FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

桜だぁああ(//▽//)☆







       現在かなり卒業しつつあるとはいえ、
       未だ文房具フェチの私は、封筒便箋、シール程ではないにしても、
       文庫や新書のカバーにもまた、凝っていた。

       其処彼処で本を繙く私には、カバーをしなくては本を汚してしまうし、
       文庫や新書の表紙に皺がつくのは許せなく。

       かといって、お貧乏な私には高価なカバーは買えない。
       せいぜいが、各書店でいただく文庫カバーやシックな包装紙、
       カレンダーなどを利用して、作者別やシリーズ別に分けたりして
       ささやかに楽しむ程度のものであったが、
       エコの面からは、書店で文庫カバーをいただいてはいけない、と、
       安価で丈夫なカバーを物色するようになった。

       フェリシモの文庫、新書カバーの会に入ってみたり、
       100均の文庫カバーに手を入れて使いやすくしてみたり。


       ブックカバーの難点は、読むときには良いのだが、
       書庫に在るときには、背表紙で何の本だか判りにくいこと。

       だもんで、最近は専ら、↓ このタイプを100枚、200枚と購入して活用している。






       炊事どきの読書( 鍋をかき回しながら本を読む奴(゚゜)\バキ☆ )や、
       入浴時の読書でも大丈夫! とっても重宝してて、お気に入り。

       外に持って出るときには、この上から布製のカバーを掛ける。


       だもんで、近年の私にはブックカバーは間に合ってる。
       。。。とはいへ、元々はフェチなので、
       文具店に立ち寄るときはブックカバーのチェックを欠かさない。

       たまに惹かれるものを見つけては、汗をかきつつ我慢する。

       文具店でなくとも、ワゴンで良い柄の端布を見つけたときなどは、
       ふっと手作りすることも考えるのだが、
       お裁縫は好きではないので、なかなかその気になれない。

       文庫カバーともなれば、手触りは良くしたいし、
       でも、ある程度しっかりした生地を選ぶか、接着芯を貼るか。

       デニムは薄手でないと、どうもブックカバーにはしっくり来ない。
       キルティング生地を使えば簡単にできちゃうんだろうけど。。。。

       手製ともなれば、ポケットやブックマーク等、工夫も凝らしたくなるので、
       考え始めると、いつも面倒になって来る(゚゜)\バキ☆



Ρ   Ρ   Ρ



       夜、出先から帰宅し、ポストのなかを覗く。
       あれれれ?? 



有朋自遠來、不亦樂乎。



ぅるとらねぃさんから? いったい何だろう?


あけてびっくり。 超びっくり。


水色の封筒からこぼれ出た、
霞がかった薄紅色の さくら さくら さくら。。。。

        
桜ブックカバー.jpg



" 早く 桜が咲きますように "


そんなねぃさんのカードと共に、
さくらのブックカバーだよ~ん。 ( ┬_┬)




                  ありがとありがとありがと( ┬_┬)。
                  文具、タオル、読書傾向、、
                  ねぃさんとはどーも同類の匂い(笑)がしてたのだけれど。

                  気もそぞろで本に向かう時間が多くなってたこの時期、
                  いっちばん嬉しいグッズかも( ┬_┬)。




        そーよ。 早く、桜が咲きますように。

        も少し、も少し。 あともう少し。

        ぅるとらねぃさん、有難う☆☆ も少し頑張りますっ!

ペン晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ライフスタイル ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



Re:桜だぁああ(//▽//)☆(02/10)
桜のブックカバー素敵ですね。

タイミングも良い、「サクラサケ!」



私は就寝前の読書が多いので、本を片手で持つ時にブックカバーの存在が煩わしいの。

本そのもののカバーや帯まで外して、裸にして(おっと!)読んでいたのよ。

読み終わったら、本のカバーと帯を着けて書棚へ。

本屋さんのカバー付けを断っていたのも、書棚に並ぶと何の本だか分からない。昔は丁寧にサインペンで上書きしてたけど。

でも、こういうカバーの楽しみ方もあるのだなと思い直させられました♪

[ 2008/02/18 11:18 ] [ 編集 ]
Re:桜だぁああ(//▽//)☆(02/10)
さ~くぅらぁ~♪ さ~くぅらぁ~♪



あれ~見たとたん「可愛い!!素敵!!!」 と ばっ!と掴みました!!!



「これはこれは 早くサクラ咲かせたい りぅねぇさんにピッタリ…嫌 待てよ…ねぇさんシックな装いが多いといってたから 派手ばでしく無い方がいいかなぁ~」

と 麻の葉 や青海波もあったんだけどぉ

「いやいや シックな黒系の服でこの綺麗な色のカバー…いいぞ~!」

と 一人ブックカバーの前で変な人してましたぁ~



そこの本屋さん和柄のブックカバーが置いてあるんです~今 私が使ってるのは真っ赤な鹿の子で…お気に入りです~



ワタクシ的にはこの『透明ビニールカバー』かなりそそられます~

貸してくれた本についてたでしょ?

買っちゃお 買っちゃお!!







[ 2008/02/18 13:02 ] [ 編集 ]
ブックカバーの楽しみ方☆
有難うございます☆☆>土壇場サヨコさん



 > 桜のブックカバー素敵ですね。

 > タイミングも良い、「サクラサケ!」



そうなんです~~。

前期試験まで後10日!、というときに届いた桜。

封筒から薄紅のお花がこぼれ落ちたときには、思わず「ををを!」って、

ほっぺが赤くなるのを感じました^^*☆



 > 私は就寝前の読書が多いので、本を片手で持つ時にブックカバーの存在が煩わしいの。



あ! 判りますです。

腰痛持ちの私も、つい横になって読むことが多いのですが、

特にハードカバーの本は、しっかり上からカバーしてあげないと、

かえってカバーと本とがバラバラになっちゃったり、手から滑り落ちたりしますですよね!

( それは、半分寝てるから(汗)。>ぢぶん )



 > でも、こういうカバーの楽しみ方もあるのだなと思い直させられました♪



照れ照れ(/ω\)。

私の楽しみ方は、邪道の部類?だと思うのですが、こんな奴もいる、ということで。 てへ。

[ 2008/02/18 16:24 ] [ 編集 ]
ありがと~~(//▽//)☆
(//▽//)☆>うさとら119さん



 > さ~くぅらぁ~♪ さ~くぅらぁ~♪



嗚呼。

桜をこよなく愛してる私ですが、例年にも増して、一日千秋ぢゃなくて千春の想いですぅ~。



 > あれ~見たとたん「可愛い!!素敵!!!」 と ばっ!と掴みました!!!



「ばっと掴む」感じ、判ります(笑)。

一目惚れしたらもう、「これっ!!」って掴んで離さない(笑)。

後から同系の良さそうなものを次々見つけるんだけど、最初に掴んでるものは離さない(笑)。



 > 「いやいや シックな黒系の服でこの綺麗な色のカバー…いいぞ~!」



有難うございますm(__)m☆

普段は「 シック 」には程遠いラフラフスタイルですが、黒に間違いはありません(笑)。



黒にこの薄紅桜は、確かに素敵~~(//▽//)☆

んでも、黒に真っ赤な鹿の子も素敵~~。



あんまり綺麗なので、しばらく飾らせていただきます~~。

少年の桜が咲くまで☆☆☆

有難うございました\(^o^)/☆



『 透明ビニールカバー 』、自然に外れることは絶対ないし、そのまま書庫に収めてイイし、

文庫自体が綺麗でセンスある表紙のときなど、

心置きなくデザインと内容のコラボを楽しめますですぅ。

[ 2008/02/18 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する