FC2ブログ

今日も元気で

今、生きて在れることに感謝し、限られた生を慈しみ、楽しんで、感謝のなかに在ろうと決意中。

明日は付き添い。



pigmacさんの「どんぶたこ~♪」をお借りして、深呼吸。



明日は2ヶ月に1回の総合病院にて、義父母の診察の付き添い。
1日がかりである。

義母は、眼科と消化器内科、そして神経内科。
義父は、神経内科。


一昨年のお盆に、突然に母が難病に倒れ、四肢麻痺となった。
6割が完治、3割が障碍、後遺症が残り、1割は死に至る、という病であった。
一時は、皆が覚悟したが、奇跡的に回復し、
手先に少々痺れ等が残るものの、現在はほぼ完治の状態となり、
毎日毎日がリハビリの生活である。

義父はアルツハイマーとのことで、
検査では、既に重度の状態を示しているが、
計算機能が卓越しており、そのせいか、徘徊直前で踏みとどまっている。
1日1錠の内服薬もよく効いているらしい。

通院が2ヶ月毎、となったのも有難く、
時には、冷や汗が流れることもあるが、日々、順調。

それでも、診察時にはいつも息を詰める。
徐々に徐々に症状は進んでおり、今後の予測される状態を胸に刻む。

不安はいっぱい。

んでもそれは、誰でも同じ。
いつ何処で、何が起こるかわからない。 不確かな日々。

義父も義母も一病息災、と考え、感謝して、一日一日を大事に歩もう。


義母が倒れた一昨年の夏から、一年近く。
四肢の麻痺した義母を抱え、
事態をどうしても認めようとせず、荒れる義父を抱え、
いつ果てるとも知れない狂乱の日々を乗り越えて来たのだから。





関連記事
スポンサーサイト



[ 2005/05/15 00:00 ] 徒然草 | TB(0) | CM(21)
あえてにっこり笑み添えて・・・
この日記に、ドンブタコ~♪はとってもぴったりや!

まだ介護経験のない吾には、何も言う資格はありませぬ。ただひたすら、おふくろさんが、いつも明るい気持ちで前を向いていられる事をそっと祈り上げるのみです。おだいじに・・・
[ 2005/05/16 01:53 ] [ 編集 ]
上に同じく微笑で・・・
病院に行くのも気力体力を一気に使うもの。。。

何事もなく終わる事を祈るのみ!

我が父も痴呆であったため、ご苦労は多少わかるつもり

それでも過去と現実の違い、

りうりうさんの体を気遣いまする。。。

いってらっしゃいませ

[ 2005/05/16 06:21 ] [ 編集 ]
一日一日、ですね。
おはようございます。

昨日は、お休みになったのかしら・・・

今日は、今日で・・・予定がびっしりなのね。



悩んでも、だ~れも代わりしてくれないもんね。

じゃあ、人生楽しく過ごさなくっちゃ~☆☆

りうりうさんのがんばり、皆さんご存知だからね。私も見習おう~♪っと。

さて、今日はこれから、句会です。

ダンナは、映画「真下正義」を、観に行く予定なんです。(メンズデーなの)

一歩一歩だわ。
[ 2005/05/16 07:48 ] [ 編集 ]
Re;明日は付き添い
こんにちは、はじめまして。弥々さんやたらさんのところからお邪魔しました。

お二人を連れていらっしゃるのは本当に大変だと思います。私も今日は入院中の義父の病院へ行って来ます。

脳の病気で入院2ヶ月。がんばっていた義母がバテバテで倒れる寸前。

心身とも疲れますが、

>義父も義母も一病息災、と考え、感謝して、一日一日を大事に歩もう。

の言葉にそうだよなーと思いました。
[ 2005/05/16 08:54 ] [ 編集 ]
Re:明日は付き添い。(05/15)
本当に息つく暇もないぐらい毎日なにかしらあるのですね(^^;)。

お疲れ様です。



うちの義母も今回相当弱り、息子と孫の顔が見たいと珍しく弱気なことを言ったようです。

(私の顔は・・・いいのね^^;)

以前はとても活発で、山にもほいほい登ってしまうほど元気で、私なんぞ到底敵わない強靭な義母でした。

私の父は、父で同居中ですが、今週ヘルニアの手術をします。

それよか夕飯食べたあとに「夕飯オレ食べてない」と言うのが頭の痛いところ(;ーー)。

母は、以前こちらにも書いた通り、寝たきり6年、入院生活を余儀なくされています。

くも膜化出血で一命を取り留めたのも奇跡に近かったですが。

日に日に痩せ衰えていく母を見るのはつらいです。

私たちの年代の親の世代が、ちょうど大きな病気をしたり、介護の必要があったりという時期にあるのですね。



りうりうさんもあまりご無理をなさいませんように。
[ 2005/05/16 09:12 ] [ 編集 ]
Re:明日は付き添い。(05/15)
大変な1年を過ごしてきたんですねぇ~。

介護をするのは介護をした人じゃないとわからないと言いますから、私などには到底まだわからない大変さだと思います。

大変な中でもりうりうさんのように前向きに生きていかなければ・・ですね。
[ 2005/05/16 10:53 ] [ 編集 ]
頑張ってるりうりう**さんに
こんにちは~!ご両親の看護は本当に大変!そして

病院への通院も・・・。そんな頑張ってるりうりう**さんに、すごくエールを送りたいです。

本当に尊敬します。

ご両親の状態が良いほうに向いているようで、本当に良かったですね!

悪い事もあれば良い事もある・・人生は「ケ・セラセラ」父の言葉が思い出されます。

[ 2005/05/16 12:50 ] [ 編集 ]
Re:明日は付き添い。(05/15)
ご苦労様です。



ご自分の両親ではないので気を使われることでしょう。義母様の麻痺は少なくて良かったですね。



義父様のアルツハイマーも今後が心配でしょう。



いやいや、長寿国と言うのは、言い換えれば病人の多い国ということではないでしょうかね!?

年取ると誰にでも一つ、二つは異常があるでしょうから。



自分達も同じ道を歩んでいくわけですので、元気な者が助けると言うのは当たり前なのでしょうね。



病院は一日がかりなので疲れますね。

ゆっくりと休んでくださいね。
[ 2005/05/16 15:03 ] [ 編集 ]
ただいま、帰りました~☆
帰宅して30分ほど爆睡し、パワー充電致しました☆



弥々さん、ポテコロ♪さん、いつもあたたかな言の葉を有難うございます☆☆

また後ほど、お邪魔致しますね☆



ポテコロ♪さん、

私はまだ義父なので耐えられているところが大きいように思えてなりません。

そのひとがそのひとでなくなっていく。

ひととして、壊れて行く。

無残としか言いようがなく、ただ、傍で見ることしかできない無力さ。

日々、闘い、ですね。 ふぁいとだ~~☆

[ 2005/05/16 21:02 ] [ 編集 ]
RE:一日一日、ですね。
OMITAさん、ご夫君から映画を見よう、という気持ちになられたんですね!!

嬉しい一歩ですね。



OMITAさん、『真下正義』絶賛だったものね。

今夜は、たくさん盛りあがってお話ができると良いですね。

[ 2005/05/16 21:04 ] [ 編集 ]
はじめまして☆
ゆうやけぐもさん、コメントを有難うございます☆

ゆうやけぐもさんも、今日はお見舞いに行って来られたのですね。



同様の症状の方々が並ぶ病室は、そこに居るだけで辛く、

なんとも消耗致しますよね。

んでも、ゆうやけぐもさんが行っておられる間だけでも

随分とお義母さまが心安まられたことと存じます。

介護して当たり前、看護して当たり前とされる立場に在り、

誰も労ってくれるひとなく、誰も気遣ってくれるひとなくば、

到底心身がもちません。

ゆうやけぐもさんのあたたかな労わりは、

お義母さんの心に深くしみこまれたと思いますですよ☆

一日、お疲れさまでした。

有難うございました☆☆

[ 2005/05/16 21:19 ] [ 編集 ]
親の世代
千愛さん、コメントを有難うございました☆

親の世代どころか、気がつけば私たちが病に伏すような年代となりました。

ホントに何もかもひとごとではありません。

様々なことに、立ち止まり、こころ寄せていきたい、と思います。



お義母さまもお心弱くなられたのですね。

どうぞ元気なお顔を見せてあげて下さいませ。

何よりの薬、と申しますですよ☆



>それよか夕飯食べたあとに「夕飯オレ食べてない」と言うのが頭の痛いところ(;ーー)。



、、これは。。。 気になられるようでしたら、

チェックしてみられた方が良いかも知れません。

加齢によってどんなに物忘れが激しくなっても、

「食べたことを忘れる」というのは余りないことですから。

今は、良い内服薬が出来ていますし、違ってれば、笑い話で済みますから☆



>日に日に痩せ衰えていく母を見るのはつらいです。



(涙)。 私はまだ母離れができてませんので、

母が倒れるようなことがあったら、どうしよう、と

想像しただけでパニックを起こしそうです。



毎日毎日を大事に。 元気でふぁいと☆ ですね。

[ 2005/05/16 21:31 ] [ 編集 ]
たった1年ですから。
bamukero3さん、有難うございます☆

私はまだ1年で、それも段々と良くなっていく義母を介護したのですから、

報われる喜びがあったのです。

んでも、私とは正反対のベクトルで、何年も頑張らねばならない方々が

日本だけでもいったい何人いらっしゃることでしょう!



そのことを絶対忘れちゃいけない、

『介護保険法』然り、『障害者自立支援法』然り。

しっかり観て、考え、少しでも自分ができることをできる形で、、、!

と思う毎日です。 ふぁいと~~~☆

[ 2005/05/16 21:39 ] [ 編集 ]
Re:明日は付き添い。(05/15)
お疲れさまです。

私にもそう遠くない時期にこういう経験をするのでありましょう。と覚悟はしてるんだけど、いざとなったらどうなることやら!!



実家の父は脳卒中で半身麻痺ですが、とりあえず毎日なんとか過ごしているようです。同じ家に住む母が言うことはあまり聞かないらしく、たまに行く者の話は聞くようですわ。



病院への付き添いも大変でしょう。ゆっくり休んでくださいね。
[ 2005/05/16 21:43 ] [ 編集 ]
kaorin215さん、有難う☆
kaorin215さん、エールを有難うございます☆



毎日、「良かったみつけ」で頑張りますぞ~~☆

「いたしい」田舎の嫁同士、ふぁいとふぁいとで参りましょうね☆

[ 2005/05/16 21:44 ] [ 編集 ]
自分たちも進んでいく道
HIMEchan♪さんも辛い想いをされているなか、あたたかな言の葉を有難うございました☆



義母は丸1ヶ月は、両手両足全く動かず、ダルマさん状態だったのです。

それが徐々にここまで回復し、本当に有難いことです。

リハビリをかねて、大好きな畑に降り立ち、

野菜作りに精を出している義母を見ていると、未だに涙腺が弛むことがあります。



>自分達も同じ道を歩んでいくわけですので、元気な者が助けると言うのは当たり前なのでしょうね。



当たり前であったことが当たり前でなくなって来ました。

若いひとはどんどん少なくなって来てますし。

このままですと、元気なものが次々と共倒れになってしまう恐怖を感じています。



>ゆっくりと休んでくださいね。

HIMEchan♪さんも、もう何日もお心が休まれていないでしょう。

少しは休息をお取り下さいね☆☆

[ 2005/05/16 21:53 ] [ 編集 ]
た、大変でしたね…
(このところPCに向かう時間が無くてご無沙汰しておりました。お久しぶりでございます、と共に、りうりう**さん、相変わらずパワフル~~~。ここ数日の八面六臂の活躍ぶりは賞賛!です。)



りうりう*:さんのところでは現実問題の介護。

我が家にはまもなくやってきそうな気配です。



別居の義父が動脈瘤で倒れて入院、早3ヶ月。義母もこのところお見舞いに疲れて寝込んでいます。

さらには義父・義母共に最近言動の端々に認知症の症状が出始めていて、私も主人も心配しています。主人は次男ですが、様々な事情でもし同居に踏み切るなら義兄の所よりも我が家に、ということになりそうです。



正直、認知症の義父母を介護なんて、私にはその覚悟はできそうもありません。かといって放っておくこともできないだろう、自分。



りうりう**さん、自分にもいつか訪れる介護の問題に私はいまとてもおびえています。だから、りうりう**さんの日記の強さに、これからの自分を重ねて立ち向かいたいと思っています。



願わくば、「その日」がなるべく遅くやってくるように…。
[ 2005/05/16 23:39 ] [ 編集 ]
あ~さんままさんも大変だっ!
あいたたたっ!!

んと、動脈瘤の方もご心配ですが、認知症の件。

できれば、早くご夫君のご兄弟さんと話をされ、白か黒か、神経内科で受診された方が良いです。



このまま、恐怖で胸塞がれる毎日を過ごされるより、絶対良いです。



私がそうでした。

単なる加齢による物忘れだ!と主張し、受診そのものを絶対認めない義母、夫。

受診して何になる、ふうが悪いだけだ、とゴネる夫の義兄たちを説き伏せ、受診しましたが、

専門医による診断結果は、皆が認めざるを得ず、

兄弟で真剣に向き合って義父母の将来を話し合い、支援体制を考えてくれましたもの。

白か黒か。

皆にとって酷なことですが、ハッキリさせた方が良いのです。

白なら万々歳ですし、黒ならば、お義父さま、お義母さまの現段階をはっきりさせ、

打つ手を打ち、今後予測される段階へ向けて、ソフトもハードも準備ができます。

今は、合えば効果的な内服薬もできています。



「放っておくこともできないだろう、自分」であるからこそ、きちんと計画を立てましょう。

立ち向かえるだけの準備をしておきましょう。

お義兄さまたちの理解と協力、不可欠です。

育児休暇中の今がチャンスかも知れませんよ。

いずれは、、、と思ってそれなりの覚悟をしてた私でしたが、

2年前の怒涛の展開で毎日泣いていましたよ~。

でも泣いてる暇もなかったもの。

[ 2005/05/17 09:02 ] [ 編集 ]
ありがとうございますうう。(05/15)
励まして頂いてしまいました。

私が励まして元気を分かち合わねばならないのに、すみません。ありがとうございます。

今は義父の入院中なので、そちらはともかく、義母のサポートをできればと思っています。

診断、は、確かに大変でしょうね。受けさせるまでがとにかく……それはなんとなく予想が付きます。

義父の体調の様子を見ながら主人と相談して診断にいけたらと思います。

前向きに頑張らなくっちゃ!
[ 2005/05/17 23:32 ] [ 編集 ]
Re:明日は付き添い。(05/15)
私もまだ未知の世界。なかなかカキコできないでいました。義父母にそういう兆しが出たら…なるようにしかならないのに、今から心配することないですよね。私の両親は早くに亡くなりました。だから神様はドビーを授けてくれたのかもしれない…。
[ 2005/05/18 01:51 ] [ 編集 ]
神さまが授けてくれた宝もの。
tarantini78さん、ご両親を早くに亡くされていらっしゃったのですか!

互いに尊敬しあう両親にこれ以上ない、という程

たくさん愛してもらって育ち、

上の少年まで父に見せることができた私には、

なんとも申しあげようがありません。



>だから神様はドビーを授けてくれたのかもしれない…。



自然に溢れ出るtarantini78さんの言の葉に、泣きました。

貴女に出逢えたご縁を、とても有難く嬉しく思います。

有難うございます☆

[ 2005/05/18 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する