FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

続 『 難度海 』。







        義父のお墓の草刈と、義母宅周りの休耕田の草刈のため、
        忙しいなか 帰省してくれた長義兄と久々に逢う。


           認知症に苦しんでおられた 長義兄嫁の母上への説得にやっと成功し、
           かねてより申し込んでいた 長義兄宅より車で15分の位置にある
           介護施設( 個室 )へ入所がかなった、と、
           そこはとても明るくて清潔で、良いところなのだ、と、
           長義兄の表情が晴れ晴れと。
           お金も、公的施設??か何かで、入所金不要、月々14万円、との由。


        長義兄嫁は、定年が近かった中学校を退職し、
        隣県のご実家で泊り込みで母上を介護し、長義兄嫁の方が鬱状態に陥り、
        一時は、本当に心配し、胸が痛かった。


        けれどこれで、ようよう、皆が一息つけることに。


      



        現在、長義兄嫁は、介護施設へ通う傍ら、隣県まで足を伸ばし、
        ご実家を処分するための片付けに追われている由にて。


        それと識ったご近所の方々のお餞別をいただき、お返しをしつつ、
        ご両親、そして昔日のご自身たちの大量の家財道具を処分するお気持ちは、
        如何ばかりのことか、と やはり胸が痛い。

        何かにつけ、ウェットな私と違う長義兄嫁だから、
        きっと淡々と粛々と作業を続けておられるのだろう、と想いながらも、
        それでも昔日の想い、ご実家との決別は 万感なる想いでいらっしゃるはず。

        母上には、半世紀以上過ごされた「 ご自宅 」が、もう、ないのだ―――。


              お仏壇については、なかのご本尊と過去帳のみを施設へ持参。




      




            前日は、ひたすら 介護なさる御方の方へ こころが向いた。

            本日は、双方の姿に、胸が痛み、こころ揺れる。


                 どちらも 明日の自分の姿であることを 思い知らされ、
                 改めて 自分の覚悟、に向き合わされ。





                          、、、そこで のたまった
                          義母の 能天気で無神経な言の葉には

                                    天誅!!!(怒)




ペン霧


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト



[ 2009/06/20 00:00 ] 老い。 | TB(0) | CM(10)
なんだかね~
あら?どんなせりふだったのかな~

私も母の車いす押しながら、

言うセリフに、何度、落として帰ろうと思ったことか。

あれも、ボケの一種なんでしょうね~

周りが見えないのよ(;一_一)
[ 2009/06/30 23:18 ] [ 編集 ]
Re:続 『 難度海 』。(06/20)
この選択が、一番良いのだと思いながらも

もっと、やれるんじゃないかと考えたり・・・



その道を選んだ方が、背負わなければならないものは

とても、重いけれど前に向って進んで欲しいものです



心無い周りの言葉が耳に届かないことを祈ります

[ 2009/07/01 09:14 ] [ 編集 ]
Re:続 『 難度海 』。(06/20)
邪魔者を押し込むつもりなど毛頭なくても、家庭環境、精神状態でやむなく施設にお願いする。でもその施設が足りない。わからんちーの政治家が家族が介護するのが当たり前などどのたまわっていたけれど、共倒れになる前に金銭的にも無理のないところに入られてよかったですね。



自分が深くあることに思いを寄せているときに「無神経な一言」はキますよね
[ 2009/07/01 11:10 ] [ 編集 ]
Re:続 『 難度海 』。(06/20)
それが一番の選択だとわかっているけれど、気持ちはそう簡単に割り切れるものじゃないですよね。



もう帰る自宅がない、お母様のお気持ち。

考えると本当にせつなくなります。



実家を処分するために整理していらっしゃる義兄嫁さんの気持ち・・・これは未来の自分の姿でもあるため、本当なんと言っていいか・・・



覚悟を決めないといけないのですよね。



それにしてもお義母さまはなんと言われたのでしょう???
[ 2009/07/01 11:33 ] [ 編集 ]
Re:続 『 難度海 』。(06/20)
それでも月々14万円とは、普通のお宅ではかなりの出費。

私も子供に苦労をかけないように貯めておかなくてはw



連れの母上が昨年暮れに92歳で大往生。

大量の家財道具を処分するにおいて、一番困ったのは大きいお仏壇でした。

うちへ持ち込まれても、私の母が残したものとふたつになるし、置く場所もないし。

そのお家は建て替えて、義妹さん夫婦が住まれるというから、安置してもらえぬかと思ったけど、要らんと言われ。

ごみ収集は、仏壇はしてくれないのだそうです。

結局、便利屋さんが処理してくれました。

連れが言うには

「うちは神道なのに、おふくろがなんであんな高い仏壇を買ったのかがわからん」(o_ _)oポテッ

2年前に連れと一緒になったときは、既に介護施設におられ、息子でさえ誰だかわからないので混乱させるからと一度も会わせてはもらえなかった。

だから介護経験はないの。

片付けも「埃アレルギーの君は来なくて良い」と。

この夏に入骨するので、初めて福島のお墓に行きます。

いつかは、私自身も子供に世話になるわけで、この記事を複雑な気持ちで読みました。

[ 2009/07/02 11:53 ] [ 編集 ]
Re:なんだかね~(06/20)
ネコの目さん



 > あら?どんなせりふだったのかな~



ショーゲキの余り、脳内削除中です(ー"ー)。



 > 私も母の車いす押しながら、

 > 言うセリフに、何度、落として帰ろうと思ったことか。



「 落として帰る 」と書かれたところが、一瞬ウケてしまひました。

そのあと切なく、痛く。

ネコの目さんが、どんなにおかあさまの回復のため、頑張って来られたかを

読ませていただいてるので(;;)。



 > あれも、ボケの一種なんでしょうね~



そう思うしかない、ですよね。

老いが、病が言わせたのだ、と。

[ 2009/07/06 23:37 ] [ 編集 ]
「 前に向かって 」
ありがとございます(;;)>ポテコロ♪さん



 > その道を選んだ方が、背負わなければならないものは

 > とても、重いけれど前に向って進んで欲しいものです



考えに考えて決めた。 やむなく決めた。。。。



どんな背景であろうと、現況は現況な訳で。

ならば、「 たられば 」で後ろ向きに想い悩むのではなく、

一歩踏み出した現況で、良かったみつけをし、できることを精一杯し、

前に向かって進みたい、ですよね!

元々ドライクールな長義兄嫁は、それが出来るひとなので、きっとだいぢゃぶ、だと思いつつ。



 > 心無い周りの言葉が耳に届かないことを祈ります



有難うございます(;;)。

長義兄嫁が、2度と鬱の淵に沈み込んでしまわれないよう、応援したいです。。。

[ 2009/07/06 23:45 ] [ 編集 ]
「 キます 」
ほんとに>パクチーナさん



 > わからんちーの政治家が家族が介護するのが当たり前などどのたまわっていたけれど、



この方々の殆どが有り余る資産や、何かとコネクションをお持ちで、

「 介護 」に倒れる家庭というのは、ご自分たちとは全然関係ない、

別世界の話であるのだろうと思うです。



んだから『 障害者自立支援法 』やら

『 後期高齢者医療制度 』なんぞがまかり通るのだろうと(-_-)。



 > 共倒れになる前に金銭的にも無理のないところに入られてよかったですね。



そうなんです(;;)。

長義兄夫婦は子育ても終わり、夫婦で高給をいただいているために少しは蓄えもあるのですが、

それでもとても有難いことでした。



 > 自分が深くあることに思いを寄せているときに「無神経な一言」はキますよね



はぅぅ。 いつまでたっても慣れない、未熟な私です(-_-)。

[ 2009/07/07 00:00 ] [ 編集 ]
「 気持ち 」
とらトクさん、お返事が遅くなってごめんなさい。

この件に、なかなか、きちんと向き合うパワーがなかった私です(;;)。



 > もう帰る自宅がない、お母様のお気持ち。

 > 考えると本当にせつなくなります。

 >

 > 実家を処分するために整理していらっしゃる義兄嫁さんの気持ち・・・

 > これは未来の自分の姿でもあるため、本当なんと言っていいか・・・



(;;)(;;)。 とらトクさんのご実家も将来はそうなってしまわれるのですか(;;)。



長義兄嫁は、私と違って、ご両親からきっぱりと精神的に自立しておられ、

滅多に電話も帰省もしない、「 おとな 」な御方なんです。

それでもいざ、となるとこんな風に弱ってしまわれるんですよね(;;)。



私なんて、いざ自分が、という、その想像の「そ」の字の段階で、叫び出しそうですー(;;)。



 > 覚悟を決めないといけないのですよね。



私自身については、とうに出来てるつもりなのですが、母については~~~(T^T)。



 > それにしてもお義母さまはなんと言われたのでしょう???



はぅー。

毎度毎度の無神経発言は、今回、何の関係もない私の母についても言及しましたからねー、

脳内消去を幾度掛けても消えてくれない(怒)。

[ 2009/07/07 00:08 ] [ 編集 ]
「 月々14万 」
そーなんです>サヨコさん



 > それでも月々14万円とは、普通のお宅ではかなりの出費。

 > 私も子供に苦労をかけないように貯めておかなくてはw



ほんと「w」では済みません^o^;。

もう、私たちは、生半可な貯蓄額では、老いることもできなくなってしまっているのだ、と

義父母の介護生活の折、思い知りましたです。



月々14万。 これがふたりだったら。。。(o_ _)oポテッ

で、フツー、入所金で100万、200万と必要なところが殆どらしいですし。 はぅー。



 > そのお家は建て替えて、義妹さん夫婦が住まれるというから、

 > 安置してもらえぬかと思ったけど、要らんと言われ。



お仏壇は難しいですね(滝汗)。

やはり「 慣習的に 」無難なのは長子(長男)が受け継ぐのが、良いのだろうと思います。

慣習的には、お嫁さん側のお仏壇がヤって来ることはイケナイ、みたいだし(滝汗)。



この度、義母は長義兄宅へお仏壇を買え、と言いましたが、

んぢゃ、義母宅にあるお仏壇は誰がお守りをするの?

結局私?? なんて、ヘコんでます。



合理的に考えて、1番「 妥当 」な線に皆が落ち着くことができれば、

丸く収まるのでしょうけど、合理的妥当な線、というのと慣習やら宗教やらは、

得てして相容れないものだったりしますよね。。



ご一緒になられたばかりの御方の おかあさまの介護や

お見送りの後の片付けをせずに済んだことは、サヨコさんにとっては、淋しいことでも

おありでしたでしょうけれど、それはご夫君がサヨコさんを守られた、ということでもあり、

線引きがはっきりしてて、曖昧な境界で想い惑うこともない、ということで、

良し、となさいませ^^☆



 > この夏に入骨するので、



ふぁいと、ふぁいと>私たち。

[ 2009/07/07 00:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する