今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 クライマーズ・ハイ 』






   『 クライマーズ・ハイ 』とは、登山時に興奮状態が極限まで達し、
     恐怖感が麻痺してしまう状態というのだそうである。

  
   『 半落ち 』、『 出口のない海 』の作者、
     横山秀夫氏の最高峰と言われる作品で、
     横山氏が '85年夏、地元の群馬地方紙の社会部記者として、
     あの日航機墜落事故に遭遇、取材に携わった実体験をもとに執筆された衝撃作。
                                       ( 私は未読 )


?λ   ?λ   ?λ



       あの日航機事故が起こった夏 ―― 。
       私は、結婚後に、元々第一志望であった企業の支社採用をしていただき、
       企画広告制作業務に携わっていたが、外部ブレーンさんから引き抜きを受け、
       なんとかその企業を円満退職の形に持って行き、
       その御方と大きな夢を共有して会社を設立し、独立しようとしていた。

       ところが、その直前に思いがけず上の少年を懐妊したことが判明する。

       出産前後、そしてその後と、どうなるか判らないような妊婦を相棒として
       会社を設立するようなリスクは犯せない、と、引き抜きの話は流れ、
       元々の第一志望であった企業も退職の運びとなり、
       私は、失意と凄まじい悪阻とで、のた打ち回る日々だった。

       独身時代はずっと忙しく、カープ戦をラジオで聴く位で、
       殆どTVを観ることもなかった私であったが、
       この時期、失意のどん底で、何も考えたくなくて、本も読めず。

       朝から家に在る、ということにも慣れず、
       ただ気を紛らわせたくて、何か音を鳴らしておきたくて、
       よくTVを付けるようになっていた私は、
       日航機事故のニュースに遭遇し、大きなショックを受ける。

       4名の方々の救出では、涙が止まらず、
       。。。申し訳ないことながら、この不幸な事故を連日観た私は、
       大きな夢が潰えたことなど、何するものぞ。
       こんなことぐらいで「 どん底 」なんて言ってられないことに気付き、
       今、自分が生きて在ること、がどんなに僥倖なることであるか、を識り、
       そのことに感謝することができ、
       自分の胎内に息づいている いのち を大事に育もう、と思えたのである。


??   ??   ??



    『 クライマーズ・ハイ 』では、
      日航機が墜落した県を地元とする、地方紙の記者たちが、
      報道の在り方 ――「 地元紙 」であることの誇りと意地。
      【 事実を自分たちの眼で観て自分たちの言の葉で書く 】ということ。
      自分がひととして働く、ということ、ひととして生きる、ということ。

      そんなようなこととは、どういうことか、を
      とてもリアルにシビアに描き出し、こちらにストレートに投げ掛けて来る。


      主人公の現在と、'85年夏の情景とが交互に描かれて行くのだったが、
      最初に主人公の同僚が主人公と会話を交わし、
      『 クライマーズ・ハイ 』についても語るシーンで、
      惜しいかな、ぼそぼそと聞き取りにくく、何を言っているのか判らない。

      あれさえ、きちんと聞こえていたら、
      この作品の最初から最後まで一貫して流れているトーン、テーマが、
      よりこころの奥深くに届いたのに、と残念。> 高嶋政宏


                   特筆すべきは 堺雅人氏。
                   『 新選組!』の山南役から注目していたけれど、
                   あの美貌と氷の微笑は、より凄みを増し、
                   つるんとした美貌に深みも出て、
                   素敵な俳優さんになられたと思う。

                  

??   ??   ??



             観終わって、 も私も暫し無言。


             ホールまで出て初めて、「 観て良かったーーー 」と言い合う。
             掲示されている『 クライマーズ・ハイ 』の解説から夫が離れないため、
             パンフレットを買ってあげる。



             それからいつもの(笑)番茶のソフトクリームを食べて、
             くるくるまわるお寿司を食べて帰宅。
             夜は、柳本JAPAN。



                * 個人的には、あの締切前のてんやわんやは、
                  めちゃくちゃリアルで、凄い、と思った。
                  かつて企業案内や進学情報誌や就職情報誌を
                  制作していた私にとって、とても懐かしく感じられた。
                  私たちは短くて週1締切だったけれど、新聞は毎日。
                  なかみはもちろん、手にする層も全く違う。
                  そしてこういう事件となると、、、。
                  背負うもののスケールが違って来る。
                  やっぱり、凄いなぁと 思う。。。


ペンバレー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/11 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(14)
Re:『 クライマーズ・ハイ 』(07/11)
おはよーございます。

うっ、「クライマーズ・ハイ」、まだ観ておりませぬ。

今度の火曜日にでも、観に行くつもりです。



あの日、私は、友達2人と、北海道旅行の最中でした。

確か、なかなか、事故機が発見できず、

捜索も難航したんですよね。



堺雅人さん、

評判いいですよね。

今日は、「篤姫」で、いよいよの日らしいですね。

[ 2008/07/13 07:00 ] [ 編集 ]
いいな,いいなぁ!!
映画を観てきたのですなぁ

「クライマーズ・ハイ」は私も見たいと思ってる作品の一つです。

でもココのところ実家通いが忙しくて見に行く暇が取れなくてぇ(_ _|||)

でも、やっぱなんとか暇を見つけて行こうと思っちゃいました(⌒・⌒)ゞ

[ 2008/07/13 07:24 ] [ 編集 ]
Re:『 クライマーズ・ハイ 』(07/11)
昭和60年 若い社員(私を含め)は一斉に書店に写真週刊誌を買いに走らされました。黒焦げになった死体が写っていたことを今でも覚えています。それくらい あの当時の写真週刊誌ってなんでもありでした。他に たしか スチワーデスの生き残りの方がくの字になりながら ヘリに引き上げられる写真とかありました。



ちょっと脱線ですが

豊田商事のマンションに侵入する報道もリアルタイムで見てしまいました。社長室の掃除当番で ちょとテレビをつけたら ちょうど窓を叩き割って侵入するとこで・・「ワー えらいこっちゃ!」と叫んだら 残っている社員がみんな集まってきて・・血だらけで出てくる犯人を見ていました・・・。



阪神の優勝した この年。勢いで かみさんに

なんか プロポーズした年・・・・・・・・・。

 
[ 2008/07/13 14:12 ] [ 編集 ]
お勧めします^^*☆
をを☆>OMITAさん



 > うっ、「クライマーズ・ハイ」、まだ観ておりませぬ。

 > 今度の火曜日にでも、観に行くつもりです。



お勧めしますぅ^^*☆

とりあえず、ささ、明日からがんばろっと☆ みたいな気持ちにさせられます。

原作はもっと暗く、追い詰められた苦しさみたいなものが根深く描き込まれているらしいのですが。



 > あの日、私は、友達2人と、北海道旅行の最中でした。



ご結婚前のセンチメンタル・ジャーニー、、、でいらしたかな(//▽//)??

私は北の大地に憧れ倒しているのですが、いつもふられてばかり(;_;)☆

仕事で行った夫以外、皆ふられています(;_;)☆



少年たちの高校の修学旅行も、例年北海道だったのに、どちらの少年も、

少年たちの代から行き先変更(o_ _)oポテッ

生きてる間に是非行きたいものですぅ。



 > 確か、なかなか、事故機が発見できず、

 > 捜索も難航したんですよね。



そのあたりも描かれていました。。。

時間帯、複雑で険しい地形、県境という悪条件が重なり、管轄面その他も大混乱したようです。



いち早く在日米軍が現場を特定し、救助に向かってくれたようですが、

警察庁上層部がこれを拒んだ模様。

結局、1番先に現場到着したのは、地元の消防団であったそうで、

調べれば調べるほど、いてもたってもおられない心地が致します。

今また、同じような場所で同じ時間帯に不幸な事故が起きたら、

今度はきちんと迅速に対処できるんでしょうかしらん。。。。



 > 堺雅人さん、

 > 評判いいですよね。

 > 今日は、「篤姫」で、いよいよの日らしいですね。



『 篤姫 』は観ていないので、「 いよいよ 」なのがなんだか判りませんが(汗)、

この映画の堺さんは、良かったですよ^^*☆

[ 2008/07/13 22:38 ] [ 編集 ]
Re:いいな,いいなぁ!!(07/11)
☆ハイジ☆33ちゃんだって^^*☆

いつもイイ映画をご覧になられてるぢゃないですかぁ(//▽//)☆



 > 「クライマーズ・ハイ」は私も見たいと思ってる作品の一つです。



是非是非^^*☆



 > でもココのところ実家通いが忙しくて見に行く暇が取れなくてぇ(_ _|||)



お疲れさまです☆

ふぁいとふぁいとで、親孝行、親孝行~~(//▽//)☆

[ 2008/07/13 22:49 ] [ 編集 ]
「 豊田商事 」
あぁ、そうそう>りきkkぱぱさん

豊田商事の事件も、'85年。 これは6月の事件でしたね。



 > それくらい あの当時の写真週刊誌ってなんでもありでした。



【 事実 】をどこまで、どういった立場で、どのように【 報道 】するか。



マスコミ人にとって、不可避な大きな命題なのですが、

今や、一般素人さんが、ネットを媒介にして動画をそのまま流せる時代となりました。

先の『 秋葉原事件 』の大量の動画がとても問題になっています。



誰もが世界へ公に情報発信できる時代になって、

誰もがこころせねばならないこと、踏まえねばならないこと、が山のようにある、

ような気がしています。。。



 > 阪神の優勝した この年。勢いで かみさんに

 > なんか プロポーズした年・・・・・・・・・。



あひゃひゃひゃ(//▽//)☆

一生忘れられない年ですね。

大きな事故の犠牲となられた方々の御霊に哀悼の意を捧げつつ、

ぱぱさんちのご成婚に、こころからお祝い申し上げます\(^o^)/☆

[ 2008/07/13 23:24 ] [ 編集 ]
Re:『 クライマーズ・ハイ 』(07/11)
わたくしは。。。えっと本が出た時すぐ購入すぐ読みました(積読のアタチが珍しいでしょ?)



まだ 映画は見てないですが、対立する(してしまう)編集長さんが最後の方で・・・な シーンを読んで もうなぜか泣けて泣けて



これから読むかもしれないから書かないけど(現場とかのシーンではないんだよ) 人の描き方 人への優しさを持った作家さんなんだなぁ~と思いました

それまで読む横山さんて(多いな声では言えないけど台本しか読んでなかったの!)暗~いイメージがあってちょっと取っ付きにくかったから・・・



私はあの日 翌日海に行くので早くでるので友達の家に泊まりに行ってて そこの家族と「偉いことになってね」と 遅くまでTVを見ていました

やっぱり気になって楽しめなかったような・・・思い出が



[ 2008/07/14 11:56 ] [ 編集 ]
Re:『 クライマーズ・ハイ 』(07/11)
原作を読んでいたので、原作感動のものは映画をみると、がっかりすることがたまにあり、

そういうわけで『ザ・マジックアワー』の方を観たの。

わたしには、『ザ・マジックアワー』はドタバタ喜劇にしか思えず、映画を観てよかったって感じが残らなかったから、

それならば、『 クライマーズ・ハイ 』の方を観ればよかったと悔しいわ。

この作品で、横山秀男ファンになったけど、これが秀逸です。

[ 2008/07/14 11:57 ] [ 編集 ]
Re:『 クライマーズ・ハイ 』(07/11)
堺雅人・・・氷の微笑、うんうん納得~篤姫を見て最初の頃よりずいぶんと魅力的な方になったなとおもっとりました。



これはうさとらねぃさんに本の貸し出しをお願いしてみるべ~

(ワタシ三谷さんの映画はどれもドタバタ劇にしか見えなくて><; きゃっ好きだったらごめんちょ~人それぞれだからいいんですよもちろんってくどいだろ>ワタシ)
[ 2008/07/14 12:31 ] [ 編集 ]
「 暗~いイメージ 」
をを☆>ぅるとらのおねぃさん。



即購入、即読了、なんて羨ましいぞっ(笑)。

私なんて、古書店の100円待ちだから、後何年後になることやら。。。^o^;☆



 > もうなぜか泣けて泣けて



vs販売部、となったところでしょうか。

鳥肌ものでしたです。

原作ではどうなのか識りませんが、

私は唯一、最後の最後での困ったちゃん社長のヘタレぶりにがっくりでした(゚゜)\バキ☆

【 ひとを試すようなことはするな!!!(怒) 】



 > ひとの描き方 人への優しさを持った作家さんなんだなぁ~と思いました



ぅんぅんっ!

シビアで誤魔化さないだけに、ぐっと。

ぐっとキますですね。

映画でもちゃんと描かれてたと思いますです。



この御方の『 直木賞決別宣言 』には、シビレちゃった私でした^^*☆



 > 私はあの日 翌日海に行くので早くでるので友達の家に泊まりに行ってて



8月12日。

まさにニッポン中が盂蘭盆のお休みに入るところだったですよね。



人災といっていい事故には、救いがありませんんんん。

諦めもつきません。。。

私たちにできることは、2度と同じ過ちをおかさないこと。

万一同様なシチュエーションで起こった場合には、先の悲劇から十二分に学んでおり、

迅速かつ確実なる救出方法が取れるようになっていること。

ふぁいと、ふぁいとですね。。。。

[ 2008/07/14 20:46 ] [ 編集 ]
読んでから観るか、観てから読むか。
土壇場サヨコさん



 > 原作を読んでいたので、原作感動のものは映画をみると、がっかりすることがたまにあり、



私もですぅぅ。

というか、殆どの場合、「 ヤめて~~! 」と思い、観ません(汗)。

観ないくせに、配役がめちゃくちゃ気になったり、

配役チェックの上、「 違うぅぅ 」と悶々としたり(汗)。



んでも今回は、夫も私も未読であり、俳優さんも◎だったので、すんなり決定したのでした^^*☆



 > わたしには、『ザ・マジックアワー』はドタバタ喜劇にしか思えず、

 > 映画を観てよかったって感じが残らなかったから、



完全に「 ドタバタ喜劇 」だと、最初から割り切って観ました~~(汗)。

らぶりぃな佐藤浩一さんを観てみたかったのもあります~(汗)。



 > この作品で、横山秀男ファンになったけど、これが秀逸です。



きっとそうでしょうね。

何より、あれだけの御方が遭遇された実体験であることが大きいと思いますです。

映画の余韻がすっかり消え去ってから、また別物として、

原作をまっさらな気持ちで繙いてみたいと思います^^*☆

[ 2008/07/14 21:09 ] [ 編集 ]
「 氷の微笑 」
でしょでしょでしょ~~>パクチーナさん



 > 堺雅人・・・氷の微笑、うんうん納得~



どんなに甘く、どんなに優しそうに微笑んでみせても、目は笑ってない。

そんな感じにみせるのが当時からお上手でしたが、今回、凄かったですよぉぉおおお。



 > これはうさとらねぃさんに本の貸し出しをお願いしてみるべ~



賛成致しますです^^*☆

んでもって、パクチねぃさんの読後レビューを楽しみに致します~(んふふ)。



 >(ワタシ三谷さんの映画はどれもドタバタ劇にしか見えなくて><; きゃっ好きだったらごめんちょ~人それぞれだからいいんですよもちろんってくどいだろ>ワタシ)



だいぢゃぶ、だいぢゃぶ。

私もご一緒だから(笑)。



ただ、検診の結果がぐちゃぐちゃで、映画も、これが生涯見納めかも知れない、、、

検査入院からそのまま、もう退院できないかも、、、というときに、

悩み通して選択した『 THE 有頂天ホテル 』。

理屈抜きで、目先の不幸を忘れて笑えたの。



そのときの気持ちを忘れまい、と思って。 えへへ^^*☆

[ 2008/07/14 23:49 ] [ 編集 ]
Re:『 クライマーズ・ハイ 』(07/11)
ちょっと忙しく、久々に寄りました。

で読むだけ・・・と思って来たんだけど(笑)この話題にはコメントしたくて(笑)



絶対見たいと思ってます、この映画。

映画を見たいので原作をまだ読んでません・・・

原作読んじゃうと、自分の中での想像シーンと映画が違ってがっかりしてしまうことが多いので。

キャストとかもね、この人は違うだろ、とか。



NHKで以前佐藤浩一主演でやってたのは見た?

これも良くてねぇ。佐藤浩一が!

この役を今度は堤真一~?絶対見たいって!



そしてもう1人、今はまってる「堺雅人」さん。

うまいっ。

舞台役者なので、随分前から知ってるけど、最近めきめき「いい味出してるよなぁ」と注目してます。



あぁ・・・なのに、この前の篤姫、録画し忘れたぁ。

土曜の再放送、絶対見なきゃ!!!



しばらく予定がぎっしりで、映画館に行く時間ができるか心配だけど、これは絶対見たいです。

りうりうさんの日記見て、なおさら思いましたですぅ!



・・・そして、あいかわらず、かわいいだんなさまだこと(笑)
[ 2008/07/16 08:20 ] [ 編集 ]
NHKの 『 クライマーズ・ハイ 』
をを☆>とらトクさん

お忙しいのに、有難うございます\(^o^)/☆



 > 絶対見たいと思ってます、この映画。



是非是非!

私はNHKのを観ていませんでしたので、両方ご覧になったとらトクさんのご感想や

比較考察など、拝読したいですぅ(わくわく)。



職場でこの映画の話をしたら、NHKで観た!と言う先輩と後輩が1名ずつ。

キャストが佐藤浩一と聞いて、なるほど~と思いました^^*☆



 > そしてもう1人、今はまってる「堺雅人」さん。

 > うまいっ。

 > 舞台役者なので、随分前から知ってるけど、

 > 最近めきめき「いい味出してるよなぁ」と注目してます。



最初は、あれだけ端正な甘いマスクだと、逆に演技の幅を狭められてお辛いだろう、、

と思ったりもした時期があるのですが、お上手なのでイイ役が来ますし、

その役を越え、どんどん磨かれてやく宝石を見てるような感じがします^^*☆



 > 映画を見たいので原作をまだ読んでません・・・

 > 原作読んじゃうと、自分の中での想像シーンと映画が違って

 > がっかりしてしまうことが多いので。

 > キャストとかもね、この人は違うだろ、とか。



そうなんですよね。

それに映画とTVと、余り時期を置かずに発表されたり。

「 まっさら 」の状態で観たい、ですよね。

最近、とみに「 原作 」がでっかぃものが多いような気がして、困ることが多いです。。。



 > ・・・そして、あいかわらず、かわいいだんなさまだこと(笑)



(-_-)。

付き合うのは、大変です(-_-)。

[ 2008/07/18 05:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。