、「更新したよ~☆」なご連絡が行くのですね?

あぁ、しまった。。。。

んでもまだまだいっぱいネタを抱えてるよ~~(じだばた)。



今は、随分楽です☆

おめめも、二重の線がかなり太めではありますが、ぱっちり?開きました^^☆



バレーについては、この地のクラブに入って、

初めて自分がバレーを心から愛してることに気付いたのです。

私はもう、おそらくは選手としてのプレイはできないけど、

それでもこの地での私を支えて貰って来た、大切な絆なんですよ~☆☆

[ 2005/07/25 10:46 ] [ 編集 ]
Re:9日の覚書 (バレー大会前日)(07/09)
私も階段落ちしたとき、

顔が腫れて目も見えなくなったけど

一時的だってわかってても

私も女だから、気分的に凹んじゃった・・・

その後、パンダのように目の周りが青くなって

コブが出来たけど、やっぱり気になって消えなかったらって不安になった。

私の時より、もっとすごそうなんだもんね

凹むよね・・・・

少しでも楽になって良かったよ~!!!!

[ 2005/07/25 14:11 ] [ 編集 ]
心配はしてたのですが・・・
バレーと一斉清掃どうなったのか気にはなってました。

でもバレーは現役Pでやって行かなくちゃあ行けないのだからそれはそれでよかったのではと思います。



でも、清掃・・・こっちはとっても心配でした。
[ 2005/07/25 15:22 ] [ 編集 ]
Re:9日の覚書 (バレー大会前日)(07/09)
そのような体の状態でありながらも

みんなのことを常に考えたりできるりうりうさんが 超人すぎます

ゆっくり休んでくださいって簡単には伝えられないぐらいです

[ 2005/07/25 17:55 ] [ 編集 ]
顔が破壊される、ということ
いやはや>ポテコロ♪さん

ポテさんも痛かったよね。 哀しかったよね。

それでも頑張ってお仕事してたポテさんに感動しています。



実は私、実は自分の濃ゆい顔、大っ嫌いでした。

んでも、自分でも誰だかわからないほど、破壊された顔を見て、ただ茫然としました。

もう、あの顔に戻れないのか、と哀しかった。



顔って、自分を自分たらしめているもの、アイデンティティそのものなんですね。



私はこれまで顔にだけはアトピーが出ず、

ステロイドも1度も塗ったことがない。

それくらい【面の皮が厚い】奴だったので、初めての経験。

めちゃくちゃヘコみました。



今、手の甲や首周りは赤黒く、これから、真っ黒に色素沈着していくのだと思われます。

それでも、顔は、きれいな肌が戻って来始め、るんたった♪

ブログを書く元気が出てきたのも、顔が良くなり始めてから。



9日には、ひとの顔とは思えない、ボロボロズルズルの顔だったのに…

自分の【面の皮の厚さ】に感謝!!!

毎日、治りたい! 治ろうよ! って、自分の顔が言ってくれてるような気がします。



顔が手の甲のように真っ黒に色素沈着し始めてたら、、、まず5年は抜けない。

こちらにも戻って来れなかったでしょう。

そうでなかったことに、今、心から感謝しています。

[ 2005/07/26 18:36 ] [ 編集 ]
ご心配をおかけしました☆
★のん★きっずさん、一斉清掃の顛末、また書きますわね。



 > でも、清掃・・・こっちはとっても心配でした。



実はね、、、、、来年、私が班長なんですぅ(ど、ど~~~ん!!)

んだからね、今年、私が出られなかったのは、非常にイタイの。。。。



[ 2005/07/26 18:41 ] [ 編集 ]
超人?
珠玉さん、1番気になっていた10日の前日だったからですよ~~^^。



7月4日に、こちらをしばらくお休みするご挨拶をしてから、

ずっと熱と痛みと痛みと浸出液にうなされ、昼も夜もわからず、

死んでおりました。



洗濯機だけはなんとか回して、毎日雨続きだったから、

浴室乾燥機をセットするのが精一杯。

食事は、自分が食べられないし、手がどうしようもなく、

夫と下の少年には、好きなものを買って帰って貰って、

好きに食べて貰ってました。

お弁当もてづくりにこだわってたのに、それどころではなく。。。。



この9日の電話あたりから、段々とものを考えられるようになって来たように思います。

[ 2005/07/26 18:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する