今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

盂蘭盆。






      15日。


      この日しか皆が揃わない由にて、次義兄一家が帰省。
      前日、十数年ぶりに実家へ盆帰省した私たちも、
      これに備えて前日中に蜻蛉返り。

      膝を痛めた義母を気遣い、
      次義兄一家も、隣県から日帰りスケジュールでの帰省である。


      義母は、昼食に豪勢な折詰めの仕出しを取ることにし、
      私は、他にちょこちょこおつまみ仕様をつくれば良いだけになり、
      涙の出る程、嬉しい想いをするが、
      義母は、涙の出る程淋しく、情けない想いでいるので、ただただ神妙に畏まる。



         だってーーー。

         3年前までは、4時起き、5時起きで
         胡瓜を60本薄切りして、バケツ1杯里芋剥いて、バケツで高野豆腐を戻し、
         バケツ半杯分ずつ人参や牛蒡を乱切りにし、また、ささがきし。

         お煮しめを作り、お寿司をつくり、
         巨大な魚たちをさばき、刺身に焼き物に煮魚、あら炊き、お吸い物。
         クーラーは勿論、扇風機も換気扇もない、暑くて狭い台所で、
         2~3時間天麩羅を揚げ続け、Tシャツを2回は着替え。。。


         とんでもなく徹底的なる「 おさんどん 」を
         長くて1週間は続けて来たのだから( ┬_┬)。  ( 3年前のGW )



       それを思えば、この楽さ加減は、夢の如し。

       子どもたちも、今回は社会人1年生、大学生3人、高校生1人、と
       全く持って手が掛からなくなっており。

       この社会人1年生、大学生3人がオムツだった頃は、
       早朝からお昼過ぎまで洗濯機を回し、殺人的に忙しかった。
       今の私では、初日から死亡していたんぢゃないかと思う ^o^;。

       私がこれらの日々を、ただ懐かしく想い、淋しくも想うようになるのは、
       まだまだ先のこと、ではなかろうか ^o^;。


??   ??   ??



       瑛太そっくりになってて驚いたイケメン社会人1年生を筆頭に、
       美男子(笑)4人と、バトミントン部主将となった色黒美人の女子高生と。

       皆で義父のお墓参りを済ませ、昼食のセッティングをし、
       ゎぃゎぃ楽しく、豪華な折り詰めを囲むと、丁度正午。

       つけっ放しだったTVは、変わりなくオリンピック中継をしていたため、
       思わず 「 黙祷! 」 と 私の口から号令が出る(滝汗)。


           し、しまった~~~!

           私ってば私ってば私ってば。 a

           慌てて皆を見たら、次義兄から義母も次義兄嫁も、
           イケメンたちも色黒美人さんも。

           みんな素直に手を合わせて、目を閉じ、黙祷していた。


       瞬間、ちょっと感動する。


       毎年毎年、台所でドタバタしており、座敷でわぃわぃしてる子どもたちに
       「 12時には黙祷しなさ~ぃ 」と怒鳴るのが精一杯。

       正午に台所でちょっとだけ手を止めてこっそり黙祷するのは私ひとり。
       女性陣は皆それぐらい「 それどころではない 」空気に殺気立っていたのである。


       形ぢゃない、こころだよ、って、普段の私はそう思ってる。

       手をとめて、目を閉じて黙祷しなくたって、
       こころのなかでしっかりと手を合わせれば、それでいいのだ、とも思う。

       思うけれど、おさんどんは、「 業務 」とか、そんなんぢゃないんだから。


        ほんの1分だけでいい。

        ちゃんと手をとめ、手を合わせ、頭を垂れて、
        あの戦争で大切ないのちを喪われた方々の御霊を悼み、哀悼の誠を捧げ、
        今自分たちが生きて在れることに感謝し、
        その分、私たち自身が しっかり平和を祈念し、守っていくことを
        きちんと形として表明し、誓ってもいいんぢゃないか、と思って来た。


            結婚して25年目。

            ようやく、婚家で、皆で揃ってきちんと黙祷できた。
            20前後の青少年5人が素直に手を合わせ、黙祷した。 

                      なんだか、それだけで、超ハッピー。



ペン潤


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



関連記事
スポンサーサイト
お久しぶりでございますぅ~。
 お久し振りです。お懐かしくございます。お元気そうで何よりです。終戦記念日の正午。私は娘のバイト先の天ぷら屋さんで、義姉、姪っ子、夫、娘と5人で昼食を頂いておりました。来年からは、黙祷をと思います。

 ところで、りうりうさん宅には娘さんもいらっしゃったんですか?姪っ子さんの事ですか?仁君は今、どちらにいらっしゃるのですか?って、質問攻めでごめんなさい。
[ 2008/08/17 15:07 ] [ 編集 ]
Re:お久しぶりでございますぅ~。(08/15)
さきさんもお元気そうで何よりです^^*☆



ご夫君は、お嬢さま旅立ちショックから立ち直られたでしょうか^^*☆



お嬢さんもお元気でアルバイトに勤しまれているのですね☆

お盆帰省をされなくても、周囲の方々は何もおっしゃらない。。。??(滝汗)。

この地の古い方々の間では、考えられないです。。。^o^;



 > ところで、りうりうさん宅には娘さんもいらっしゃったんですか?



ぃへぃへ、少年たちだけです。

小麦色のアスリート美人さんは、次義兄の娘になりますです~~^^*☆



下の少年は後期の国立大を辞退し(滝汗)、関西方面の公立へ進学致しました~。

県外入学者のため、入学金が倍近く違い、学費の振り込みが可能なところも県内2箇所しかなく、

保護者としては苦労しております~~(;;)。



といっても、少年の学部では、5分の4以上が県外生らしいです。

県立大学としては、複雑な想いをしておられるのではないかと想像しますです。。。

[ 2008/08/17 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。