FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。




昨日の私のブログ『 まだ夏休みぢゃない 』に関し、
『 夏休み短縮なんて初耳! 』なメッセージやメールを複数いただきましたので、
ちょっと補足させて下さいませ。


夏休み短縮傾向は、私立校では珍しくありませんが、
京都市教委では、
「児童生徒の確かな学力を養う」狙いで、市立全小中学校の夏休みを短縮。

最大で小学校は7日、中学校は5日間、一斉に授業日数を増やした由にて、
一自治体の全ての小中学校が夏休みを短縮するのは、全国的にも「異例」
(但し、文科省では調査しておらず、把握できていない)とのこと。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --


  んで、私は早くから広島もこれに習った、と耳にしていたのですが、
  うちの高校だけなんかいな?? 要・確認>ぢぶん。

  …って、何気にうちの場合、9日も増やしてるし。


  > ★のん★きっずさん (こんなところでごめんなさい)
    うちの高校は、市内で3指に入る進学校ではありますが、
    (って言っても、県内ではないですから、そこそこのものです)
    どちらかといえば、他の2校に比べ、
    豪放磊落、自由闊達、文武両道なる校風であったハズなのです。

    ところが昨年、国公立大進学者が、創立以来の人数を数え、
    就職者は自衛官、消防官の2名のみ。

    んだから? なんだかヘンな力を入れ方をしちゃってるような。
 
    やたら細かい服装検査、應援団取り潰し、修学旅行、そして夏休み。

    う"~ん。。。。
    うちの下の少年や私にとっては、「こんなハズでは、、」な、
    居心地悪い高校となりそうです。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ---


京都市教委では、2003年度から
各校が長期休業を弾力運用できることにしており、
昨年度は小学校の91%、中学校の51%が夏休みを短縮。

本年度は合併した旧京北町内の小中学校を含む181小学校、
80中学校すべてが夏休みを短縮し、授業日数を増やす意向を示した由です。
                    (京都新聞 4月6日付 記事より)


 #  ↑「弾力運用」って、なんか便利な言の葉。 メモしとこう。


ペンメモ





関連記事
スポンサーサイト



「弾力運用」
おぉ!ペンちゃん、一体この言葉、どんだけメモする気やぁ!!

では、吾も、この便利な言葉、メモしておこうっと!
[ 2005/07/22 06:06 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
>各校が長期休業を弾力運用できることにしており、



と言うことは、夏休みを長くしてもよいということで

すよね。そうはならないのは、何故?



悲しき受験戦争か
[ 2005/07/22 06:11 ] [ 編集 ]
おはよう
弾力運用って初耳!



覚えて使ってみたい・・・
[ 2005/07/22 07:07 ] [ 編集 ]
返事が・・・
まとまらない上に長くなってしまいました。



後でうちのほうに書いてみたいと思います。



でも内容だけ見るとうちの小学校と同じ方向性。

それをどうとればいいのかって言うことになるのだけれど・・・



ということで後は多分夜です。
[ 2005/07/22 09:50 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
ただでさえ汗だくになって勉強しているのにさらに授業日数確保で…なんて子どもの為に考えている事なんでしょうか?もっと勉強する事はあると思いけどな~。



地域を巻き込んで教科書だけでは勉強出来ない事をしていった方がいいのでは?

昔なら隣近所のおじちゃんおばちゃん達が、危ない事は叱ってくれたし、知らない事を教えてくれた。お兄ちゃんお姉ちゃんは、一緒に遊んでくれた…そんなのは今は無理なのかな?

我が子だけよければ、我が家だけよければが多くなってきてますよね。
[ 2005/07/22 10:52 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
うちの区内の小学校も、休みの長さがいろいろで・・・

となりのとなりの学校は、今日まで学校があったようです。

うちは、ふつうどおり昨日から休みに入っていますが・・・



土曜休みにして、長い休みが短縮になるなら、

第一第三でも土曜に出たほうがよいのか・・・

長い休みは必要ないのか?どっちでしょうね~。



かゆみににがりスプレー♪やってみたいと思います。

(しみるのを極端にいやがるんですが、どうなんだろ?)
[ 2005/07/22 13:50 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
ふむふむ・・そういうことですか。

さすが京都!?と思ったりもして・・。



弾力運用・・いい言の葉ですね。

便利かも(笑)。
[ 2005/07/22 20:19 ] [ 編集 ]
土曜日を休みにした弊害でしょう。
私は一サラリーマンとして3時の働く母としては週休2日、大賛成ですが、教員としては大反対です。

学校行事にすごいひずみが出てるんですよ。

こんなに忙しくなるくらいなら土曜日出勤した方がマシです。

夏休みも暑いんだから素直に休ませて欲しいですよ。



たくさんの励ましのコメントありがとうございました。少しずつ浮上を開始したいと思います。
[ 2005/07/22 23:54 ] [ 編集 ]
う~ん、そちらの県は、学区制があるの~?
おはようございます。

いま、高校は生き残りをかけて、大変なんでしょうね。

少子化の時代です。

小・中学校の、統廃合があれば、もちろん、高校にも統廃合が進んでいます。

都立高校の学区の廃止、大阪府立も学区廃止の予定と聞きました。

学区内の統廃合がもうおわっていたら、今度は、学区をある程度廃止して、また高校を減らしていくのだと、予想します。



愛知県でも、中堅クラスの高校の統廃合が進んでいます。

それを免れるのには、進学率をあげて、地元にとって残して欲しい高校にするしかないんじゃあないかと、

素人考えながら、思います。

特色ある高校が求められているんだと思います。



りうりうさんは、修学旅行の大学訪問・夏休み短縮に、???でしょうけど、

歓迎している保護者の方も、みえるでしょうね。



うちの市内トップ校も(同中学から30人前後が入学します。)、

夏休みの補習がびっしりで、

予備校行かなくていいと、親御さんたちは、喜んでいます。

でも、規則が厳しいしので、うちのボウズは行きたがりません。

親に似て、へそ曲がりなんです。

だから、伝統校のトップ校をねらっています。

(伝統校は、統廃合の対象になりにくいしね。)



今、仁クンの高校は、過渡期なんだね。







[ 2005/07/23 05:29 ] [ 編集 ]
RE:「弾力運用」
ワンダー弥々丸さん、珠玉さん



いろんな意味で「便利」な言の葉よねぇ?

良い意味で、「(原則を逸脱せず)フレキシブルに対応していく」的に使用したい言の葉であります。

[ 2005/07/23 07:50 ] [ 編集 ]
遠足やクラスマッチがなくなってるんです。
halさん



 > と言うことは、夏休みを長くしてもよいということで

 > すよね。そうはならないのは、何故?

 > 悲しき受験戦争か



根本にはそれがある(大学制度が変わらない)でしょうけれども、

直接的には「週5日制」のヒズミですね。

完全週休2日になって、授業数確保に学校側はおおわらわ。

どの学校も、遠足やクラスマッチ、合唱祭等々、

子どもたちの思い出を彩る行事は、軒並み廃止されていってる状況です。



んだから、このままですと、

【弾力運用】での夏休みの「延長」の方向は、とても考えられられませんですね(怒)。

[ 2005/07/23 08:00 ] [ 編集 ]
RE:返事が・・・
★のん★きっずさん、ぼっつりぼっつり。

ゆっくりゆったり参りましょう。。。って私に言われたくないか(汗)。



私も★のん★きっずさんに書かなくっちゃ、と思ってるコメントが

幾つも溜まっていますぅ。。



そうでなくても暑くて、バテバテになりそうな毎日。

休めるときには少しでも、横になって休んで下さいね~~。(ますます私に言われたくないか・笑)

[ 2005/07/23 11:30 ] [ 編集 ]
教科書だけでは勉強できないこと
たかな1374さん、おっしゃる通りです。



ある程度自分たちで選び、選ばれ、好き好んで進学した「高校」は、

またちょっと意味合いが違ってくるけれど、

殆どが地域で決められ、選択の自由のない公立小中学校

の動向は大きいですよね。



『もっと他に勉強をすることがある』。

まさに、まさにその通りですぅぅぅ☆

[ 2005/07/23 11:44 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮
市教委で一律実施というところには少し疑問を感じましたが、結果が気になるところですね。



どうせなら各校の校長裁量を広げた方がいいと思うのですが難しいのかなぁ。授業日数を確保することは悪いとは思わないけど、その増えた日数をどう使うのかの方が気になります。

ましてや暑い夏ですからねぇ。クーラーが各教室にある公立小中学校なんてそう無いでしょう。サウナみたいな教室でどう授業をするのか、余計な心配が増えるだけで終わらないといいですが・・・。
[ 2005/07/23 16:43 ] [ 編集 ]
学校によって違うと面白いなと思うのに。
都内の小中学校は>りれこさん

区内ならどの小中学校を進学希望しても良かったのでしたっけ?



最近とみに「特色ある学校に」とか「個性ある学校に」というのを打ち出す学校、

増えてきましたよね。

学校HPにも力を入れている学校も多いようです。



となると、

 > うちの区内の小学校も、休みの長さがいろいろで・・・



というのが自然な形だと思われます。

( ↑ 広島では、ちょっと想像つかない…)



小学校の全課程を修了したときに、その成果に学校によって著しく格差があっては困りますが、

学習への取り組み方や、総合学習の活用など、全課程修了への道筋は

学校によって色々あって良い、と思うし、

そういったことで、保護者が我が子の入学先を選択できる、というのは、楽しいですよね。

各学校も、児童・生徒獲得のために真摯な努力をするでしょうし。



、、、って、こういったことのしわ寄せは、

全部全部、先生方に来るのだろう、と思いつつ。





# 有効な痒み止め方法について、またまとめてみたいと思っています。

  にがりスプレー、是非、お試し下さい☆

  汗疹にも効きます。

  お子さまに嫌がられないよう、最初は極々薄めに作られ、

  段々と濃度を上げて行かれると良いですよ。

  私の2倍希釈は、緊急だったためです。

  涙が滲むほどしむる感じが、ちょうど温泉に入湯したときと同じだったので、

  (成分酷似)思い切って2倍、としたのでした。

[ 2005/07/23 17:33 ] [ 編集 ]
「さすが京都」、、、?
「さすが京都」なのですか?>こままさん



どうも京都には、2学期制導入等、こういった制度?を全国に先駆けて

横並びで導入している感があります。



そういった土壌? 気質? 政治的なもの?



京都老舗の「一見さんお断り」は有名ですが、

生粋の京都の方々の気質としては、「よそものを受け入れない」とか、

余り変化を好まないことで有名でいらっしゃいますよね。



なのに、教育関係はどうしてなのでしょう??

何かご存知でしたら、教えて下さいね~~~。

[ 2005/07/23 17:40 ] [ 編集 ]
週5日制のひずみ
あ~さんままさん、お帰りなさい。

元気なメッセージをいただき、本当に嬉しく、有難く存じます。

まだまだお悲しみは深く、慟哭の日々と拝察申し上げます。

でも、これから暑い暑い毎日が続きます。

食べられそうなもの、たくさん食べて、体力をつけて下さいね。



あ~さんままさんのおっしゃった、週5日制の弊害。

授業日数は減り、授業時間数は減らない。

学校行事を減らせ、と言ってるのと同じことですよね。

んでもって、大学制度は変わらない。

保護者が週5日制になった訳じゃない。

地域での土曜日の子どもたちを受け入れるハード設備は、まだまだ。



ようやくあちらこちらでPTAやおやじの会が主体となって、

行き所のなくなった土曜日の子どもたちの受け入れシステムを立ち上げている状況。



勢い、子どもたちは塾に流れ、

金銭的余裕がなかったり、その気がなかったりする家庭の子どもたちの行き先。。。



学校行事だけでなく、今やあちらこちらで大きな歪みが生じ、

そのしわよせは、先生方や、結局のところ、子どもたち。



なんだったんでしょうね。これ。

夏休みを削ることで帳尻が合う、と、本気で思ってるのかなぁ。。。

[ 2005/07/24 00:26 ] [ 編集 ]
来年度から高校の学区制は廃止です。
う"~ん、、、OMITAさん



 > いま、高校は生き残りをかけて、大変なんでしょうね。



おっしゃる通りなんだけど、

それでも『人気校』は、余程の怠慢放漫運営でない限り、路線変更のない限り、

『人気校』で有り得るんですよね。



下の少年の高校は、その意味で『人気校』であり、

伝統的な豪放磊落、文武両道、クラブ活動・学校行事重視というのが、

とても魅力だったんだけどな。



それで選んだのに、入学後に路線変更なんてズルイ。

(別に校長先生が変わられた訳ではありません)

オープンスクールや入試前説明会で、きちんと説明すべきだった、と考えます。



でも確かに、来年度からの学区廃止は大きいかも知れませんね。

なんといっても人気校は、広島市内の公立校ですから。

[ 2005/07/24 00:44 ] [ 編集 ]
クーラーどころか扇風機もありません。
わきさん、ご無沙汰をしております。コメントを有難うございました☆



>市教委で一律実施というところには少し疑問を感じましたが、結果が気になるところですね。



そうなのです。

『京都新聞』のサイトはとても整理されているので、

これからもちょくちょくチェックしていきたいな、と思っております。



増えた日数をどう遣うのか。

私も具体例をたくさん知りたいです。



>ましてや暑い夏ですからねぇ。クーラーが各教室にある公立小中学校なんてそう無いでしょう。サウナみたいな教室でどう授業をするのか、余計な心配が増えるだけで終わらないといいですが・・・。



高校は、空調設備の学校が増えましたですね。

クーラー設置資金は、PTAが動いて捻出している学校が殆どです。

うちの高校もそれで、空調費が諸費納入のなかに含まれていました。

かたや、うちの小中学校では、扇風機もありません。

制服を来て、教室のなか、びっちり40名。



あぁ、考えただけで、暑い~~~~。

アトピーの子どもさんでは、汗疹が膿んでしまいます。

どんなにキツいことでしょう。

(と、つい、我が身に置き換えて考えてしまうのでした…)

[ 2005/07/24 00:53 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
最近は現状もずいぶん様変わりしているのですね。



昔はよかった・・・と思う一人、です。



具合はいかがですか?

こちらの今日は涼しい陽気です。

このくらいだと、りうりうさんも凌ぎやすいだろうに、、と想っています。



[ 2005/07/24 12:49 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
地元の人間なのに、「そうみたい……」とのほほんと思っているワタクシです(^^;

ウチの子の小学校が二期制になったため、特別にそうなんだと思ってました。(^^;



しかし 夏休みが始まっても9時から11時くらいまで課外授業があり、学校に来てもいいことになっていて、その後プールがあるので、いわゆる「半ドン」の日が一週間ほど続き、本格的な夏休みは、8月からの

実質27日間だけという感じです。



ウチの子のようにハンデキャップの子は、友だち同士勝手にそこらで遊ぶこともままならず、夏休みは、親が行動してやらないと、ひきこもり状態なので、

今年はありがたい気がしています。

[ 2005/07/24 14:32 ] [ 編集 ]
Re:京都市では、市立の全小中学校が夏休み短縮。(07/22)
 京都は文教と福祉予算たっぷり、のイメージがありますよね。革新府政・革新市政が長かったからでしょうか。

 そのせいか、全公立校の普通教室が、来年夏には冷房化完了するらしいですよ。正直、羨ましいです。



 夏は暑くて勉強がはかどらないから長い夏休み、ってのがそもそもなんでしょうから、冷房化されれば夏休み短くてもかまわないのかな?



 わたしは、夏休み短縮反対、土曜授業復活熱望! だったりします。

 
[ 2005/07/24 19:02 ] [ 編集 ]
「昔は良かった」の落とし穴
OKEIさん、毎日暑いですね。 いつも有難うございます☆☆

お返事が大変遅くなりました。



私も、「昔は」「私の頃は」とついつい思ってしまいます。

何千年も前から

「最近の若いものは…」って言われ続けているというのにね。



「昔に戻ろう」という運動があります。

その論拠として出されるのが石原都知事をはじめ、様々な方々の論なのですが、

ぼんやりしてると、その主義主張に、つい頷いてしまいそうになります。

んでも、よくよく聞いてみると、なんかおかしい。



私は30年も40年も昔のような男尊女卑のムラ社会で、大変苦労しています。

本当に昔は良かったのでしょうか。

本当に生き易かったのでしょうか。



「今」はたしかにおかしい。

でも「昔」は正しかったのか?



私たちが手に入れ、そして失ってきたものは何か。

それはどうしてか。



それをきちんと、みんなが見つめ、考え、

学ぶべきところは学び、そして、常に前に向かって歩いて行かねばならないなぁ、と

痛感しています。



だからって、一朝一夕に何をどーすることもできず、

悶々とする日々ではあるのですが。

[ 2005/08/04 19:41 ] [ 編集 ]
わーぃ、思惟ちゃんだ☆
思惟ちゃん☆、お返事が遅くなってごめんね。



 > 地元の人間なのに、「そうみたい……」とのほほんと思っているワタクシです(^^;



地元だからこそ、というのかも知れませんよん。



夏休みが始まってからも1週間は、9時から11時くらいまで課外授業がある由。

そしてその後のプール。。。とても有難いですね。

うちの町だったら考えられない。



やはり、かいちょーさんが書かれているように、

革新府政・革新市政が長かったこと、

それが文教と福祉予算を潤沢に取る政策であったこと、であるからなのでしょうか。



次代を担う子どもたちや、社会的に弱者の立場に置かれる方々を

真の意味で大事にしなければ、国の未来はない、と私は思います。



常に最先端?を走って来られた京都の試み、

もっともっと注目したいし、行く末、波紋、知りたいです。

これからも京都新聞のサイトは要チェックだ~~☆



思惟ちゃんちは、これからが夏休みですね。

上の少年も茹ってるようです。 夏バテしないでね。

[ 2005/08/04 22:09 ] [ 編集 ]
全公立校、普通教育冷暖房化
かいちょーさん

地理的に近いところにおられると、情報がたくさん耳に入られることでしょうね。



↑の思惟ちゃん宛にも書きましたが、

革新府政・革新市政の賜物として、文教予算が潤沢であり、

結果、子どもたちがどのように育まれるのか。



長い目で見なければ判らないことながら、

たちまちのハード面での豊かさには、涎が出そうです。。。



> わたしは、夏休み短縮反対、土曜授業復活熱望! だったりします。



私もですぅぅぅ!!

 

- - - - -

[ 2005/08/04 22:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する