FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

PTA役員が 「 NO 」 と言うとき



昨夜の事件 について、たくさんのご意見を有難うございました。


今回の事件は、論点として2つ問題がありました。


1)うちのPTAの常任理事、という立場にある体育部部長が、
  事前に部会や部員間その他での論議もなされず、
  体育部部長として挨拶する公的場で、
  いきなり個人の意見、それも行事に対する否定意見をぶちあげたことについて。

2)町内小中学校PTA対抗バレーボール大会の試合後の
 【 打ち上げ 】 の是非 について。


どちらも、大切なことで、
うちのPTA体育部にとっては 重大なことでもあり、
一緒には語れないようにも思えましたので、
1つ1つ整理させていただきたいと、思います。


まずは、1)。

うちの中学のPTAでは、役員を 「 理事 」 と呼びます。(何故かは不明)
理事さんには2種類あり、
各クラスから2名選出されるクラス理事さんと
各小学校区から各定数選出される地区理事さんがあります。
各理事さんの総数は、80余名に及びます。

クラス理事さんたちは、それぞれ学年代表理事さんを1名選出。
各小学校区の理事さんたちは、地区代表理事さんを1名選出。

そして、それぞれの理事さんは、代表理事さんを含めて全員が、
体育部、文化部他4つの事業部に分かれて所属し、部長を選出します。
この部長は、代表理事を兼任することはできません。

会長、副会長、執行部、学年代表、地区代表、そして4つの部の部長。
これに、校長と私が顧問として入り、
教職員の学年代表の3名を加えたメンバーが、
うちの 【 常任理事会 】 のメンバーとなります。

そして、学年代表理事、地区代表理事、各部部長は、
来年度の会長、副会長の選考委員にもなるのです。



クラス理事は、新年度になってから、各クラスで選出されますが、
地区理事は、前年度のうちに各地区で選出し、引き継ぎます。
(このあたりのすったもんだは、
 2月22、23、24日、3月18日の2つのブログなどに記載)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - --


昨夜の事件の体育部長さんは、
うちの中学PTAでは 初めての役員さん。
それも、そのクラスの意向でじゃんけん選出で、クラス理事さんとなられ、
希望していなかった体育部に所属となり、
唯一、【 くじ引き 】 で決まった部長さん。

不運としか言いようのない部長さんであり、
ご自身も不本意で、不満で、嫌で嫌で仕方がない、というスタンス。

そのため、急遽、新副会長ともうひとり執行部がサポートで体育部に入った。

体育部さんの最初の仕事は、運動会のPTA種目での人数集めだった。
なかなか人数が集まらず、部会は何度も開かれた。

並行してバレーボール大会への選手集めにも動いており、
何度も開かれる部会には、会長も副会長も出席しており、
「 打ち上げ 」 の是非、問題提起は、幾らでもできたハズだった。
「 NO 」 の声をあげることは、いつでもできたのである。


なのに突然、彼女は、バレー練習初日の公式の席で、
いきなり 「 NO 」 と 表明する。

しかも、その理由は、「(自分が)嫌いだから 」 「 時間がないから 」 だった。

そこには、いきなり 「 NO 」 と言われた側の立場、感情。
彼女が代表しているハズの 体育部員の心情、立場。
このどれをも斟酌していない。




「 慣例だから 」「 前例にない 」「 そんなことをしたら次代のひとたちが困る 」。。。

PTAに限らず、ひとが新たに何かをしようとすると、
常に上記の3つの言の葉が、圧し掛かってくる。

特に、これまで 「 PTAで当然のように 」 やって来たことに
「 NO 」 の声をあげることは、大変な勇気とエネルギーが必要である。

「 いましかない 」 という彼女なりのタイミング。
彼女なりの決意の元での発言であっただろう。

しかし、昨夜のあの場で 「 NO 」 と言って、何がどうなったか。

あそこに居た全員が、嫌な気持ちになった。
会長、副会長、校長等は、動転したことと思う。

選手だって、「 そんな嫌々なら、してくれんだっていいわぃ 」と思ったかも知れない。

確かに、もう「 言わなかった 」 ことにはならない。
「 内々で揉み消す 」こと は もうできない。



で、私は、余りに自己本位であり、哀しいやり方、だと思う。
例え、やむにやまれぬ想いを抱えての行動だったとしても、
彼女の本意はちっとも伝わらず、不要な「敵」をつくっただけではなかったか。


体育部内で。
或いは、執行部に。 或いは、総会で。

「 NO 」 と言い続け、語り尽くして、それでもダメで。
最後の手段で 「 直訴 」 という形を取ったのなら、勿論、また話は別である。



私自身が、
「 慣例だから 」 「 前例にない 」、
「 そんなことをしたら次代のひとたちが困る 」。。。
この耳タコなる3つの言の葉に、
随分と押し潰され、やり切れない想いを抱えて来た。

「 慣例 」 云々にとらわれず、
疑問を感じたなら、常に原点に戻ろう。

なんのためか、誰のためか、こうした手順はどうしてか。

常に再確認し、先人の方々が築いて来られたこれまでの道程を踏み台、叩き台として。

より良い方向に向けて、皆で知恵を出し合い、語り合い、創意工夫し、
皆でつくりあげていってこそ、のPTA活動だと、私は思う。



              # 「 打ち上げ 」、、、については ファイルを分けます。



関連記事
スポンサーサイト



ジャンル : 学校・教育
テーマ : PTA

タグ : PTA PTA役員 打ち上げ 打ち上げの是非 慣例 前例 根回し

[ 2005/06/10 00:00 ] 本日のPTA | TB(1) | CM(9)
昨日のにも書いたんですが。
大人げない、の一言に尽きます。その体育部長さん。

やりたくてやってるわけではない、なんて、どんな仕事にだってあることで、それを云々言うのはいい年をした大人のやることではないです。



>より良い方向に向けて、皆で知恵を出し合い、語り合い、創意工夫し、

皆でつくりあげていってこそ、のPTA活動だと、私は思う。



全く同感。いいことも悪いことも話し合いで解決していくのが紳士淑女のマナーです。

その方、これからますますやりにくくなりますね、体育部内でも。自業自得ですが。

それとも、彼女の意見に同調する強力な勢力があるのでしょうか?だとしたら、波乱は必至。

「打ち上げ」の是非に絞って(彼女の行為はその際横においといて)徹底的に話し合う時期が来てるのかもしれませんね。



私個人は打ち上げ、好きな口なので、宴会は大歓迎ですが。

(集会所が会場っていうのは準備大変だけど。)
[ 2005/06/11 00:11 ] [ 編集 ]
Re:PTA役員が「NO」と言うとき(06/10)
なんの話し合いも、相談もしないでの発言

まわりの人は大変にあわてられた事でしょう。

まわりの方も、大変ですが

その体育部長さんも、これから大変な思いをなさるのでしょうね。。

短慮であったと言う事では、すまないかもしれません・・・

シコリを残す事になって、残念ですね・・・

[ 2005/06/11 00:19 ] [ 編集 ]
Re:PTA役員が「NO」と言うとき(06/10)
くじ引きで嫌々なってしまった彼女の 追い詰められた末の 暴挙なんでしょうか?

 何の為の 打ち合わせ、会合なんでしょうね。。

あるいは、どなたかにまず 相談するとか・・

方法は色々あったはずだし、選ばれた以上 最低限の

努力はすべきなんでは??その上で 自分が打ち上げに

不参加の形を取れば、あるいは 挨拶だけで 一足早く

失礼するとか。。。

何事も 強制はよくないですが、妥協点を出し合うのも

必要ですね。
[ 2005/06/11 18:30 ] [ 編集 ]
話し合う時期
きっとそうなんだと思います>あ~さんままさん



年々、役員さん選出の困難さは目を覆うばかりだし、

昨年は、「受けて1度もしない」と宣言し、貫いた方が出現しましたし。



役員を受けて下さるだけでも感謝、感謝です。

ですが、こんな形でみんなが。

それも部長さんが「NO」を言い始めれば、

もう何もかも収拾がつかなくなってしまいます。



せっかくの嵐。 良い方向への嵐となるよう皆で努力したいです。

[ 2005/06/11 19:06 ] [ 編集 ]
しこり。。。。
まさに、まさに>ポテコロ♪さん



面積だけは広い町ですが、色んな意味で狭い町。

あっという間に、彼女の言動は広まりました。

聴きたくもありませんが、彼女の小学校の保護者さんだった時代の

これまでの言動までもが取り沙汰され、耳に入って来ます。



「NO」と言う、せっかくの勇気、エネルギーは、全部彼女に跳ねかえって。



なんとか上手に、良い形での話し合いになっていければ良いのですが。

まだ、ソフトボール大会も冬のバレーボール大会も控えてますから。

[ 2005/06/11 19:15 ] [ 編集 ]
Re:PTA役員が「NO」と言うとき(06/10)
疑問を持ち、自分の意見を言う、このこと自体はいいと思うのですが、やはり”場”と”時”は選ばないとと思います。

事前に自分の考えを話す機会がゼロだったわけじゃないですよね。

それならば、まず部会で、個人的にはこう思いますが、みなさんはいかがですか? と、そこから始めるべきだったんでしょうね。



「慣例だから」「前例にない」「そんなことをしたら次代のひとたちが困る」。。。



これらの言葉に縛られると、善きにつけ、悪しきにつけ、なにも変えることはできなくなります。

りうりうさんがおっしゃるように、まずは原点に立ち戻り、これはなぜこれまでこういうやり方だったのか、なんのためのものなのかをみんなでよく論議することが必要なのだと思います。



少し時間を置いて、まずは体育部さんの中で話し合われるとよいのですが。

りうりうさんも顧問という立場だとなかなか発言しづらいでしょうね。

ご意見のあるところではありましょうが、多分会長さんや新副会長さんもこの件については、なにかしら策を講じて、対処なさろうとしているかと思います。

もどかしいでしょうが、見守ることも大事なお役目。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/
[ 2005/06/11 20:32 ] [ 編集 ]
暴挙
nonjoviさん、あれから、聞きたくないのに彼女に関しての情報が耳に入りまくりです。



胸に痛いのは、「あのひとはあぁいうひとじゃけん」。



暴挙に見えた彼女の言動。

「元々そんなひとだから」で片付けられ、「暴挙」とすら認知されず。

必死で投げたに違いない爆弾が、このまま不発となり、下手すると自爆効果にしかならないのか?



私は彼女と小学校区が異なるため、よく彼女を識らないのです。

予想され得る1番最悪な結果となりそうで、「傍観者」な自分がなんだか辛いです。
[ 2005/06/11 23:29 ] [ 編集 ]
TPO
千愛さん、何事もTPOって大事ですけれど、

「NO!」という時ほど、

TPOを間違えると取り返しがつかなくなってしまうような気がしてなりません。



>もどかしいでしょうが、見守ることも大事なお役目。



はぃ☆ 「傍観者」であることに後ろめたささえ感じておりますが、

今のところ「三猿」状態に徹しております。



※BBSに『夕凪の街 桜の国』のご感想を有難うございました☆☆

 BBSだとこのまま流れちゃいますので、よろしければせっかくですから、

 私のブログの方へコピペさせていただいてよろしいでしょうか。

[ 2005/06/12 01:02 ] [ 編集 ]
『夕凪の街 桜の国』
りうりう**さん

>千愛さん、何事もTPOって大事ですけれど、

>「NO!」という時ほど、

>TPOを間違えると取り返しがつかなくなってしまうような気がしてなりません。



>>もどかしいでしょうが、見守ることも大事なお役目。



>はぃ☆ 「傍観者」であることに後ろめたささえ感じておりますが、

>今のところ「三猿」状態に徹しております。



>※BBSに『夕凪の街 桜の国』のご感想を有難うございました☆☆

> BBSだとこのまま流れちゃいますので、よろしければせっかくですから、

> 私のブログの方へコピペさせていただいてよろしいでしょうか。

- - - - -



はい、ありがとうございます。

また私のサイト「千愛の家」↓ にも

感想を日記に書きましたので、お立ち寄りいただければ幸いです。



http://www.geocities.jp/chiaki_konishiki/
[ 2005/06/12 11:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

打ち上げ考
続いて、 2)町内小中学校PTA対抗バレーボール大会の試合後の  【 打ち上げ 】 の是非について。 以前に、『 PTA懇親会の効用? 』 について書いたことがある。 ...
[2011/10/07 19:56] 今日も元気で