今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。






     2005年9月の日記 で、
      『 食育 』 の 前に 『 食材 』 について考える。 と称し、
     中国の実情を紹介しているブログを紹介した。

          『 中国の7色に輝く河川と食品 』


     その後、あたかも、そのブログを実証するかのように、
     中国産の食材、食品のあれこれが次々とニュースになり、
     とどめが、生ゴミを使用してた?と、散々話題になった中国産餃子である。


     以後、中国産の餃子は極力買わない消費者が増え、
     全く売れていないのでは? このまま消えちゃうのかも?と思っていたのだが、
     最近、スーパーで、チルドの中国産餃子を良く見かけるようになったことにも
     気付いていた。


       また、売れるようになったんだ! という驚きと共に、
       それだけ需要がある、ということであり、
       それだけ日本向けの餃子は、チェックが厳しくなり、
       きちんとクリアするように製造されるようになって来たのか、と思っていたのだが。 


     喉元過ぎて、大変なことになっていた。 ( 時事通信社 )


       中国産の冷凍餃子。

       単純な下痢や嘔吐で済むようなものでもなく、
       一時は意識不明にも陥る被害者が出るような、恐ろしい農薬入りである。
              ( 致死量は体重50kgひとで約1.5g )

       餃子は彼の國では、「 縁起の良い食べ物 」とされ、
       春節には長寿を願って食されると聞く。

       でも、そんなことも今や関係ないんだね(o_ _)oポテッ。



    「 生協なら安心 」 「 JTだもん 」 という消費者のこころが
     見事に裏切られた事件であり、防ぐ術はなかったのか、と、憤懣やる方ない。


     また、怖いのは「 業務用 」の商品も数多くあること。
     幾ら自分たちが「 中国産 」をマークし、忌避していても、
     市販のお弁当やレストランで食事する折に出されたのでは、もうどうにもならない。

     かといって、外食、テイクアウトを慎み、全て手づくりのものを、と言っても
     ライフスタイルは多様化しており、
     独り暮らしの学生や単身赴任者を初めとして、
     今やもう、皆がそんな食生活を送るのには、とても無理がある。


        同居中、畑の根菜、野菜類を駆使し、三食和食の生活だった。
        一切のものを出汁から手作りしていたが、
        これを完璧にヤろうと思えば、朝から晩までキッチンに立っている必要がある。
        (私には)絶対、絶対、ムリ ヽ(`Д´)ノ。


     んだから、極力、国産で安いものを探して大量購入し、
     時間があるときに色々と下ごしらえをしては冷凍してストックしておく。

     全て国産無農薬・有機農業のものを食べたくても、
     庶民には余りに高すぎ、なかなか毎日とはいかない。

     それでも、「 危険 」と言われて久しい中国産のものを
     「 表示 」を頼りに極力避けることは、誰にでもできる。
 
     彼の國の民族性。 彼の國の政策。 彼の國のこれまでの在り方。
     様々に考慮し、自分たちがそれを選択しなければ、それで済む



     しかし、『 ミートホープ 』社 の問題は、それでは済まない


     厳しい経済力のなかで、精一杯工夫して日々過ごしている民草の信頼を、
     これほど馬鹿にし、裏切った会社を私は絶対に許せない。

      「 国産だから 」
      「 Co-opだから 」
      「 学校給食へも供給している会社だから 」

     そして、文部科学大臣表彰創意工夫功労賞を受賞したひとが社長であるこの会社を
     いったい誰が疑ったことだろう。

     それをいいことに、
     牛肉の挽肉の中に豚肉を混ぜたり、色の悪い肉に血液を混ぜて色を変えたり、
     消費期限が切れたものをラベルを変えて出荷したり、
     腐りかけて悪臭を放っている肉を細切れにして少しずつ混ぜたり、
     鳥インフルエンザが流行した際に値段が下落した輸入鴨肉を
     大量に購入して混ぜたり、仕舞いにはパンを肉代わりに混ぜたり

                       ( 青字部分は ウィキペディア より引用 )

     昨日のフジ『 とくダネ! 』では、

     ● 腐りかけて悪臭を放っている肉に 漂白剤を使用していた こと。
     ● ビニルの混入を 誤魔化すために二度挽きしていた こと。
     ● 親族の退職金に 7000万円支給したこと。
     ● 破産手続き中ではあるが、多額の所得隠しが行われているであろうこと。

     などが新たに報道された。


     ニッポンの國で、「 食材 」 が 「 国産だから 」では、もう安心できない
     この衝撃には筆舌に尽くしがたいものがある。


         足元の第一次産業を大切にして来なかった私たち。
         目先の豊かさ、便利さ、そして安さに飛びついて来た、
         これが私たちのツケなのだ、としても、支払う代償の余りに大きいこと。

    
     絶対に許せないけれど、
     こんな会社をのうのうとのさばらせたのは、私たち、でもある??

     でも、あいつぐ「 加工食品 」 「 嗜好品 」 「 外食産業 」などではなく、
     安全と信じ、手作りしようと購入する「 食材 」「 原料 」の段階でヤられると
     民草には判別しようもなく、どうしようもない。


     この会社が氷山の一角でないことをただ祈り、徹底的調査と、厳罰鉄槌を願う。





ペン赤カード

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ライフスタイル ブログランキング


 


関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/01/31 11:38 ] ニュース | TB(0) | CM(14)
Re:中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。(01/31)
去年の暮れにも中国の子供がインスタントラーメンをお店で食べて死亡してあまりのことにびっくりをとおりこしていたけれども、もはやよその国のことではなくなってしまった。。。

ましてや生協で販売していたものとは・・・全面的に信頼していたわけではないけれどもショックです。



ミートホープは・・・自分たちは絶対食べなかったでしょうね。カネの亡者としかいいようがない。

本当に氷山の一角でないことを祈ります〒_〒

[ 2008/01/31 12:12 ] [ 編集 ]
Re:中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。(01/31)
本当に、中国産でもコープならと、買っちゃいますよね~

うちは、息子が餃子好きなので、夫が、よく冷凍の餃子を買ってくるんですが。

週に、2,3回は餃子を食べたい息子には、

毎回、手作りは無理。週一回が、せいぜいなので手作りは。

これからは、少し頑張って、多めに作って冷凍しておくくらいしか、

対応策はないですよね~

国産の餃子も、中身を中国で作って輸入し、

国内で最終加工すると、中国産とは、どこにも書かなくていいんですよね~

私は、値段で判断するようにしているのですが、、、



家族の口にするものに、どこまで、目をやるか、

お金は、どこまでかけるのか、かけられるのか、

本当に、深刻な問題ですよね~



夫が、よく買っているキムチチャーハンも、

件の工場で作っているとわかって、

ちょっと、ぞっとしています。

さらに、ぞっとしているのは、業務用の多いこと。

買う時には避けていても、外食の時に、

きっと、口にしているんでしょうね。(ためいき)
[ 2008/01/31 12:17 ] [ 編集 ]
Re:中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。(01/31)
1社で そのようなことが発見されると・・・



ことごとく 何社かが 自主回収を始めます。



それだけ 自社の監視体制に自信が無いってことよね。



安全 清潔 ちゃんと自信を持って加工しているなら

中国産でも 安全なんですけどね。



安全のため

北京オリンピックは 自前のお弁当で観戦して下さい。

って ならなきゃいいけど・・。

[ 2008/01/31 18:20 ] [ 編集 ]
生協という安全神話。
こんばんは。

私は、生協というと、「食の安全」をきちんと管理しているところだと、認識していた。

だから、少しぐらい高くても、しょうがないと思っていた。

だから、かのミートホープ社が、生協に出荷していたということは、すごく、ショックだった。

(大阪時代は、近くのcoopでお買い物だったから。)



で、

今回、また、co-opだよね。

元日本たばこ産業のJTだよねぇ。



う~~ん、ホント、名前だけで、安心しちゃあいけないんだねぇ。



ブログ仲間に、○オングループの方がいます。

ここも、中国産の冷凍食品が多いです。

以前、その点を指摘したら、

「危険性のある食材は、絶対に出さない。」

と、書かれていました。

ちゃんと、現地法人で管理しているみたいだなぁ。。。

と、思いましたよ。

[ 2008/01/31 19:43 ] [ 編集 ]
インスタントラーメンで死亡。
ありましたね!>パクチーナさん



 > 去年の暮れにも中国の子供がインスタントラーメンをお店で食べて死亡して



1度に4名のお子が亡くなり、驚きました。

原因を解明中、ということでしたが、中国国内のニュースだからか、

あれからどうやってラーメンに化学物質が混入したのか、はっきりしたニュースは

流れていないように思います。

私は、朝、通学途中に小学生のお子たちが、インスタントラーメンを食べる、

ということにも驚いたのでしたが(汗)。



 > ましてや生協で販売していたものとは・・・全面的に信頼していたわけではないけれども

 > ショックです。



生協は甘い、と、『グリーンコープ』へ入る方もいらっしゃり、

私も入りたかったのですが、近くに店舗もなく、班配を組織するパワーなく、

宅配もこの地ではできれば避けたく、、、、結局ヘタれてしまっています(o_ _)oポテッ



甘いと言われながら、それでも「生協」というブランドが崩れてしまうと、

なんだか非常にこころもとない気持ちで不安になってしまいます。



 > ミートホープは・・・自分たちは絶対食べなかったでしょうね。

 > カネの亡者としかいいようがない。

 > 本当に氷山の一角でないことを祈ります〒_〒



ほんとに! つい、天誅を祈ってしまいます。

こんな気持ちは、姉歯事件以来の怒髪天です。

[ 2008/02/01 07:22 ] [ 編集 ]
「 Co-opなら 」
そうなんですよね>ネコの目さん



 > 本当に、中国産でもコープならと、買っちゃいますよね~



「Co-op」というブランドを【妄信】しているのではなく、「生活協同組合」ですから、

きちんとした基準のもとに、生産・商品管理されている、と思っていますもんね。



ところが、JTは、「生協」がチェックすると思っていた。

生協は、「JT」だから大丈夫だと思っていた。

ありがちなミスだけれど、両者の信頼関係というよりも、両者の馴れ合い、手抜き、

以外の何物でもないような気がします。

生協利用者も、生協の組合員ですから、しっかり観て、チェックしていかねばなりませんね(汗)。



息子さんは、餃子好きでいらっしゃいますか^^*☆

我が家も大好き家族なのですが、手作りなので、月に1回がやっとです(汗)。

徹底的に食べるので、4人のときには200個近く。

これって、たまに作るから、いっぱい食べるのかしらん。

いっぱい作るから、たまにしか作れない。 絵に描いたような悪循環??(滝汗)



 > 国産の餃子も、中身を中国で作って輸入し、

 > 国内で最終加工すると、中国産とは、どこにも書かなくていいんですよね~



私たちの判断材料は、販売会社名だったり、製造元名、製品成分表示。

商品のラベルを観る、しかないんですよね。

そこに「偽」があれば、もうお手上げです( ┬_┬)。

価格で判断しようにも、価格自体ボられてたら、もうヽ(`Д´)ノ。



となると、価格と品質が見合っているからこそ長生きする「定番商品」でしょうから、

名の通ったメーカーの定番、を選択していくしかないんでしょうかしらん。

で、今回、信頼を得ていたメーカーの定番だったからこそのショッキングなケースで、堂々巡り。



 > 買う時には避けていても、外食の時に、

 > きっと、口にしているんでしょうね。(ためいき)



買えない、外食できない。 大変ですヽ(`Д´)ノ。

[ 2008/02/01 07:50 ] [ 編集 ]
「 自社の監視体制に自信が無い 」
ほんとにね>りきkkぱぱさん



 > 安全 清潔 ちゃんと自信を持って加工しているなら

 > 中国産でも 安全なんですけどね。



うちの取引先が中国に工場を持たれているのですが、(ボスや夫は訪問済)

全寮制にし、それは厳しい管理体制で、見事な製品をつくっています。

人件費を相場の2倍出すため、優秀な人材がたくさん集まり、ハイレベルなことができるのだ、と。



食品ではありませんが、それでも安全、清潔、整理整頓を徹底するには、

物凄い労力と時間が必要だとのことでした。

お國柄というか、価値観が全く違うために、

ものづくりの基準を合わせることが、なかなか難しいのですよね。



「中国産」というだけで、忌避される傾向が強いため、取引先も、その商品を扱う私たちも、

全力を挙げて説明し、消費者の方々にご理解いただくよう努めています。



その姿勢は、「商売」をするうえで絶対に必要なことである、と信じています。



 > 安全のため

 > 北京オリンピックは 自前のお弁当で観戦して下さい。

 > って ならなきゃいいけど・・。



今のままだと、とても不安ですよね(汗)。

[ 2008/02/01 08:07 ] [ 編集 ]
Re:中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。(01/31)
何を信じて食べりゃいいんじゃ?って思うよね。

「生協」といえば、なによりも安全性を重視しているところだったはず・・・

かなりショックです。



ミーとホープの実態の新しい報道を見てただけで(とくダネ)気持ち悪くなりました。とんでもない会社ですよね。



[ 2008/02/01 09:11 ] [ 編集 ]
Re:生協という安全神話。(01/31)
崩れましたですね~~!! ものの見事に!>OMITAさん



 > 私は、生協というと、「食の安全」をきちんと管理しているところだと、認識していた。

 > だから、少しぐらい高くても、しょうがないと思っていた。



大半の方々がそうですよね。

最初3000円支払い、面倒な入会手続をして組合員になる、

その1番の動機は、「食の安全」を求めているから、に尽きると思います。



その生協のなかでも、加工品は買わない方々もいらっしゃるなかで、

生協の食材そのものに「偽」があったことは、私にとって物凄い衝撃でした。

生協のミンチや鶏ミンチ、愛用してましたもん( ┬_┬)。



 > う~~ん、ホント、名前だけで、安心しちゃあいけないんだねぇ。



イオンさんも、餃子ではありませんが一部撤去されましたですね。

拠りどころは、当たり前のことながら、「中身そのもの」となりました。



販売店は、元々、絶対の自信を持って、自らの名を賭けて。

胸張って販売できるものを店頭に置いているハズ、なんですよね。



それに対して、根拠なく妄信しないよう、根拠なく忌避しないよう、

私たちはしっかり観て、賢く選ぶ。

それができないときは、当該販売店、メーカーに物申す。

主体的に「消費する者」で在り続ける。



それしかなくて、これって大変なことだなぁって、今更ながら。(o_ _)oポテッ

[ 2008/02/01 09:15 ] [ 編集 ]
Re:中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。
雑多な感想が整理しきれないでいますが。。。

生協の安全神話とか

学校給食のあり方とか

グローバルに食材を求めて大量に廃棄することとか

土から離れた生活をしながら安全と安易を求める自分とか…

ともあれできることは、生活が破綻しない程度に安全と思える材料を手に入れて、

生活が破綻しない程度に手作りし、

加入している生協や学校給食の元締め(?)の自治体に物申すことくらい?

昨夜、散々このニュースをみた息子から、一緒にコロッケを丸めながら「冷凍食品をお弁当に入れないでね」と言われて、園の給食(業者のお弁当)では使っていそうだと思い、園に一言聞いてみようかと思案中です。

手作りコロッケで野菜も肉も国産と安心しても、ミートホープを思い、小麦粉やパン粉や油は?と思い。

自衛しつつ関心を持って物申したら、あとは諦めの境地です。。。
[ 2008/02/01 10:41 ] [ 編集 ]
Re:中国産冷凍餃子問題 と 『 ミートホープ 』 と。(01/31)
まさかコープがと思いました。

冷凍食品業界は大パニックですね。

国産と書いてあっても、材料が中国製の可能性も捨て切れないところが不安を煽りますね。



ただでさえ、給食費を払わない人々の為に、

学校給食は危機に陥っているというのに、

また更に学校給食が窮地へ追い込まれそうで心配です。
[ 2008/02/02 09:59 ] [ 編集 ]
信じるものは、、、
救われないところが悔しいですよね>とらトクさん



 > 何を信じて食べりゃいいんじゃ?って思うよね。



まだ、イエに田畑を持つ私たちは、有難いことに、自家製のものがあるですよ。

今こそ「農家」であることに誇りを持ち、感謝し、

お肉やお魚、加工食品にだけ神経を払えばいいぢゃん、と、視点を変えてみても、

それだって、野菜根菜類が100%自給自足という訳でもなく、

お味噌はつくっててもお醤油はムリだし、塩、砂糖、なんだって買ってます。

農家でさえそうですから、ニッポンの大半の方々は、食材の全てを購入しているのであり、

我が家だって、義母がヤめれば即、アウトです。



 > 「生協」といえば、なによりも安全性を重視しているところだったはず・・・

 > かなりショックです。



ほんと、大ショックです。

この世で、何ひとつ、安心して口に運ぶことができない、としたら。。。



 > ミーとホープの実態の新しい報道を見てただけで(とくダネ)気持ち悪くなりました。

 > とんでもない会社ですよね。



とらトクさんも『 とくダネ! 』をご覧でしたか?

ほんとヒドかったですよね。

『 創意工夫功労賞 』を受賞するだけの智慧を全て私利私欲のために【偽装】に費やすなんて、

天誅を下してヤって欲しいですヽ(`Д´)ノ。

[ 2008/02/02 11:20 ] [ 編集 ]
立ち止まって考えなくちゃならないこと。
そそそ>ゆうやけぐもさん



今回の事件は、考えなくちゃならないこと、頭の痛いこと、山積ですよね。



 > 生協の安全神話とか

 > 学校給食のあり方とか

 > グローバルに食材を求めて大量に廃棄することとか

 > 土から離れた生活をしながら安全と安易を求める自分とか…



立ち止まって考えてる間にも、朝が来て昼が来て、夜が来る。

その度に、私たちは「 食事 」をしなくちゃなりません。

結論が出るまで、食べないで考える訳に行きませんものね。



 > 手作りコロッケで野菜も肉も国産と安心しても、

 > ミートホープを思い、小麦粉やパン粉や油は?と思い。



そーなの、そーなの。 それが悔しいヽ(`Д´)ノ。



 > 自衛しつつ関心を持って物申したら、あとは諦めの境地です。。。



こればっかりは「悟ってはいかん!」と思いますです。

ポールくんのような園児さんまで不安に陥れちゃった事件。

見逃しちゃならないですよね。 諦めちゃならないです。

皆が少しでも安心して、

ひとにも地球にもやさしい食べ物を感謝していただく、より良き方向へ。。。。なんとしても。

[ 2008/02/02 12:12 ] [ 編集 ]
「 まさかコープが 」
レトロエンジンさん、お久しぶりです^^*☆



 > まさかコープがと思いました。

 > 国産と書いてあっても、材料が中国製の可能性も捨て切れないところが不安を煽りますね。



今回、「タイ産」でも食材は中国の例の工場提供、

ということで自主回収、というものもありました。

こうなってくると、一般消費者はチェックのしようがありません。

まして「国産」の「ミートホープ」がどうだったか、というと。。。(o_ _)oポテッ



 > ただでさえ、給食費を払わない人々の為に、

 > 学校給食は危機に陥っているというのに、

 > また更に学校給食が窮地へ追い込まれそうで心配です。



「財政難」を理由に、学校給食の「民間委託」割合が急速に増えて来ました。

「民だから信用できない」という訳ではありませんが、

「民企業」であれば、利益率を重視しなければ存続の危機ですから、

今回のようなことがぼろぼろ出て来ると、実に心配です。

各方面からこころを砕き、子どもたちのいのち、健康を守り、育もうとしている学校給食費を

支払い能力のある保護者が【何故払わないのか】、理解に苦しみます。

自分が自分の子どもたちの首を絞めていることに、早く気付いて欲しいです。

[ 2008/02/02 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。