今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「 とんど 」 と 私。







        地域によって、その呼び方は若干違うようだけれど、
        広島県では『 とんど 』と呼ぶようである。

        この地では『 神明さん 』。
        地域地域にある小さな祠の氏子で小さく組織されるようだが、
        『 神明 』といえば、伊勢神宮。
        天照大神を主祭神とし、伊勢神宮内宮を総本社とする。
        この小さな祠のひとつひとつが、天照大神、、?
        う"~む。。。。 またしっかり調べてみやう。 ( ..)φ



        私が最初に『 とんど 』と出遭ったのは、高1の冬。
        県北にある、同じクラスのひとのご実家にて。


        旧正月を迎えた土日を利用し、彼女と共に彼女のご実家へ。

        JRに長時間揺られ、それからまたバスに乗り。

        雪に閉ざされたような山間の、
        彼女が中学時代までを過ごした町に到着した頃は、夕暮れ時。

        膝まで埋まる一面の雪野原で、闇に蒼く怪しく光る幻想的なまでの
        田んぼの光景にこころ奪われる間もなく、
        雪掻きをされた1枚の田んぼの真ん中に、空へと屹立する
        とんど の姿に息を呑む。


          すっぽりと宵闇に覆われたときが とんど の始まり。

          40名近い、町というよりは ムラのひとびとが集まり、
          マレびと である私をあたたかく受け容れ、包み込む。
         
          点火の儀式。

          はにかみながら書初めを手に集まる子どもたち。
          ムラのひとびとが 披露されるひとりひとりのお子たちの書初めを認め、
          空高く翔けあがれ、とのエールのなかで、舞い上がっていく書初めの数々。

          その度に皆がどよめき 拍手を送り 子どもたちは歓声をあげる。


          ぱんぱんとはじける竹の音。

          回される竹酒の香り、美味しさ。。。。


                  このときの とんど の風景は、
                  思い起こす度、いつも美しく、清冽で、あたたかで。
                  時には涙が零れそうになる。

    
      



        高1の1学期の席順は、皆が慣れるまで、
        男子が南側、女子が北側と別れての出席番号順。
        私のすぐ前の席となった彼女は、県北の中学の出身で、
        高校の近くのアパートで、独り暮らしをしている、というひとだった。


        元々遠距離通学や下宿通学者の多い高校で、
        クラスの半分以上が、市外通学、下宿通学であったが、
        彼女の中学からは高校でも彼女ひとり。
        色白のたおやかなひとで、物静かで、いつも淋しそうな表情が印象的。


        私はといえば中3のときに級長・副級長で苦楽を共にし、
        正副級長の叛乱で混乱したクラスのなかで言の葉も交わすこともできなくなって、
        ノートを交換するようになり、 互いに淡い想いを育んでいた『 彼 』 と、

        同じ高校となり(当時の市は、公立5校選抜制。 合格者は振り分けられる)、
        普通科12クラスもあるなかで、奇しくも同じクラスとなり、
        同じ中学出身者は他に居ないにもかかわらず、
        またしてもクラス委員を2人で拝命する。


        クラス役員となったせいか、あっという間に皆と仲良くなり、
        いつも騒がしい私と静謐な彼女とは、水と油であり、
        彼女は内心、私を迷惑に思っているのではないか、とは感じながらも、
        いつも独りでぽつん、といる彼女を放っておけず、惹かれるものもあり、
        教室移動や昼食時間にはできるだけ声を掛けるようにし、
        皆の輪に引き入れて、いた。


        皆仲良しであったなかで、現在もつきあいの続く「親友」と呼べる友も何人かでき、
        奔放なクラスメイトひとりに皆で振り回されながら、
        現代国語の教諭である担任にもスパルタ式に可愛がっていただき、
        【 彼 】とのクラス委員活動を始め、( 後の生徒会へと繋がる )
        文芸部のオブザーバーに、バレー部にと、忙しく充実の日々を送っていた。


        そんななかで、彼女との距離は縮まらなかった。
        彼女から話題を振ってくることは決してなかったし、
        クラブ中心の私には、彼女のアパートへ遊びに出かけるような時間もなく。

        折に触れ、必ず私から声をかけて、皆の輪のなかに招き入れる、だけ。
        そんな1学期当初からのような淡々とした間合いのままで、いた。


        が、突然彼女から、実家に帰省するのに一緒に帰ってくれ、と懇願され驚く。



          「 旧正月だから実家に帰らないといけない。

            でも今は 独りであの町へ帰れない。 平気な顔で家族の元へ帰れない 」。


          助けて欲しい、と 彼女は言う。

          苦しい恋をしているのだ、と。
          家族や町の期待を裏切っているのだ、と。



            遠く県北から市内の高校へ通うクラスメイトたちには、
            それぞれ背負っているものがあることは耳にしていた。

            ムラ1番の秀才。
            きっと立派な学問を修め、いずれ故郷に錦を飾り、
            ムラの発展に力を尽くしてくれる。

            そうしたムラの期待を誇りとともに一身に背負い、
            ムラから奨学金のような援助金が出て、市内に出て来るのだった。



       でも。

       ムラ1番の秀才は、市内に在っては団栗のなかの一粒でしか、ない。

       まずはそのことを自身が受け容れられず、
       大海を識った下宿通学している殆どのクラスメイトは 潰れて いく。

       足掻いて足掻いていくなかで、
       男子の場合は、アパートがドロップアウト寸前の生徒たちのたまり場、
       になってしまうケースが殆ど。
       女子の場合は、、、、男性に縋ってしまうことが多い。

       そうでなくても16,7歳で、
       ムラに比べれば大違いの都会での初めての慣れない独り暮し。
       毎回の食事や身の周りのことだけでもいっぱぃいっぱぃ。

       自宅通学でクラブ活動に興じ、
       夜は高額の進学塾に通う(恵まれた)クラスメイトたちとの余りのギャップ。。。


       時折、彼女の手首に包帯らしきものがちらっと見えることがあった。
       それは、そういうことだったのか。

       リストカットを度々試みるほど、彼女は追い込まれていたのか。



                 彼女と共に彼女のご実家へ帰省し。
                 温かくもてなされながら、私のこころは苦かった。


                 この後、春休み直前に
                 彼女は溜め込んでいた睡眠薬を大量に飲み、手首を切り、
                 病院に運び込まれることになる。


      



       2年になって彼女とクラスが離れ、彼女は長期に渡って学校を休む日が続き、
       逢っても、とにかく彼と決別しろ、としか言えない私は、
       次第に彼女と疎遠になっていった。

       歯痒かった。 彼女の肩を揺すぶりたかった。

       未来のない 恋 に 自分から囚われてしまうのは愚か、だと思えた。

       疎遠、もなにも、元々、彼女と私を結ぶ縁は細かったのではないか、とさえ思った。



       でも時を経て、私も、その出口のない恋を識ることになる。

       そして紆余曲折の末、結婚し、この地に転居し、
       旧正月の前には、あちらこちらで見事な『 とんど 』を目にするようになり、
       その度に、ふっと彼女を思い起こしては、考え込んでしまう。
       あのとき、自分に何ができたか。 できなかったか。



            雪の降り積もるなかでの幻想的なひととき。
            温かだったひとびと。
            子どもたちを地域の宝として、いとおしみ、育もうとしていたひとびと。

            それがその地に生きるものを雁字搦めに絡め取って行くようで
            彼女には 懐かしくも負担で疎ましく重たく、
            時には呪わしくさえ感じられていただろうか。

            私がこの地に感じる憎しみを、彼女はずっと抱えていたのだろうか。


            彼女は 何故 私を選んだのか。


                単に脳天気で騒がしい賑やかし、として。
                ではなかったのなら 何故。

                こういったことに縛られて、息も満足にできない自分である、
                ということを私に伝えたかったのか。


                私は大事な手を離してしまったのではないか。   


                  
        今年も『 とんど 』の時期が来た。


        この地で出遭った『 とんど 』も様々な形があり、人間模様があり、
        この12年で次々に存続が不能になって無くなっていった。

        私のPTA時代に小学校PTAでやろう、という声が
        『 とんど 』の習慣を持たない商圏地域からあがり、
        そのこと自体は素晴らしいことだと思いつつも、企画実行する立場からは、
        種々の事由で、不可能だと懸命にもみ消したりした(゚゜)\バキ☆


        校区の海側の地域で、久々に見事な『 とんど 』を観た。
        「 地域力 」 を観た想いがする。


            空 が どこまでも 蒼い。



とんど.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ライフスタイル ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/02/05 00:00 ] 観ました^^*☆ | TB(0) | CM(10)
Re:私 と 「 とんど 」。(02/05)
ものすごく・・・

しみじみと、切なく・・・

読ませていただきました。

[ 2008/02/10 17:58 ] [ 編集 ]
切ないのが青春の証?
ぅん。。。>こままさん、ありがと。



あの頃、世間識らずの私の周りには、出自や民族問題を抱えている友がたくさんいて。



それまで本のなかだけでしか識らなかった、遠い物語のような事柄が、

苦しむ友の姿となって、具体的に私の前にたちはだかりました。



青春時特有の、恋愛がらみの甘ったるい感傷的な切なさとはまた別に、

個人の頑張りでは如何ともし難いやるせなくも厳しい現実に、

私はおなかのなかがぐちゃぐちゃになるような想いを抱えました。



それでもまだまだそれは序奏に過ぎず、

「当事者」として自覚する苦しみが、その先に待っていた、のですが。



ひとの一生は、まさに

「 重荷を負いて遠き道を行くが如し 」、ですね。。。



そんななかで、潰されず、諦めず、自分の足でなんとか立ち、歩いて行こうと。

1歩でも前に。



そんな方々が地の星となって輝き、私たちの足元をを照らして下さるのかも識れません。。。



重き荷は、そのひとそのひとに背負えるだけの荷、なのであり、

自身の枠に収まるような悩みや苦しみなんて、

ほんとにほんとにちっぽけなものなんだ、と気付かせて貰いました。

[ 2008/02/10 19:33 ] [ 編集 ]
どんと
あ、私が、子供のころ住んでいた商店街では、

やっていました。

それぞれのお店のお正月飾りを集めて、

お焚きあげしていました。

よそではやっていないというのは、

よそに行かないと、わからないんだよね(^_^;)

それから、ほんと、見てないな~

寺社に行けば、やっているかな?



高校のお友達のお話、しみじみと

読ませていただきました。

あのまっ最中にいると、

わからないんだよね、自分自身のあやうさが、

まわりのあやうさも。

私自身は、一人暮らししている友人などない、

高校生活でしたので、(ま~生活レベルの差が、

身にしみることはありましたが)

りうりうさんのように、

お友達思いだったかな?

と、ちょっと反省しております。
[ 2008/02/10 22:08 ] [ 編集 ]
蒼い空
どうして、切ない思い出には、蒼い空が似合うんでしょうか・・・。



その彼女は、今は幸せに暮らしているのでしょうか・・・







沢山、まわり道をしても、「今」が、幸せであるのなら、いいなぁ・・・と思います。

・・・ね。りうりうさん。



[ 2008/02/11 02:07 ] [ 編集 ]
Re:どんと(02/05)
ネコの目さん

ネコの目さんの子ども時代の商店街では「どんと」?

「どんどん焼き」と言うところもあるみたいですね^^*☆



 > それぞれのお店のお正月飾りを集めて、お焚きあげしていました。



私は高1の冬まで、本でしか知らなかったです~。

お焚き上げは、個々人で初詣のときに、前年のものを神社へ持って行って、

神社のお焚き上げのための篝火へ投じていました。



近年はお飾りにプラスティック類が増えてるので、すご~~く心配。

( 今年、うちの例の神社で、レジ袋に入れたお飾りをレジ袋ごと火に入れた参拝者がいらして、

  参りました~~(怒))



 > あのまっ最中にいると、

 > わからないんだよね、自分自身のあやうさが、

 > まわりのあやうさも。



まさに「あやうい」。 危うい年代ですよね。



私は、友だち想い、ぢゃなかったんです。

「友情」というものに「序列」があるのなら、私にとって、この彼女の位置は。。。。

そして、そんな私にしか、

彼女は助けを求めるしかなかった、というところがたまりません( ┬_┬)。



春休み直前の事件は、彼女にも、そして私にも、大きな傷を残しました。

こころから、とことん彼女に寄り添おうとしていなかった私自身を自覚、しました。



私には、別の友人の抱えていることで手一杯で、彼女の問題は彼女のこころのありようで

クリアできる、クリアしていかなくてはならないことのように思えてならなかった、のです。



でも、あのとき、彼女の手を取った以上、私は、どうしなくてはならなかったか。

はぅ~。 自分は「 偽善者 」だと、つくづく思い知らされました。

[ 2008/02/11 22:31 ] [ 編集 ]
Re:蒼い空(02/05)
rain27jpさん

地球の海や空が「 蒼 」で、本当に嬉しい、と心底思っている私です。。。





 > その彼女は、今は幸せに暮らしているのでしょうか・・・



卒業後の彼女は音信不通で、同窓会名簿も空欄になって、います。



 > 沢山、まわり道をしても、「今」が、幸せであるのなら、いいなぁ・・・と思います。



有難うございます。

この蒼い空の下、そうで、あって、欲しい、とこころから 申し訳なく 想い、

こころから 祈って います。

[ 2008/02/11 22:35 ] [ 編集 ]
Re:「 とんど 」 と 私。(02/05)
中学のクラスメートが、高校卒業を目前に自殺しました……

彼女が自縊したと聞くその木は、今でも、国道沿いに位置する自宅の、国道に面したその場所にあり、25年経つ今でも、前を通ると彼女の事が思い出されます。



学年3クラスしかない小さな中学校で仲良く学びましたが、高校は同じだったのだけれど、私は堅物一直線で、部活や図書委員や片恋の青春を送り、一方彼女はパーマをかけ、制服のスカートを足首まで伸ばし、ピアスを開け、帰宅部という両極端の学生生活を送った為、友達付き合いは途絶えていました。



なので、何で悩んでいたのか、何を考えていたのか、何も分からず、途方にくれ葬儀に参列したのを覚えております。



りうりうさん…

きっとねぇ、気付いていても何も出来なかったんじゃないかと思うの、お互いね。

きっと「あの時…」って、ご家族だって思っているだろうし、りうりうさん以外の友人も、同じような事を考えているんじゃないだろうか…



死を思いつめた人が、ふと「もう一度がんばって生きてみよう」って気になるのって、意外と、小さな物や、些細な出来事だったりするって聞きますよね…

きっと、気付いたから何かが出来たとか、そういう事ではない様な気が、今はしております。なんというか、タイミングとか、あまり使いたくない言葉だけど、運命とか…そんな事かなって。
[ 2008/02/12 18:34 ] [ 編集 ]
Re:「 とんど 」 と 私。(02/05)
「とんど」、うちの実家辺りでは「どんど」ですねぇ

同じ中学でも、小学校が違うと「とんど」らしいんですが。



うちの方では、早朝の行事となっております。



昔は、ただ賽の神様の前に、適当にお飾りを積み上げて燃すだけだったので、短時間で終わってしまいまして…



道路の改良で、賽の神様が移転。

川原に場所が移動。さらに適当な行事に…



その後、うちの父が区長を務めました時に、「ぜひ、他の地区のようにキチンとした形で」ということで、面倒くさがる周囲を巻き込み、きれいな形に仕上げて行ったのだそうです。

で、やはり一度キチンとやると、それがやはり皆さん心地よかったのか、20年ほど経った今では、その形に定着して、それが当然のようになっています。



伝統の形を崩すのも、再構築するのも、また人の為せる業でありますね。



まぁ、地元の人は、その時の区長がうちの父であることや、自分たちが反対していたことは、きっと綺麗に忘れてしまうのでしょうが、家族は覚えているので、それで良いのです(*^_^*)
[ 2008/02/12 18:44 ] [ 編集 ]
「 気付いていても 」
ありがと>しゅすらんさん



国道に面した木で自縊、とはまた、衝撃的でしたね( ┬_┬)。



 > きっとねぇ、気付いていても何も出来なかったんじゃないかと思うの、お互いね。



ありがと。

私ね~、彼女が溜め込んでて大量に飲んだ睡眠薬、一部は私も彼女に頼まれて買ってるんですよね。

具合が悪いから買いに行けない、という彼女に処方箋の写しを持たされて。



それもまたショックだったですよ。

彼女はそのつもりで、あちらこちらで買い集め、もう買えないので私まで使った。

眠れなくて困ってる彼女のために、と脳天気に買いに走る私。

何も気付かない私。 気付こうとしない、私。  は~~~(o_ _)oポテッ



 > きっと、気付いたから何かが出来たとか、そういう事ではない様な気が、今はしております。



ん。

何か出来たかもしれない、って思うこと自体が傲慢だったりするよね。

もうね、そう、決まってたんだ、と思ったりもしたりします。

脳天気な私に必要であり、もう1度生き直す?ための彼女にも必要なことだったのかも、と。



。。。ただ、当時の私は、

余りに彼女に対して通り一遍な接し方であったよなぁ、と胸が痛いのです。

これって、自分の罪悪感、裏返せば苦しむことで自己満足してる世界、

でしかないのかしらん。。。( ┬_┬)

[ 2008/02/14 23:47 ] [ 編集 ]
「 どんど 」
しゅすらんさん



 > 「とんど」、うちの実家辺りでは「どんど」ですねぇ



「 焼き 」はつかないで、単独「 どんど 」でしょうか。 何か可愛く聞こえます^^*☆



 > うちの方では、早朝の行事となっております。



そうなのですか!!

こちらの神明さんは、お昼時でした。

小型で神輿のように担ぐようになっている子ども神明さんもあって、

午前中に子どもたちが担いで、神明さんの領地内を練り歩き、

最後に神明さん本体と合体させて点火するんです。

子ども神明というのは、この地で初めてみて、とっても興味深かったです^^*☆



おとうさまは、辛抱強く、大切なことをなさいましたですね^^*☆

伝統行事は、その成り立ちやら理屈やらを誰かがきちんと識っていないと、

そしてそれを伝えて行かないと、どんどん形骸化しちゃいますよね。

まして、曲がりなりにも「神事」であれば、形も魂もそのまま伝え、受け継ぎたい。。。



 > 伝統の形を崩すのも、再構築するのも、また人の為せる業でありますね。



この地に来て、まさにそう感じる日々でありました。

識ってて、より「今」の時代から希求される形へとあえて「 崩す 」のと、

識らずに、識ろうとせずに、より楽な形へ流れて「 崩れる 」のとは、中身が天地程違う。

そして、前者の場合でも、崩す前の形を口伝だけでも伝えて行かないと、

結局は「 大事なもの 」が「 崩れて 」しまう。



温故知新。

古くから脈々と受け継がれて来た、生活の智慧、祈り、感性。

しっかり学び、咀嚼し、バカヤローなことはバカヤローとして、自身の血肉にしていきたいです。

[ 2008/02/15 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。