今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一面 仏の座。








         田んぼの土をかき出し、
         湿気を防ぐために 膨大なガラ石を敷き詰めて造成されたため、

         我が家の庭は、少し掘るとすぐに岩石にぶちあたり、
         大風の通り道でもある土地でもあるので、植えるものが限られている。

         勝手に自生し、2階を越すほどの木に育った夜叉五倍子( ヤシャブシ )は、
         これの花粉にもアレルギーがあるのでは、と頭を痛めていたところに
         大台風が来て、根元からバッキリ折れ、驚いたものだった。



         そんなこんなで、玄関前につくった花壇周り以外は、
         ほぼ、自然に任せた(゚゜)\バキ☆ 庭 なのであるが、

         雑草の生え具合も、年ごとに異なり、流行があるようで興味深い。

         少年たちの夏休みの自然研究で出逢った「 雑草マップ 」つくりで、
         すっかり私の方がハマってしまった形、である。






ホトケノザ




         で、今年は、仏の座。


         遠目で、をっ! 蓮華草復活か??と 休耕田へ駆けつけてみれば、
         全て「 仏の座 」。  何故か いつも ちょっとがっかりする

         気がつけば、我が家のあちらこちらも 仏の座で埋もれており、
         いつのまに?? と驚くほど。

         これだけ咲いてると、「 雑草 」として抜けない。^o^;。

             ひとつひとつに 蓮華王院の千手観音さま が 座しておられるかも。。。??



 

         仏の座は、その名の通り、茎を丸く囲んでいる葉が仏の座る蓮座に似ているから。


         別名 サンガイソウ だと聞いたときには、
         ついつい、佛 → 無色界、色界、欲界の 三界 と連想したのだったが、
          ( 実際、三界草とも書くらしいが )
         本当は、対生している葉が三段に在るため、三階草、というのが正しいらしい。


         興味深いのは、別名の ホトケノツヅレ、中国名の宝蓋草。?

         佛の綴れ とは、佛の纏う襤褸の衣類、ということであり、
         宝蓋 とは、仏像の頭上に翳す天蓋の美称である。

         三階 以外は、どれもが 佛 を連想させているところが凄いな、と。


         花の最盛期は3~5月と言われるが、
         場所によっては、10月頃から咲き始め、11月12月に満開になるところもあるらしい。
         この地では、2月頃から目立って咲き乱れている。


         有毒。 花言葉は 調和。




               * 春の七草のホトケノザは、キク科の「 田平子 」。
                  花の色は黄色。
                  名の由来は、葉が田の面に放射状に平らに広がるところから。




ペン晴


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/04/20 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。