今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェネリックぅ。








       最近、黒柳徹子氏の『 ジェネリックぅ 』なCMをよく目にするようになった。


       私も、5種の薬剤をずっと服用することになった身で、
       「 中身で勝負! 」、ノンブランド派なポリシーではあり、
       ずっとジェネリックにしたい、と思っていたが、言い出せないでいた。

       申し出よう、と思ってはいても、いざとなると、

       「 先発医薬品と ほぼ 同じ主成分 」という「 ほぼ 」が気になる。

       「 ほぼ同じ 」ということは、「 全く同じ 」とは異なる。
       主成分は同じであっても、副成分は異なる、ということであるからである。

       薬に対してアレルギーはおそらく持ってはいないハズの私でも、
       何がどう作用するかは不明であるし、
       今飲んでいる薬剤に対し、非常に安定した状態であるのに、
       万一、何らかの不快感やら何やらが生じるかもしれないリスクは、
       できるだけ負いたくはない。
       しかし、お値段がぐっと安くなるであろうことは、非常に魅力。
       ぅぅむ。 どーしたものか。。。。


       義母が遠くの総合病院へ通院するのは、
       優しい主治医の先生を大好きであることも大きいが、
       その総合病院で処方される薬剤が、義母に合うから、である。

       一度、その病院で処方された処方箋を持って、町内の医院へ行き、
       別メーカーの同様な薬剤をいただいたときには、
       胃痛、腹痛を起こした後、当分の間、食欲不振に陥った。

       義母が1年の殆ど(汗)手放せない「 風邪薬 」も、
       総合病院の薬剤なら、義母にぴったりで落ち着くのであるが、
       町内の医院だと、すぐに胃の具合がおかしくなる。

       ひと一倍神経質な義母のこと、多分に精神的なものではないか、と
       実は私は疑っていたのだが、いざ自分がジェネリックにしてみよう、と
       思い立つ度に、少しだけ不安になるのである。。。。


?   ?   ?



       そんなこんなでこれまで来ていたのだが、
       木曜日の定期通院後、院外の調剤薬局にて、

        「 りうりうさま、よろしければ、ジェネリックにしてみられませんか? 」

       薬剤師さんの方から申し出られて驚く。

       ふぅん。。。 薬局の方からそう持ちかけられるものなんだ、と
       意外だったので、咄嗟に「 是 」の声が出ない私に、


        「 不具合があってはいけませんから、
          最初1週間分だけとか2週間分だけジェネリックにすることもできます
          様子を見て、続けるか元に戻すかを決められます 」

        「 有難うございます。 それも面倒ですから全部ジェネリックにしてみて下さい 」。


       そう答えた自分自身に驚き、

        「 よろしいのですか? それではそのように致しますね 」

       踵を返していく薬剤師さんを目で追いながら

        『 をぃをぃa>ぢぶん。  ぢぶんの様子見しなくていいの?
          合わないかもしれないのが怖かったから、
          これまでジェネリックにしなかったんぢゃないの? 』

       自分に突っ込みを入れながら後悔滝汗気分で、ぐらぐらと調剤を待つ。




       暫くして、うち萎れた様子の薬剤師さんが私の傍に来られて曰く、

        「 りうりうさま、誠に申し訳ございません。
          りうりうさまのお薬と同じものが揃っておりませんでした。

          次回までに揃えておきますので、今回はお許し下さい 」 (o_ _)oポテッ


       後悔滝汗気分だったので、半ばほっとしつつ、


        「 そうでしたか~。 んぢゃ次回、よろしくお願い致しますね( にっこり ) 」





       、、、しかし、現金なもので、ジェネリックがない、となると、
       ちょっぴり不快に思う自分がいる(゚゜)\バキ☆

       何故、あるかどうかをちゃんと調べてから、患者へ申し出ないの?、と。

       患者は院外処方箋を何処に出してもイイ訳だから、
       常連患者だって、もう来なくなるかも判らない。

       それなのに、当該薬品とジェネリック薬品との在庫を抱えることは、
       調剤薬局にとっては、多大なリスクが出てくるに違いない。

       だから、置いていない、揃っていないケースは、ままあると思う。

       だからこそ、薬局の方から申し出て来るなら、
       「 あるかどうかを調べてから 」にするべきだ、と思うのは間違ってる?



       自分の意図していない時期に、ジェネリックへの切り替えを意識させられ、
       1週間分の方が良かったか、否か、と、どきどきさせられちゃった分、
       少々八つ当たり気味な想いを抱えてしまった、面倒くさい私を何処かに埋めて来よう。


       ジェネリックにしたくても、主治医に言い出せない患者さんにとっては、
       調剤薬局からの申し出は、とっても有難いはずのものだから。


ペン…


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/04/19 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(11)
ジェネリックの取り扱い
今年の3.31までは、

処方箋のすみっこに、主治医の

「ジェネリックを使ってもいい」

というチェックが入っていないと使う事ができなかったんですが、



4.1からは、逆に

「ジェネリックを使わない」

というチェックが入っていたら使ってはいけない

という決まりに変わりました。



で、外来処方箋の様式が変わって、チェック欄の□の後ろの文章が真逆になったわけです。



たぶん、りうりうさまの担当医の先生は、以前も今もチェックされていないのではと推測したりして。
[ 2008/04/24 13:58 ] [ 編集 ]
わたしなら…
自分からジェネリックは選びませんが、もしジェネリックに変えるのであれば、「1度の処方で1種類ずつ、短期間の変更」にしますね。



うちのハハが、ジェネリックに薬を変えたら、効果が全く落ちてしまって、薬剤を戻したことがあるのです。

元が同じ薬剤であっても、それ以外の諸原料で効果が変わってしまうということは、実際にあるようですね。



1種類だけ変えたならば、その薬に原因があると思われるので、それを戻せばOK。

でも、数種類を一気に変えてしまえば、どの薬剤に原因があるのか分かりませんから、原因を探るのに時間がかかってしまいますよね。



まぁ、それ以外にも、開発より、特許権等に関わる部門が大きなジェネリックメーカーより、開発メーカーの権利を保護してあげなければ…という気持ちもあります。



蟷螂の斧ではありますが、国内の新薬開発を目指すメーカーを少しでも応援したいという感じかな。

ジェネリックを選択することで、国内の開発メーカーにお金が回らなくなってしまい、国内の企業の成長と新薬の開発を阻害することになってしまいますので…
[ 2008/04/24 15:13 ] [ 編集 ]
Re:ジェネリックぅ。(04/19)
ジェネリック

よく耳にするんだけど、やっぱりお医者さんに言えなくて処方されるままの薬を使ってます。

そっかぁ、薬剤師さんに言ってもいいのか、今度機会があったら言ってみよう。





あ、そうそう

桜の写真Upしました。

[ 2008/04/24 18:06 ] [ 編集 ]
Re:ジェネリックの取り扱い(04/19)
そうだったのですか~☆>HARURUさん

4月1日から、そんな大きな転換があったのですね!

情報を有難うございました^^*☆



 > たぶん、りうりうさまの担当医の先生は、以前も今もチェックされていないのではと

 > 推測したりして。



そうだと思いますです~~~。

院内処方から、院外処方に変わったとき、珍しくて処方箋をまじまじと見ましたが、

全然気がつかず、現在では全く見もせずそのまま調剤薬局に持ち込んでて、

そんな項目があるなんて、全~~く識りませんでしたぁ(滝汗)。



そういえば、今回、処方箋を受け取るときに、

初めて「 土曜日までが有効期限ですから、土曜日までに、、」と言われなかったのです。

有効期限が延びたのかな?とは思ったのですが、これも4月1日から変わったのかなぁ。。。

[ 2008/04/24 18:17 ] [ 編集 ]
Re:わたしなら…(04/19)
わーぃ☆>しゅすらんさん

しゅすらんさんのご意見をお聞きしてみたかったんですよ~^^*☆

有難うございます☆☆



 > 開発より、特許権等に関わる部門が大きなジェネリックメーカーより、

 > 開発メーカーの権利を保護してあげなければ…という気持ちもあります。



ぅんぅん、そうおっしゃるだろうと思っていました。

ジェネリックメーカーの方がでっかいのですか?

私は逆だと思っていましたです~。

大きいから、莫大な費用と時間のかかる新薬開発から創薬まで至れるのだと。

そして、20年~25年の特許期間が認められ、その後も普及率9割を誇っているのだと。



 > 国内の新薬開発を目指すメーカーを少しでも応援したいという感じかな。



その気持ちは、私にもありますです~~。

んでも、その後の特許期間とその後の優位性から、十二分に採算が採れ、

次に向かうことができるのだと思っておりましたです。 勉強になりました^^*☆



 > ジェネリックを選択することで、国内の開発メーカーにお金が回らなくなってしまい、

 > 国内の企業の成長と新薬の開発を阻害することになってしまいますので…



ぅぅぅ。 ただ、我が家のようなお貧乏な家にとって、

毎月、万を越える医療費には切実なものがありますです~( ┬_┬)。



 > もしジェネリックに変えるのであれば、

 >「1度の処方で1種類ずつ、短期間の変更」にしますね。



確かにそうですね! これで不安が随分解消できます。

次回から、1種類ずつ変えて貰ってみようと思います。

有難う☆☆
[ 2008/04/24 18:30 ] [ 編集 ]
徹子さんのお人形。
黄パジャマさん



 > よく耳にするんだけど、やっぱりお医者さんに言えなくて処方されるままの薬を使ってます。



ですよね。。。。先生の処方に「NO」というようで、今後の先生との関係性も捻れそうで、

なんだか怖い感じまでしちゃいますよね。



 > そっかぁ、薬剤師さんに言ってもいいのか、今度機会があったら言ってみよう。



イイ感じでトライ成功されますように☆



 > あ、そうそう

 > 桜の写真Upしました。



きゃ~~~~(//▽//)☆☆

お待ちしておりました。

そうか、とうとう、黄パジャマさんちまで桜前線が北上しちゃったのですね!

後でじ~~~っくり、お邪魔にあがります。 有難うございます\(^o^)/☆☆☆

[ 2008/04/24 19:09 ] [ 編集 ]
Re[1]:わたしなら…(04/19)
ミスリードだわ(o_ _)oポテッ>ぢぶん





 > > 開発より、特許権等に関わる部門が大きなジェネリックメーカーより、

 > > 開発メーカーの権利を保護してあげなければ…という気持ちもあります。

 >

 > ジェネリックメーカーの方がでっかいのですか?

 > 私は逆だと思っていましたです~。



会社自体の規模のお話ではなく、社内部門の割合、部門規模のお話だったですね(滝汗)。

失礼致しました~~m(__)m>しゅすらんさん。

[ 2008/04/24 20:40 ] [ 編集 ]
あら? 書いたはずが・・・(;^_^A
私はロキソニンがジェネリックにして、もう1年以上経つのかな?

やはり薬局の方から言ってきまして。安くなりましたよ。



「ほぼ」同じじゃなくて「殆ど」同じで、ただブランドが違うだけって説明を受けまして。

詳しくは、「ジェネリック」で検索すれば出てきますけど、

在庫確認してから言って欲しいですよね(ーー;
[ 2008/04/25 13:05 ] [ 編集 ]
Re:あら? 書いたはずが・・・(;^_^A(04/19)
をを☆>_AZ_さん

_AZ_さんは、1年以上も前からジェネリックでしたか~。

しかも薬局の方から? ( ..)φ



 > 「ほぼ」同じじゃなくて「殆ど」同じで、ただブランドが違うだけって説明を受けまして。



ぅんぅん。

「 ほぼ同じ 」でも「 殆ど同じ 」でも、「 全く同じ 」じゃないってこと、なんです。

その分、リスクがない、とは言い切れず、また逆に、

ものによったり、ひとによったりで、ジェネリックの方が合う場合や、

好効果をあげる場合だってあるようですね。



 > 在庫確認してから言って欲しいですよね(ーー;



そなの。

ジェネリック云々ではなく、在庫チェックについて、

企業人として、私が凄く引っ掛かったところなんですよ~。

薬剤師さんは、良かれと申し出て下さったんでしょうけれど、ツメが甘いって。

[ 2008/04/25 14:48 ] [ 編集 ]
成分は同じです
薬効部分は全く同じです。

違うのは外側の糖衣などです。

それでも溶ける速さは同じであることが試験確認のうえで、承認されています
[ 2008/06/03 16:20 ] [ 編集 ]
Re:成分は同じです(04/19)
yocchanさん、メッセージを有難うございます。



 > 薬効部分は全く同じです。

 > 違うのは外側の糖衣などです。

 > それでも溶ける速さは同じであることが試験確認のうえで、承認されています



「 溶出試験 」とか「 生物学的同等性試験 」といわれるものですよね。



最近は、ジェネリック医薬品検索もできて、

「 同成分かつ同規格 」の医薬品に絞って検索できるようにもなっているのですね。



様々な情報を明らかにしていただき、患者さん主体で選択できるシステムであって欲しいと

願っています。

[ 2008/06/04 00:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。