今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 千寿 』 純米梅酒。







       梅酒は、母が漬けていたし、結婚してからは自分で漬けている。
       義母も漬けてはいるのだが、一族皆、日本酒が好きなので(笑)、
       つくり甲斐がない、と、山の休耕田の梅は 殆ど梅干になる。

       だもんで、市販の梅酒や、ひとさまが仕込まれた梅酒を飲む機会がない。


       この度、友人のごきょうだいが、酒蔵で働いていらっしゃり、
       そこでは、梅を純米酒に仕込んでつくる梅酒があると聞き、興味津々。


       ネットで調べると、幾つかヒットする。
       友人のごきょうだいさんがつくっておられるのは、きっと、これ。








             美しい壜だな~。
             一輪挿しになっちゃいそう。

             などと思っていたらば、突然、宅急便がヤって来る。



梅酒~☆


有朋自遠方來、不亦樂乎。




         ぅっわ~~!!!

         純米梅酒だ~~!!? それも2本んんんんん~~!


         この御方には、先に長野のお土産の蕎麦焼酎と
         ごきょうだいがいらっしゃる酒蔵の米焼酎をいただいたばかり。

         なのに、日を置かず、梅酒が漬かったよ~と(;;)☆


            有難く床の間に飾り、手を合わせ、
            断酒中(笑)なので、木曜の通院日を無事に終えて、夜に封を切る。


            切った途端に梅の芳香。
            けれど、梅に混じる日本酒の香り。


            一口二口、含んで舌に転がしてみて、
            間違いなく梅酒、なのに、
            日本酒だから、なのだと思わされるまろやかさに、なんだか複雑。

            この甘みは、何処から来るものだろう、などと、
            ついついお味のなかみも分析してしまう。

            強引につくられたお味でないことは判る。
            丁寧に、慈しんでつくられたお味なのだ、と感じる。

            なのに、舌と脳が分析を始め、無心に飲めない(汗)。
            なんとか、梅の味と純米酒を分離させようとしているらしい。

            ロットナンバーまで振られている純米梅酒である。
            おそらく純米酒の甘みを最大限に生かして漬け込み、
            細心の仕上げをしてあるのだと感心しつつも、


                梅酒は 焼酎で。
                純米酒は純米酒でいただかなくては、勿体ない、と
                思ってしまう私は、貧乏性^o^;。
 

           全国新酒鑑評会で通算11回の入賞を果たすという、淡麗銘醸蔵。

           美しい壜を愛でながら、
           ぅし!! 今冬は、こちらの(大)吟醸を注文するのだ!!
           ぱぱさんちの絶品原酒も勿論。

           2つ並べて床の間に飾ると、きっと倖せ。

           と、こぶしを握りつつ、気付けば、1本が空に。 ( ̄▽ ̄lll)
           なんだかんだと ぅだぅだ 考えながら、美味しくいただいたってこと。



                               誰が断酒中だって? > ぢぶん



ペン感謝.gif

 深謝。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



関連記事
スポンサーサイト
そうだ! 下の少年に!
父に似ても母に似ても、酒豪となるハズ(汗)なのに、

どうもお酒には弱いらしい下の少年が、唯一、美味しい!と喜んで飲むのが梅酒。



純米酒でつくられた梅酒は、彼にとってどうだろう??

嬉しそうに、美味しそうに、飲んでくれるかな?



彼がお正月に戻って来るまで、もう1本は大事に仕舞っておこう(//▽//)☆

[ 2008/09/06 09:18 ] [ 編集 ]
Re:『 千寿 』 純米梅酒。(09/05)
梅ノ木があるんだ、いっぱい実がなるでしょ、、、梅酒はうちはおばあちゃんが毎年つくってます、、、冬のお湯割もいけます~
[ 2008/09/06 09:25 ] [ 編集 ]
Re:『 千寿 』 純米梅酒。(09/05)
純米酒で漬けた梅酒があるの!?

初耳!

後で効くから、最近は冷酒は避けているのだけど、おいしそうね♪

[ 2008/09/06 09:47 ] [ 編集 ]
梅の木。
フセン王子さん。



 > 梅ノ木があるんだ、いっぱい実がなるでしょ、、、



梅、キウイ、栗、柿、椎茸、、、、もの凄い量が採れてたのですが、

義父母が倒れて以来、耕作放棄地になってしまひました( ┬_┬)。

【 徒歩 】で小1時間山道を登ったところにあるんですもん(;;)。



耕作は無理でも、梅や栗は採りに行きたいのですが、

既にお山と同化を始めており、蝮と猪が恐ろしく、禁止されています~~~(悲)。



フセン王子さんちにも西の魔女がいらっしゃいますですね^^*☆

[ 2008/09/06 11:24 ] [ 編集 ]
純米梅酒。
土壇場サヨコさん



 > 純米酒で漬けた梅酒があるの!?

 > 初耳!



余り耳にしませんよね。

おそらく先に梅を蜂蜜などで漬け込み、後から純米酒で本格的に仕込むのだと思います。



だもんで、すご~~くまろやかです。

カ~~~っと効くのが好きな(゚゜)\バキ☆私には、物足りないほど(゚゜)\バキ☆



 > 後で効くから、最近は冷酒は避けているのだけど、おいしそうね♪



梅酒だから、だいぢゃぶでいらっしゃるのでは^^*☆

機会があられましたら、トライなさってみて下さいませ☆☆

[ 2008/09/06 11:38 ] [ 編集 ]
Re:『 千寿 』 純米梅酒。(09/05)
千寿の梅酒なんですか?

すごいですねぇ・・・

[ 2008/09/06 22:55 ] [ 編集 ]
『 千寿 』
をを!>やじさん上総んさん



 > 千寿の梅酒なんですか?

 > すごいですねぇ・・・



『 千寿 』って、有名なんですね^^*☆

サイトに行って、純米酒につけられた『 白拍子 』の物語を読んで来ました。



今のところ、私はこの地の地酒と、お隣の町の地酒と、ぱぱさんちの原酒がイチオシなのですが、

この度、ご縁をいただいた『 千寿 』。

新酒時期が楽しみですぅぅぅ(//▽//)☆☆



             だから、誰が断酒中だって?>ぢぶん (-_-)

[ 2008/09/07 00:49 ] [ 編集 ]
Re:『 千寿 』 純米梅酒。(09/05)
はい 毎度ありがとうございます。



リキュール類の法定数量が緩和されたので、うちの蔵も挑戦してみようと考えたけど、おいしい梅の確保と手間がね・・・。細かな製造方法は企業秘密。清酒で造る場合 やはり米だけから造る純米酒が 素材との相性がいいですね。ここからが問題なのよ。ホワイトリカー35度でさえ おいしくなじませるのに6ヶ月寝かせるのに、蒸留しない日本酒は原酒でも20度。どうやってこの梅のエキスを溶け込ませるのでしょう?当然 糖分も加えますが、さて・・。それに、純米酒の原酒ということで・・・お値段もそれだけで・・。



 などと つぶやきましたが 優しいまろやかさがありますが 冷やさないと ちょっと口当たりが重くかんじられることがあるかもしれません。蔵人の技のみせどころですわ。梅がちょっと入ることで 満腹中枢が大らかに成りますので 食欲がちょいとでます。



いろんな 美味しいお酒との出会い 楽しみですね。



お褒めいただき ん~頑張るぞ~と決意新たなんですが、11月からは 真面目モードの私ということで・・・・・それまでは・・(笑)
[ 2008/09/07 12:23 ] [ 編集 ]
「 美味しい梅の確保と手間 」
をを☆>ぱぱさん

ご本職からのコメントを有難うございます^^*☆



 > リキュール類の法定数量が緩和されたので、うちの蔵も挑戦してみようと考えたけど、

 > おいしい梅の確保と手間がね・・・。



ははぁ。。。 やっぱり大変ですよね。

美味しいお酒をつくるのだけでも大変なのに。



千寿さんでは、静岡県磐田市で唯一の蔵元であるのと、そのご当地の「豊岡梅園の青梅」を

確保されてるようなので、おできになるんでしょうね。



ぱぱさんちは、元々米どころ酒どころでいらっしゃるから、

梅酒に新規参画なさるには、良い梅確保の競争率がキビしそう。。。

新しいものづくりより、今の素晴らしい『 越の鷹 』のますますの充実、

ラインアップづくりの方が、きっと素敵☆☆

あの原酒としぼりたては、本当に絶品ですわ。



 > ここからが問題なのよ。ホワイトリカー35度でさえ

 > おいしくなじませるのに6ヶ月寝かせるのに、蒸留しない日本酒は原酒でも20度。



ですよね~~。 私も不思議に思ったんです~。

どの蔵元さんも、最初は試行錯誤の繰り返しでいらしたことでしょうね。



千寿さんの梅酒、最後はロックでいただきましたが、

そのまま生でいただいても、余り口当たりが重いとは感じませんでした^^*☆

自信作でいらっしゃるんでしょうねー。



 > お褒めいただき ん~頑張るぞ~と決意新たなんですが、

 > 11月からは 真面目モードの私ということで・・・・・それまでは・・(笑)



(-_-)。

11月に息切れなさいませんよう。

[ 2008/09/07 19:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。