今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニッポンも、海外支援を受け入れたのは4日後だった。






     ミャンマー、中国四川省のその後、被災者の数はうなぎ上りで、
     その映像は、まるで地獄絵図を観ているようで、胸が痛い。


     軍事政権であるミャンマーの言語道断さには、臓腑が煮える想いだが、
     海外からの人的支援の受け入れが遅れた中国についても、
     もっと何とかならなかったのか、焦燥感でいっぱいの日々だった。

     これからは、二次災害を少しでも食い止めるための闘いであるが、
     四川省の核施設の被災は、どの程度のものであったのか、
     現地の混乱と悲惨さに、ただただ祈るような想いである。


     今朝のめざましTVで、

     かくいうニッポンも、あの阪神淡路大震災の折、
     被災30分後に、イギリスから打診された人的支援について、
     受け入れを決定したのは4日後だった ということが明らかにされた。


     今回の、四川省へ救助に向かったニッポンの緊急救助隊が感じたこと、そのものを、
     イギリス国際救助隊(NGO)が感じたことであったらしいのである。


     これに学んだ台湾は、直後に起きた台湾の震災(99/09/21)時において、
     即座に海外人的支援を受け入れ、多大の人命が救われたとの由。


??   ??   ??



     当時、災害時の人命救助には時間との闘い、時間との勝負なのに、
     何故、阪神・淡路へ、海外支援をすぐに受け入れなかったか、
     内閣府災害対策本部へ取材をしためざまし班は、担当者から、


      ● 災害時の海外支援を受け入れることが初めてだった。
      ● 受け入れ体制が全く整っていなかった。

         海外から救助隊を受け入れるには、
          ●通訳 ●案内サポート ●安全確保 が、必要不可欠であり、
         それができない限り、受け入れられない、と。


     それでは、現在は、有事の際の受け入れ態勢が整っているのか。
     そこに國や政治のプライドが邪魔をすることがないのか、という質問に対し、


      ● 現在は当時よりは体制が整っている。
      ● 海外支援を受けるのに、國や政治のプライドが邪魔をしないように努力している。
      ● しかし、 自分たちでなんとかするのが基本である
      ● 被災した自治体から、救助要請があがって初めて(海外支援を)受け入れる。


     う"~ん。 不安。。。
     この國は、大災害時の初動勝負の体制が、本当に出来ているんだろうか。

     ググると、当時は、災害対策本部に外務省が組み込まれていなかったために、
     支援受け入れの窓口・判断体制さえ不明確だった、と
     國の初動態勢には、大きな批判がなされているらしい。


     また、あくまで、「 当該自治体から要請があって初めて、、云々 」と、
     現在も言っているようでは、今後も、壊滅に近い打撃を受けた自治体を救う態勢にない。

     石原氏が、
     「 (自衛隊の派遣を要請する)首長の判断が遅かったから、2千人余計に亡くなった 」
     と発言したのは、このあたりのことをつついたのか。



           大災害や大事故は、とても不幸なことだけれど、
           その不幸に学ばなくては、被災者、犠牲者の方々も浮かばれない。

           そう、思ってしまう、のだけれど。


                        で、君もちゃんと
                        災害時の備えをしておくように>ぢぶん。




ミャンマー 死亡・行方不明者 13万人を越える。
中国 死亡者 4万人を越える。

ペン潤

ブログランキング・にほんブログ村へ





ミャンマー・サイクロン緊急募金 ・ 中国大地震緊急募金

口座名義:財団法人 日本ユニセフ協会

郵便振替:00190-5-31000

* ユニセフ協会への募金は寄付金控除対象。
* 通信欄に「ミャンマー・サイクロン」または「中国大地震」と明記。
* 送金手数料免除。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/05/21 09:31 ] ニュース | TB(0) | CM(12)
Re:ニッポンも、海外支援を受け入れたのは4日後だった。(05/21)
このニュース私も見ました。

地震大国なのに、海外支援受け入れを念頭に入れて対策を練っていなかったというのは国としてあまりにお粗末ではないのかな。

しかもいまだに頼りない回答に不安いっぱいになりましたね。



あれだけ巨大なものがきてしまうとなると、一体どういった災害に対する準備を自分でしたらいいのやら途方にくれます。

地域の災害時訓練くらいには出ておかないといけないですね・・・

[ 2008/05/21 11:19 ] [ 編集 ]
Re:ニッポンも、海外支援を受け入れたのは4日後だった。(05/21)
「災害時の人命救助には時間との闘い、時間との勝負なのに」



これはよ~く わかります。

でも 「●通訳 ●案内サポート ●安全確保 が、必要不可欠であり」 これもわかり・・・



自分のところで把握できていない情況で、すぐに海外支援を受け入れられるものであるかも不明だし(しかも奥ゆかしいというか民族的性質がすぐに踏み切れない という事もあるだろうし)



神戸の時 県外のボランティアさんがたくさん駆けつけられ、そのボランティアさんのための食・住の確保に被災された側が用意・・・なんて話が多々あって

その後の新潟の時は「ボランティアの方の食は自分で用意して 泊まるところが確保できないので時間で(たしかバスで)送ります」なんて話もあって



なんだかなぁ 本末転倒だなぁ~って感じた時があつたわ~



で?自分には何が出来るんだろう・・・いざ被災者になったら お手伝いできる側になったら・・・と 難しいなぁ





[ 2008/05/21 12:10 ] [ 編集 ]
私も見ました。
時間との勝負 (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

「通訳、案内、安全」(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

だったら常に、日本のあちこちで「通訳、案内、安全」をその日中に揃えられる体制を整えておかなきゃですけど、

具体的にどうなのよ?という話は、機密なのかしらん・・・



ボランティアの人が押し寄せて 逆に混乱が生じては困る。

これも体験済みな日本なのに、

体験を生かして、それじゃぁどうすればいいか・・・となると、

なんか 平和ボケしているように感じます。・・・私もかな(;^_^A



まず自分たちでなんとかするのも当然ですけど、

規模や状態を見れば、『経験』だってあるんですから、ねぇ・・・



ミャンマーも 人より軍隊維持が大事らしく。

「そして誰もいなくなった」と ならない限り分からないのか?と思ってしまうんですけど。
[ 2008/05/21 14:08 ] [ 編集 ]
Re:ニッポンも、海外支援を受け入れたのは4日後だった。(05/21)
どこの国の国民も同じことを思っていると思う

でも国を仕切るところでは簡単にはいかないものなんですねぇ。。。

世界が一つになれるのは まだまだ遠い未来のことなんですかね。。。



ミャンマーの対しては 本当にニュースを見るたびに呆れてしまいます。。。。

海外援助を断るのならそれなりの努力をしなければ。。。各国から反感を買うようなことでは 被害にあった人たちがあまりにも可愛そうです。



[ 2008/05/21 16:17 ] [ 編集 ]
『 地震大国 』
ほんとに。>パクチーナさん



ニッポンがどんなプレートの上に成り立ってるか、抱えてる火山帯は何を意味するか。

その人口密度、自家生産力のなさ。

どれひとつ取ってみても、大事が起これば、自国だけでは、たちまちどうしようもなくなることは

明らかで、地震対策など世界一であってもイイハズの國、なんですよね。



 > しかもいまだに頼りない回答に不安いっぱいになりましたね。



私もすごーーーく怖くなりました。

暗に陽に、「 國としてのプライド 」が厳然として在ることを肯定されましたもんね。



 > あれだけ巨大なものがきてしまうとなると、一体どういった災害に対する準備を

 > 自分でしたらいいのやら途方にくれます。

 > 地域の災害時訓練くらいには出ておかないといけないですね・・・



ですね。。。

身の周りのこと、何度も何度も見直して、せめて自分のこと、家族のことは何とか把握し、

何とかできるように。

身近な人々を助けられる側になれるように。

こころしておかないと、ですね。

[ 2008/05/21 17:57 ] [ 編集 ]
初動対策。
うさとら119さん



 > 「●通訳 ●案内サポート ●安全確保 が、必要不可欠であり」



日頃から何度も見直しをかけ、大事の際には、即起動できるようになっておかないと、ですよね。



大変だとは思うけれど、海外支援については、外務省がきっちり把握、管轄していくことで、

受け入れ態勢は随分違うのではないか、と思うです。



海外からは、國単位であれ、NGOであれNPOであれ、組織、団体として来ようとして

下さるのですから、その組織、団体毎の責任者やら名簿やら、しっかりしておいて貰えれば、

非常時下において、臨機応変に、なんとでもなるように感じています。



大変なのは、寧ろ、国内の個々の有志の皆さんの動向把握、二次災害防止、ではないでしょうか。

個々の有志の方々も、必ず何処かの団体、組織に属して行動していただかなくては、

何処で誰が行方不明になられても、判りませんものね。



勿論国内外を問わず、大事のときにわざわざ被災地まで出張って下さる方々に

不心得者は独りとしていない、ということが大前提にはなるのですが。



 > で?自分には何が出来るんだろう・・・いざ被災者になったら

 > お手伝いできる側になったら・・・と 難しいなぁ



こうやって、ぃざ、自分自身のこととしてちゃんと考えてみる。

動けるように態勢を整えてみる。 見直してみる。



それだけで、随分と違うのではないかなぁ、、と思うですぅ。

[ 2008/05/21 18:09 ] [ 編集 ]
Re:私も見ました。(05/21)
そそそ!>_AZ_さん



 > だったら常に、日本のあちこちで「通訳、案内、安全」をその日中に揃えられる体制を

 > 整えておかなきゃですけど、

 > 具体的にどうなのよ?という話は、機密なのかしらん・・・



通訳ひとつ取ってみても、各自治体で、大事に備えて【 登録制 】を採用してる、

なんて、聞いたこと、ないですよね。

( ヒロシマでは、原爆祈念日前に、市民通訳を大募集してたことがありました。

  ヒロシマを訪れるたくさんの外国の方々をいつでもご案内、ご説明できるように。

  でも災害時のため、ではありません )



 > 体験を生かして、それじゃぁどうすればいいか・・・となると、

 > なんか 平和ボケしているように感じます。・・・私もかな(;^_^A



私もです。 そう、痛感しますです(o_ _)oポテッ

安全圏に居て、批判するのは容易いことなのですよね。。。



 > まず自分たちでなんとかするのも当然ですけど、

 > 規模や状態を見れば、『経験』だってあるんですから、ねぇ・・・



本当にそうなんです~~~。



 > ミャンマーも 人より軍隊維持が大事らしく。

 >「そして誰もいなくなった」と ならない限り分からないのか?と思ってしまうんですけど。



何のための軍事政権、なんでしょうか??

軍上部組織のための國、と思ってるとしか言えませんですね(ー"ー)。

[ 2008/05/21 18:22 ] [ 編集 ]
「 世界がひとつ 」
それは。。。>tiara_pittさん



 > 世界が一つになれるのは まだまだ遠い未来のことなんですかね。。。



皆が「 地球人 」となれる日は、地球外生命体に地球そのものが脅かされたときまで、

きっと無理、なんでしょうね?



地球外生命体の来襲を待たなくても、既に私たちは自分たちの手で、

地球そのものの危機に瀕しさせてるんだけれど(滝汗)。



 > ミャンマーの対しては 本当にニュースを見るたびに呆れてしまいます。。。。

 > 海外援助を断るのならそれなりの努力をしなければ。。。



フランスからの援助物資1000トンを積んだ仏海軍の司令艦は、

17日からずっと、19日現在まで、荷揚げを拒否されたままであるとのニュースに唖然としましたが、

これは未だ続いているのかしらん。。。



この司令艦には、被災者10万人が2週間暮らせるだけの食料と、テントや防水シートなど、

6万人分の装備を積載してるそうなのに。



フランスは、ボートやヘリや、現地に展開している仏非政府組織(NGO)を通じて、

独自のルートで援助物資を被災者に直接送り、軍事政権には援助物資を渡さない、

って言ってるから、荷揚げを拒否してるんだろうなぁ。。(o_ _)oポテッ



そうさせてしまったのは、自分たちなのに、めちゃくちゃ勝手で、セコいですよねヽ(`Д´)ノ。



国連総長がやっと22日にミャンマー入りするので、

なんとか人命優先で様々なことが前に進んでくれるといいのですが。

[ 2008/05/21 18:50 ] [ 編集 ]
Re:ニッポンも、海外支援を受け入れたのは4日後だった。(05/21)
>地球外生命体の来襲を待たなくても、既に私たちは自分たちの手で、

>地球そのものの危機に瀕しさせてるんだけれど(滝汗)。



うん、うん。

いつも、人は危機に瀕してるわけ。

あ~~~あ

ニュースを見ると、困ったことばかりW

[ 2008/05/22 11:16 ] [ 編集 ]
私も見ました
こんばんわ。

私もこの時のめざましテレビ見てました。

どうしてすぐに助けにいけないんですかね。

そして今日は孤児の方がたくさんいるという話でした。

これからが本当に心配。

心のケアも必要ですね。
[ 2008/05/22 19:06 ] [ 編集 ]
「 地球人 」
サヨコさん



 > いつも、人は危機に瀕してるわけ。

 > あ~~~あ

 > ニュースを見ると、困ったことばかりW



毎日、「 クリックで救える命がある 」サイトに行ってますけれど、

そのどれもが、本当に深刻な状況に在るものばかりなんですよね。

ひとりひとりの持つ力って、無力に等しいものだけれど、

それでもひとりひとりが変わらないと、動かないと、どうしようもない。



危機感持って、歩いて行かなくちゃ、ですね。

[ 2008/05/22 23:32 ] [ 編集 ]
Re:私も見ました(05/21)
ご一緒に、観てたのですね☆>東京ファームさん



 > どうしてすぐに助けにいけないんですかね。



その國の首脳陣が「 NO 」と言う以上、入って行けないんですよね。

ひとのいのちがどんどん喪われて行く、一刻を争う事態でも、「 内政干渉 」になってしまう。



逆もまた真だったりして、唾棄すべき不見識な「 火事場ドロボー 」紛いの國や団体、

ひとびともまた存在する、という人間の哀しさ、も

認識しないとならないのかも識れませんですね。



 > そして今日は孤児の方がたくさんいるという話でした。

 > これからが本当に心配。

 > 心のケアも必要ですね。



嗚呼、ほんとに( ┬_┬)。

これから、暑さに向かいます。

中国ではダムや川の決壊の不安もあり、本当に心配です。

[ 2008/05/23 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。