今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続 『 如月 』 覚書





       3月1日。   全国的に高等学校の卒業式でしたね!

       ご卒業された皆さん、おめでとうございます\(^o^)/☆

       皆さんの前途に幸多かれ、と祈りつつ。


               ちょうど1年前。

               ぎっくり腰で動けず、
               下の少年の卒業式に出席できなかった イタい想い出 に
               改めて ヘコむ私 (o_ _)oポテッ




?   ?   ?





      昨日 に続いて の 覚書。


     ● 水無月

       梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であることから。
       逆に田植が終わって田に水を張る必要のある月
       「 水張月(みづはりづき)」「 水月(みなづき)」
       であるとする説も有力。
       また、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」、
       水無月の「 無 」は「 の 」という意味の連体助詞「 な 」であり、
       「 水の月 」であるとする説など。


       水無月 みなづき
       水月 みなづき・すいげつ
       水涸月 みずかれづき
       風待月 かぜまちづき
       松風月 まつかぜづき
       青水無月 あをみなづき
       波達羅盈月 はだらえづき
       弥涼暮月 いすずくれづき
       涼暮月 すずくれづき・りょうぼづき
       蝉羽月 せみのはつき
       常夏月 とこなつづき
       鳴神月、鳴雷月 なるかみづき
       田草月 たくさづき
       田無月 たなしづき
       夏越月 なごしのつき
       季月 きげつ
       旦月 たんげつ
       焦月 しょうげつ
       晩月 ばんげつ
       伏月 ふくげつ
       遯月 とんげつ
       建未月 けんびづき
       陽氷
       晩夏
       長夏 ちょうか
       常夏 じょうか
       季夏 きか
       炎陽
       積陽
       極暑


     ● 文月

       七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるから。
       だが、七夕の行事は奈良時代に中国伝来したものであるところから、
       本来は、稲の穂が含む月であることから
       「 含み月 」「 穂含み月 」の意であるとする説もあり。

       七夕月・棚機月 たなばたづき
       七夜月 ななよづき
       文披月 ふみひらきづき・ふみひろげづき
       書披月 ふみひろげづき
       愛逢月 めであいづき・あいぞめづき
       袖合月 そであいづき
       秋端月 あきのはづき
       秋初月 あきはづき・あきそめづき
       穂見月 ほみづき
       女郎花月 をみなえしづき
       親月 ふづき・おやづき・しんげつ
       相月 あいづき・そうげつ
       涼月 れいげつ・りょうげつ
       冷月 れいげつ
       瓜月 かげつ
       個月 ごげつ
       桐月 とうげつ
       蘭月 らんげつ
       婦月 ふげつ
       否月 ひげつ
       建申月 けんしんげつ
       初秋 はつあき・しょしゅう
       新秋
       孟秋


     ● 葉月

       木の葉が紅葉して落ちる月=「 葉落ち月 」。
       他に、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」
       雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」
       南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説もある。


       月見月 つきみつき
       萩月 はぎつき
       葉月 はづき
       八月 はづき
       観月 かんげつ
       宋月 そうげつ
       壮月 そうげつ
       素月 そげつ
       弦月 げんげつ
       桂月 かつらづき・けいげつ
       ●月 ( 月偏に去る )きょげつ
       秋風月 あきかぜづき
       雁来月 かりきづき・かりくづき
       燕去月 つばめさりづき
       草津月 くさつづき
       紅染月 べにそめづき・こうぞめづき
       木染月、濃染月 こぞめつき
       葉落月 はおちづき
       園色月 そのいろづき
       諸越月 もろこしづき
       建酉月 けんゆうげつ
       竹春 たけのはる・ちくしゅん
       中秋・仲秋 なかのあき・ちゅうしゅう


     ● 長月

       「 夜長月(よながつき)」の略。
        他に、「 稲刈月(いねかりづき)」が「 ねかづき 」となり、
       「 ながつき 」となったという説、
       「 稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。


       菊月 きくづき
       祝月 いわいづき
       紅葉月 もみぢづき
       色取月 いろどりづき
       玄月 げんげつ
       詠月 えいげつ
       梢秋 ごずえのあき
       朽月 くちづき・きゅうげつ
       剥月
       紅梅月 こうばいのつき
       菊開月、菊咲月 きくさきづき
       菊間月 きくまづき
       花吹秋 はなふくあき
       青女月 せいじょづき
       竹酔月 ちくすいづき
       濃染月・木染月 こそめづき
       寝覚月 ねざめつき
       夜長月 よながづき
       小田刈月 をだかりづき
       建戌月 けんじゅつづき
       高秋 こうしゅう
       晩秋 ばんしゅう
       暮秋 くれのあき・ぼしゅう


     ● 神無月

       「 神無月 」の語源として諸説あるが、
       いずれにしても「 神無 」は宛字としている。

       神無月(かんなづき) 出雲大社に神々が集い、1年のことを話し合うため、
                  出雲以外は神無月、出雲は神在月という。
       醸成月(かみなんづき): 新穀で新酒を醸す月
       神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月
       神な月(かみなづき):「 神の月 」の意
       雷無月(かみなしづき):雷のない月


       良月 りょうげつ
       陽月 ようげつ
       拾月 しゅうげつ
       大月 たいげつ・だいげつ
       吉月 きつげつ
       坤月 こんげつ
       神去月 かみさりづき
       初霜月 はつしもつき
       時雨月 しぐれづき
       雷無月 かみなかりづき・かむないづき
       鎮祭月 ちんさいげつ
       鏡祭月 きょうさいげつ  
       春待月 はるまちづき
       小春月 こはるづき
       正陰月 せいいんづき・せいいんげつ
       建亥月 けんがいげつ
       小春 こはる・しょうしゅん
       初冬
       上冬 じょうとう
       玄冬 げんとう
       孟冬 もうとう


     ● 霜月

       文字通り霜が降る月であるから。
       他に、「 食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、
       「 凋む月(しぼむつき)」「 末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もあり。

       神楽月 かぐらづき・かむらくづき
       神帰月 かみきづき・かみかえりづき
       雪見月 ゆきみづき
       雪待月 ゆきまちづき
       霜見月 しもみづき
       霜降月 しもふりづき
       子月 ねづき
       暢月 のぶつき
       葭月 あしづき、かげつ
       鴨月 かもづき
       朔月 さくげつ
       章月 しょうげつ
       千月 せんげつ
       達月 たつげつ
       辜月 こげつ
       復月 ふくげつ
       広寒月 こうかんげつ
       竜潜月 りゅうせんげつ
       天正月 てんしょうづき・てんしょうげつ
       建子月 けんしげつ
       露隠葉月 つゆこもりのはづき
       中冬・仲冬 ちゅうとう
       陽復 ようふく
       新陽 しんよう
       風寒 ふうかん


     ● 師走

       坊主(師・師には、僧侶の意味もある)が走り回るほど忙しくなるから。
       本来は伊勢神宮や各地崇敬社の御師(神宮大麻・神札を配る祈祷師)達が
       各家庭を巡る事からである。


       春待月 はるまちつき
       梅初月 うめのはづき・うめはつづき・ばいしょづき
       極月 きわまりづき・ごくげつ・ごくづき
       窮月 きゅうげつ
       茶月 さづき
       除月 じょげつ
       厳月 
       限月 かぎりのつき
       数月 かぞえづき
       季月 きげつ
       終月 しゅうげつ
       果月 はてのつき
       ●月(虫偏に昔)さげつ
       尽月 じんげつ
       臈月 ろうげつ
       臘月 ろうげつ * コメント欄で注釈
       氷月 ひょうげつ・ひげつ
       雪月 ゆきづき
       三冬月 みふゆつき・さんとうづき
       年満月 としみつづき
       年世積月 としよつむづき
       弟月 おとづき
       乙子月 おとごづき
       親子月 おやこづき
       暮来月、暮古月 くれこづき
       建丑月 けんちゅうげつ
       歳晩 さいばん
       暮歳 ぼさい
       黄冬 おうとう
       晩冬 ばんとう
       残冬 ざんとう
       季冬 きとう



ペンわー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/01 00:00 ] メモ メモ ( ..)φ | TB(0) | CM(13)
* 「 臘 」
*「 臘 」は、古代中国で、冬至の後の第3回目の戌の日に

 1年の狩り納めである猟を行い、その獲物を神に供える祭をすることから。



* 蝋梅は、臘月に咲くから「 臘梅 」だとも言う。

 【 http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200901210000/】"



。。。。ぃゃはゃ。



ある程度は予想してたとはいへ、月の異名がこんなにたくさんあるなんて!

もっと調べればもっともっと出て来そう^o^;。



なんて美しい、なんて素晴らしい國、の言の葉、文化、であることか。



んで、それ――美しい季節の移り変わり――を

全~~~く肌で感じなくなってる 私、って(-_-)。

[ 2009/03/06 01:07 ] [ 編集 ]
Re:続 『 如月 』 覚書(03/01)
よくぞ調べた!

これだけで、文学部のレポートだ ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

ひたすら感心するのみです。

[ 2009/03/06 10:01 ] [ 編集 ]
Re:* 「 臘 」(03/01)
りうりう*さん



>ある程度は予想してたとはいへ、月の異名がこんなにたくさんあるなんて!



たくさんの人が、季節の移り変わりに思いを寄せていた結果ですな。 麗し。



で、りうさんは、ちっとも嬉かないでしょうけど、一番季節の移り変わりに敏感かと・・・。

あ、いえいえ、大気の匂いに、風のさやぎに、瞳に映るあらゆることに、そして、心に響くなにものかに、天と地が交わす言の葉のすべてに季節の訪れを感じておられるかと。十分すぎるほど敏感でいらっしゃいますデスよぉ。

[ 2009/03/06 20:05 ] [ 編集 ]
「 文学部のレポート 」
きゃきゃきゃ(//▽//)☆>サヨコさん



 > よくぞ調べた!

 > これだけで、文学部のレポートだ ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)



その昔、国文学にも憧れたことがあったですー(笑)。

これらひとつひとつ、出て来る文献を漁り、語源やら使用例をきち~~んと体系化させたら、

イイ感じのレポートになりそうですよね^^*☆



ヤってて、とても楽しかったです\(^o^)/☆

[ 2009/03/07 22:11 ] [ 編集 ]
ぅにょ~~~ん(滝汗)。
いったぃぜんたぃ>あそびすとさん



どうなさいましたですか。

あそびすとさんが、私を持ち上げなさるなんて!!



重たいので腕が折れますわよ~~?(笑)。



 > 十分すぎるほど敏感でいらっしゃいますデスよぉ。



ぅっぅっぅ(──┬──__──┬──)。

昨日も義母から、「 あんたは鈍いけんのぅ 」と叱られたばかり。

えーん。 (T^T)。

[ 2009/03/07 22:29 ] [ 編集 ]
ねぇねぇ、りうりうさん。。
すっごいねぇ。

よく、調べたねぇ。。。



ほい、おはようございます。

ねぇ、りうりうさん、

りうりうさんは、漫画も愛してらっしゃるから、

知っているかナァ。。。

わかつきめぐみ先生の「言の葉遊び学」と、いう本。

記事よみながら、この本を思い出しましたよ。

でも、

りうりうさんの方が、たくさん月の異名がでているけどね。

[ 2009/03/10 07:36 ] [ 編集 ]
『 So What? 』
なんと懐かしい(//▽//)☆>OMITAさん



私が識ってる わかつきめぐみ氏は『 So What? 』の時代です。

ライムちゃん、可愛かったですね。

『 So What? 』のほんわかした空気、好きでした。

現在も活躍なさっておられるのですね~~~☆



『 言の葉遊学 』 ( ..)φ 96年~98年に描かれたのですね。

タイトルからして、惹かれますぅ。

今度探してみますね! 有難うございます^^*☆

[ 2009/03/10 23:30 ] [ 編集 ]
こちらにこっそりお邪魔します
お久しぶりです。

3月1日、無事に娘も高校を卒業しました。

主人の単身赴任とちょうど重なり、一人で通わせたた感が強いので…式の途中で涙が止まりませんでした。しかも、皆勤賞まで頂いて…体力だけは、バスケ部で鍛えて頂きました。

春からは、県内の大学の看護学生になります。

大好きなバスケとの、両立は厳しいかなと悩める春です。

子供も高校まで通わせ終わると、後は大学のお金の心配だけで、ちょっと気が抜けてます。(笑)

[ 2009/03/20 21:25 ] [ 編集 ]
\(^o^)/☆>なかちゃんさん!
をを(//▽//)☆>なかちゃん0131さん

お知らせ下さり、有難うございます\(^o^)/☆



お嬢さん、ご卒業では、、と思っておりましたですよ~。

熱いバスケ少女も、皆勤賞にて きらきらのご卒業、おめでとうございました(//▽//)☆



 > 春からは、県内の大学の看護学生になります。

 > 大好きなバスケとの、両立は厳しいかなと悩める春です。



素晴らしい進路を選ばれたのですねっ^^*☆



実は、下の少年の中学時代のクラスメイトが、この3月末をもって自主退学、となりました。

私の友人であるおかあさまが看護師さんで、彼女もとても喜んでいた昨春でしたが、

お嬢さんは、この1年で8kgヤせ、もうもたない、と。

あっという間に、お嬢さんがひとりでさっさと退学の手続きをし、アパートの解約手続きをし、

つい先日、家財道具が送り返されて来ました(;;)。



今更ながら、( 「 いまどき 」の娘さんが )看護師さんとなるには、

生半可な決意と覚悟では困難なのだと思い知りました。



なかちゃんさんちのお嬢さまは、バスケで鍛えた心身で、

きっと数々の困難を跳ね返して歩まれることでしょう!

応援致しております☆☆☆



 > 後は大学のお金の心配だけで、ちょっと気が抜けてます。(笑)



駆け足だった高校生活。

進路を含め、最後のやきもき、であったように、今は感じています。

これからのあれこれ、就職、結婚、は、もう本人たちの裁量、ですから。

、、、あっという間に、「 大人 」になって行きますですよね~~~。



なかちゃんさんは、春から、お義父さまとふたり暮らし、、、、???

[ 2009/03/21 07:16 ] [ 編集 ]
二人なんて…
義父と二人なんて!…無理~っ。娘には、看護師には県外に出なくてもなれると、熱く語って聞かせましたから。看護師になるのは、普通の学生さんよりはしんどいだろうと…せめて日常的な面ではフォローしてやりたいと、自宅から通学させたいと思っていました。な~んてねっ。(口実笑)

去年の春に出て行った息子なんて、何の便りもなく…男の子はみんなそうだと周りに慰められ…。

生きているのは、通帳の残高で確認する始末です。

りうりうさんは、淋しくはないの?

私は全然淋しくない!を、装ってますが、たまに夢に出てくると泣きそうになります。子離れできてないなぁ(苦笑)
[ 2009/03/21 21:36 ] [ 編集 ]
Re:二人なんて…(03/01)
よ、良かった^o^;>なかちゃん0131さん



 > 義父と二人なんて!…無理~っ。



あはあはあは^o^;。

ぃゃ、私だったら、絶対無理だなぁ、、って思ったので、ちょっとお訊ねしてみたです(汗)。

そかそか、お嬢さんは、自宅通学にして下さったのですね!!\(^o^)/☆



 > 看護師になるのは、普通の学生さんよりはしんどいだろうと…

 > せめて日常的な面ではフォローしてやりたいと、自宅から通学させたいと思っていました。



「 口実 」なんかぢゃありませんよ~。

ほんとのことだと思うです~~^^*☆



 > りうりうさんは、淋しくはないの?



う。

きっとまだ、私には実感がないのだと思います(鈍っ)。

メールでいつでもヤりとりできますし。。。

ていうか、憧れの「 独り暮らし 」に突入して、私は今、嬉しいばかりかも(゚゜)\バキ☆



 > たまに夢に出てくると泣きそうになります。子離れできてないなぁ(苦笑)



嗚呼、もぉ、居ないんだ~、、と、しみじみしちゃうときって、確かに凄くあるのですが、

そゆときって、必ず「 もっとこうしてあげられたのでは 」みたく、

忸怩たる想いでヘコんぢゃうので、無意識に考えないようにしてるのかな^o^;。



上の少年は高2から、実家の母宅。

下の少年は、クラブで殆ど眠りに帰宅するだけ、という、徐々に徐々に離れていった形なので、

救われているのかも知れませんですね。。。

[ 2009/03/22 00:46 ] [ 編集 ]
黄金山に桜咲いてましたよ
子育てが一段落した今だからこそ、気ままに独り暮らしがしてみたいですね。旦那さんが単身赴任している友人達は、みんな期間限定な自由を満喫しています。旦那さんが帰ってくる友人は、うれしいやら悲しいやらって感じらしいです。わかるなぁ~。

娘は卒業した今も、試合が近い後輩達の練習相手に、毎日体育館に通い、相変わらずバタンキューです。

本当に、高校時代は家には寝に帰るだけでしたね(笑)まっ、今もなんですが…。
[ 2009/03/22 20:19 ] [ 編集 ]
Re:黄金山に桜咲いてましたよ(03/01)
は~ぃ☆>なかちゃん0131さん



22日夜に実家に泊まり、ちょっとだけ黄金山の桜、目にして来ました(//▽//)☆



 > 子育てが一段落した今だからこそ、気ままに独り暮らしがしてみたいですね。

 > 旦那さんが単身赴任している友人達は、みんな期間限定な自由を満喫しています。



でしょでしょ(汗)。

んでもそれに慣れちゃうと、夫君の帰還が負担に感じられるようになっちゃうんですよね(笑)。



その点、なかちゃんさんにはお義父さま、私には、近居ながら義母が ででん、と居ますから、

良し、としましょう????



 > 娘は卒業した今も、試合が近い後輩達の練習相手に、毎日体育館に通い、

 > 相変わらずバタンキューです。

 > 本当に、高校時代は家には寝に帰るだけでしたね(笑)まっ、今もなんですが…。



(笑)。 んでもこれが、学校が始まるまでの、最後の思いっきりバスケ、かも知れませんね。

うちの下の少年も、入寮に向けて、ヤらなくちゃならないこと、いっぱぃのハズなのに、

今回の第2次帰省では、中学、高校時のバスケ部練習に入り浸り、

夜も地元の社会人サークルで汗を流してバタンキューです(-_-)。



飲み歩いてたり、カラオケ三昧、などというよりは、マシ、なんですけど。。。(-_-)。

[ 2009/03/26 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。