今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 ハモネプ 7 』








       今頃、、、であるが、

       HDDがいっぱいになりかけてたので、
       慌てて 何を観よう、何をディスクに落とそう、と想い、

       これなら作業しつつ、観ることができるな、と、『 ハモネプ 7 』を選んだのだ。


DVD   DVD   DVD



       『 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2009 春 』。
                         ( 放送日 2009年4月21日 ) 




        ハモネプの出場資格は、3人以上の「 学生 」。
        小中学生でも大学生でも良いのだが、社会人はNG。
        
         「 青春 」と銘打つ所以である。

        元々は 高校生のパフォーマンスを応援して行こう、という企画であったらしい??
        のだが、現在、全国大会まで上がってくるチームの殆どが大学生である。


            特徴は、コーラスパートだけでなく、
            声のベース、ドラム、ヴォイスパーカッションが加わること。



        アカペラなので、誰かひとりでも音程やリズムが狂うと悲惨なことになる。

        実際、本番で緊張しすぎて喉がしまったり、腹筋が崩れてピッチが落ちたり、と、
        「 なんで、これが全国大会に?? 」 と思ってしまうグループも多い。


        だが、毎回 つい観てしまうのは、
        どの大会にも1組か2組は、思わず唸ってしまったり、
        涙腺が弛んでしまうグループがあり、
        熱く、爽やかな気持ちを貰っちゃうから、なのだった。


        今回は、特にレベルの高い大会だったように思う。

        なかでも、京都から参戦した『 A_Z 』( アズ )というグループの
        リードボーカルである「 けいちゃん 」 の 歌唱力には驚かされた。

           曲は AI の 『 Story 』。

        男性ヴォーカルである「 けいちゃん 」が見事に歌い上げ、
        じぃぃんと痺れてしまった。 これはダントツで優勝ではなかろうか??



        だが、予選3ブロックの各最高点獲得グループ3組による決勝では。



DVD   DVD   DVD



        これまで何度も出場してきた 『 Bam B Crew 』のヴォーカル、
        「 やーさん 」 が、社会人となるため、最後となる挑戦で
        彼らのなかで これまでで最高と言える出来で、
        山口百恵の 『 さよならの向こう側 』を歌い。



        私が 「 生理的に 」 嫌い(゚゜)\バキ☆な 女声合唱、というだけで、
        歯牙にもかけていなかった 神戸の( お嬢さま )女子大生たちによる
        『 μ 』( ミュー )の 『 月光 』 では、思わず涙腺が弛んだ。

        元々持っている曲の美しさに、トップソプラノが天から降って来る。
        教会のステンドガラスが眼に映る。

        滂沱と流れる自分の涙に茫然としてたら、
        審査員のオペラ歌手 中島啓江氏が、涙でぐしゃぐしゃになって、


            「 生きてて良かった~。 有難う 」


        そのひとことで、ますます彼女を好きになり、また涙が流れる。



        そして期待?の『 A_Z 』は。

        曲は ミーシャの『 Everything 』。 ぅん、いいかも。

        しかし、始まってみると、気負ったのか、緊張したのか、
        まず 『 Story 』のときは あれだけバランスの良かった
        伴奏陣が冴えない。 冴えないどころか微妙にハモってない。

        それを受けた形で「 けいちゃん 」も輝きがない。 

        後半、「 けいちゃん 」は持ち直したが、
        『 Story 』 が 素晴らしすぎたのでくすんで観える。


        う"~ん。。。 残念(;;)。


               これは、優勝は『 μ 』 だわ。



DVD   DVD   DVD



        。。。優勝は 『 Bam B Crew 』だった。(o_ _)oポテッ



        申し訳ないけれど、私個人はこの結果には納得が行かない。

           決勝だけなら 『 μ 』。
           予選曲と合わせた2曲の判断でも 『 μ 』。
           予選曲と決勝曲のなかでの1曲優勝なら『 A_Z 』。 だと思う。

        確かに『 Bam B Crew 』の決勝曲は、
        彼らの今までの軌跡のなかでは最高のデキだった。
        でも、違うでしょ、と思う。

        常に「 てっぺんを獲る 」と公言し、毎回遮二無二頑張って来て、
        今大会で「 卒業 」する『 Bam B Crew 』へのご祝儀、としか思えない。

        その意味では 『 μ 』 も 『 A_Z 』 も大学1年生たちで、
        これから先、まだ何度だって「 てっぺん 」の機会があるのだから。

                    う"~む。。。  いいのか? それで。 




DVD   DVD   DVD




        ともあれ、いつもながら感じること、を 今回は強烈に感じる。


        「 歌 」には、ひとのこころを直接掴んで揺さぶる力がある。

        そして アカペラで「 優勝 」するには。


          まず、曲そのもの。 選曲がとても大事であること。

          付随して、編曲もとても大事であること。

          リードヴォーカルの力量。 声質、そして こころ。

          そしてハーモニー。
          どれだけ、皆のこころがひとつになっているか。
          どれだけ練習して来たか。
          どれだけの努力、想いがそこに在るか。
          それらが、アカペラではストレートにこちらに透けて観えて来る。


          選曲、編曲、メインヴォーカル、そして全体としてのハーモニー。

          どれひとつ欠けても、心地よい音楽は生まれない。 当たり前だけど。


          でもそれに向けて頑張る過程で生まれる絆、深まる絆、熱い感動 が
          【 青春 】なんだよなぁ、、、。


          その青春は、歳を重ねても、自分の努力次第、で
          「 仲間 」を得るところから、達成して行けるものではあるが、

          「 学生時代 」というのは、互いに利害関係が比較的なくて、
          時間的に「 何年間 」と、限られているところが、ミソ。




                  今大会が、これまでで1番 感動。 有難う?

                        
    
   

ペン潤


レベル高っ! と、私がディスクに落としたのは
『 タートルズ 』 の 『 摩訶不思議アドベンチャー! 』( ドラゴンボール )、
『 DAD’S 』 の 『 WEEKEND 』、
『 A_Z 』 の 『 Story 』、
『 μ 』 の 『 月光 』。


この日記を書くため、放映日の確認でググったら、
フジTV ってば、これ、1曲ずつ配信してた(-_-)。

ディスクに落とした ぢぶんが言うのもヘンだけど、
なんか違う(-_-)。。。。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/05/20 00:00 ] 聴きました^^*☆ | TB(0) | CM(6)
Re:『 ハモネプ 7 』(05/20)
そういう番組があることも知らないオバサンでしたw

配信してるって、フジTVのは有料だよ~



来年、気をつけて観てみよう♪

覚えてられるかが心配だけど(笑)

[ 2009/05/30 17:26 ] [ 編集 ]
Re:『 ハモネプ 7 』(05/20)
ハモネプはちょっと前までハマってました



一生懸命なみんなの姿がいいのよね



でも今回は見てなかったの

何だかこれ読んでちょっと悔しい(/_;)

見ればよかった・・・



テレビだからね・・物語性のあるところにひいきするのはわかるけどこういうものに実力以外のものを入れちゃダメよね!
[ 2009/05/30 20:15 ] [ 編集 ]
「 有料 」
そそそ(-_-)>サヨコさん



 > 配信してるって、フジTVのは有料だよ~



その「 有料 」というのが、なんか「 違う 」って感じさせられたのでした。

この熱き「 青春 」で、お金、取るなよ~って。

この番組そのものをDVD化して売るのは、

観たいと思うひとたちにとっては嬉しいことだし、ありかな、とは思うけれど。



 > 来年、気をつけて観てみよう♪



んとね、多分、秋にまたあると思います^^*☆

[ 2009/05/31 00:38 ] [ 編集 ]
「 物語性のあるところ 」
をを☆>やじさん上総んさん



 > ハモネプはちょっと前までハマってました



んふふ~。

合唱ヤってたら、直球どまんなか、だよね^^*☆



 > テレビだからね・・物語性のあるところにひいきするのはわかるけどこういうものに実力以外のものを入れちゃダメよね!



そうなのそうなの。

TVだから、盛り上げてなんぼ、ってところはあるし、

また、贔屓しちゃいたいのも、また人間である証だし、んだから、面白いのでもあるのだけれど。



こうした「 芸術 」っぽぃものの審査って、難しいですよね。

その場の空気もあれば、雰囲気もあり、審査員の嗜好、好き嫌いもあるし、、、

んだからこそ、基本の基礎的な部分での採点基準はきちんとしとかなくちゃダメだと思う。



私の贔屓、好みからくる印象かも知れないと、夫にも見せたんだけど、

夫の判定、評価も私と全く一緒でした^o^;。

[ 2009/05/31 00:47 ] [ 編集 ]
我が家でも。。。
むすめと聴いていたのですが、

この優勝は納得がいかず、ぃやな気持ちが残りました。



 >決勝だけなら 『 μ 』。

 >予選曲と合わせた2曲の判断でも 『 μ 』。

 >予選曲と決勝曲のなかでの1曲優勝なら

  『 A_Z 』。 だと思う。



同じ見解で会話しながら結果を待ちつつ



 「 もしかしたら『 Bam B Crew 』を優勝にしちゃうかも 」



って思っちゃたのは、耳につくほど≪前回惜しくも優勝を逃した『 Bam B Crew 』≫≪今回で卒業≫言い続けていたからかもしれません。

正直、結果発表でがっかりしました。

この番組が好きだっただけに残念でした。



でも、次もきっと観ますよん。

優勝できなかった彼らの歌声が聴けるかもしれないから・・・

納得のいく結果でありますように・・・

[ 2009/05/31 07:35 ] [ 編集 ]
Re:我が家でも。。。(05/20)
ををを!!>てんてこmyさん



 > むすめと聴いていたのですが、

 > この優勝は納得がいかず、ぃやな気持ちが残りました。



やっぱりご一緒でしたか???

それでは、私や夫の単なる好み、というものでは、やっぱりなかったのですね^o^;。

正直、ほんと がっかりしたですー。



 > でも、次もきっと観ますよん。

 > 優勝できなかった彼らの歌声が聴けるかもしれないから・・・



そうですね! そう思うことに致しましょう。

また「 けいちゃん 」の美声や、「 μ 」の天からの声が聴けると嬉しいです☆☆☆



 > 納得のいく結果でありますように・・・



次回は、絶対!! そうであって欲しいです。

[ 2009/05/31 21:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。