今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『 ゴールデンスランバー 』 伊坂幸太郎






       前期試験での『 水筒事件 』 で、すっかり傷心状態の下の少年。

       見るに見かね、
       「 そう言えば、伊坂幸太郎の新刊を【 文庫 】で見つけたよ?
         買ってもイイよ? 」
       「 ほんと??  」 

       勢いづかせて、送り出す。

       本嫌いだった下の少年は、いったい何処に行ってしまったのか、
       最近は、よく本を繙いている。 読了するのも早い。
       が、しかし、山ほどある私の蔵書たちには余り食指が動かないようで、
       彼の推薦書を私が追い掛けるという、嬉しいような哀しいような逆転現象。

       なかでも、少年のお蔭で、伊坂氏とめぐり逢ったことには、感謝している。


       で、少年が買って帰ったのは、新作も新作、ハードカバーである。ヽ(`Д´)ノ





         「 おかあさんさー。
           欲しい本は、文庫オチになるのを待って待って、
           それでもどーかすると100均になるのを待ってるのに、
           なんで君が、あっさり、ぴかぴかのハードカバーを買えるかな~ 」?


       つい、僻みがましくぶつくさ言うと、


         「 しょうがないぢゃん、
           おかあさんが言ってた文庫は、もう読んでるのだったしぃ。
           僕が今、1番読みたい本だったんぢゃけん 」


       口を尖らして応戦する。
       く~~。 ま、しょうがないかぁあ。 私も読めるし(゚゜)\バキ☆

       、、、と思ってたら、少年はその日に読了し、
       翌日、私が貸して、と言うと、あ、友達に貸した。 だと (o_ _)oポテッ

       んでも、そのお子も速読のようで、3日目に返されて来た。 ラッキー??


Ρ   Ρ   Ρ




     『 ゴールデンスランバー 』。

     「 黄金のまどろみ 」。
       なかなか高貴なる香りがする、カコいいタイトル!

       そかそか。
       ビートルズの『 アビイ・ロード 』に収録されてる、
       ポールのメドレーのオープニングの曲なんだよね。

       で、どんな気持ちでポールがこれを書いたか、に、主人公は想いを馳せる。

       私は、ハーブティーの『 ゴールデンスランバー 』が、
       カモミールとスペアミントをブレンドしてあることにも気付いて、
       なるほどなぁ、このお茶、深いよな~と感動する。

 
       ストーリーは、
       「 首相暗殺の濡れ衣を着せられた一青年の逃亡劇 」という、
       ハードボイルドなお話ではあるのだが、
       主人公は、ハードボイルドとは対極にあるような 優男。

       伊坂氏の作品らしく、語り手を替え、時空を超え、絡み合う伏線が
       テンポ良くひとつひとつ綺麗にハマって行き、
       絶体絶命、悲劇にしか行き着きそうもない予感、様相のなかで。。。

       殊にエピローグが秀逸。 ほろり。 いつもながらウマ過ぎます。

       腰痛を忘れる(笑)面白さでした!?



       あとがきの最後に、伊坂氏が


       当然ながら、この物語はあくまでも作り話ですので、参考にした本や
       取材した内容に、僕がたくさんの嘘を混ぜ合わせて、取り込んでいます。
       物語の都合上、現実とはかけ離れた部分も多いので、
       読んだ方が真に受けないで下さればいいな、と思っています。





       ぃゃぃゃ~。
       結構リアルですから~。
       警察のメンツ、国家権力、裏の力、そんなような思惑で、
       都合の良いように「 事実 」を捻じ曲げ、でっちあげていくその手法は、
       本当のところ、こうなんぢゃないの? って真に受けちゃいます(笑)。


         んでも、「 本当のところ 」は、
         伊坂氏が綴る、小洒落た粋な人間関係、
         マスコミや権力に踊らされず、自分のこころで感じたそのひとへの信頼感、
         であって欲しい。

         んで、それをつくるのは、持ちうるのは、自分自身。 でしかないのですよね。


       伊坂氏、★5つ。 文句なくお薦めの1冊となりました^^*☆

                   『 ゴールデンスランバー 』

                   伊坂幸太郎/新潮社/2007年11月
                   ISBN:9784104596034/\1,600(税抜)


ペン読書

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ライフスタイル ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト
Re:『 ゴールデンスランバー 』 伊坂幸太郎(03/04)
わわわ・・・読まれたんですね。

後半とばしました(笑)。

サラのまま読みたいから・・・。

今図書館で23人待ちなんです。

私も『魔王』ではまって、待ち遠しくて・・・。

『死神の精度』が映画になりましたね。

伊坂さんもメジャーになってゆくのねぇ・・とちょっと淋しい気も^^
[ 2008/03/14 14:23 ] [ 編集 ]
Re:『 ゴールデンスランバー 』 伊坂幸太郎(03/04)
ほんと・・・ハードカバーは高いよね~ふぇ~



わたくしは・・・伊坂氏好きな会社の巻き爪H美ちゃんが貸してくれるのをお待ちしますか・・・



[ 2008/03/14 14:31 ] [ 編集 ]
ネタばれは(おそらく)してませんよん^^*☆
は~ぃ^^*☆>こまま1023さん



 > 後半とばしました(笑)。



だいぢゃぶです、ネタばれしてません^^*☆



 > 今図書館で23人待ちなんです。



ぃゃぃゃ、そんな図書館が近場にお在りになるだけお倖せでいらっしゃいますよ~~( ┬_┬)。



伊坂氏は十二分にメジャーでいらっしゃると思いますですよ^^*☆

古書店で、彼の文庫は勿論、ハードカバーが右から左へ飛ぶように売れていくのを観ました!!



 > 私も『魔王』ではまって、待ち遠しくて・・・。



少年は、『 陽気なギャング、、、』で初遭遇したのですが、『 魔王 』で完全に

「 ヤられた~ 」と言っておりました^^*☆



我が家では文庫でコツコツ集めてたのに、

ここに来てハードカバーが仲間入りしてしまいました~~( ┬_┬)。

( きちんと書棚に作家別に分類、収納したい私 )

[ 2008/03/14 14:38 ] [ 編集 ]
ハードカバー。
ほんとに。( ┬_┬)>うさとら119さん



お貧乏な我が家は、文庫本でさえママならないのに、

少年がホクホク顔でハードカバーを抱えて帰ったのには、ひっくり返りました。



もともと、こ奴ってば、

「 おかあさん、CDと服が欲しいんだけれど、もうお金がない。 どーしたらいい? 」と

真顔で訊ねて来る奴なんです(o_ _)oポテッ



 「 ひとは、本当に欲しいものをゲットするために、少々のものは我慢し、

   限られたお金で、優先順位でゲットしているのだ! 」



んでも、BOOK・OFFで、100冊大人買いする私が言っても、説得力ないのよね(゚゜)\バキ☆



持たせば持たしただけ使う。 「 欲しいものは欲しい 」。



これで独り暮らしをさせようなんて、やっぱりちょっと怖い。



 > 伊坂氏好きな会社の巻き爪H美ちゃん



H美ちゃんって、1つのお名前しか浮かばない(笑)。

あ、HONAMIちゃんっていうのもありますね。

[ 2008/03/14 14:53 ] [ 編集 ]
Re:『 ゴールデンスランバー 』 伊坂幸太郎(03/04)
文庫オチするまで待ってみよう……

石田衣良をハードカバーで2冊買ったばかりだし……

[ 2008/03/14 16:26 ] [ 編集 ]
Re:『 ゴールデンスランバー 』 伊坂幸太郎
ハードカバー。。。

小説類ではここ7年は買ってない(←つまり息子が生まれてから)

ハードカバーを一冊買うか、文庫を三冊買うか、100円で20冊買うか…、悩ましいですね(笑)

伊坂さんはこままさんご紹介の「魔王」で仁くんと同じくヤられました(笑)

あ、今日やっと『yomyom』を駅前の雑誌と文庫が主な小さな本屋で見つけました。『十二国記』の文庫とともに平積み。きっと増刷したんですね(^^;)諦めて寂しかったので嬉しいです。

腰、ぶり返してませんか?

安静ですよん(^^)
[ 2008/03/14 20:37 ] [ 編集 ]
文庫オチ。
土壇場サヨコさん



 > 文庫オチするまで待ってみよう……



ここのところ、伊坂氏の著書は大好評で、どんどん文庫化されてますから、

期待なさってて下さいまし^^*☆

サヨコさんはミステリものに挑戦される由。

伊坂氏、粋でコ洒落てて、ハイセンスですよ~~~^^*☆

重たいテーマであっても、テンポ良く、思わず、にやり、にっこりさせられてしまうのが

たまりません。



私は、殆どの男性作家の描く女性像に物足りず、つい評価が辛くなってしまうのですが、

この御方の描かれる女性には、余り違和感や嫌悪感を抱きません。

( って、余り女性を描いてらっしゃらないのですけどね(汗))。



 > 石田衣良をハードカバーで2冊買ったばかりだし……



をを☆ サヨコさんにして、ハードカバー2冊ゲットせしめ得る御方なのですね( ..)φ

私はノーマーク(゚゜)\バキ☆でしたのですが、チェックを入れさせていただきますです~。

有難うございます☆☆

[ 2008/03/15 11:51 ] [ 編集 ]
勿論、100円で20冊ですっっ!!!(きっぱり)
ゆうやけぐもさん



 > ハードカバー。。。

 > 小説類ではここ7年は買ってない(←つまり息子が生まれてから)



私なんて、いったい何年になることやら(笑)。

ハードカバーといへば、児童書ばかり、なのでございます(悲)。



昔の文庫本は、すぐに日焼けして赤茶けて読めなくなっていましたが、

最近の文庫本は、そこまで傷みませんから、安心してゲットできますです^^*☆



 > ハードカバーを一冊買うか、文庫を三冊買うか、100円で20冊買うか…、悩ましいですね(笑)



ぃへ、全然悩ましくありませんっ(笑)。



『 yomyom 』、読み応えがありましたですね^^*☆

落ち着いたら、十二国を最初から再読かけようと思っています^^*☆

( いったい、何度読んだことやら(笑))



腰は楽になって来たので、要注意です!!

無意識に、ひょぃっといつも通りに動いてしまい、「 あいたたたっ 」と悲鳴をあげ、

しばらく固まるのを性懲りもなく繰り返しています(o_ _)oポテッ。

[ 2008/03/15 12:02 ] [ 編集 ]
Re:『 ゴールデンスランバー 』 伊坂幸太郎(03/04)
親子で同じ本が読めるというのは羨ましい。

うちは、娘とは趣味が合わなくて・・・

娘の読むみのすごぉ~く分厚いメルヘンな世界の本は、どうしても読めなくて(汗)



息子にいたっては、活字を読んでいるのを見たことがなく(笑)あっ、あった、あった、一緒に読んでた本が。

月刊タイガース(爆)



それが今新聞会に入り、記事を書いてんだからわからないものですね・・・
[ 2008/03/15 13:23 ] [ 編集 ]
「 親子で同じ本 」
ぅぅ(汗)。>とらトクさん

娘さんと私、お話が合うかも^o^;☆ 



 > 親子で同じ本が読めるというのは羨ましい。



下の少年と、そんな日が来るとは、私も嬉しい誤算でした^^*☆

お子たちは全てそうでしょうけれども、特に男の子は、いつ、どっか~~んと伸びる、

成長してくれるか、判りませんですね!



 > あっ、あった、あった、一緒に読んでた本が。

 > 月刊タイガース(爆)



何よりの固~~い熱~~~い絆!!^^*☆

[ 2008/03/15 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。