FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

「 仏壇を買いなさい 」





        8月に長義兄のところに初孫が生まれる。 
              ( といっても 巣立って、生まれるところは関東 )


        義母にとっては 1番大切な長義兄の、
        そのまた1番愛しい初孫の子 であるので、
        毎日のように、悪阻はどんな感じだろうとか、
        広島で出産してくれないだろうか、とか
        あれやこれやと 心配しつつ、楽しみにしているのだったが。


          「 実は あんたに 相談があるのぢゃが 」


        と、思い余ったような口調。


        出た! a

        こんなときの義母の「 相談 」とは、
        義母のなかでは はっきりと方針は決まっており、
        それを押し通すために、
        「 りうさんも、そう言ってる 」という形を取りたいとき、なのである。(-_-)


      



        どうぞ とんでもないことでありませんように、と祈りながら義母宅へ。


        したらば、長義兄宅に 赤ちゃんを迎えるにあたり、
        どんなに小さいものでもいいから仏壇を用意しろ、と言いたいのだが、
        あんたからも口添えをして欲しい。


        というもの。 a


        義母曰く、長義兄の子どもたちにとって、
        長義兄宅が、「 本家 」となって行くのだから、
        長義兄の子の連れ合いが帰省してきたら、お仏壇に手を合わせるべきだし、
        今度は赤ちゃんが生まれるのだから、お仏壇の前で祝わねばならないし、
        何より仏さまのご加護を願わねばならない。

        子どもたちのこころの教育のためにも、お仏壇は絶対に必要だから、
        赤ちゃんが生まれるまでに買わねばならないのだ、と。


        そして 「 そのうち あんたのところも、の 」。



                  げ、げ~ん。   つ、つひに、来た。。。。。。orz....


      



        信仰深い義父母とは異なり、夫三兄弟は、
        お仏壇の前できちんと手を合わせ、読経にも付き合い、墓参も厭わないが、
        実のところは長義兄を筆頭に 徹底した【 無宗教 】なのである(滝汗)。

        夫など、結婚時に、イエの宗教を尋ねたとき、
        自分のイエが何宗なのか、答えられなかった程。 ^o^;。


             、、夫が全くこだわらないのをいいことに、
             私は自分の生まれ育った環境で、
             私自身が素直に手を合わせることのできる宗派を大事に思い、
             少年たちにも、私が通って 素晴らしい想い出ばかりのある、
             お寺さんの幼稚園へ行かせたのだった。

             んだから、少年たちには、お仏壇の前で手を合わせること、、には、
             比較的抵抗がなく、義母宅でも私の実家でも、
             行けば必ず、自然にまずはお仏壇に手を合わせるのだが。



               正直、私は、夫のイエの宗派が嫌い(゚゜)\バキ☆であり、
               この地に来て、義父を見送り、その前後のあれやこれやで、
               この地のお寺さんのことも心底イヤになっている(汗)。

               義父母宅のお仏壇のお世話をこれからして行くにしても、
               我が家の仏間へ、新たに、夫のイエの宗派のお仏壇を、
               買いたくはありません(゚゜)\バキ☆   言えないけど。


 
        、、、とはいへ、宗派を問わず、
        何かに向かって、手を合わせる――感謝する、ということ。

        自分たちが 今 生きて在れることに感謝する、ということ。

        そのこころは、確かにとっても大切なことだと思う。



        '06年に、再発した癌を抱えた妻とその夫と保育園児2人の家族の物語で、
        5歳の少年とその父親との 宇宙や生命をめぐる哲学入門書といったような
        『 てのひらの中の宇宙 』という本が出版されたが、

        元々、手を合わせる、ということそのものが
        自分の内的宇宙と向き合うことなんだそうなのである。

        こころ静かに 手を合わせ、今生きて在る自分と向き合う時間――。

        今の時代だからこそ、宗派を超え、そんな時間を大切に持っていて欲しい、と思う。




           んでも、そのことの強制はできないし、
           まして、ひとつの宗派、という狭いセクト的な枠にはめることを
           強制しては ならないんぢゃなかろうか。。。。

           子どもたちには、願わくば、手を合わせるひとびとの後姿に学び、
           来し方、行く末、自分が自分の力だけで生きて在る、のではなく、

           何か大いなるものに、自分たちが生かされ、或いは守られて在るのだ、と、

           そんなような謙虚のこころ、感謝のこころを持っていて欲しい、けれど。


               んで、それは私の願いであって、

               信仰深い義父母の後姿をずっと観て来たハズでも、
               きっぱり「 無宗教 」のスタンスでいる長義兄には、
               長義兄の、考え、願いがあるはずで。




           お願いだから、そんなところに

            「 【 三男の嫁 】もそう言ってた 」 という形で、

           義母の長義兄への願いに 私を登場させないで欲しい。。。(;;)。> 義母



ペン引

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ



関連記事
スポンサーサイト



Re:「 仏壇を買いなさい 」(03/02)
うぅ・・・

宗教は戦争の原因の最たるものです・・・



強制されてできるものではありませんし・・・

信じる物しか手を合わせることはできないですね・・



うぅ~ん・・・

これは困ったな(-"-)

言いたいなら自分の意見だけ言ってほしいんですけどね



申し訳ないけどお義母さん・・・行っちゃ悪いがちょっとひきょう者です(+_+)
[ 2009/03/07 22:10 ] [ 編集 ]
Re:「 仏壇を買いなさい 」(03/02)
お久しぶりです♪  って・・・またまた難しい問題にぶち当たってますねぇ。



義母上様だけに限らず「○○さんもそう言ってた」って子供&女の人がよく使うよねぇ。

先回りして長義兄宅へりうりうさんの思いを伝えたら?それも卑怯かな?



我が家では義父が宗教にこだわりがなく、長男だけど家を出たので義母が自分の実家と同じお寺さんの檀家にしちゃった。



こっちの方では家を継ぐものだけ(主に長男だけど)が仏壇も受け継ぐんですけど、大抵1つです。

離れて暮らしてるからといって、そんなあっちこっちにおかないんだけど・・・仏様が迷うって話も聞いたことがあります。













[ 2009/03/08 01:17 ] [ 編集 ]
簡単に「買いなさい」って言われても・・・
仏壇を置くには、色々と儀式が必要なのですよねぇ?(ーー;

御霊分け でしたっけ?ちゃんとお迎えの準備をして、入れるもん入れて、

あれやこれや・・・忘れちゃいましたけど、ありましたよねぇ?(;^_^A



この際、長男さんには戦って貰う事にして、

・・・・・・・・・・・義母さんの近くにいる りうりうさんは、

自分の意見は言い難いですよねぇ(==;

りうりうさんは、そんな事言うはずがないと分かってくれる長男さんだったら まだいいんですけど。。。

次から次へと、色々あるもんですね(A ̄ω ̄;)
[ 2009/03/08 09:38 ] [ 編集 ]
わっ・・・私のことかと
お仏壇を買いなさい・・・・という題名にキャツと反応してしまった私。

そう、我が家も買わねばならないのですが・・あっ、家には無いもので。

うーーん。我が家の主人は無宗教(というか無知)。なんで七七日忌法要しなきゃならないの・・とほざく始末。

宗教がからむと難しいですね。

どうぞ穏便にことが収まりますように。って・・・はぅりうりうさんのお困り顔が見えるようですが。がんばがんば
[ 2009/03/08 10:23 ] [ 編集 ]
Re:「 仏壇を買いなさい 」
宗教問題は…難しいですね~(-.-;)

宗派はわかりませんが、確か次男の方がお墓の面倒を(言い方が違うかな?)みたいと言ったら(たしか)『正当な家を継ぐ長男がいるんだからダメ』みたいに言われたとか…

私の先輩はお父様が『母親のいる墓に分骨したい』と言ったらやはり『次男だからダメ』と言われたそうな…

それを聞いた時…???でした

けっこう懐が狭いのね…と

だから~りうさんは大丈夫よ~『三男の嫁』なんだから~(^^)v(そこには入れないって!)

って 簡単な問題ではないですよね…( ̄▽ ̄;)

新婚家庭に『とりあえず』のお仏壇…

勝手に買っ押し付けられるより…

あ~(v_v)
[ 2009/03/08 21:09 ] [ 編集 ]
Re:「 仏壇を買いなさい 」(03/02)
今、わが家で困り者が仏壇。

現代の生活には、ましてや家賃の高い首都圏に住む若い人には、インテリア的にも困り者でしょう。

母が買ったものですが、私が死んだら、子供たちは壊して捨てるしかないよね。大きすぎて(汗)

これだけは業者もひきとってはくださらないそうです。

そう思うと、「仏壇は買うな!」と言いたい。

手を合わせることは大事で、棚に故人の写真でも飾ってあげるので充分ではないかと。

現代の住宅事情にますます合わなくなっていくシロモノが仏壇。

都内の娘の1Kの家賃を聞いたら、自分が死ぬ前に何とかしなくちゃって思っています。

宗教事情よりも住宅事情(゚゜)\バキ☆

死んだ人よりも生きているひとが優先。

ご先祖様は心の中につうか、身体の中にDNAでいきてらっしゃる!

だめ?



[ 2009/03/09 17:53 ] [ 編集 ]
バックボーン。
そそそ>やじさん上総んさん



 > うぅ・・・

 > 宗教は戦争の原因の最たるものです・・・



そのひとをそのひとたらしめてるバックボーンだったりしますもんね。

パレスチナの問題なんて、未来永劫、解決しない。。。。



 > 言いたいなら自分の意見だけ言ってほしいんですけどね



そうして欲しいです(;;)。

ただ、長義兄に仏壇を、との義母の想いは、長義兄が70歳、80歳になったら、

この地に戻って来てくれるのではないか、、という義母の切なる願いを断念した、、、

ということなんだろう、と思うと、義母もちょっと可愛想で。。。(;;)。



はぅ~。 それとこれとは別>ぢぶん

[ 2009/03/13 01:35 ] [ 編集 ]
「 先回り 」
黄パジャマさん、お久しぶりです^^*☆



 > 先回りして長義兄宅へりうりうさんの思いを伝えたら?それも卑怯かな?



く~~。 三兄弟の間がぎくしゃくしちゃうのは、とってもイヤなので、

私としては、この件に関して私は「 無実 」だと、是非長義兄に訴えたい!



んでも、それもまた、「 要らんこと 」のような気がしちゃったり。。。。

だって、そうするのは、義母のためでも長義兄のためでもなく、

まずもって、私の自己保身、でしかない、ですもんね^o^;。



宗派にもよるのでしょうけれど、お仏壇やお墓は、「 フツー 」は長男(長子)相続ですよね。

我が家の場合、夫は三男だから、お墓も仏壇も自分たちの代から用意することになる。。。



なのに長義兄に仏壇を買え、とすることは、いよいよ義母が、長義兄が帰って来ることを

諦めた、ってことなのだ、と思うと、ちょっと義母が可愛想になるです(;;)。。。。



どうなっちゃうかなぁ。。。。はぅ~。

[ 2009/03/13 01:45 ] [ 編集 ]
Re:簡単に「買いなさい」って言われても・・・(03/02)
そーなの、そーなの(T^T)>_AZ_さん



 > 仏壇を置くには、色々と儀式が必要なのですよねぇ?(ーー;

 > 御霊分け でしたっけ?ちゃんとお迎えの準備をして、入れるもん入れて、

 > あれやこれや・・・忘れちゃいましたけど、ありましたよねぇ?(;^_^A



まだ、記憶に新しい、義父母宅のお仏壇買い替えのあれやこれや。。。(-_-)。

あ、見つけた(-_-)。

【 http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200510050000/ 】



はぅ~。

このとき、義母宅のお仏壇は、既に我が家へ、という話であったけれど、

そのことはなし、で、新たに買え、ということなんですね。。。。(-_-)。



 > この際、長男さんには戦って貰う事にして、



将来のため、傍で見ていたいような、見るのが怖いような(゚゜)\バキ☆



 > 次から次へと、色々あるもんですね(A ̄ω ̄;)



私が「 長いものに巻かれない悪い嫁 」だから、ダメダメなのかしら、、、と思えて来て、

それは、とっても疲れた証拠?? はぅ~。

[ 2009/03/13 02:03 ] [ 編集 ]
Re:わっ・・・私のことかと(03/02)
きゃ~☆>usakoppi。さん

usakoppi。さんちでは、あちらのご両親も無宗教でいらしたと伺いました。

んでも「 ○○家之墓 」なるお墓を建てられたとか。。。



私たちの年代では、長男でなければ、自分の代の連れ合いが亡くなったりしないと、

なかなかお仏壇やお墓を購入しないですよね。。。



 > どうぞ穏便にことが収まりますように。って・・・はぅりうりうさんのお困り顔が見えるようですが。がんばがんば



く~。 有難うございます(;;)。

一体全体、何処に着地することになるでしょう。。。(;;)。

[ 2009/03/13 02:11 ] [ 編集 ]
「 長子相続 」
そそそ!>うさとらさん



 > 『正当な家を継ぐ長男がいるんだからダメ』みたいに言われたとか…



お墓やお仏壇は、そうみたいです。

民法では、長男、次男ではなく、皆同じ「 子 」となりましたが、

古来から脈々と受け継がれてきた一般常識?では、

長男とそれ以外の子どもたちの間では、全然、格やら重みやら、

背負わされるものが違ったままなんですよね^o^;。



 > だから~りうさんは大丈夫よ~『三男の嫁』なんだから~(^^)v(そこには入れないって!)



その三男夫婦がこの地に戻って来たから、様々な問題が巻き起こってるという。。。(滝汗)。



はぅ~~~~。

泣く泣く戻って来さされた、んだけどなぁあああ(゚゜)\バキ☆

[ 2009/03/13 02:16 ] [ 編集 ]
「 住宅事情 」
をを!>サヨコさん



 > ご先祖様は心の中につうか、身体の中にDNAでいきてらっしゃる!

 > だめ?



私は、自分が今、生かされて在ることに、手を合わせて感謝できるこころ。

単に「 故人 」という特定の人物や、「 ご先祖さま 」というのではなく、

何か大きなものに懼れを抱くことのできるこころ。

そんな何かに向けて真摯に祈るこころを大切にしたい。

子どもたちにも、そのこころを常に忘れないでいて欲しいと願っていて。



どこで手を合わせても同じ、ではあるけれど、そのこころが自然に培えたり、

そのこころが深まったり、きちんと自分に向き合えるのは、

例えばお仏壇の前であったり、神棚の前であったり、

床の間に こころ込めて活けるお花の前であったり、

そういう場づくりの努力も必要なことであろうなぁ、、、と思ったりするです~。



夫は、特定宗派のお仏壇、ということではなく、

「 君と僕と、共に胸打たれるようなお仏像を一緒に探して、

見つかったら、それを祀らせて貰ったらどうだろう 」 などと宣っています^o^;。



最初は、何を脳天気な、と感じたのですが、それもイイなぁ、、と思い始めました。



かなりお疲れちゃんです(-_-)>ぢぶん。

[ 2009/03/13 02:37 ] [ 編集 ]
Re:「 仏壇を買いなさい 」(03/02)
はじめまして。な~むくみちゃんと申します。

仏壇というキーワードからやってきました。



さてさて!大変な問題ですね。宗教問題・・・。

それに強要されては・・・。そういうので買うのってなんだか嫌ですよね。

私のダンナ様は外国人なのでまたまたややこしいのです。



仕事ではお仏壇を扱っていますが、やっぱりその裏には色々なドラマがあるのだな・・・。と痛感。

がんばって乗り切って下さいね!!応援してます^-^

[ 2009/06/09 14:13 ] [ 編集 ]
「 ドラマ 」
な~むくみちゃんさん、はじめまして。

古い日記に、メッセージを有難うございました^^*☆



 > 仕事ではお仏壇を扱っていますが、

 > やっぱりその裏には色々なドラマがあるのだな・・・。と痛感。



そうでいらっしゃいましたか~~。。。

義母宅では、近年、お仏壇を新しく買い換えたばかりで、そこでも色々とありましたんです~。



宗教の問題は、やっぱり難しいですね。

イエの問題と深く関わっていますから、結婚時によくよく見極めてないと、

不幸の素になっちゃうかも、、、と感じています。



 > 私のダンナ様は外国人なのでまたまたややこしいのです。



同国人でも大変なのですから、外国人でいらっしゃるなら、尚更ですよね。



何が倖せなのか、何のためなのか、皆が倖せになるにはどうしたらいいか。

日々、ふぁいとふぁいとです>ぢぶん。



な~むくみちゃんさんも、どぞどぞふぁいとですぅ☆

[ 2009/06/11 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する