今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

祖父の和服。







        実家の母の実家で、蔵を大整理した由にて、
        100歳で逝去した母の父の和服が大量に出て来たと言う。


        長らく 大昔の箪笥や行李に入れっ放しであったために、
        汚れたりほつれたりはしていないが、虫喰い箇所がところどころ。


        嫁である母の嫂は、舅であったひとの和服を全て処分することに遠慮があり、
        難色を示したが、跡を継いだ 私の従姉である娘は、
        すっかりきっぱり処分することを希望していた。


        そこで母の登場となるのだが、何十枚もあるなかで、解いて再利用できたり、
        端切れ扱いにして母の趣味に使用できそうなものは母が貰い、

        残り15枚程度、ゴミとして出すのはあんまりだから、
        うちのミュージカル衣装に利用できないか、と連絡が入る。



            それなら、充分 皆の練習着になるし、
            本番の衣装をつくる際に どんなに加工して貰っても構わないし、

            スタッフの方々に、喜んで貰えるのではないかなぁ、と取りに行く。


          
        待ってました、と、ど~んと出された和服に、思わず、


           「 ほんとにいいん?
             覚えてるものや想い出もあるんぢゃない? だいぢゃぶ?? 」

           「 大丈夫!
             これは惜しいな、と思ったものは、悪いけど先にいただいたから。
             寧ろ、りうさんたちに使って貰える方が嬉しいよ? 」






祖父の和服.jpg   CIMG1141.JPG




いろ~んなのが 15枚。

思わず のけぞるやうな 大胆な縞や、
一見、無地でも地紋が入ってたり、織に工夫がしてあったり。

お洒落だったんだね、おじいちゃん^^*☆




??   ??   ??




血が繋がってなかったのに。




幼稚園にあがるまでは、いつも一緒。

大勢の孫たちのなかで、1番可愛がって貰ったよね。

毎日毎日 歌って歌って、
私の喉は おじいちゃんが鍛えてくれた。
この自慢の喉で、幾度も幾度も助けられて 来た。



ミュージカル(滝汗)に出ることになったのも、
おじいちゃんのお蔭なのかも知れないよね。

そのミュージカルで―――

大事に、みんなで 使わせてもらうね。





ペン小潤

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/06/29 00:00 ] ささやかな倖せ | TB(0) | CM(10)
Re:祖父の和服。(06/29)
本当に粋な縦縞



おじいちゃん本当にお洒落だったんですね



いい思い出を頂いてよかったですね(*^_^*)
[ 2009/07/09 07:31 ] [ 編集 ]
Re:祖父の和服。(06/29)
おしゃれな柄なら、なおさら「舞台用」にぴったり!

おじいさまも、ミュージカルに使ってもらえるなら嬉しいんじゃないかな。



そして、これからもミュージカルがんばりなさいって、おじいさまからのメッセージなんじゃないの!?(笑)
[ 2009/07/09 09:42 ] [ 編集 ]
Re:祖父の和服。(06/29)
100歳で往生されたこともめでたいし、お嫁さんが処分できなかったことも、よく分かる。

おしゃれだったお祖父様。

ミュージカルで生かされるなら、本望ですね♪

[ 2009/07/09 09:56 ] [ 編集 ]
Re:祖父の和服。(06/29)
洋服ならまだしも、着物って処分できないんですよね~心情的にも



今みたいに洗濯機で洗うなんてことできないから、ほどいて洗い張りしてまた仕立て直す



昔の方々はマメだよね~



昔の着物といえば今回やっぱり ハッとするような大胆な縞の着物も羽織もありました



どうするかいな。。。

[ 2009/07/09 10:36 ] [ 編集 ]
Re:祖父の和服。(06/29)
和服はなかなか処分できないですよね~。

(という、母の古い着物もそのまま・・・)



ミュージカルの衣装として役に立つなら、おじいさまも着物も喜んでいるかも。

夏が過ぎると、来年に向けて練習がふたたび始まりますね~!!
[ 2009/07/09 10:48 ] [ 編集 ]
「 粋 」
はーぃ^^*☆>やじさん上総んさん



 > 本当に粋な縦縞

 >

 > おじいちゃん本当にお洒落だったんですね



これが女のひとの和服ならそうも感じなかったのですが、男のひとの和服ですからねー、

んで、私にとっては まさに ( 枯れた感じの )おじいちゃん、でしたから、

こうした 粋で、見えないところに手が込んでる感じの和服たちには、のけぞる程驚きましたです。



 > いい思い出を頂いてよかったですね(*^_^*)



久々に祖父と向き合えたやうな気が致しました^^*☆

[ 2009/07/12 01:13 ] [ 編集 ]
「 おしゃれだった 」
ありがとございます>サヨコさん



 > おしゃれだったお祖父様。



私のなかでは、祖父と「 お洒落 」とは、全く結びつかないものだったので、

ほんとにびっくら致しましたです~~。



 > ミュージカルで生かされるなら、本望ですね♪



喜んでくれてるといいな、と思っています^^*☆

[ 2009/07/12 01:14 ] [ 編集 ]
「 これからも 」
ありがと☆>とらトクさん



 > おしゃれな柄なら、なおさら「舞台用」にぴったり!



舞台映えのする和服なんて、日本舞踊とかしてないと持ち合わせませんもんね^o^;。



 > おじいさまも、ミュージカルに使ってもらえるなら嬉しいんじゃないかな。

 >

 > そして、これからもミュージカルがんばりなさいって、

 > おじいさまからのメッセージなんじゃないの!?(笑)



^o^;。

今年度は『 竹取物語 』のやうです^o^;。

[ 2009/07/12 01:19 ] [ 編集 ]
「 昔の方々は 」
ほんとにね~☆>ぅさねぃさん



 > 洋服ならまだしも、着物って処分できないんですよね~心情的にも



和服って、ほんとによく考えられてて、よくできた民族衣装だと思うですよ~。

直線で仕立てられてますから、畳むのもきっちり畳めて、解けば他のものにも仕立て直しし易くて。



着倒して、布団のがわにしたり、座布団にしたり、、、1番最後は はたき、雑巾に。



 > 今みたいに洗濯機で洗うなんてことできないから、ほどいて洗い張りして



そそそ。

私の子ども時分には、まだまだあちらこちらで洗い張りされてる情景を目にしてましたです~。

昔の方々の知恵、マメさには、心底頭があがりません。。。



 > 昔の着物といえば今回やっぱり ハッとするような大胆な縞の着物も羽織もありました

 > どうするかいな。。。



ささ、ねぃさんも、和服党になるだよ。

ミュージカルにもデビューしちゃう? щ(゚▽゚щ)

[ 2009/07/12 01:32 ] [ 編集 ]
「 処分できない 」
虫喰いがあっても>yuinekoさん

なかなか処分できないのですから、まして、そうでないものは、手放せませんよね。



 > (という、母の古い着物もそのまま・・・)



今年もたくさん着てあげて下さいませ^^*☆

女紋は母のを受け継ぐという母系紋を識ったとき、私はとっても嬉しかったです^^*☆

でもこれって、瀬戸内中心の考え方らしい、と識ったときはびっくりしました~~。



 > 夏が過ぎると、来年に向けて練習がふたたび始まりますね~!!



今年は8月4日から、です(滝汗)。

後、1ヶ月もないの~~~(T^T)。

[ 2009/07/12 01:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。