FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

2人の大学生。







       上の少年は、来月に、第2志望の京都の私学法科大学院の受験を控え、
       2つのバッグにぎっしり判例集を詰め、14日~18日の日程で帰省して来た。


       下の少年は、11日に帰省し、23日まで、と随分ゆっくりである。
        ( なんのことはない、12日にクラス会。
          その後、16、18、22日とOB会やら何やらがあるから。(o_ _)oポテッ )

          



上の少年☆リビングでも勉強中      下の少年☆殆ど寝転んでDS中。

寸暇を惜しみ、リビングでも参考書を開く兄と、
ようよう前期試験とレポート責めから解放され、
せめて自宅にいる間はゆっくりしたいと、母のDSで遊ぶ弟。





       15日夜は、久々の4人だからトランプで遊ぼうとせがむ下の少年に、
       ごめん、16日~17日はOB会だから、と2階へ上がって勉強する上の少年。


         「 遊ぼぅ? 遊ぼぅ? 」  (-_-)

                         君は赤ちゃんか > 下の少年。


       これでほんとに独り暮らしをしていたのか、甚だ疑問な下の少年につきあい、
         「 たっくん、ごめんね 」と断り、
        夫と下の少年と私とで、お風呂掃除を賭けて、セブンブリッジを楽しむ。


       でもでもやっぱり。
       2階のクーラーのない自室で、独り試験勉強をする上の少年が不憫で、
       いまひとつ盛り上がらない。(-_-)

       いただきものの桃や葡萄をお皿に盛り、下の少年に持って行って貰う。


         兄に渡して階段を降りて来た少年が、兄の姿から連想したのか、
         入試を首席で入って来て、同じバスケのサークルで仲良くなった
         友人の話をする。


           京都大学の数学を満点取ったのに、他の科目で失敗し、
           浪人できないために、学費免除、寮費免除、奨学金返還免除という
           恩典を勝ち得た下の少年の大学へ入学した由にて、

           バイトは家庭教師で、個人でポスターを貼って生徒さんをゲットし、
           月に15万の収入。

           東京大学医学部卒業後、留学中の姉君のため、
           その収入から10万円を両親に仕送りしているそうである。 


        下の少年の周りは、皆、賢いひとたちばかりらしく、
        少年は大いに刺激を受けながらも、
        所詮、自分とは頭の構造からして違うのだ、
        ここでもまた、みそっかす、と、若干 ヘコみぎみ。



                  それは凄ひ。。。。(滝汗)。


                  んでも、根拠のない自信も困るけど、
                  自分を( いつも )みそっかすと思う、そのこころも困る。


                  超苦手で、嫌いで、
                  理系なのに、受験科目からも外した 物理学に、
                  日夜責め立てられるのは、確かに辛いよね。 ^o^;

                  大学に入ったら、自分の好きな、ヤりたい学問が
                  思い切りできる、と思ってたんだよね。 ^o^;
                  
                  んでも それはこれから、これから。
                  そのための、基礎づくりだから。 ^o^;

                  君が顔をあげられない。
                  そんな凄いひとたちばかりのいる大学へ、
                  君も選んで貰ったのだから。

                  ふぁいとふぁいとで頑張るなりよ?

                  君は自分のヤりたい学問の、スタートラインに立ったばかり。

                  自分自身の可能性を信じよう。
                  自分で頑張って広げよう。


                             ふぁいと、ふぁいと!!


ペン励


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 


関連記事
スポンサーサイト



Re:2人の大学生。(08/16)
どちらも立派な男の子で素晴しいですよ、母としては最高の幸せですね、、、
[ 2008/08/17 21:06 ] [ 編集 ]
「 どちらも立派 」
ぐぐぐ。。。>フセン王子さん

お褒めいただいちゃってどうしましょう。。。(滝汗)。



お坊さまが、「 きょうだいは、それぞれ補い合うものを持って生まれて来るのだ。

  おにいちゃんにはおにいちゃんにしかない良いところがあり、

  弟くんには弟くんにしかない良いところがある。

  互いに良いところを認め合い、悪いところ、弱いところを補いあってのきょうだいなのだ 」



とおっしゃられたことをつくづく目の当たりにした夜でした(笑)。



とにもかくにも元気で、頑張ってくれているようなので、安心致しましたです^^*☆

[ 2008/08/17 23:24 ] [ 編集 ]
Re:2人の大学生。(08/16)
デキる上を持つと「みそっかす」意識が出てしまうのはしょうがないです(私も同じ^^;)

けれど、

仁君の「天真爛漫さ」はたっくんにはないもの。

たっくんは、仁君のそんなところに

癒されたりしてるんじゃないかな?



お坊様の言葉・・・そのもののような気がします。

ただ

まだ仁君は 気がついてないだけ・・・。
[ 2008/08/18 09:47 ] [ 編集 ]
「 天真爛漫 」
ゆいぽんちゃん。さん、ありがと☆



 > けれど、

 > 仁君の「天真爛漫さ」はたっくんにはないもの。



ぅぅぅ(;;)。

彼の場合は、単なる我儘赤ちゃん身勝手の「 傍若無人 」なんですぅ(-_-)。

本人曰く??、それは自宅でのみ発揮されるもので、外ではとってもとっても良い子、

なんだそうですが。。。(o_ _)oポテッ



むしろ天然系抜け作は上の少年で、我が家では夫と上の少年が癒し系なのです。。。(-_-)

見た目も中身も赤ちゃんな下の少年は、皆から「 可愛い 」と、かまって貰えるお得な性格。

本人もそれを自覚してるところがイカン、と私は思っていますです(滝汗)。

歳を重ねるに従って、それぢゃ済まなくなるのに。。。



 > お坊様の言葉・・・そのもののような気がします。

 > ただ

 > まだ仁君は 気がついてないだけ・・・。



少しでも、彼のこころに届いたらな、と願っています。

父の命日に、本当に良い機会をいただきました^^*☆

[ 2008/08/18 21:29 ] [ 編集 ]
Re:2人の大学生。(08/16)
そういえば、

私は 2年間は色んな教科の授業があって、専科に励めるのは3年生から・・・そんなのが嫌で という理由もあって、専門学校にしたんですよね。

2年分の学費と時間が勿体無いし、実際、早く自分で稼げるようになりたかったから。

自分としては無駄な2年間の為に勉強し受験料も払うなんて・・・って。

本音は、大学へ行って好きな事をもっと勉強したかったですけど、そんな余裕は色々な面で無かったし。

なのに、

大学へ入ってから遊んでる人とか、最初の2年間をしっかりやらないで単位を落とす人とかいて、そういうのに物凄く腹が立ったりします(;^_^A

いい御身分やねぇ~って。

んでも、今は当時より 何だかんだ言いながらも裕福な家庭が多いと思います。

そんな中でも、苦学生もいる事に、何だかホッとしたりして(;^_^A



最初の2年って、辛いんでしょうね(^_^;

やりたい事だけに没頭できない2年間って・・・

それでも、弟君は 自分を味噌っかすと思うだけの「余裕」があるのではないかな~なんて思ったりもして。

その発言が「甘え」に思えて、甘えられる余裕があるうちは大丈夫かな と。

ファイト ファイト~♪
[ 2008/08/18 22:11 ] [ 編集 ]
職能直結の2年間。
_AZ_さん



以前、「 大学考 」

【 http://plaza.rakuten.co.jp/ryu2smilingly/diary/200509140000/ 】等にて、

皆さんとた~くさんお喋りしたものですが、



 > 2年分の学費と時間が勿体無いし、実際、早く自分で稼げるようになりたかったから。

 > 自分としては無駄な2年間の為に勉強し受験料も払うなんて・・・って。

 > 本音は、大学へ行って好きな事をもっと勉強したかったですけど、そんな余裕は色々な面で無かったし。



私も学生当時は、【 一般教養 】な2年間が、勿体ないと思ったものでした。

けれど、後々、この2年間をどう過ごすか、によって、

後の専門課程である2年間が大きく変わって来るのだ、と実感することがありました。

殊に専門性・研究性の高い理系は、違うと思います。



しかし、大学全入時代となった現在は、真に「 学問 」といえるだけの

学問をするのなら、【 大学4年間が基礎、一般教養レベル 】であり、

修士、博士課程で初めて、【 学問 】となっていくらしいのですよね(-_-)。



結局、なんだかんだと言いつつ、大学進学者を見る限りにおいては、

【 恵まれた裕福な時代 】になっているのでしょう(-_-)。



石に噛り付いても( お金にはならない・寧ろ往々にして社会の穀潰し )学問、

をしたいものが大学へ。

即、仕事に役立てる、職能育成のための知識、スキルを学びたいものが専門学校へ。



そんな棲み分けの仕方で、そのどちらもが【 必ず等しく尊重される 】ような形が

【 正しい 】ような気がしてなりませんです。

そして、企業においては、職能的に評価され、報酬がなくてはならないと。

[ 2008/08/19 16:20 ] [ 編集 ]
Re:職能直結の2年間。(08/16)
_AZ_さん

下の少年にエールを有難うございます(;;)☆



 > それでも、弟君は 自分を味噌っかすと思うだけの「余裕」があるのではないかな~

 > なんて思ったりもして。

 > その発言が「甘え」に思えて、甘えられる余裕があるうちは大丈夫かな と。



何はさて置いても、彼を救出せねば!的緊急避難が必要な状態では、勿論ないようです^^*☆



賢く優秀な友人たちを誇らしく想い、親に自慢してみるも、

「 それに引き換え ぢぶんは。。。 」なる、落ち込みなのでしょう。



誇れる友人がたくさんできたこと。

一応、自分自身を振り返ることができる、ということ。

そのことに感謝しつつ、ふぁいと、ふぁいとですね^^*☆

[ 2008/08/19 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する